XMLファイルのコードを確認する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事では、XMLファイルのコードを確認する方法を紹介します。XMLファイルのコードは、パソコンに搭載されているテキストエディタ、ブラウザ、またはオンラインのXMLビューアで表示することができます。 [カテゴリ:マルチメディア]]

3の方法1:
テキストエディタを使う

  1. 1
    任意のXMLファイルを選びましょう。パソコンの「プログラムから開く」オプションを使用して、テキストエディタでXMLファイルを開くことができます。テキストエディタでは、XMLコードは単色で表示されます。
  2. 2
    XMLファイルを右クリックしましょう。ドロップダウンメニューが表示されます。
    • Macでは、XMLファイルをクリックし、画面左上の「ファイル」をクリックします。
  3. 3

    プログラムから開くを選択しましょう。これはドロップダウンメニューの真ん中あたりにあります。クリックするとポップアップメニューが表示されます。

    • Macでは、「ファイル」のドロップダウンメニューにある、「このアプリケーションから開く」を選択します。
    • Windowsで「プログラムから開く」が見当たらない場合は、XMLファイルを一回クリックし、選択した状態にしてから右クリックしましょう。
  4. 4
    パソコンのテキストエディタを選択しましょう。Windowsでは「メモ帳」をクリック、Macでは「テキストエディット」をクリックします。クリックすると、XMLファイルのコードがテキストエディタで開きます。
  5. 5
    XMLファイルのコードを確認しましょう。テキスエディタで表示すると、XMLファイルの実際のフォーマット(設定がある場合)は適用されませんが、XMLファイルを構成しているコードが確認できます。
    広告

3の方法2:
ブラウザを使う

  1. 1
    お好みのブラウザを開きましょう。XMLファイルのコードを表示できる主要なウェブブラウザは、次の通りです。マイクロソフトのEdgeでは表示できません。
    • Google Chrome
    • Firefox
    • Safari
  2. 2
    新しいタブを開きましょう。「新しいタブ」ボタンをクリックして、新しいタブを開きます。通常このボタンは、ウィンドウ上部にある一番右端のタブの右隣にあります。
    • 多くのブラウザでは、Windowsの場合はCtrl+T、Macの場合は Command+Tを押すと新しいタブが開きます。
  3. 3
    XMLファイルをブラウザにドラッグしましょう。XMLファイルの保存場所を開いてファイルをクリックし、ブラウザウィンドウ内へドラッグアンドドロップします。
  4. 4
    表示されたコードを確認しましょう。ブラウザにXMLファイルをドラッグアンドドロップすると、コードがツリービューで表示されます。
    • XMLコードのメインタグの左側にある+ or -(Cromeの場合は三角印)をクリックして、コードを閉じたり開いたりすることができます。
    広告

3の方法3:
XMLビューアを使う

  1. 1
    XMLビューアのウェブサイトを開きましょう。パソコンのウェブブラウザで http://www.xmlviewer.org/ を開きます。このビューアを使ってXMLファイルをアップロードし、コードを確認することができます。また、別のフォーマットを適用してコードを見ることも可能です。
  2. 2

    Browseをクリックしましょう。このボタンはウィンドウ上部にあります。クリックすると、Windowsではエクスプローラーが、MacではFinderウィンドウが開きます。

  3. 3
    任意のXMLファイルを選択しましょう。XMLファイルの保存場所へ行き、ファイルを一回クリックして選択します。
  4. 4

    開くをクリックしましょう。 このボタンはウィンドウの右下にあります。XMLファイルがビューアにアップロードされ、ウィンドウの左側にコードが表示されます。

  5. 5

    Formatをクリックしましょう。 このボタンはウィンドウの真ん中あたりにあります。クリックすると、ウィンドウの右側にある「Result」欄に、XMLファイルのコードが色つきのフォーマットで表示されます。

    • 黒以外の同じ色の部分は、同じ種類のコードだということを示しています。例えば、タグは全て緑色で表示されています。
  6. 6
    ツリービューを使用しましょう。ウィンドウの真ん中あたりにある、緑色の「Tree」ボタンをクリックすると、「Result」欄のコードの書式が整えられ、読みやすくなります。
    • 「Tree View Result」欄の各メインタグをクリックして、コードを開いたり閉じたりすることができます。
    広告

ポイント

  • Windows搭載のパソコンでは、Notepad++を使用してXMLファイルのコードを色つきのフォーマットで確認することもできます。
広告

注意事項

  • ほとんどの場合、XMLファイルには特定の書式が設定されていません。そのため、コードを表示しても、整った状態ではなく乱雑なコーディング言語が現れるだけのこともあります。
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: コンピューター

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告