iPhoneでアラームの音量を調節する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

このwikiHowでは、iPhoneのアラームの音量を上げるまたは下げる方法をご紹介します。

ステップ

  1. 1
    設定を開く 通常ホーム画面に配置されている、灰色の歯車アイコンのアプリです。
  2. 2
    サウンドをタップする ページの上半分の中にある項目です。
  3. 3
    「着信音と通知音」の音量をスライドして希望する音量に合わせる 音量スライダーはページの上方にあります。
    • 設定する音量レベルを聞いて確かめられるように、音量を調節している間はスマートフォンの通知音が鳴り続けます。
    • アラームの音量を後で変更したい場合には、ボタンで変更ボタンをスライドして「オン」の位置に設定します。この設定は、音量スライダーの下にあります。オンに設定すると、iPhoneのロックが解除されているときに、音量ボタンを使ってアラームの音量を調整することが可能になります。
    広告

ポイント

  • 就寝する前に、スマートフォンの音量を確認して、アラーム音が適切な大きさかどうかを確かめましょう。
  • スマートフォン画面を見ているときのみ音量が低い場合は、「画面注視認識機能」が有効になっている可能性があります。「画面注視認識機能」を有効または無効にするためには、「設定」の中にある「Face IDとパスコード」を開きます。この機能は、Apple iPhone Xまたはそれ以降のバージョン、iPad Pro 11インチ、iPad Pro 12.9インチでのみ利用可能です。[1]
広告

注意事項

  • ボタンで変更の設定を有効にしているときには、iPhoneの音量ボタンを使って着信音を小さくすると、アラームの音量も同時に小さくなってしまいます。
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: スマートフォン

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告