Windowsのパスワードを設定する方法

Windowsコンピュータでは比較的早く、簡単なプロセスでパスワードを設定して、ファイルのセキュリティを大幅に向上することができます。セキュリティは重要です。ここではファイルを保護する方法を学ぶことができます。

3の方法1:
設定アプリを使う

  1. 1
  2. 2
  3. 3
    「アカウント」のタブをクリックしましょう。
  4. 4
    「サインインオプション」をクリックしましょう。
  5. 5
    追加をクリックしましょう。「パスワード」セクションの下にあります。
  6. 6
    新しいパスワードを入力しましょう。このウィンドウでパスワードを設定し、パスワードのヒントを追加することができます。
    • 「新しいパスワード」のボックスに希望のパスワードを入力し、「パスワードの再入力」ボックスにもう一度入力しましょう。
    • 「パスワードヒント」のボックスにパスワードのヒントを入力します。このヒントはパスワードを間違って入力した場合に表示されます。このボックスには、パスワードを忘れた場合にもパスワードを思い出せるようなことを入力しましょう。パスワードヒントにパスワードを入力しないようにしましょう。
  7. 7
    次へをクリックしましょう。開いている青いボックスの下の部分にあります。
  8. 8
    終了をクリックしましょう。これでコンピュータのパスワードが設定されました。これからログインするたびに、パスワードの入力を求められるでしょう。
    広告

3の方法2:
[Ctrl]+[Alt]+[del]を使う

  1. 1
    Ctrl+Alt+Delを押しましょう。
  2. 2
    「パスワードの変更」をクリックしましょう。
  3. 3
    古いパスワードを入力しましょう。もしもパスワードを持っていない場合は、ボックスを空欄のままにしておきましょう。
  4. 4
    新しいパスワードを入力しましょう。タイプミスがないか確認するために、二度入力する必要があるでしょう。
  5. 5
    送信をクリックしましょう。パスワードの確認入力ボックスの最後にある矢印です。
  6. 6
    OKをクリックしましょう。これでコンピュータのパスワードが設定されました。これからログインするたびに、パスワードの入力を求められるでしょう。
    広告

3の方法3:
コンピュータ管理を使う

  1. 1
    「マイコンピュータ」を右クリックして「管理」を選択しましょう。
  2. 2
    「ローカルユーザーとグループ」オプションを選択しましょう。
  3. 3
    ユーザーフォルダをダブルクリックしましょう。右側のウィンドウにユーザーのリストがポップアップ表示されるはずです。
  4. 4
    ユーザーを右クリックして「パスワードの設定」を選択しましょう。
  5. 5
    「続行」をクリックしましょう。
  6. 6
    新しいパスワードを入力して確認しましょう。「OK」をクリックします。
  7. 7
    「OK」をクリックして終了します。これでパスワードが設定されました。
    広告

ポイント

  • 作成したパスワードが安全であることを確認しましょう。
広告

注意事項

  • Windowsのアカウントのパスワードはハッカーによって簡単に削除されてしまうことが知られています。しかしBitLockerを有効にすると、パスワードの削除がはるかに困難になります。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む34人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告