Androidでアプリのダウンロードや通知を制限する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事では、特定のアプリのダウンロード(自動更新も含む)を制限したり、アプリの通知を防いだりすることで、Androidを管理する方法を紹介します。

3の方法1:
Playストアからのアプリのダウンロードを制限する

  1. 1
    Playストアを開く 通常、Playストアはアプリドロワー内で見つかります。
    • ペレンタルコントロール(保護者による使用制限)を設定して端末の使用者が年齢制限のあるアプリをダウンロードできないようにするには、この方法を実践しましょう。
  2. 2
    をタップする [≡]は画面右上隅にあります。
  3. 3
    下にスクロールして設定をタップする [設定]はメニューの一番下の方にあります。
  4. 4
    下にスクロールして保護者による使用制限をタップする
  5. 5
  6. 6
    PINを入力してOKをタップする このPINは、今後「保護者による使用制限」を回避するために必要になるため、忘れない番号を設定しましょう。
  7. 7
    PINを確認してOKをタップする これで[保護者による使用制限]が有効となります。
  8. 8
    アプリとゲームをタップする 年齢グループのリストが表示されます。
  9. 9
    年齢制限を選択する ここでの選択は、端末の使用者に許可するダウンロード内容次第です。年齢制限の範囲は、アプリ開発者がアプリをPlayストアに追加する際に入力されます。
    • 例えば、18歳以上向けの内容を含むアプリはブロックしたいけれども、12歳以上向けの内容を含むアプリをダウンロードしても構わない場合は、12歳以上を選択します。
    • [全ユーザー対象]というレーティングがついているアプリ以外の全てのアプリのダウンロードをブロックするには、全ユーザー対象を選択します。
  10. 10
    OKをタップして確定する ここで表示されるメッセージは、今後Playストアからダウンロードするアプリに対して、選択した年齢制限が適用されることを知らせるためのものです。
  11. 11
    保存をタップする これで[保護者による使用制限]が有効となり、Android端末の使用者は年齢制限を超えるアプリをPlayストアからダウンロードできなくなります。
    広告

3の方法2:
アプリの更新を制限する

  1. 1
  2. 2
    をタップする [≡]は画面右上隅にあります。
  3. 3
    下にスクロールして設定をタップする [設定]はメニューの一番下の方にあります。
  4. 4
    アプリの自動更新をタップする ポップアップメニューが表示されます。
  5. 5
    アプリを自動更新しないをタップする [アプリを自動更新しない]はリストの1番目のオプションです。これによって、アプリが自動更新されなくなります。
    • アプリを手動更新するには、[Playストア]を開いて[≡]をタップします。続いて、[マイアプリ&ゲーム]をタップしてアプリ名の横にある[更新]をタップしましょう。
    広告

3の方法3:
アプリの通知をブロックする

  1. 1
  2. 2
    下にスクロールしてアプリをタップする
  3. 3
    通知をブロックしたいアプリをタップする そのアプリの情報画面が表示されます。
  4. 4
    下にスクロールして通知をタップする
  5. 5
    広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告