1日でテストの準備をする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

大事なテストの日まであとたった一日しかない、という時もあります。ぐずぐずしているうちに時間が経ってしまった、という場合もあります。自制心を持ち、集中して取り組むことで、一日限りの準備でも試験で良い結果を出すことはできます。本来なら最低でも一週間の準備期間は必要ですが、人生には様々なことが起こります。たった一日の準備期間でテストで最高の結果を出すための方法を教えましょう。

パート1(全3パート):最強の勉強環境を確保する編集

  1. 1
    勉強をするための新たな場所を確保する。[1] 心地よいベッドや仲良しの友達といったものから離れた場所で勉強をします。物理的に新たな場所に行くことで、自分のするべきことに集中しやすくなります。
    • しばらくの間は移動する必要のない場所を選びましょう。静かな部屋や図書館、カフェなどが理想的です。
  2. 2
    勉強に必要なものを全て持っていく。勉強に必要なものを事前にリストアップすると良いでしょう。リストには教科書、ノート、PC、おやつ、ポストイット、マーカーなど、必要なもの全てを入れます。
    • 勉強に集中する際の妨げになるものは持っていかないようにしましょう。
  3. 3
    携帯の電源は切る。勉強で必要になる場合を除いて、学習中は携帯の電源は切っておきます。これで勉強にのみ集中することができます。
  4. 4
    一緒に勉強する人を決める。たった1日という限られた時間では、ひとりで勉強するのが良いことが多いですが、少人数のグループで互いにノートを見せ合い意見交換をして共に勉強をすると良い場合もあります。[2] グループで勉強すると決めた場合、少なくとも自分と同程度の学力のある友達を選べば、友達に煩わされることもありません。[3]
    • 友達と一緒に「勉強する」ことに集中しましょう。仲の良い友達と勉強すると、つい気が散ってしまいます。クラスで顔を合わせる程度の人を選びましょう。[4]
    Advertisement

パート2(全3パート):効果的な学習法を見つける編集

  1. 1
    ノートをしっかりと読み直す。自分でノートを取っていない場合は、信頼できる人のコピーを取らせてもらいます。ノートを読み直すことはとても大切ですが、それだけでは十分ではありません。キーワードや重要箇所にマーカーで印を付けたりポストイットを貼るなどして区別します。
    • 各章や重要部分の要約を書いてみましょう。[5] 要約は分かりやすい表現で別の紙に書きます。[6]要約を書くことでその日の勉強の指針が分かります。
    • 読み返した時とは順番を変えてノートを読みます。[7] こうすることでノートに書かれていることを流れで理解するのではなく、書かれている内容そのものを理解することができます。
  2. 2
    声に出して読む。きちんと声を出して読み返すよう確認します。単に目で文字を追うだけでなく、きちんと声に出して発音することで脳がその声を聴き、記憶に残りやすくなります。[8]
    • 自分が勉強したことを人に教えると想像してみましょう。[9]こうすると勉強したことが明確になります。誰か別の人に説明をしようとすると、その内容をきちんと把握しているかどうかが分かります。一緒に勉強している友達に実際に教えるのも良いでしょう。
  3. 3
    記憶の仕組みを利用する。一夜漬けの暗記には、記憶のテクニックを上手く利用すると便利です。
    • 何度も書くことで頭に内容が残ります。この方法を使う場合、正しい内容を少なくとも3回は書くようにしましょう。
    • 記憶術を使いましょう。記憶術は頭に情報をとどめておく技術です。勉強する内容のリズムや頭文字、あるいは歌を使ったりすると思い出しやすくなります。
  4. 4
    単語帳を作る。必要な用語とその定義を単語帳の表裏に書きます。これを使うと1日いつでも好きな時にテストをすることができます。バスの中、何かの順番待ち、昼食中でも利用できます。[10]
  5. 5
    教科書を効果的に使う。テストまであと1日しかない場合は特に、単に教科書を読み返すだけでは内容が頭の中に残りません。読み返す際は章の要約や太字になったキーワードを見つけて、各章の導入部分と結論に特に気を付けます。こういった部分には重要な要約が書かれていることが少なくありません。
    • 章や教科書の最後に載っている章末問題や演習問題を見つけましょう。可能な限りテストをやってみて、何が分かっていて何が分かっていないかを把握することはとても大切です。
  6. 6
    要点のまとめを作る。要点集を作ると、勉強したことを全て見返す必要がある際に効果的です。加えてテストの当日に見返して記憶を呼び戻すのにも役立ちます。必要な項目のリストを作り、重要な語や日付、意味の欄を作ります。そしてノートを使って各項目に記入していきます。パソコンを使っても手書きでも良いでしょう。自分のことばを使ってこのような勉強の要点集を作ることで、内容が頭の中にしっかりと定着します。
    • どうしても時間がない場合は、友達やクラスメイトが作成した勉強の要点集を借りるのもやむを得ない場合もあります。ただし要点集を作ることで勉強した内容が自分自身のことばで頭に入り、きちんと清書することで記憶に留まる、ということを忘れないようにしましょう。
  7. 7
    テストの形式を確認する。時間がなくて焦っている時でも、どのような形式のテストを受けるのかを明確にする必要があります。シラバスやクラスのノートを確認して、受けるテストの形式を確認しましょう。分からない場合は、きちんとクラスメイトに確認して正しく準備しましょう。
    • 多肢選択式テストの場合、問題は語彙や定義といった内容を含めたより細部に渡ることが多くあります。一連の手順を問われることもあります。ある内容についての類似点や相違点を尋ねる問題も選択式テストではよくあります。限られた時間内に詳細まで覚えるのは大変なので、全範囲を網羅しようとするよりも特定の箇所にポイントを絞りましょう。[11]
    • 論文形式や記述式などのテストの場合、広範囲に於いて理解をしていることが求められます。教科書やシラバスに沿って、いくつかサンプル問題を作ってみます。時間を15分で区切り、それぞれの問題について詳細な概要を書き出し、それを使って論文へと発展させられるような内容にします。重要な用語や例などを記憶しておき、本番の試験時にも使えるようにしましょう。
    Advertisement

パート3(全3パート):学習計画を組み立てる編集

  1. 1
    試験対象を明確にする。[12] 何についての試験なのかを明確にします。日時や特定の科学的理論、数学的方程式なども含みます。もし明確でない場合は、何についての試験なのかをきちんとクラスメイトに確認しましょう。特に1秒も無駄にできない切羽詰まった状況で良い結果を出すためには必要不可欠です。
  2. 2
    計画を立てる。[13] 1日の中の時間を区切り、どの時間にどの内容を勉強するのかを決めます。ただし睡眠時間はきちんと確保しましょう。
  3. 3
    勉強に必要な項目リストを作成する。先生から配られたシラバスや資料を読み直しましょう。既に勉強済の内容を確認し、これから読み返す必要のあるテキストのリストを作ります。
  4. 4
    十分な休憩を取る。必要なだけ休憩を取り、疲れ切ってしまわないように気を付けます。45分勉強したら15分休憩しましょう。休憩している間はメールを確認したり、電話をしたり、ちょっと散歩に出かけるのも良いでしょう。
    • 休憩を計画的に入れる場合、50分勉強したら10分休むというペースで取るのも良いでしょう。[14]まずしっかりと50分集中して勉強します。邪魔が入ったり、中断した場合はそこから再び50分勉強します。きちんと50分間勉強が出来たら、10分間の休憩を取ります。こうすることでとても生産的に勉強ができます。
  5. 5
    主なコンセプトを作る。主だった理論やコンセプトを作り、自分で理解しているか確認します。テスト間際に勉強をしているため、まずは大まかな概念を理解していることがとても重要です。[15] 詳細部分をテストされる可能性もありますが、まずは大まかな概念を掴んで、その後で細かい部分を理解することが大切です。
    • 大まかなグループ分けに沿って用語や事実をまとめます。これは「チャンキング」といい、個々の概念を関連付けして大きな断片にまとめる記憶方法です。こうすることで覚えるのが簡単になります。[16]
  6. 6
    シラバスを再確認します。通常シラバスは学年や学期の始まりに先生から配られ、その期間に勉強する内容を全て網羅しています。シラバスを見て、勉強内容に漏れがないかどうか確認しましょう。
    • シラバスを使って勉強の計画を立てます。先生が用意してくれた学習内容の指針を使わない手はありません。シラバスを確認することで、より広い視点からその期間の勉強内容の指針を知ることができ、この広範囲に渡る勉強内容をどのようにしてまとめたら良いのかを把握することができます。
    Advertisement

ポイント編集

  • 体に良い間食と十分な水を用意しましょう。[17] 適切な間食を取ると、勉強の際に記憶力が増します。
  • 出来る限り十分な睡眠を取りましょう。勉強のためにたった1日しかないと、眠れないこともあるでしょう。でも十分に休んだ後の方が脳はきちんと働きます。[18]徹夜をしない方がテスト当日は集中できます。
  • 勉強する科目によって時間を割り振ります(簡単な科目には20分だけなど)。各科目で割り振った時間を自分に課します。
  • 1つの章を勉強したら、10分か15分休憩します。
  • 非常に集中して勉強した場合は、30分経っていなくても休憩します。そのまま続けてしまうと脳が疲れ切ってしまいます。
  • 翌朝は5時位に起きてマーカーで印を付けたキーワードを確認します。確認が終わって時間があったらもう少し眠ります。
  • 勉強の前や疲れたと感じたときは瞑想します。瞑想をするとリラックスしてまた勉強に集中できるようになります。
  • 最低でも6時間は眠ります。遅くとも夜中の12時にはベッドに入りましょう。
  • ヨガをするとリラックスできます。小さくなって座っていたせいで背中が痛む場合は、ヨガをすると痛みが和らぎます。
  • 試験前に勉強ができる小さなノートを作ります。
Advertisement

注意事項編集

  • 最後の最後で友達と議論をしてはいけません。自分自身が混乱してしまいます。友達には自分が分からないことを質問するだけにしましょう。
  • 徹夜は避けましょう。徹夜をするとテストを受けている最中に眠気が襲ってきます。そうすると集中力がなくなって間違いを犯しやすくなります。
  • 詰め込んで勉強をすると、一度に多くのことを頭に入れ込んで、テストの時にその知識を吐き出そうとします。詰め込んだことは必ず次第に忘れていき、中間試験や期末試験の時に悪影響を及ぼしてしまいます。毎日少しずつ勉強をするに越したことはありません。それが本当の意味での学習です。
Advertisement

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 学校・大学 | ティーン

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement