iPhoneがウイルスに感染しているかチェックする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

このwikiHowでは、自分のiPhoneがウイルス、スパイウェア、またはその他の悪意のあるアプリに感染していないかどうかを調べる方法をご紹介します。

ステップ

  1. 1
    iPhoneが脱獄状態であるかどうかをチェックする iPhoneを脱獄すると、元来iPhoneに組み込まれている多くの制限を外し、承認されていないアプリのインストールが可能になります。iPhoneを正規販売店以外から購入した場合、悪意のあるソフトウェアをインストールする目的でiPhoneが脱獄されている可能性があります。脱獄されているかどうかを確認する手順は以下の通りです。
    • ホーム画面を中央から下にスワイプし、検索バーを表示させます。[1]
    • 検索バーにcydiaと入力します。
    • キーボードの検索キーをタップします。
    • 検索結果に「Cydia」という名前のアプリが表示された場合、自分のiPhoneは脱獄しています。[2]
  2. 2
    Safariでポップアップ広告を探す 突然、おびただしい数のポップアップ広告が表示された場合、何かに感染している可能性があります。[3]
    • ポップアップ広告内のリンクは、決してクリックしてはいけません。さらなる感染を引き起こす恐れがあります。[4]
  3. 3
    アプリのクラッシュに警戒する 日常的に使用しているアプリが突然クラッシュしたら、何者かがそのアプリ内にセキュリティ上の弱点を見つけ、システムに侵入した可能性があります。
    • iPhoneにインストールしているアプリは定期的にアップデートし、常により安全なバージョンで使用しましょう。[5]
  4. 4
    見知らぬアプリを探す トロイの木馬感染アプリは一見普通のアプリに見えるため、少しの調査が必要となります。
    • ホーム画面をスワイプしてすべてのフォルダを確認し、インストールした覚えのないアプリがないかを調べます。
    • どこかで見たことがあるようだけれども自分でインストールした覚えがないアプリを見つけた場合、悪質なアプリがインストールされている可能性があります。正体不明のアプリは、削除してしまいましょう。
    • App Storeからインストールしたすべてのアプリの一覧を見るためには、App Store画面の下部にあるAppアイコンをタップし、自分のプロフィール写真をタップして、購入済みをタップします。[6] 自分のiPhoneに、この一覧にない(およびApple製ではない)アプリがインストールされている場合は、悪意のあるアプリである可能性が高いと考えられます。
  5. 5
    原因不明の追加料金がないかを調べる ウイルスはバックグラウンドで実行され、自分のデータを使用してインターネットに接続します。請求金額を確認して、データ使用量の急増や、有料情報サービスへのSMSメッセージ送信料が突然発生していないかどうかを調べます。
  6. 6
    バッテリーパフォーマンスを監視する ウイルスはバックグラウンドで実行されるため、想定よりも速くバッテリーがなくなってしまうことがあります。
    • 見覚えのないアプリを見つけた場合は、すぐに削除しましょう。
    広告

ポイント

  • 自分のiPhoneが最新のウイルス対策により保護されていることを確実にするために、常に最新バージョンのiOSを搭載するようにしましょう。
  • 自分のiPhoneがウイルスに感染していることが分かった場合は、工場出荷時の状態に戻すことが最善の方法です。
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告