UbuntuにWineをインストールする方法

Ubuntuを利用する個人ユーザーは徐々に増えつつありますが、まだ大多数のプログラムがWindowsでしか使えません。しかしWineを使えば、お使いのUbuntuデスクトップ環境からWindows用のプログラムを利用することができます。Wineは完全に無料かつ合法です。

パート1(全2パート):Wineのインストール

  1. 1
    ソフトウェアセンターを開く これはUbuntuのパッケージ管理ツールです。ソフトウェアセンターからUbuntuで安定して動作するバージョンのWineを簡単にインストールすることができます。インストール作業はインターネットに接続して行う必要があります。[1]
    • Wineのウェブサイトから最新バージョンをインストールすることは可能です。しかし、動作が安定せず重大な問題を引き起こす可能性があるので推奨されていません。
  2. 2
    ソフトウェアセンターでWineを検索する 通常Wineプログラムは検索結果の先頭に表示されます。
  3. 3
    Wineをインストールする 「インストール」をクリックしましょう。インストールには数分かかります。
  4. 4
    インストール後にターミナルを開く 使用前にWineの設定をする必要があります。設定はターミナルから行います。
    • ターミナルはアプリケーション→アクセサリ→ターミナル、または
      「Ctrl」+「Alt」+「T」キーで開くことができます。
  5. 5
    .winecfgと入力して 「Enter」キーを押す これによりWindowsの”C:”ドライブに該当するフォルダが作成され、Windows用のプログラムを実行することができるようになります。
    • このフォルダは.wineと名付けられ、ホームディレクトリ内の隠しフォルダになります。
  6. 6
    Wine設定画面 "C:"ドライブが作成されると、Wine設定が表示されます。この設定画面からWindowsのエミュレーション設定ができます。タブ毎に異なる設定をします。
    • "アプリケーション" – ここからアプリケーション毎にWindowsのバージョンを設定します。アプリケーションに特定のバージョンのWindowsを設定しない場合、"既存の設定"が適用されます。
    • "ライブラリ" – ここからWindowsエミュレータのDLL設定をします。通常、この設定を変更する必要はありません。ただし、プログラムによっては正常に動作するために設定が必要になるかもしれません。
    • "画面" – ここから画面サイズ、マウスキャプチャー、画面の解像度などの設定をします。この設定は”アプリケーション”タブとリンクするので、アプリケーション毎に固有に適用されます。
    • "ドライブ" – ここからWineで使う仮想ドライブとフォルダのマッピングを設定します。ディスクドライブのパスを探すにはデスクトップ上のアイコンを右クリックします。あるいは、”自動検出”をクリックしてパスを自動的に検出し、マッピングすることもできます。
    • "デスクトップ統合" – ここからアプリケーションのテーマや外観を設定できます。
    • "オーディオ" – ここからWineのオーディオ設定をします。通常、この設定はシステムデフォルトのままで良いでしょう。その場合、ご利用中のLinuxの設定が適用されます。
    Advertisement

パート2(全2パート):Windowsアプリケーションをインストールして実行する

  1. 1
    Windowsアプリケーションのインストール アップリケーションをダウンロード、もしくはインストールディスクをディスクドライブに挿入します。Windowsと同じように、あらゆるアプリケーションをインストールできます。インストーラをダウンロードする場合は、アクセスしやすい場所にダウンロードしましょう。
  2. 2
    ターミナルを開いてインストーラのあるフォルダにアクセスしましょう。ディスクからインストールする場合は、次のステップに進みます。
  3. 3
    .wine プログラム名.拡張子 と入力してインストーラを実行する 例えば、"itunes_installer.exe"というファイルをダウンロードした場合、wine itunes_installer.exeと入力して「Enter」キーを押します。これでWindows同様にプログラムを実行できます。
    • ディスクからインストールする場合、ディスクドライブにWine設定で割り当てられた文字があることを確認しましょう。それから、次のコマンドを入力しますwine start 'D:\setup.exe'。実行ファイル名が”setup.exe”でなければ、実際のファイル名を入力しましょう。
  4. 4
    プロンプトに従いプログラムをインストールする インストールはWindows同様に進行します。インストール場所を指定する必要がある場合は、C:\Program Files を選択します。
  5. 5
    インストールされたアプリケーションを探す Ubuntuアプリケーションメニューから、もしくはデスクトップ上で見つかります。Windows同様に、大抵のアプリケーションはショートカットを作成します。それをダブルクリックすれば簡単にプログラムを実行できます。
  6. 6
    ショートカットが見つからない場合の対処方法 プログラムをインストールしてもショートカットが作成されなかった場合は、ターミナルを使ってプログラムを実行できます。[2]
    • プログラムの実行ファイルのある場所に移動します。例: /home/user/.wine/drive_c/Program Files/Apple
    • wine プログラム名.拡張子 と入力して「Enter」キーを押しプログラムを実行します。例: wine itunes.exe
  7. 7
    プログラムへのショートカットを作成する プログラムを実行する度にターミナルを開いてコマンドを入力するのが手間であれば、デスクトップにショートカットを作成することができます。
    • デスクトップ上で右クリックをして、"ランチャの作成"を選択します。
    • リストからアイコンを選択するか自分で追加します。
    • ”コマンド”のフィールドでwine プログラムの場所/プログラム名.拡張子 と入力します。 プログラムの場所はそのプログラムの実行ファイルが格納されている場所です。例: wine /home/user/.wine/drive_c/Program Files/itunes.exe
    • "ターミナルで実行"のチェックボックスからチェックを外します。
    Advertisement

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む13人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement