Twitterアカウントをプライベート(非公開)設定にする方法

初期設定ではTwitterアカウントは全体公開になっています。どのTwitterユーザーからも閲覧やフォローされることが出来る設定です。承認を受けたTwitterユーザーのみがフォローやツイート(投稿)の閲覧が出来るのが非公開設定です。知らない人や同僚を自分の生活から排除し、誰が自分のツイートを見ているのかしっかり管理できる素晴らしい方法です。

パート1(全2パート):ツイートを非公開設定にしましょう

  1. 1
    どのように自分のツイートが非公開となり保護されるのか理解しましょう。非公開設定にして自分のツイートとアカウントを保護する前に非公開設定とは何か、正しく理解しましょう。非公開設定とは:
    • 他のユーザーがあなたをフォローする場合には申請を送り、そのすべての申請はあなたが承認しなければいけません。
    • 承認されたフォロワーだけがあなたのツイートを見ることが出来ます。
    • 他のユーザーはあなたの投稿をリツイートできません。
    • あなたのツイートはグーグル検索などには表示されません。承認されたユーザーからの検索にのみ表示されます。.
    • どんな「@」のついた表示も相手が承認されたフォロワーでない場合は、相手には表示されません。例えばセレブの名前を@でツイートしてもセレブが自分が承認したフォロワーでない場合、そのツイートを見ることは出来ません。
    • 全体公開設定の時に行った投稿は設定を変更した時点で非公開になっていますので、承認されたフォロワーのみが検索したり閲覧することができます。
    • 承認したフォロワーとのみ自分のツイートを閲覧するリンクを共有できます。[1]
  2. 2
    ユーザー名とパスワードを入力してログインしましょう。
  3. 3
    「設定とヘルプ」アイコンをクリックします。画面の右手上にあります。そのまま下にいき、「設定」を選んでクリックします。
  4. 4
    「アカウントセキュリティーとプライバシー」をクリックします。プライバシー項目の下にさがり、「ツイートの公開設定」を選び「非公開設定」にします。
  5. 5
    設定ベージの下にある「変更と保存」をクリックします。今後はあなたのツイートは非公開になり、現在のフォロワーのみ閲覧することが出来ます。
  6. 6
    非公開設定を解除。すべての設定をもう一度元に戻したい場合は、「非公開設定」ボックスのチェックマークを取り外し、全体公開に戻すだけです。
    • 非公開設定にしていた時に投稿したツイートも全体公開に設定を戻した時点で全体公開になり、誰でも閲覧や検索ができるようになりますのでお気をつけ下さい。
    • 非公開設定の時に承認していなかったフォロワー申請をもう一度確認しましょう。全体公開にした後、承認していなかったフォロワーは自動的にフォロワーになるわけではないので、全体公開に設定を変更した後、改めてあなたをフォローしないといけません。
    広告

パート2(全2パート):フォロワーリクエストを承認しましょう

  1. 1
    ホームページに行きます。
  2. 2
    新規のフォロワーリクエストを確認します。もし新しいリクエストが届いていたら、左のサイドバーの大きなボタンに「X件のフォロワーリクエストが届いています」という表示がでます。
    • メールでもフォロワー申請が来ている旨の通知が届きます。
  3. 3
    フォロワーリクエストを確認しましょう。フォロワーリクエストボタンを押し、申請を送ってきた人達のプロフィールを確認します。Twitterユーザー名、プロフィール写真、そしてTwitterプロフィールへのリンクを確認することが出来ます。
  4. 4
    「承認」か「拒否」をクリックし、友達申請を受け入れるか拒否するか選択します。拒否した相手には通知は行きません。承認したユーザーは今後あなたのツイートを閲覧したり検索したりすることが可能になりました。ただしあなたのツイートをリツイートすることは出来ません(なぜなら彼らのフォロワーはあなたの非公開設定のツイートを見る承認を受けていないからです)
    広告

注意事項

  • 全体公開設定時に投稿したツイートを削除し、Twitterで投稿する情報を非公開に保ちましょう。
  • 非公開設定にしても以前の投稿までさかのぼることはできません。アカウントを非公開にする前に投稿した写真やツイートはまだ全体公開のままです。自分のTwitterからは見られなくなっているかもしれませんが、全体公開の時に誰かが「お気に入り」にしたり、「リツイート」「リンク」などにしていた場合は、その人を自分のフォロワーに承認していようとしていなかろうと、その分の投稿を閲覧することは可能になります。
  • あなたをフォローしていないTwitterユーザーは、あなたが投稿した「リプライ」を閲覧することは出来ません。自分が投稿したリプライを見てほしいユーザーには自分をフォローしてもらうよう働きかけましょう。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む12人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告