Zipファイルの作成方法

大量のファイルをメールで送信しなければならない、古い写真をまとめてパソコンの空き容量を確保したい、重要文書ののぞき見を防止する必要があるなどの場合には、Zipファイルを作成することで、パソコンの容量節約、ファイルの整理、機密文書の暗号化がしやすくなります。この記事では、WindowsとMax OS XでZipファイルを作成する方法を紹介します。

3の方法1:
Windows

  1. 1
    フォルダを作成する Zipファイルを作成するのに最も手っ取り早い方法は、保存したいファイルを全てひとつのフォルダに入れることです。Zipファイルにしたいフォルダに、複数のファイルやフォルダを入れることができます。
    • フォルダ名をZipファイルに付けたい名前に変更しましょう。
  2. 2
    フォルダを右クリックする カーソルを「送る」の上に合わせましょう。すると、サブメニューが開きます。その中から、「圧縮(zip形式)フォルダー」を選択します。
    • ファイルエクスプローラーの中で複数のファイルを選択したら、その中のひとつを右クリックして、上記のステップ通りに圧縮することもできます。これにより、選択したファイルを全て含み、右クリックしたファイルと同じ名前のZipファイルが作成されます。
  3. 3
    フォルダが作成されるのを待つ たくさんのファイルを含むZipファイルを作成する場合は、多少時間がかかるかもしれません。プログレスバーが表示されて、各ファイルがZipファイルに追加される状況を確認できます。処理が完了すると、Zipファイルが元のフォルダと同じ場所に表示されます。[1]
    広告

3の方法2:
Mac OS X

  1. 1
    フォルダを作成する Zipファイルを作成するのに最も手っ取り早い方法は、保存したいファイルを全てひとつのフォルダに入れることです。Zipファイルにしたいフォルダに、複数のファイルやフォルダを入れることができます。
    • フォルダ名をZipファイルに付けたい名前へと変更しましょう。
  2. 2
    フォルダを右クリックする 「圧縮」をクリックしましょう。フォルダは、Zipファイルに圧縮されます。Zipファイルは、圧縮するフォルダと同じ場所に作成されます。
    • ファイルエクスプローラーの中で複数のファイルを選択したら、その中のひとつを右クリックして、上記のステップ通りに圧縮することもできます。これにより、選択したファイルを全て含み、「アーカイブ.zip」という名前のZipファイルが作成されます。
    広告

3の方法3:
パスワードで保護されたZipファイル

  1. 1
    圧縮ソフトをダウンロードする 新しいバージョンのWindowsでは別のソフトを使わなければ、パスワードで保護されたZipファイルを作成できません。圧縮ソフトには、無料ソフトも、有料ソフトもありますが、パスワードで保護されたZipファイルを作成するのに、高機能なソフトは必要ありません。以下がよく使われているソフトです。
    • 7-Zip
    • IZArc
    • PeaZip
  2. 2
    Zipファイルを新規作成する 圧縮ソフトでZipファイルを新規作成しましょう。圧縮したいファイルを追加します。Zipファイル作成時に、オプションでパスワードを入力できます。後でZipファイルを開くには、このパスワードが必要になります。
  3. 3
    OS Xでパスワードで保護されたZipファイルを作成する OS Xでは、ターミナルを利用すればZipファイルを作成することができ、他のソフトをダウンロードする必要はありません。まず、圧縮したいファイルを全てひとつのフォルダに入れます。それから、そのフォルダの名前をZipファイルに付けたい名前へと変更します。
    広告

ポイント

  • WindowsのエクスプローラーやWinZipのフォルダナビゲーション画面で、Ctrl (コントロール)キーを押しながらファイルを選択すれば、一度に複数のファイルを選択できます。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む9人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告