臭う洗濯機を掃除する方法

きれいな洗濯機で洗濯すれば、衣類はさっぱりとよい香りに洗い上げることができます。しかし、洗濯機の汚れがたまってくると、徐々に不快なカビの臭いが漂うになります。洗濯機の臭いが気になり始めたら自分で洗濯機を掃除しましょう。場合によっては、重曹と酢を使って洗濯機を回します。こまめに掃除をすれば、洗濯機はいつでもよい香りに保つことができます。

パート1(全3パート):重曹と酢で消臭する

  1. 1
    洗浄液を作る 小さなボウルに水と重曹をそれぞれカップ1/4杯(50mL)ずつ入れて混ぜ合わせます。いつも洗濯洗剤を入れている洗剤投入口にその洗浄液を入れます。[1]
    • 洗濯ドラムまたは洗濯槽に直接洗浄液を入れてはいけません。

    「排水管やフィルターが臭いの元となっていることが多いため、排水管やフィルターが汚れていないかどうか確認しましょう。」

    Ashley Matuska

    Ashley Matuska

    クリーニング専門家
    アシュリー・マツカは環境と経済、そして地域社会に焦点を置いたクリーニングサービス会社、「Dashing Maids」の設立者、そして社長です。アシュリーは5年以上クリーニングサービス業界で働いています。
    Ashley Matuska
    Ashley Matuska
    クリーニング専門家
  2. 2
    酢を加える 酢を使って洗濯機の中を掃除します。カップ2杯(400mL)の酢を直接洗濯槽に注ぎます。[2]
    • 洗濯槽の中に何も入っていないことを確認してから注ぎ入れましょう。
  3. 3
    通常モードで洗濯機を回す 重曹の洗浄液と酢を加えたら、通常モードで洗濯機を回します。脱水、すすぎだけでなく、必ず洗いモードも含めたモードで洗濯機を回しましょう。[3]
    • できればお湯を使って洗濯機を回します。
    • 洗濯槽に衣類など洗濯物が入っていないかどうかをもう一度確認します。洗濯物が入っていると、洗濯物に酢のにおいがついてしまいます。
  4. 4
    洗濯槽の内側を拭く 酢と洗浄液を使って洗濯機を回し終わったら、洗濯槽の内側を拭いて残った酢の臭いをとります。
    • スポンジを使って洗濯槽の内側をこすり洗いします。普段目の届かないところや装飾部など隅々まできれいに洗います。

パート2(全3パート):洗濯機の外側やパッキン部分の掃除

  1. 1
    洗濯機のコンセントを抜く 洗濯機の掃除を始める前に、洗濯物に電気がつながっていないことを確認します。安全のため、洗濯機のコンセントを抜いておくとよいでしょう。[4]
    • 電源がつながったまま掃除すると危険な状況や洗濯機の故障の原因を招くことがあります。
  2. 2
    洗濯機の外側を拭く 洗濯機に溜まった白カビなどのカビ類が不快な臭い主な原因です。清潔なスポンジまたは雑巾を使って洗濯機の外側を拭きます。カップ1杯(200mL)のぬるま湯に大さじ1杯の漂白剤を混ぜ、スポンジを漬けます。必ずスポンジ中の余分な水分を絞ってからこすり洗いしましょう。[5]
    • 漂白剤洗浄液を扱う際は必ずゴム手袋を着用します。
    • 洗濯機の隙間や隅の部分も全て漂白剤洗浄液できれいにします。届きにくい所は漂白剤洗浄液を浸した綿棒を使って掃除します。
  3. 3
    パッキンなどのゴム部品を掃除する 洗濯機の開口部のパッキンなどゴム部品に付着しているほこりや汚れを取り除きます。パッキン部分を取り外し(取り外し可能な場合は)、湿らせた雑巾やペーパータオルで溜まった汚れをこすり落とします。ぬるま湯に少量の漂白剤を加えたものを使って掃除してもよいでしょう。
    • パッキン部分の汚れは最も厄介な臭いの元になります。定期的な掃除によって臭いを防ぐことができます。

パート3(全3パート):不快な臭を防ぐ

  1. 1
    定期的に洗濯機の内側を拭く 洗濯機の掃除をしていないと時間とともに臭い始めます。防止策のひとつは、汚れや洗濯かすが溜まらないように定期的に洗濯機の内側を拭くことです。[6]
    • 蒸しタオルなど暖かいタオルを使って洗濯機の内側を拭きます。普段目の届かないところを隅々まできれいに拭きます。
    • 少量の酢を使って掃除すると洗濯機の内側の殺菌に役立ちます。
    Ashley Matuska

    Ashley Matuska

    クリーニング専門家
    アシュリー・マツカは環境と経済、そして地域社会に焦点を置いたクリーニングサービス会社、「Dashing Maids」の設立者、そして社長です。アシュリーは5年以上クリーニングサービス業界で働いています。
    Ashley Matuska
    Ashley Matuska
    クリーニング専門家

    月1回の掃除で洗濯機の臭いを防ぐことができます。クリーニング専門家のAshley Matuskaによると 「1ヶ月に1度、お湯だけ入れて洗濯機を回し、3ヶ月に1度、酢を使って洗濯機を掃除すると、嫌な臭いを継続して防ぐことができます」とのことです。

  2. 2
    漂白剤で殺菌する 洗濯機の洗剤投入口にカップ2杯の漂白剤を入れます。洗濯機の中に洗濯物を入れず、お湯を使って洗濯機を回します。すすぎモードになったらすぐに洗濯機を止めます。取扱説明書に従って、一時停止ボタン、つまみを引っ張るなどして通常使用している方法で洗濯機を止めます。
    • 洗濯機にお湯と漂白剤が入った状態のまま30分ほど放置します。
    • その後、洗濯を再開し、漂白剤をしっかりすすぎます。
    • 洗濯機を使う前に、漂白剤がきちんとすすがれているか確認します。漂白剤が残っていると、残った漂白剤が洗濯物に付着し、白くシミになる可能性があります。
  3. 3
    すすぎが1回でよい洗剤を使う すすぎ1回の衣類洗剤の方が、一般的な洗剤よりも洗濯中の泡立ちが少ないため、洗濯槽の清潔を保つことができます。一般的な洗剤は、余分な洗剤が衣類や洗濯機に残ってしまう可能性があるということです。[7]
    • 日常的にすすぎ1回の衣類洗剤を使用すれば、洗濯機はきれいな状態が長く保たれ、掃除の回数が少なくて済むようになります。

必要なもの

  • 重曹
  • 漂白剤
  • 雑巾
  • スポンジ
  • すすぎが1回でよい衣類洗剤

このwikiHow記事について

クリーニング専門家
この記事はAshley Matuskaが共著しています。 アシュリー・マツカは環境と経済、そして地域社会に焦点を置いたクリーニングサービス会社、「Dashing Maids」の設立者、そして社長です。アシュリーは5年以上クリーニングサービス業界で働いています。
カテゴリ: 家電製品

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ