Microsoft Excelで通貨換算ツールを作る方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事では、「Microsoft Excel」を使って通貨換算ツールを作る方法を解説します。ある通貨から別の通貨に換算したいだけの場合は、「Microsoft Excel」の乗算式を用いて、既存のデータに為替レートを反映させましょう。これだけなのでとても簡単です。また、Windowsパソコンを使っている場合は、「Kutools」というプラグインをインストールすれば、最新の為替レートを用いて大量の通貨を換算することもできます。これは上級者向けですが、より正確に換算することが可能です。

2の方法1:
手動の通貨換算ツールを作る

  1. 1
    現在の為替レートを調べる ブラウザを開いて、アドレスバーに為替レートと入力すると、検索結果ページの上部にドロップダウンボックスが表示されるので、そこから通貨ペアを選択しましょう。これで現在の為替レートを取得することができます。
    • 例えば、ドルから日本円への為替レートを表示させたい場合は、上のボックスからドルを選択し、下のボックスから「円」を選択しましょう。
  2. 2
    「Microsoft Excel」を開く 「X」の白いロゴが入った緑色のアイコンのことです。
  3. 3
    空白のブックをクリックする ウィンドウの左上にあります。
    • Macの場合は、新規作成タブをクリックしてから、空のブックを選択しましょう。
  4. 4
    為替レートのデータを用いて表を作成する 以下の操作を行います。
    • 第一通貨の通貨名をA1セルに入力します(例:「円」)。
    • 第一通貨の値をB1セルに入力します。この場合、値は「1」になります。
    • 第二通貨の通貨名をA2セルに入力します(例:「ドル」)。
    • 為替レートをB2セルに入力します。
  5. 5
    第一通貨の通貨名をD1セルに入力する 例えば、円からドルに換算する場合は、D1セルに「円」と入力します。
  6. 6
    第二通貨の値を「D」列に入力する 例えば、ドルに換算したい金額が1000円までの場合は、D2からD1001までのセルに1~1000の数字を入力しましょう。また、「D2」セルの右下にある小さい緑色の正方形をクリックして下にドラッグすれば、連番を一瞬にして振ることも可能です。
  7. 7
    第二通貨の通貨名をE1セルに入力する 上記の例では、ここに「ドル」と入力します。
  8. 8
    「E2」セルをクリックしてから、=$B$2*D2と入力して Enterを押す 第一通貨を基準に換算した第二通貨の値がE2セル(第一通貨の値のすぐ右側)に表示されます。
  9. 9
    第二通貨の列の二行目以降に数式を反映する 「E2」セルをもう一度クリックして選択し、E2セルの右下に表示される小さい緑色の正方形をダブルクリックします。すると、第一通貨の列を基準に換算した値が、第二通貨の列いっぱいに表示されます。
    広告

2の方法2:
「Kutools for Excel」を使用する

  1. 1
    「Kutools」のダウンロードページにアクセスする ブラウザからhttps://www.extendoffice.com/download/kutools-for-excel.htmlにアクセスします。ただし、「Kutools」はWindowsでしか使うことができません。
  2. 2
    Click Here to Start Downloadをクリックする ページの中央にあるリンクのことです。このリンクをクリックすれば、「Kutools」をパソコンにダウンロードすることができますが、ブラウザによっては保存をクリックしたり、ダウンロード先を選択したりしなければならない場合があります。
  3. 3
    「Kutools」のセットアップファイルをダブルクリックする 茶色い箱のようなアイコンのことです。
  4. 4
    言語を選択して、OKをクリックする ドロップダウンボックスをクリックしてから、言語を選択します。
  5. 5
    画面の指示に従う 「Kutools」のインストールを完了するには、以下の操作を行います。
    • 次へをクリックします。
    • 「使用許諾契約書のすべての条項に同意します」のラジオボタンをクリックして、次へをクリックします。
    • 次へを2回クリックします。
    • インストールをクリックします。
  6. 6
    「Microsoft Excel」を開く 「X」の白いロゴが入った緑色のアイコンのことです。
  7. 7
    空白のブックをクリックする ウィンドウの左上にあります。
  8. 8
    第一通貨の値を「A」列に入力する 例えば、換算したい金額が2000円までの場合は、A1からA2000までのセルに1~2000の数字を入力しましょう。また、「A1」セルの右下にある小さい緑色の正方形をクリックして下にドラッグすれば、連番を一瞬にして振ることも可能です。
  9. 9
    第一通貨のデータを選択する 「A1」セルをクリックして、最後のセルまで下にドラッグします。
  10. 10
    データをコピーする 「ホーム」タブをクリックしてから、ツールバーの左側の「クリップボード」セクションにあるコピーをクリックします。
  11. 11
    コピーしたデータを「B」列に貼り付ける 「B1」セルをクリックしてから、貼り付けボタンをクリックします。このボタンとは、ホームのツールバーの左端にあるクリップボードのようなアイコンのことです。
    • 「クリップボード」の下の矢印ではなく、クリップボードのアイコンを必ずクリックしましょう。
  12. 12
    「B」列のデータを選択する 「B」列の見出しをクリックして、「B」列のセルをすべて選択します。
  13. 13
    Kutoolsタブをクリックする 「Microsoft Excel」ウィンドウの上部にあります。
  14. 14
    Currency Conversionをクリックする ページ上部のツールバーの「Ranges & Content」というグループの中にあります。
  15. 15
    Update rateをクリックする 「Currency Conversion」ページの左上にあるボタンのことです。このボタンをクリックすると、為替レートが現在のレートに近くなります。
    • この機能を使うには、インターネットへの接続が必要です。
  16. 16
    第一通貨を選択する 「Currency Conversion」ページの左側にあるウィンドウから選択します。
    • 例えば、円からドルに換算する場合は、ここでJapanese Yenを選択しましょう。
  17. 17
    第二通貨を選択する 「Currency Conversion」ページの右側にあるウィンドウから選択します。
    • 例えば、円からドルに換算する場合は、ここでU.S. Dollarを選択しましょう。
  18. 18
    OKをクリックする 「B」列の値が選択した通貨に換算されます。
    • 「Kutools」はずっと無料で使えるわけではありません。「Kutools」を引き続き使いたい場合は、「Extended Office」のストアから購入する必要があります。
    広告

ポイント

  • 為替レートは常に変動しているので、手動の通貨換算ツールを作るときには、必ず現在の為替レートを確認しておくようにしましょう。
広告

注意事項

  • 通貨換算ツールで換算するときの値を最新のものにしておかないと、データが不正確になってしまいます。
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告