Ubuntuのアンインストール方法

パソコンのOS(オペレーティングシステム)として、もはやUbuntuは相応しくないと判断したならば、そのアンインストール方法が気になるかもしれません。インストールされているOSがUbuntuのみの場合は、アンインストールするのは簡単ですが、同一のパソコンにWindowsと一緒にインストールされている場合は、その方法は少し複雑です。いずれにしても、以下の方法に従ってUbuntuのアンインストールをしましょう。

2の方法1:
Windowsとのデュアルブート環境でUbuntuをアンインストールする

  1. 1
    Windowsインストールディスクをドライブに挿入する このディスクはリカバリディスクとも表記されていることもあります。インストールディスクやリカバリディスクが手元にない場合には、お使いのWindowsから作成することができます。
  2. 2
    リカバリディスクから起動する リカバリディスクから起動するためには、パソコンのBIOSをCD/DVDドライブから起動するように設定する必要があります。パソコンの起動時にBIOS設定キーを押します。通常、F2、 F10、 F12、Delのいずれかのキーです。ブートメニューに移動し、利用するCD/DVDドライブを選択します。選択後に保存してパソコンを再起動します。
  3. 3
    コマンドプロンプトを開く リカバリディスクのメインメニューからコマンドプロンプトのオプションを選択します。インストールディスクで作業している場合には、 「コンピュータの修復」を選択すると、コマンドプロンプトが開きます。
  4. 4
    マスターブートレコード(Master Boot Record)を修復する 以下のコマンドを入力すると、パソコン起動時にデュアルブートオプションが削除され、そのままWindowsが起動します。
    コマンド: bootrec /fixmbr
  5. 5
    パソコンを再起動する 再起動時には、Ubuntuを選択するオプションが表示されません。そのままWindowsが起動します。
  6. 6
    ディスクの管理を開く Windowsが立ち上がったら、Ubuntuをハードディスクから削除してディスクの空き容量を回復します。スタートを押して「コンピュータ」、もしくは「マイコンピュータ」を右クリックします。「管理」を選択すると、コンピュータの管理の画面が開きます。この画面の左のフレームから「ディスクの管理」を選択します。
  7. 7
    Ubuntuのパーティションを削除する Ubuntuのパーティションを右クリックして削除を選択します。選択したパーティションで間違いないかを確認しましょう。削除後、そのパーティションは未割り当て領域になります。Windowsのパーティションを右クリックしてボリュームの拡張を選択します。新しくできた未割り当て領域を選択すると、その領域はWindowsパーティションの一部になります。[1]
    広告

2の方法2:
Ubuntuをシングルブート環境でアンインストールする

  1. 1
    他のOSのインストールディスクをドライブに挿入する インストールされているOSがUbuntuのみの場合、他のOS(どのOSでも可)のインストールディスクを使ってUbuntuをアンインストールします。ディスク挿入後、パソコンを再起動してステップ2の手順同様にCDから起動します。
  2. 2
    Ubuntuのパーティションを削除する 新しいOSをインストールする過程で、パーティションの作成や削除が行えます。Ubuntuのパーティションを選択して削除しましょう。削除後、そのパーティションは未割り当て領域になります。
  3. 3
    インストールを継続もしくは中断する 上の手順によりパーティションが削除されると、Ubuntuも無事パソコンから削除されます。その後は新しいOSをインストールできます。
    広告


ポイント

  • Linuxディストリビューションのマルチブート環境の場合には、引き続き利用したいOSを選択します。起動後にUbuntuのパーティションを削除します。その後、GRUB か LILOブートローダーをアップデート、もしくは再インストールする必要があるでしょう。その方法については、Linuxディストリビューションのサポートフォーラムで質問すれば回答をもらえるでしょう。


広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む13人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告