WindowsのスタートアップにXAMPPを登録して起動する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

XAMPPモジュール(例:Apache、PHP、MySQL)をWindowsの起動と同時に自動的に起動したい場合、XAMPPコントロールパネルを「スタートアップ」フォルダに追加する必要があります。このwikiHowでは、Windows立ち上げ時にXAMPPコントロールパネルを自動起動する方法、および自動実行するXAMPPモジュールを選択する方法を紹介します。以下の手順は、Windows 10/8.1/8/7で実施可能です。

ステップ

  1. 1
    XAMPPコントロールパネルを開く XAMPPコントロールパネルは、XAMPPをインストールしたフォルダのルート、たいていはC:\xamppにある、xampp-control.exeという名前のファイルです。インストレーションディレクトリを変更していない場合は、以下の手順に従ってアプリを起動します。
    • Win+Rを押下して「ファイル名を指定して実行」ダイアログを開く。
    • 入力フィールドにC:\xampp\xampp-control.exeと入力するか、貼り付ける。
    • OKをクリックする。
  2. 2
    Config(設定)をクリックする XAMPPコントロールパネルの右上角にあるレンチアイコンが付いたボタンです。[1]
  3. 3
    起動時に実行する項目を選択する 「Autostart of modules」(モジュール自動起動)エリア内のモジュールの横にあるボックスをクリックして、自動起動するモジュールを選択します。ボックス内にチェックマークが表示されていれば、XAMPPコントロールパネル起動時にそのモジュールが起動します。
  4. 4
    Save(保存)をクリックする ウィンドウの右下角にある、緑色のチェックマークアイコンが付いたボタンです。
  5. 5
    Windowsエクスプローラーを開く エクスプローラーを開く一つの方法として、「スタート」メニューを右クリックしてエクスプローラーを選択します。また、キーボードの Win+Eを押下しても、エクスプローラーを起動することができます。
  6. 6
    xamppディレクトリに移動する 通常であればその場所はC:\xamppとなり、そこへ移動するためにはエクスプローラーの左側のパネルでこのPCまたはコンピュータメニューを展開し、C:ドライブを選択して、xamppをクリックします。xamppディレクトリを開くと、その中身がエクスプローラーのメインパネルに表示されます。
  7. 7
    xampp-control.exeを右クリックしてショートカットの作成を選択する xampp-control.exeのすぐ下に、xampp-control.exe – ショートカットという名前の新しいファイルが現れます。
    • エクスプローラーウィンドウはこの後またすぐに使用するため、ここでは開いたままにしておきます。
  8. 8
    キーボードの Win+Rを押下する 「ファイル名を指定して実行」ダイアログが開きます。
  9. 9
    shell:startup」と入力してOKをクリックする Windowsの「スタートアップ」フォルダが、新しいエクスプローラーウィンドウで開きます。[2]
  10. 10
    xampp-control.exe – ショートカットをドラッグしてWindowsの「スタートアップ」フォルダにドロップする 「スタートアップ」フォルダに作成したショートカットを追加すると、WindowsはPC起動時にXAMPPコントロールパネルを実行することを認識します。そして、XAMPPコントロールパネルが起動するとすぐに、自動起動するモジュールとして選択したモジュールが実行されます。
    • 画面上で2つのエクスプローラーウィンドウを同時に表示できない場合は、タスクバー(画面下部に横たわっているバー)を右クリックし、ウィンドウを左右に並べて表示を選択します。
    広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告