Gmailパスワードを再設定する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

現代ではGmailのパスワードのように覚えておかなくてはいけない重要なパスワードがたくさんあります。もしGmailパスワードを忘れてしまった場合、Googleには再発行の手段がいくつか用意されています。電話番号や予備のメールアドレスを自分のGmailアドレスと連携させていた場合は簡単にパスワードをリセットできます。予備のアドレスや電話番号と連携させていなかった場合は本人認証を行ってからアカウントの再設定を行います。

3の方法1:
アカウント再設定ページを使用する方法

  1. 1
    Googleアカウント再設定ページに行きます。パスワードを忘れてしまったけれどアカウントと連携している予備の電話番号かメールアドレスを設定してある方は、Googleからパスワードリセットページへのリンクが送られてきます。予備の電話番号やアドレスのどちらも設定していない方は以下の手順に従ってください。
    • 通常のGmailページからログインボックスの下にある「お困りの場合」をクリックします。
  2. 2
    「パスワードがわからない」を選択します。再設定しようとしているGoogleアカウントのGmailアドレスを入力します。ユーザー名を思いだせない場合はその旨の項目を選択します。「続行」ボタンをクリックします。
  3. 3
    「わからない」もしくは覚えている最後のパスワードを入力します。これはアカウントの再設定に役立ちますが必要事項ではありません。
  4. 4
    再設定の方法を選択しましょう。詳細を予備のメールアドレスに送るか携帯電話番号に送るかを選択できます。メールアドレスか携帯番号を使用するためには事前にこの二つを登録してある必要があります。
    • 携帯から再設定に関する情報を受け取る場合は自動音声通話かテキストメッセージ(SMS)で送られてきます。
    • 自分のアカウントと関連づけたこれらの再設定オプションにアクセスできない場合は、アカウントに関する複数の質問に回答して本人確認を行います。
  5. 5
    本人確認情報を入力します。電話に本人確認コードが送られてきますので、それをすぐに入力しましょう。メールでの再設定手続きは、パスワード再設定のためのURLが予備のメールアドレスに記載されています。
  6. 6
    新しいパスワードを設定しましょう。確認コードを入力、もしくはリンクをクリックすると新しいパスワード設定画面が表示されます。確認用も含め2度パスワードを入力します。「パスワードの再設定」をクリックして続行します。.
    • 強固ではあるけれど覚えやすいパスワードを設定しましょう。
    広告

3の方法2:
パスワード再設定フォームを入力する方法

  1. 1
    パスワードを再設定するために複数の質問に答えます。上記の方法でパスワードをリセットする時に再設定オプションが設定されていない場合(予備のアドレスや電話番号)は自動的にこの質問画面から始まります。
    • 再設定フォームはGoogle職員が確認作業を行うので、瞬時に終わるインスタントフォームではありません。最初にうまくいかなくても何度か再挑戦してください。
  2. 2
    メールを受け取ることが出来るメールアドレスを入力します。再設定フォームの返事が送られてくるアドレスになりますので、間違いなくアクセス可能なメールアドレスを入力しましょう。アクセスできるメールアドレスをお持ちでない場合は数分で無料アドレスを作成できます。
  3. 3
    再設定しようとしているGoogleアカウントに最後にログインしたのはいつか入力します。正確でなくても構いませんが、なるべく正しい数字を思い出して入力しましょう。できるだけ正しく答えることでアカウント再設定成功のチャンスが増えます。
  4. 4
    アカウントを作成した日にちを選びましょう。繰り返しますが、正確でなくても大丈夫です。
  5. 5
    セキュリティークエスチョンと呼ばれる様々な質問に答えましょう。アカウントと関連づけて設定されている様々な質問に答えるように要求されます。
  6. 6
    よく連絡を取るアドレスを入力しましょう。5つまで入力できます。自分が作成したGmailのラベルや記憶している再設定メールアドレスを記入しましょう。
  7. 7
    そのアカウントで使用しているその他のGoogle製品、アンドロイド、カレンダー 、Gmail、ハングアウト、またこれらの製品を使い始めた日付など大まかな数字を入力する必要があります。
  8. 8
    フォームを提出します。フォームを送信するとGoogleが確認作業を行い、先ほど入力したメールアドレス宛てに質問に対する回答が得られたかどうかの判断結果が届きます。
    • 再設定と詐欺防止のためにIPアドレスは記録されます。
    • 再設定出来なかった場合は、改めて本人認証の質問に最初から答えて再設定を試みることができます。
    • アカウントパスワードの再設定に関して、上記の方法以外でGoogleに問い合わせる手段はありません。残念ながらGoogleにはパスワード紛失のサポートを行うカスタマーサービスセンターはありません。
    広告

3の方法3:
パスワード復旧プログラムを使用する方法

  1. 1
    NirSoftサイトに行きましょう。
  2. 2
    WebBrowserPassViewをダウンロードしましょう。このプログラムにはウェブブラウザに保存されているログイン情報を読み取る機能があります。この方法でパスワードを引き出しましょう。
    • セキュリティーソフトウェアはこのプログラムを「危険」だと認識することもありますが、危険はありませんのでこの警告は無視してください。
  3. 3
    プログラムを作動させましょう。WebBrowserPassViewはインストールの必要がありません。作動させてすぐ、インストールされているブラウザをすべてスキャンし、これまでに訪れたウェブサイトのユーザー名とパスワードをすべて読み取ります。
  4. 4
    Gmailを探しましょう。 Google項目の一つに入っているはずです。
  5. 5
    ユーザー名とパスワードを記録しましょう。これが最新のパスワードならログインに使用できます。古いパスワードならパスワード再設定フォームを記入するのに役立ちます。
    広告






このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告