Facebookで友達にPokeする方法

「Poke」(あいさつ)は、Facebookで利用できるシンプルですが癖になる機能です。友達にPokeすると、すぐに相手に「(あなたの名前)さんからPokeがありました」という通知がされます。すると、相手はあなたにPokeを返すことができるようになります。FacebookでPokeする方法とPokeする「タイミング」を理解するには1~2分間しかかかりません。Facebookを別のタブで開いて、この記事の方法を実践してみましょう!

パート1(全2パート):友達にPokeする

  1. 1
    Pokeとは何かを理解する 初めて誰かにPokeする前に、これから行うことをしっかりと理解しておくとよいでしょう。友達にPokeするとは、次のことを行うことです。
    • 友達に「(あなたの名前)さんからPokeがありました」という通知を送ります。
    • Pokeを受け取った友達は、Pokeを返す、削除する、無視するという選択ができます。
    • 友達のPokeページにあなたのPokeが記録されます。
    • 注意:自分が送るPokeは、それを受け取った友達にしか表示されません。言い換えれば、その友達以外は、誰もそのPokeを見ることはできません。
  2. 2
    他の友達のプロフィールページに行く 友達にPokeするのは簡単です。まずは、Pokeしたい友達のプロフィールページに行きましょう。友達のプロフィールページは、検索バーに友達の名前を入力する、自分の友達ページを訪問する、あるいは自分のニュースフィードで友達の名前をクリックするなどの方法で表示することができます。
    • Pokeできるのは友達になっているユーザーに対してのみです。友達になっていないユーザーのページでは、Pokeのオプションは表示されません。
  3. 3
    [...]ボタンをクリックする 友達のプロフィールページ最上段を見ると、左側にはプロフィール画像があり、全体に渡ってカバー写真が表示されており、右側にはいくつかのボタンがあります。省略符号(3つの点)ボタンを探してクリックします。
  4. 4
    [Poke]をクリックする 友達にPokeの通知が送られます。友達は、返信としてPokeを返すことまたはPokeを削除することができます。
  5. 5
    自分にPokeをしてきた人をPokeページで確認する Facebookでは、Pokeページで全てのPokeを一度に確認することができます。Pokeページは、Facebook.com/pokesに行くと表示されます。[1] このページで、自分がPokeしたユーザーと自分にPokeしてきたユーザーを見ることができます。
    • 友達とPokeのやり取りをすると、連続してPokeした回数もこのページに表示されます。
  6. 6
    Pokeページにあるボタンを使って友達にPokeを返す 誰かが自分にPokeしてきたら(または自分がPokeした相手がPokeを返してきたら)、Pokeページでそのユーザーの名前の横に青い[Poke]ボタンが表示されます。このボタンをクリックすると、相手に自動的にPokeが返されます。この方法は、各ユーザーのプロフィールページを訪問することなく、一度に多くのユーザーにPokeできるため便利です。[2]
    Advertisement

パート2(全2パート):Pokeのマナーを理解する

  1. 1
    相手の気を引くためにPokeする Pokeの良さは、実際に受け取ってみないと分かりづらいかもしれません。Facebookで他のユーザーにPokeすることは、現実世界で相手に挨拶することに似ています。確かにPokeは相手の気を引くための方法ですが、他にもさまざまな意味を込めることができます。Pokeを使って相手をからかうこと、相手のことを考えていること、自分に連絡するように促すことなどができます。このように、Pokeは状況や流れ次第でさまざまな意味を持ちます。
    • 例えば、お互いに惹かれ合う者同士が夜遅くにPokeをやり取りすることは、学校の友達同士が日中にPokeをやり取りすることと同じ意味を持つでしょうか?恐らく同じではないはずです。[3]
  2. 2
    頻繁にPokeしない FacebookでのPokeのマナーという点では、おそらくこれが最も重要です。ときどき友達とPokeの数を競うのであれば構いませんが、他のユーザーに頻繁にPokeすることを習慣としない方がよいでしょう。ログインして新しい通知を確認して、それが単なるPokeだった場合は、相手は不快に思うかもしれません。したがって、友達にPokeしすぎると、自分のPokeが相手に無視されるようになるかもしれません。.
  3. 3
    相手にPokeすることで、別のユーザーたちの注意を引こうとしない 相手にPokeしても、それを見ることができるのは受け取った相手のみです。相手への嫌がらせ目的でPokeを利用しないようにしましょう。別のユーザーたちはあなたのPokeを見ることはできません。
  4. 4
    よく知らない人にPokeしない 実生活ではせいぜい知り合い程度の人が、Facebookでは「友達」になっていることは全く珍しくありません。そうした人たちにもPokeすることはできますが、あまり推奨される行為ではありません。あまり親しくない相手からPokeを受け取ると、変に感じるかもしれません。このことは、現実世界でよく知らない人から挨拶される場合に似ているかもしれません。
    Advertisement

ポイント

  • 友達とPokeをやり取りするたびに、親交が深まっていきます!
  • Facebookのどの友達でも、あなたにPokeを送ることができます(その逆も可能)。Pokeされたくないユーザーがいる場合は、 その人をブロックしましょう。
Advertisement

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: インターネット

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement