dllファイルを編集する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事では、無料のプログラムやウェブサービスを使用して、Windowsのdllファイルを開き、編集する方法を解説します。ただし、dllファイルを変更すると、コンピューターに回復不能な損傷を与えてしまう可能性があるので注意しましょう。

パート1(全2パート):dllファイルを編集する準備をする

  1. 1
    dllファイルの保存場所を確認する dllファイル(Windowsで基本的なタスクを実行する時に使用されるバイナリファイル)は通常、システムフォルダの深い階層にあります。そのため、通常は、dllファイルに触れないのが得策です。ただし、dllファイルをどうしても編集したい場合は、隠しフォルダおよび隠しファイルを表示させる必要があります。
    • dllファイルは通常、C:\Windows\System32というパスの下にあります。「PC」を開いてから、ハードディスクドライブ(HDD)、「Windows」フォルダ、「System32」フォルダの順にダブルクリックすると見つかります。
    • 特定のプログラム(通常は自分でインストールしたプログラム)でdllファイルを編集する場合は、通常、インストールフォルダの中に関連ファイルがあります。
  2. 2
    エクスプローラーを開く 「エクスプローラー」のアプリアイコンをクリックします。黄色と青色のフォルダのようなアイコンのことです。クリックすると、ポップアップウィンドウが表示されます。
    • 「エクスプローラー」は、 Win+Eを同時に押して開くことも可能です。
  3. 3
    表示をクリックする 「エクスプローラー」ウィンドウの上部にあるタブのことです。クリックすると、ウィンドウの上部にツールバーが表示されます。
  4. 4
    「隠しファイル」のチェックボックスにチェックを入れる ツールバーの「表示/非表示」という項目の中にあるチェックボックスのことです。このチェックボックスにチェックを入れると、隠しファイルおよび隠しフォルダが表示されます。
    • この時点でエクスプローラーを終了してもかまいません。
  5. 5
    dllファイルのコピーを作成する(任意) これは、dllファイルがシステム全体や特定のプログラムのパフォーマンスに重大な影響を及ぼすことがあるためです。
    • 編集するdllファイルを見つけて、一回クリックします。
    • Ctrl+Cを押して、dllファイルをコピーします。
    • 「デスクトップ」などの簡単にアクセスできるフォルダに移動します。
    • Ctrl+Vを押して、コピーしたdllファイルをここに貼り付けます。
    広告

パート2(全2パート):「Hex Editor」でdllファイルを編集する

  1. 1
    「Hex Editor」の設定ファイルをダウンロードする ウェブブラウザからhttps://www.hhdsoftware.com/free-hex-editorにアクセスして、ページの上部付近にあるDownloadをクリックします。
  2. 2
    「Hex Editor」をインストールする ダウンロードした「free-hex-editor-neo」の設定ファイルをダブルクリックすると、画面にプロンプトが表示されるので、各プロンプトを順にクリックして、プログラムをインストールします。インストールが完了すると、「Hex Editor」のプログラムが開きます。
    • インストールが完了しても「Hex Editor」が開かない場合は、次の手順に進む前に、デスクトップ上にある「Hex Editor」のショートカットアイコン(青)をダブルクリックして開きましょう。
  3. 3
    Fileをクリックする 「Hex Editor」ウィンドウの左上にあります。クリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  4. 4
    Openを選択する Fileのドロップダウンメニューにあります。選択すると、ポップアップメニューが表示されます。
  5. 5
    Open File...をクリックする Openのポップアップメニューにあります。クリックすると、「エクスプローラー」ウィンドウが開きます。
  6. 6
    編集するdllファイルの保存場所に移動する 「エクスプローラー」ウィンドウから、編集するdllファイルが保存されているフォルダに移動します。
  7. 7
    dllファイルを選択する dllファイルを1回クリックして選択します。
  8. 8
    Openをクリックする ウィンドウの右下にあります。クリックすると、「Hex Editor」でdllファイルが開きます。
  9. 9
    dllファイルの内容を編集する バイナリ値を編集するには、バイナリ値を右クリックしてから、Editをクリックして、任意の値に変更します。
    • 値をクリックしてから、Delを押して削除することも可能です。
  10. 10
    すべての変更を保存する Fileをクリックすると、ドロップダウンメニューが表示されるので、Save Allをクリックします。これで、dllファイルに加えた変更が保存されます。
    • Ctrl+ Shift+Sを押して、すべての変更を保存することも可能です。
    広告

ポイント

  • dllファイルは機密性が高いので、Windowsの「プロセス」(「メモ帳」など)で開いたり編集したりしてはいけません。
  • 「Notepad++」でdllファイルを開くことは技術的には可能ですが、内容はほとんど読み取ることができません。
広告

注意事項

  • dllファイルは非常に機密性の高いシステムコンポーネントです。必要な知識を身につけていない場合は、dllファイルを編集しないようにしましょう。
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: マルチメディア

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告