WiFiのパスワードを共有するためのQRコードを生成する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

自宅のWi-Fiに接続するための情報を他人に簡単に伝えられたらとは思いませんか?この記事では、Wi-Fiに接続するために必要な情報をQRコード化する方法を紹介します。作成したQRコードを自宅に掲示しておけば、訪問客は、スマートフォンのQRコード読み取りアプリでそれをスキャンすることで、簡単かつすぐにWi-Fiにアクセスできるようになります。

ステップ

  1. 1
    Wi-Fiのアクセス情報を収集する ネットワーク名(SSID)、暗号化方式、パスワードの情報が必要になります。
    • Wi-Fiネットワークの設定を自分で行わなかった場合は、これらの情報はモデムやルーターに記載されているか、プロバイダからの書類などに記載されているかもしれません。こららの情報を探す方法が分からない場合は、パソコンやMacでWi-Fiパスワードを確認してみましょう。また、パスワードがどの暗号化方式(WPA、WPA2、WEP)を使用しているのかも把握する必要があります。これが不明な場合は、プロバイダに問い合わせましょう。
  2. 2
    Https://qifi.org/ (※英語)」に行く  このウェブサイトは、Wi-FiパスワードをQUコード化するための専用サイトです。
  3. 3
    暗号化方式を選択する [Encryption type](暗号化方式)の横にあるドロップダウンメニューで、[WPA/WPA2]、[WEP]または[None]を選択しましょう。
  4. 4
    ネットワーク名を入力する ページ一番上にある「SSID」という項目の入力欄に、ネットワーク名を入力しましょう。
  5. 5
    WI-Fiパスワードを入力する 「Key」という項目の2番目の入力欄に、Wi-Fiパスワードを入力しましょう。
  6. 6
    Generate!をクリックする [Generate!]は入力欄の下にある青いボタンです。 これをクリックすると、ページ一番下にQRコードが表示されます。
  7. 7
    Print!をクリックする [Print!]はQUコードの上にあります。 これをクリックすると、QRコードを紙に印刷できます。 訪問客はスマートフォンで QRコードをスキャンすることで、自宅のWi-Fiに接続できます。
    • すぐに印刷できない環境であれば、代わりにExport!をクリックしてコードを画像ファイル(PNG)としてパソコンに保存しておき、後で印刷することができます。
  8. 8
    好きな場所にQRコードを掲示する 信頼できる訪問客の目に付きやすい場所に掲示しましょう。ただし、関係のない人に勝手にWi-Fiにアクセスされないように、誰でも彼でも見ることができる場所は避けましょう。訪問客はスマートフォンで QRコードをスキャンすることで、Wi-Fiネットワークに接続できます。
    • iPhoneでは、利用者がカメラアプリを開いてQRコードにかざすと、「Wi-Fi QRコード」という通知が表示されます。この通知をタップすれば、Wi-Fiへの接続を選択できます。接続するには、接続をタップするだけです。
    • Android端末にも、カメラアプリでQRコードをスキャンできるものがあります。 しかし、他のAndroid端末では、QRコードをスキャンできるようになるには、利用者はQRコード読み取りアプリをダウンロードする必要があります。 QRコード読み取りアプリはGoogle Playストアからダウンロードできます。
    広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: ネットワーク

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告