1人の時間を楽しむ方法

時間はたっぷりあるのに、することがない、という方に朗報です。自由な時間を有意義に過ごす方法はたくさんあります。その方法は、自分の創造力を高める方法から、気兼ねなく気ままに過ごす方法まで様々です。「自分」の大切な時間を生かす独創的なアイデアを紹介します。

6の方法1:
1人の時間を大切にする

  1. 1
    自由を楽しむ  1人の時間を最大限に活用するには、その状況を受け入れる必要があります。1人で過ごす楽しさに気付き、積極的な姿勢を持つことが必要です。
    • 1人なら、自分のしたいように発言、考え、行動ができるという事実を大切にしましょう。1人だからと言って、他の人の反応や評価を気にする必要はありません。誰かに気兼ねする事なく、1人の時間を過ごしましょう。他の人からどんな風に思われているかを考える必要はありません。
    • 1人になることによって自分の意志で行動できる状況を満喫しましょう。何か決断する時に、誰かの好みや理想を取り入れる必要はありません。深刻な内容のリアリティ番組を見ても、誰からも愚痴は言われないし、チャンネルを変えて欲しいと言われることもありません。少し長めにウォーキングやジョギングをしても、帰ってくるのが遅いと文句を言われることもないし、自分の計画を変更させられることもありません。
    • 誰かの目を気にして身なりを整えなくてもよい状況を楽しみましょう。ボサボサ頭で歯も磨かずに、1日中パジャマで過ごしたければ、そうしましょう。その姿を誰かに気付かれることもなく、変なスリッパをはいていてもジロジロ見られることもありません。[1]
  2. 2
    気を使わなくていい状況を楽しむ  常に周りに人がいるということは、多かれ少なかれ、気を使っているということになります。
    • 1人で過ごしていれば、自分の恋愛についてなどの答えにくい質問をはぐらかしたり、誰かの猫が広場恐怖症だといった話を聞いたりする必要もなくなります。[2]
  3. 3
    自分の個性を受け入れる  1人で過ごすことで、慌ただしい日常生活や人間関係を一歩離れて見ることができます。また、自分自身と向き合うことで、友人に感謝することができます。
    • 1人の時間を十分に楽しむには、ありのままの自分を受け入れなくてはいけません。独り言を言う、椅子に話しかける、歯磨き中に変なダンスをする、歩かずに滑って移動しようとするなど、自分のおかしな個性を受け入れましょう。そして、自分が個性的で素晴らしい人間だということを認識しましょう。[3]
    • 人間関係や他人の意見ではなく、自分にしかない特徴から自分自信を評価してみましょう。1人になると、他人と比較することなく、自分自信について深く考えられるようになります。[4]
  4. 4
    小さなことに感謝する  1人の時間を過ごすもうひとつの醍醐味は、生活の中の小さなことに気づいたり、感謝したりすることができることです。誰かに邪魔されることなく過ごすことができれば、見過ごしたり、忘れがちな小さなことに注意を払うことができます。[5]
    • 自分の周りを見渡しましょう。できるだけたくさん、小さなことに気づきましょう。些細なことでも、自分が喜びを感じることを見つけ、そのことに時間を忘れるほど熱中しましょう。
    • 自分をよく観察しましょう。自分の気分、考え、感情、意識の小さな変化に目を向けます。なぜ変化したのか、また、そうした変化が身体的、精神的にどのように影響したのかに注目しましょう。自分自身への理解を深めたり、自分がなぜその行動に至ったのかがわかってくると、これまで気づかなかった自分の本質を知ることができるようになります。
    Advertisement

6の方法2:
芸術センスを身につける

  1. 1
    ブログを始める  好きな映画、ゲーム、ブランド、本、コンピューター、芸能人など興味のあるものなら何でも構いません。無料で作成できるブログサイトを探し、ブログのテーマに合ったデザインを選び、独創的なタイトルを考えましょう。[6]
    • 楽しみながら情報を集めて記事にしたブログなら、きっと他の人からも興味を持ってもらえるでしょう。友人がブログにコメントを残せるように、フェイスブックにブログのリンクを貼っておきましょう。
    • ブログを始めると、そこから次々と楽しみが生まれます。時間の余裕のある時に、記事を投稿しましょう。
  2. 2
    料理をする  自分のために作る料理なので、上手に作らなくてはとプレッシャーに感じる必要はありません。[7]
    • ずっと挑戦したかった料理のレシピを考案したり、オムレツやパスタなど簡単で美味しい料理を手早く作ったりしましょう。[8]
    • レシピをいっさい見ないでオリジナル料理を作ってみましょう。パスタやご飯物のような基礎的な料理から始め、慣れてきたら、自分の好みの食材を取り入れたり、ケール、トマティーヨ、バッファローの肉、チアシードなど使ってみたかった食材に挑戦します。
    • 自分のためにクッキー(例えばチョコチップクッキー)を作りましょう。
  3. 3
    絵を描く  画材店で買ってきた道具や、家にある鉛筆と紙を使って絵を描きましょう。
    • 絵に自信がない人は、番号通りに色を塗るだけの「数字塗り絵」を使ってみましょう。作業はとても楽しく、出来上がった時に満足感が得られます。作品が完成したら部屋に飾ることもできます。
    • 続き漫画やウェブコミックを描いてみましょう。自分自身、有名人、家族、友人をモデルにしてキャラクターを作ります。描き方は、細かい描写や粗い棒線画での描写など自分の好みの方法を選びます。面白おかしい状況を描き、出来上がったら友人に見せましょう。
  4. 4
    スクラップブックを作る  たまった写真、切符の半券、レストランのメニューなどの小間物は、スクラップブックで整理しましょう。
    • 画材店などでスクラップブックを買ってきます。
    • 保存したいものを日付順、分野ごとに並べます。
    • スクラップブックに上手に配置し、貼り付けます。
    • 洒落た見出しや感傷的な見出しを付け加えましょう。
  5. 5
    本を書く  これほど孤独な時間はもう二度と来ないかもしれません。こうした状況を利用しない手はありません。静かな環境は集中力を高めます。本を書くのは少しハードルが高いと感じる人は、短くても主張したいことが十分に伝わる文章を書いてみましょう。
    • 日記をつけましょう。
    • しばらく会っていない友人に手紙を書きましょう。
    • 翌月または来年の目標を書き出しましょう。
    Advertisement

6の方法3:
自分を甘やかす

  1. 1
    1人で外食する  1人だからと言って、外食をためらう必要はありません。実際、行きたい店に行き、食べたいものを注文し、飲みたいものを飲み、テーブルを独り占めするのも悪くありません。[9]
    • 誰かと少し話したい時は、カウンター席で食事をしましょう。カウンター席で隣に座った人とは打ち解けやすいため、さらに楽しい展開があるかもしれません。[10]
    • お気に入りのレストランに行って、ずっと食べたかった料理を注文しましょう。持ってきた本を読んだり、食事をしている人たちを眺めたりして過ごしましょう。
  2. 2
    ゆっくりお風呂に入る  家族がたくさんいて、普段はお風呂でゆっくりできないという人は、この機会に好きなだけお風呂でゆっくりしましょう。入浴剤や石けんなどは、全部自分のお気に入りのものを使います。
    • 泡風呂にしたり、お風呂のお湯に好きなエッセンシャルオイルを入れたりしましょう。ろうそくを灯し、音楽をかけると、リラックスでき、優雅な入浴時間を過ごすことができます。
  3. 3
    ネイルを楽しむ  ネイルサロンを予約しましょう。または、思いついたときにフラッとサロンに立ち寄って爪をきれいにしてもらいましょう。
    • ネイルサロンでお金を使いたくない時は、自宅でマニキュアを塗りましょう。ただ単に爪にマニキュアを塗るのではなく、爪を磨き、指先をぬるま湯につけ、何度か重ね塗りをします。時間の余裕があり、マニキュアが残っていたら、足の爪も塗りましょう。
  4. 4
    睡眠をとる  いつでも自分の好きなように使える時間は、睡眠をとるのに絶好の機会です。この機会を上手く利用しましょう。
    • 眠気に誘われるままに昼寝をしたり、早めに就寝するのもよいでしょう。
    • 午前中1人で過ごす時は、寝過ごしたり、朝食を作って寝室に戻り、ベッドで食べたりしもいいでしょう。
    Advertisement

6の方法4:
自己改革に取り組む

  1. 1
    するべきことを片付ける  「自分だけの時間」では、邪魔が入ることがないため、有意義に過ごすことができます。こうしたメリットを生かして、宿題、テスト勉強、部屋の掃除、家計簿など、するべきことを片づけましょう。[11]
    • 部屋の模様替えをしても楽しく過ごすことができます。掃除をして、家具の位置を変えると部屋のイメージが変わります。部屋の飾りを新しくすると気分も変わります。
    • 書類をカテゴリ別に色分けして整理したり、カレンダーに数か月分の計画を書き込んだりしましょう。
  2. 2
    新しいスキルを身につける  1人の時間を利用して練習すると、めきめき上達します。[12]
    • しばらく弾いていないギターやピアノが家にある人は、この機会に弾いてみてはいかがですか?
    • 論理ゲームやパズルに挑戦しましょう。インターネットやスマートフォンでダウンロードできる論理パズルがたくさんあります。
    • 懐かしい気分で、名人を目指してルービックキューブに取り組んでみましょう。
  3. 3
    講座を受ける  身につけたかったスキルを学んだり、興味のあるテーマについての講座を受けたりしてみましょう。
    • インターネットや公共施設などで、無料や安い値段で受けられる講座がたくさんあります。
    • 無料の講座では宿題やテストがないことが多いため、レベル別に分かれた講座を選ぶ時は、宿題やテストがない講座を選びましょう。
  4. 4
    しばらく会っていない友人に電話する  遠く離れて住む親戚や友人に電話しましょう。[13]
    • 電話が苦手な人は、メールや携帯メッセージを送りましょう。1人の時間をきっかけに、連絡が途絶えた人に再び連絡してみましょう。
  5. 5
    瞑想したり、ゆっくり考え事をする  誰にも邪魔されることのない時間を過ごすと、自分の内面に目を向けることができます。自分自身と向き合う絶好の機会になるでしょう。[14]
    • 最近決断したことを振り返ってみましょう。決断する前に想定していたメリットとデメリットはどんなことでしたか?それが自分の決断にどのように影響したのかを書き出してみましょう。
    • 想像力を使いましょう。頭の中で違う所に行ったり、違う世界を想像したりしましょう。楽しい空想にふけるのもよいでしょう。本やブログの参考になる素晴らしいアイデアを思いつくかもしれません。
    • 瞑想しましょう。静かに座り、目を閉じ、自分の周りの音、におい、感覚に注意を向けます。頭を空っぽにし、呼吸に集中します。
    Advertisement

6の方法5:
活動的に過ごす

  1. 1
    外に出て自然を楽しむ  1人で散歩やハイキングをしていると、自分のペースで自然を観察することができます。自然の中で1人で過ごすことがこんなにも楽しいものだということに驚くでしょう。[15]
    • 近くの公園、湖、川、自然保護区などへピクニックに行きましょう。行ったことのない所ほど行く価値があります。
    • サイクリングをしましょう。自転車に乗りながら見る風景から、驚くほど自由な空間が広がっていることに気づくでしょう。静かで、見晴らしの良い所や近くのサイクリングコースを調べ、探検に出かけましょう。
  2. 2
    運動をする  自分の時間を使って、体を鍛えましょう。運動は、心身の健康も改善できる、素晴らしい時間の使い方です。[16]
    • 近所をランニングしたりランニングマシンで走ったりしましょう。
    • ヨガやピラティスの動画をインターネットで探したり、こういったエクササイズのクラスを受講します。
    • 音楽をかけ、鏡の前でダンスをします。いっそのこと、自分でダンスの振り付けを考えて、後で友人や家族に教えるのもよいでしょう。
    • 未経験のスポーツに挑戦します。必要な道具を調べて、参加できる地元のクラブやチームを探しましょう。
    • スポーツジムに入会しましょう。ジムに通うことによって、健康を保つことができるだけでなく、外部社会との接点を持つこともできます。
  3. 3
    冒険をする  誰にも遠慮することはありません。自分が行ったことがない場所を地図で探し、出かけましょう。[17]
    • 海岸線をドライブしたり、浜辺で肌を焼いたり、泳いだりしましょう。
    • 行ったことのない町や公園へ車で出かけましょう。写真を撮って、後で友人や家族に見せます。
    • フィッシングで捕まえた魚を友人に見せたり、料理したりして楽しみましょう。
    Advertisement

6の方法6:
自分の好きなように過ごす

  1. 1
    自分の好きなメディア(特に、密かに楽しみにしているもの)を満喫する  一晩中、好きな映画をみたり、本や雑誌を次から次へと読んだり、好きなテレビ番組を延々と見たりして過ごしましょう。
    • 映画、テレビ、音楽を楽しむ夕べを設定します。オオカミ人間、80年代、アイドル、ブロードウェイミュージカルなど自分の好きなテーマを決めて、テーマに沿った音楽や動画を延々と楽しみましょう。
    • 十分に満喫したら、新しいバンド、映画、テレビ番組を調べます。音楽ブログやポッドキャストをチェックする、Spotifyのおすすめを聴く、Netflixで未開発のジャンルの映画やドラマを探すなどしましょう。
  2. 2
    ゲームをする  普段ゲームをしない人も、一度試してみましょう。普段からゲームをしている人は、新しい分野のゲームに挑戦します。
    • 新しいゲームを探したり、挑戦したりしましょう。リサイクルショップやインターネットで古いソフトやマニアックなソフトを探します。
    • 参加型ゲームの専用機を使って、ゲームに参加してみましょう。たいていのゲーム機は、同時参加型の仮想ゲームに参加できるようになっているため、世界中の知らない人とゲームをすることができます。
    • ライブアクションロールプレイング(Live Action Role Playing)のような現実世界で楽しむ新しいゲームに挑戦しましょう。
    • 幼少時代に戻って、古いボードゲームを楽しむのもよいでしょう。しかし、ゲーム相手もいないのにどうやってゲームをすればいいのでしょうか?相手役も自分が演じればいいのです!自分と対戦すれば、どんな展開でも自分が勝つことが分かっているので楽しめます。
  3. 3
    思い出にひたる  古いアルバム、スクラップブック、卒業アルバムなどを開き、過ぎし日を思い出して過ごします。
    • 連絡が途絶えた旧友や家族を訪ねてみたくなるかもしれません。その人たちの連絡先をわかるところまで調べてみましょう。
    • 思い出からひらめいたことを題材にして、短編集、自叙伝、ブログ、マンガにするのもよいでしょう。
  4. 4
    インターネットで調べ物をする  自分の時間の許す限り、未知の世界を探検しましょう。デジタル世界では探検する所がたくさんあります。
    • 仮想情報の世界を散策しましょう。いろいろなウェブページを開いて、探検を始めましょう。ウェブページ内のリンク先をクリックして、気になるワードやアイデアを調べます。検索先のページでさらに検索を繰り返し、どのくらいのページを検索したのかを振り返ります。いままで、知らないままで放置してきたことの多さを大いに楽しみましょう。
    • 様々な学習ページやハウツーページを見て学び、実際にやってみましょう。ヘアアレンジやメイクの仕方を学びたい時は、上手な人のページを参考にしながら、自分を実験台にしてその技術を習得します。もの作りが好きな人は、ものを作ったり組み立てたりするページ(鳥小屋、クレームブリュレ、枕の作り方など)を参考にして、頑張ってみましょう。自分の隠れた才能を発見できるかもしれません。
    Advertisement

ポイント

  • 1人の時間を利用して、周りに人がいる時にできないことをしましょう。
  • これまでに一度もしたことのないことに挑戦するチャンスです。
  • 計画を立てたり、同じことを繰り返したりして時間を無駄にせず、毎日違うことをすると、生活にメリハリがつきます。
  • 今この瞬間を楽しんでいる自分を誇らしく思いましょう。
  • くだらないことや人前ではとても恥ずかしくてできないことをしてみると、きっと楽しく過ごせるはずです。
  • 天気が良ければ外に出て、散歩するだけでも、その日1日を楽しむことができます。
  • 小さなことをじっくり楽しんだり、感謝したりしましょう。そういうことに非常に感動することもあります。
  • YouTubeなどの動画サイト、しばらく見ていないDVDや新しいDVD、新しい放送チャンネルを見てみるのはいかがですか?
  • 自分を甘やかしましょう。300kcal余分に摂取したからといって誰が気にするでしょうか?カップケーキも、チョコレートも、サンデーも!少しくらい羽目をはずしてもいいのです!
  • 本当に退屈になった時や、おなかが減った時は、手間暇かけた料理に挑戦しましょう。
  • ゴルフに挑戦したり、ジョギングや水泳など1人でできるスポーツをしましょう!
Advertisement

注意事項

  • 1人で外に出る時は常に注意し、いつも以上に自分の周囲に注意を払いましょう。
  • 家に1人でいることをインターネット上や電話などで伝えてはいけません。家に1人でいることを親しい友人や家族以外に教えてはいけません。
Advertisement

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む235人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: ティーン

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement