PDFをJPEGに変換する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

PDFファイルは文書の保全性を保存する良い方法ですが、他の文書やプレゼンテーションに挿入しようとするとちょっとした騒ぎになります。またPDFファイルを開くのには別のプログラムを起動させる必要があり、子供や祖父母にPDFを送付すると混乱させる可能性があります。PDFファイルをJPG画像形式に変換することで、埋めこみ、編集、共有などが簡単にできるようになり、これらの問題も解消されます。特別なソフトウェアに一銭もお金を使わずにPDFファイルを変換するには、以下の方法に従ってください。

4の方法1:
オンライン変換サービズを利用する方法

  1. 1
    PDFからJPGに変換する オンライン上のサービスを見つけましょう。オンラインサービスはいくつかあり、JPG形式に変換したいPDFファイルを無料でアップロードして変換するサービスです。PDF文書が数ページある場合はそれぞれのページを一枚ずつJPGファイルに変換します。
  2. 2
    ファイルをアップロードしましょう。自分で選んだオンライン変換サービスのサイトで「ファイルを選択する」ボタンをクリックします。自分のパソコンに保存されているアップロードしたいPDFファイルを見つけます。これらのオンラインサービスは通常、アップロードできるファイルのサイズが1ファイルにつき25MBに制限されています。(Zamzarでは100MG、Smallpdfには制限がありません)
  3. 3
    ファイル内の全ページを変換するか、一部のPDF画像だけを抽出して変換するかを選択できるサービスもあります。
  4. 4
    変換後の画質を選択します。オンラインサービスの解像度の初期設定は通常150 DPIで、これは適度に良質な画像変換です。300 DPIを選択できる場合がほとんどで、これは画質が劇的に改善されますが、非常に重いファイルになります。
    • 希望の形式としてJPGを選択する必要がある場合もあります。(ほとんどの場合はJPGが初期設定では基本形式となっています)
  5. 5
    変換後のファイルをダウンロードしましょう。変換にかかる時間は、アップロードしたファイルのサイズ、変換サービスサーバーによって異なります。多くのサービスには、変換が完了したらファイルをメールで送付したり、ダウンロード用のリンクをメールで送付してくれるオプションがあります。
    • 数ページあるファイルを変換した場合は、それぞれのページに対してダウンロードリンクが1つずつ送られるか、 まとめてZIPフォーマットとしてダウンロードできます。
    広告

4の方法2:
画像編集ソフトウエアを使用する方法

  1. 1
    PhotoshopかGIMPを開きましょう。Photoshopは購入費用がかかりますが、GIMPは無料のオープンソースソフトウェアで、Photoshopの機能を真似たプログラムです。どちらのプログラムもPDFを瞬時に変換することが可能です。
  2. 2
    PDFファイルを開きましょう。複数のページからなるファイルの場合は、レイヤー(重ね合わせて表示される複数の画像)か通常の画像かどちらで開くかを選択できます。画像で開くを選択し、ページを一枚ずつの画像として表示させましょう。レイヤーで表示するとすべてのPDFファイルを変換するのが難しくなります。
  3. 3
    それぞれの画像をJPGで保存/エクスポートしましょう。 Photoshopを使用している場合は、「ファイル」をクリックし、「別名で保存」を選択します。ファイルタイプはJPGを選択します。その後JPGの画質を選択しましょう。 GIMPをお使いの方は、ファイルをクリックした後にエクスポートを選びます。フォーマットのドロップダウンメニューからJPG を選択し、希望の画質を選びましょう。
    • それぞれのページをこの手順で変換しましょう。
    広告

4の方法3:
Mac OS X プレビューを使用する方法

  1. 1
    プレビューを起動させます。プレビューとはMacintosh OS Xに搭載されている変換アプリケーションで、PDFを含む色々な形式の画像の作業を早く簡単に行うことが出来ます。ドックから見つからない場合は、アプリケーションフォルダーにあります。
  2. 2
    ファイルメニューからPDFを開きます。1つ、もしくはそれ以上のファイルを開いた時に表示されるダイアログボックスにプレビューが表示されています。変換するファイルがたくさんある場合はとても役立つ機能です。
  3. 3
    ファイルをクリックしてからエクスポートを選びます。エクスポートダイアログボックスの中のフォーマットドロップダウンメニューにあるJPEGを選択します。希望の画質と解像度を調整します。ファイルの名前を変更したい場合はここで行います。
    • 保存場所メニューからこのファイルを保存したい場所を選択します。
  4. 4
    保存をクリックします。PDFは変換されて新しいJPEGファイルが作成されました。どの画像ソフトウェアからもこのJPEGを開くことができ、文書に埋め込んだりインターネット上にアップロードすることも可能になりました。[1]
    広告

4の方法4:
グーグルドライブを使用する方法

  1. 1
    Googleアカウントを持っていない方はまずアカウントを作成しましょう。
  2. 2
    Google ドライブ画面左上にあるアップロードボタンをクリックしてPDF(もしくはその他の文書)をアップロードします。
  3. 3
    文書をクリックして開き、確認しましょう。色が変わる円が表示されます。これは文書をアップロード中だというサインです。しばらくすると文書が表示されます。一番よい画質にするためにズームインを行いましょう。
  4. 4
    F12を押してエレメントインスペクターを開きます。
    • グーグルクロームでは「エレメント」タブが選択されているのを確認したあと、虫めがねアイコンをクリックします。そして画像に変換したい文書のプレビューページを表示させましょう。
    • ファイヤーフォックスでは「インスペクター」タブから画面の左上の角にある「長方形のカーソル」アイコンをクリックし、(Googleドライブの)文書プレビューをクリックしましょう。
  5. 5
    ハイライトされているリンクを探しましょう。リンク内には以下の <img src="jpgへのリンク"> (4行)が含まれます。
    • リンクを右クリックしたら「新しい画面でリンクを開く」を選択して出来上がりです!画像を保存する準備ができました。
    広告

ポイント

  • Fine Print (デモ版は無料ですが透かし文字が入ります)をお持ちの方はFine Printプリンターで印刷すると「jpg file」として保存されます。
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告