iPhoneで開発者モードを有効にする方法

このwikiHowでは、MacコンピュータとApple向けソフトウェア開発アプリであるXcodeを使って、iPhoneの設定メニューにある開発者オプションを有効にする方法をご紹介します。

パート1(全2パート):MacにXcodeをダウンロードする編集

  1. 1
    コンピュータのインターネットブラウザを開く iPhoneの開発者オプションを操作するためには、Appleの統合開発環境(IDE)であるXcodeをコンピュータにダウンロードする必要があります。
    • XcodeはMac上でのみ動作可能なアプリケーションで、Mac OSを搭載しているコンピュータでのみ利用可能です。
  2. 2
    AppleのDeveloperダウンロードページにアクセスする このサイトで、Appleがソフトウェア開発者向けに提供している最新版Xcodeのベータ版をダウンロードすることができます。
  3. 3
    Apple IDでサインインする メールアドレスおよびパスワードを入力して、自分のApple IDでdeveloper(開発者)ポータルにサインインします。
    • 使用するコンピュータで、これまでに自分のApple IDでサインインしたことがない場合は、確認コードを入力して本人であることを確認する必要があります。iPhoneやApple IDで自動的にサインインしているその他のデバイス上で、確認コードを受け取ることができます。
  4. 4
    Xcodeの横にあるDownload(ダウンロード)をクリックする Release Software(リリースソフトウェア)の見出しの下、最新版Xcodeの隣にあるDownloadボタンをクリックします。ダウンロードするバージョンはXcode 8.3.1またはそれ以降です。 クリックすると、新しいタブでMac App Storeのプレビューページが表示されます。
  5. 5
    ブラウザ画面の左側にあるMac App Storeで見るをクリックする Xcodeアプリのアイコンの真下にあるボタンです。
  6. 6
    ポップアップボックス内のApp Storeを開くをクリックする MacでApp Storeアプリケーションが立ち上がり、Xcodeのページが開きます。
  7. 7
    App Store画面の左上にある入手をクリックする Xcodeアプリのアイコンの真下にあるボタンです。クリックすると、緑色のAppをインストールボタンに変化します。
  8. 8
    緑色のAppをインストールボタンをクリックする 最新版のXcodeがダウンロードされ、コンピュータにインストールされます。
    Advertisement

パート2(全2パート):iPhoneで開発者モードを有効にする編集

  1. 1
    MacでXcodeアプリを開く
    • 初めてXcodeを開く際には、ソフトウェアの利用規約とライセンス規約に同意する必要があります。このときに、ソフトウェアコンポーネントがインストールされ、Xcodeのインストール処理が完了します。
  2. 2
    iPhoneをMacに接続する USBケーブルを使って、iPhoneをコンピュータに接続します。
  3. 3
    iPhoneで設定アプリを開く iPhoneのホーム画面にある灰色の歯車アイコンのアプリです。
  4. 4
    下にスクロールしてデベロッパをタップする Xcodeを起動しているコンピュータに接続すると、iPhoneの設定メニュー上に、金づちアイコンが付いた「デベロッパ」が自動的に表示されます。設定メニューにこのオプションが表示されていると、iPhoneで開発者モードが有効になっています。これにより、自分のデバイス上でアプリの試用やログの確認、および開発者向けの設定を行うことができます。
    Advertisement

注意事項編集

  • Xcodeの容量は約5GB(ギガバイト)ですが、加えてスワップ領域として使用するための空き容量がドライブにある必要があります。スワップ領域は物理メモリ(RAM)の容量が満杯になったときのみ使用されますが、コンピュータの主要ドライブに15~20GBの空き容量がなければXcodeをダウンロードすることはできません。
Advertisement

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement