MP3プレーヤーに音楽をダウンロードする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

Mp3プレーヤーを使うと、いつでもどこでも迫力のある音が出せるようになります。iPad、San disk、Cobyなど、どのタイプの音楽プレイヤーでも、コンピュータから非常に簡単に音楽を転送することができます。一部のプレイヤーは独自のソフトウェアを搭載していますが、すでにコンピュータにインストールされているプログラムを利用しているプレイヤーもあります。iPodはiTunesでしか動作しませんが、他のMP3プレイヤーは通常それほど制限がありません。

3の方法1:
iPodや他のデバイスでiTunesを利用する

  1. 1
    iTunesをインストールしましょう。iTunesはMacオペレーティングシステムに組み込まれていますが、Windowsユーザーはhttp://www.apple.com/itunes/download からソフトウェアをダウンロードしてインストールする必要があります。
    • 「今すぐダウンロード」をクリックして、セットアップソフトウェアをダウンロードします。ソフトウェアがダウンロードされたら、インストーラーを実行し、画面の指示に従います。
    • Internet Explorerを使用していてiTunesのダウンロードに問題が発生した場合は、ポップアップブロッカーのフィルターレベルを調節する必要があります。[1] Internet Explorerの「インターネットオプション」メニューに行き、「プライバシー」を選択してから、ポップアップブロックの下にある「設定」をクリックし、フィルターレベルを「中」に設定します。
  2. 2
    iTunesライブラリに音楽を取り込みましょう。「iTunes」を初めて起動すると、iTunesはコンピュータの音楽をスキャンし、「ライブラリ」に追加します。それ以降に音楽を追加した場合やライブラリにファイルが表示されない場合は、以下のとおり2つの方法があります。
    • フォルダをiTunesにドラッグします。Macを使用している場合は、Finderを開いて「ミュージック」をクリックし、目的のフォルダをiTunesライブラリにドラッグ&ドロップします。Windowsを使用している場合は、 Win+Eを押してミュージックフォルダにあるFile Explorerを開き、iTunesライブラリにドラッグ&ドロップします。[2]
    • もう1つの方法は(どちらのオペレーティング・システムでも)、ファイルメニューを開いて「ライブラリに追加」をクリックし、追加したいフォルダを選択して「OK」をクリックする方法です。
    • ミュージックファイルがWindowsコンピュータのどこに保存されているかわからない場合は、 Win+Fを押して、Windows Searchを開きます。*.mp3 (または.ogg.flac.mp4など)と検索ボックス入力し Enterを押します。ファイルを見つけた場合は右クリックし、「プロパティ」を選択します。ロケーションの横に、ファイルのフルパスが表示されます。
  3. 3
    Mp3プレイヤーをコンピュータに接続しましょう。デバイスに付属のUSBケーブルを利用して、デバイスをコンピュータに接続します。これを初めて実行する場合は、コンピュータが自動的にドライバーのインストールを開始します。
  4. 4
    Mp3プレイヤーをiTunesで探しましょう。Mp3プレイヤーがiTunesと互換性がある限り、Mp3プレイヤーは自動的にソフトウェアに表示されます。問題が発生した場合は、最新バージョンのiTunesを使用しているか確認しましょう。[3]
    • iTunes 10以下:画面左側の「デバイス」メニューの下にデバイスが表示されます。Mp3プレイヤーの製造元(「Sony Mp3」など)または名前(「マリアのiPod」など)が表示されるでしょう。[4]
    • iTunes 11:iTunesの右上隅のiTunes Storeリンクの近くにアイコンが表示されます。Mp3プレイヤーを表す小さなアイコンが表示され、その横にプレイヤーの名前が表示されます。
    • iTunes 12:iTunesの左上隅にあるMp3プレイヤーのアイコンをクリックします。
  5. 5
    ライブラリからMp3プレイヤーにファイルをドラッグ&ドロップしましょう。曲をクリックしてデバイスに個別にドラッグすることも、一度に複数の曲をドラッグすることもできます。
    • 音楽をデバイスにドラッグできない場合は、デバイスをダブルクリックして、左のサイドバーから「概要」を選択しましょう。表示されるメニューでオプションまでスクロールダウンし、「音楽とビデオを手動で管理します」というボックスにチェックマークを付けます。
    • 問題が解決しない場合は、Mp3プレイヤーの接続を切ってから、再接続してみましょう。それでも解決しない場合は、iTunesを再起動してみましょう。
  6. 6
    デバイスを取り出しましょう。iTunesでデバイスを選択し、Macの場合は Cmd+E、Windowsの場合はCtrl+Eを押します。プレイヤーを取り外します。
  7. 7
    Mp3プレイヤーが新しいファイルをスキャンするのを待ちましょう。これはコンピュータからデバイスを取り外すと自動的に行われます。ファイルがミュージックメニューに表示されない場合は、デバイスを再起動してスキャンを開始します。
    広告

3の方法2:
Windows 7、8.1またはVistaでWindows Media Playerを利用する

  1. 1
    Windows Media Playerを開きましょう。iPodでは使うことができませんが、他のほとんどのMp3プレイヤーでは使うことができます。スタートボタンをクリックし、検索ボックスに「Media」と入力します。検索結果にWindows Media Playerが表示されたら、クリックして開きます。
  2. 2
    Media Playerライブラリに音楽を追加しましょう。Media Playerをまだ使っていない場合は、ミュージックファイルをライブラリに追加する必要があります。
    • 「管理」をクリックし「ライブラリの管理」を開いて「ミュージック」を選択します。[5]
    • ミュージックライブラリロケーションのダイアログで音楽が収納されているフォルダを選択し、「フォルダを含める」をクリックしてMedia Playerに追加します。
    • 音楽が保存されている場所がわからない場合は、 Win+F を押してWindows Searchを開くことによってコンピュータを検索できます。*.mp3と検索ボックスにタイプし、 Enterを押します。ファイルを見つけた場合は、いずれかを右クリックして「プロパティ」を選択します。ファイルへのフルパスが横に表示されます。
  3. 3
    Mp3プレイヤーをコンピュータに接続しましょう。デバイスに付属のUSBケーブルを使用して、デバイスをコンピュータに接続します。これを初めて行う場合は、コンピュータが自動的にドライバーのインストールを開始します。Mp3プレイヤーにCDが付属している場合、またはドライバーのインストール手順が記載されている場合はプレイヤーの製造元の手順に従いましょう。
  4. 4
    同期方法を選択しましょう。Windows Media Playerを開いた状態で、Mp3プレイヤーに初めて接続する場合は、使用しているデバイスに最適と判断された方法でデバイスが同期されます。[6]
    • Mp3プレイヤーのストレージが4GBを超えており、ライブラリ内のものすべてがデバイスに収まる場合、自動同期が選択されます。「自動同期」を選択したままにすると、デバイスを接続するたびに、デバイスがWindows Media Playerライブラリと自動的に同期されるということを覚えておきましょう。
    • プレイヤーのストレージが4GB未満で、すべての音楽が収まらない場合は、手動同期が選択されます。
    • 自動同期から手動(またはその逆)に切り替える方法
      • Media Playerの右上隅にある「ライブラリに切り替え」ボタンをクリックします。同期タブをクリックした後「同期オプションボタン」(チェックマークが付いているもの)をクリックします。
      • 「同期の設定」をクリックし、デバイス設定の場所を探します。手動で同期する場合は、「このデバイスを自動的に同期する」の横のチェックを外し、自動で同期したい場合はチェックをつけます。
  5. 5
    「同期」をクリックしてMp3プレイヤーへの音楽の追加を始めましょう。このタブの一番上にMp3プレイヤーが表示されます。プレイヤーに入れたいミュージックファイルを選択して、Mp3プレイヤーにドラッグします。
    • 自動的に同期する設定を選択している場合は、ファイルはすでに同期中なので、この手順を行う必要はありません。
  6. 6
    ファイルのコピーが完了したら、Mp3プレイヤーの接続を完全に切りましょう。システムトレイ(画面の右下隅の時計の近く)にあるUSBデバイスをクリックして、「ディスクを安全に取り出す」を選択することで行うことができます。
  7. 7
    Mp3プレイヤーが新しいファイルをスキャンするのを待ちましょう。これはコンピュータからデバイスを取り出すと自動的に行われます。ファイルがミュージックメニューに表示されない場合は、デバイスを再起動することでスキャンが開始されます。
    広告

3の方法3:
Windowsで手動転送する

  1. 1
    Mp3プレイヤーをコンピュータに接続しましょう。デバイスに付属のUSBケーブルを使用して、デバイスをコンピュータに接続します。これを初めて実行する場合は、コンピュータが自動的にドライバーのインストールを開始します。Mp3プレイヤーにCDが付属している場合や、ドライバーのインストール手順が記載されている場合は、プレイヤーの製造元の手順に従いましょう。
  2. 2
    音楽が保存されているコンピュータ上のフォルダを検索しましょう。任意のバージョンのWindowsで Win+Eを押し、File Explorerを起動し、音楽が保存されているフォルダに移動します。
    • ミュージックファイルがWindowsコンピュータのどこに保存されているかわからない場合は、 Win+Fを押してWindows Searchを開きます。*.mp3(または.ogg.flac.mp4など)と検索ボックスにタイプし、 Enterを押します。ファイルを見つけた場合は右クリックし、「プロパティ」を選択します。ロケーションの横に、ファイルのフルパスが表示されます。
  3. 3
    別のFile Explorerウィンドウを開き、Mp3プレイヤーを表示しましょう。 Win+Eを押し、画面左側のコンピュータメニューを展開します。これは「リムーバブル・ディスク」または「Mp3プレイヤー」などと呼ばれます。
  4. 4
    Mp3プレイヤーのミュージックフォルダを探しましょう。デバイスに表示されている指示に従って、ミュージックファイルを保存する場所を確認しましょう。ほとんどのプレイヤーには「ミュージック」というフォルダがあります。フォルダを見つけたら、ダブルクリックして開きます。
  5. 5
    Mp3プレイヤーに曲をドラッグしましょう。File Explorerの最初のウィンドウ(PCのミュージックフォルダに開いているもの)で、転送するファイルを選択します。ほとんどのMp3プレイヤーではフォルダ全体(またはフォルダ)をデバイスにドラッグすることができるので、アーティスト別に整理されたファイルでも慌てずに済みます。ファイルをハイライト表示し、別のFile Explorer画面(Mp3デバイスのミュージックフォルダに開いてあるもの)にドラッグします。
  6. 6
    File Explorerウィンドウを閉じましょう。これを行う前に、曲がコピーされていることを確認しましょう。
  7. 7
    Mp3プレイヤーを安全に取り外しましょう。システムトレイ(画面の右下隅の時計の近く)にあるUSBデバイスをクリックして、「ディスクを安全に取り出す」を選択することで行うことができます。
  8. 8
    Mp3プレイヤーが新しいファイルをスキャンするのを待ちましょう。これはコンピュータからデバイスを取り出すと自動的に行われます。ファイルがミュージックメニューに表示されない場合は、デバイスを再起動することでスキャンが開始されます。
    広告

ポイント

  • 一部のMp3プレイヤーには、ミュージック管理ソフトウェア用のCDまたはダウンロードリンクが付属しています。例えばSonyのプレイヤーにはMediaGoが付属しています。Mp3プレイヤー付属のソフトフェアが好きでない場合は、上記のオプションのいずれかを使用してデバイスに音楽を転送することができます。
  • 異なるMp3プレイヤーでは異なるファイルタイプを再生することができます。例えば、一部のMp3プレイヤーでは.mp3で終わるファイルのみを再生できますが、.ogg または.flacで終わるファイルを再生できるデバイスもあります。
  • ストリーミングミュージック(PandoraやYouTubeの音楽など)をMp3プレイヤーに移動することはできません。プレイヤーに転送できるのは、コンピュータにダウンロードしたファイルのみです。
  • 曲をプレイヤーにコピーする時間を節約するには、Ctrlボタン(Macでは Cmd)を押しながら複数のファイルをクリックし、一度に複数のファイルを選択します。ハイライト表示された領域の任意の場所をクリックし、すべてのファイルを一度にドラッグします。
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 音楽 | ソフトウェア

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告