黒ニキビを解消する方法

黒ニキビは油分や角質によって毛穴が詰まり生じます。黒い色は汚れではありません。油分や角質は空気に触れることで酸化し、黒く変化します。こうした詰まりを解消する方法は自宅でのケアから医療処置に至るまで複数あります。ただし適切に処理されていないと症状が悪化する恐れもあるので気をつけ、あまり必死になりすぎないようにしましょう。黒ニキビは誰にでも起こり得ます。また、肌には個人差があります。それでも1人1人に合った方法がきっと見つかるはずです。

5の方法1:
市販薬を使用するt
編集

  1. 1
    肌のタイプを知る スーパーやドラッグストアで毛穴クレンジングの製品を購入する際、ノーマル、オイリー、乾燥肌、あるいは敏感肌といったタイプによって、どのような製品が適しているのかも異なります。こうしたケア用品は過酸化ベンゾイルとサリチル酸という主に2つの種類に分けることができます。
    • このような有効成分が含まれている製品はアレルギー反応を起こすこともあります。肌の反応が好ましくないときは使用を中止しましょう。[1]
    • 「混合肌」といって2つ以上の肌タイプが混在している人もいます。例えば鼻と額はオイリー肌であるのに頬はドライ肌ということもあります。
    • ニキビになりやすい人の多くが敏感肌の持ち主で、強いせっけん、メーク、香水などに反応してニキビができる傾向があります。自分の肌のタイプがはっきりと分からない場合は、敏感肌用の製品を使用しましょう。
  2. 2
    敏感肌よりの人はサリチル酸配合の製品を選択する 乾燥しやすく荒れやすい敏感肌の人は、サリチル酸が配合された製品を選ぶと良いでしょう。店内で購入する際、製品の成分表示を読み、何が配合されているのか確認しましょう。サリチル酸は、赤みが生じたり皮膚が剥けることも滅多にない肌にやさしい成分で、より強力な製品よりもゆっくりと効いていきます。[2]
    • サリチル酸とグリコール酸が合わさった製品があれば尚良いでしょう。[3]
  3. 3
    過酸化ベンゾイルを使用する 特に肌が敏感であるわけでもなく、肌の乾燥にも悩んでいない人は過酸化ベンゾイルが配合された製品を探してみましょう。この有効成分によって、ろうの様な毛穴のつまりが分解され、緩まり、外に排出されます。店頭で購入することが可能な製品の中で、最も効き目が早いものと言えるでしょう。ただし肌に負担をかけてしまうこともあります。[4]
    • 過酸化ベンゾイルの強さは2.5~10%の配合率が一般的です。こうした強さに加え、製品を長時間肌に塗ったままにすることによって肌荒れを起きることも考えられます。敏感肌の人は、過酸化ベンゾイルの配合率が最も低いものを選び、長時間肌につけたままにしないようにしましょう。
    • 過酸化ベンゾイルは肌の負担となることもありますが、サリチル酸以上の効果を見込むことができます。
  4. 4
    アルファヒドロキシ酸の製品を検討する アルファヒドロキシ酸(AHA)にはグリコール酸が含まれていて、角質の除去に高い効果があります。[5] グリコール酸は日々使いの角質除去剤やケミカルピーリングに含まれています。角質を分解し排出させるため、黒ニキビ対策として大変優れています。
    • AHAは過酸化ベンゾイルやサリチル酸配合の製品と同様の方法で使用し、必ず取り扱い説明を読みましょう。
    • AHAの使用によって太陽に対して通常よりも敏感になります。製品を使用している際は明るい昼間の日光に気をつけましょう。[6]
  5. 5
    局所使用のクリームと洗顔料のどちらを使用するか決める スキンケア用品の多くが洗顔料又は局所使用のクリームといった形式で販売されています。クリームは洗顔料よりも肌に付着している時間が長いので、効き目も浸透します。その一方で肌に負担がかかりやすいという側面もあります。使用する製品の説明にしっかりと従い、敏感肌の人は特に気をつけて使用しましょう。.
    Advertisement

5の方法2:
自然成分を用いた自家製のケアを大なう
編集

  1. 1
    自家製ケアの限界とリスクを理解する 自家製のケアのほとんどは、その効果が科学的に実証されていません。こうしたケア方法を支持する意見は逸話的であったり個人的な話に基づくものばかりです。このような手法は効くこともあれば効かないこともあり、肌に悪影響を及ぼすこともあります。どのような家庭療法を試すにしても事前に医師に相談してみましょう。
    • 敏感肌の人は特に気をつけ、薄めたものを使用しましょう。
    • 試したものが肌に合わない時は使用を中止しましょう。
  2. 2
    卵白のマスクを試す 卵に含まれるたんぱく質がニキビの原因となる雑菌を殺すと考えられています。マスクを作る際は、まず卵白と卵黄を分け、ポンポンと軽くたたくようにして水気を取った顔面に卵白を塗っていきます。この時、布を使って塗りましょう。手で直接塗らざるを得ない場合は、清潔でしっかり水気が取れた状態にしましょう。1層目の卵白を塗り終わったら、さらにもう1層重ねましょう。前の層が乾いたことを確認しながら、この手順を3~5回続けます。最後に洗い流し、軽くポンポンとたたきながら乾かしましょう。[7]
    • 卵白の層の間にティッシュを挟んでも良いでしょう。この場合は、最後に洗い流す前にティッシュを剥がしましょう。[8]
    • 生卵にはサルモネラ菌が繁殖することがあります。[9] 生の卵白が口に入ってしまわないよう注意しましょう。
  3. 3
    温かいハチミツを使用する ハチミツには消毒・抗菌効果があるので、傷や皮膚感染からの回復を補助する作用が期待されます。ただし、ハチミツがニキビや毛穴の黒ずみに有効であることを示す証拠はありません。ハチミツの質感が黒ニキビを捕え、取り除くのではないかと考えられています。
    • 小鍋にハチミツをいれて温めるか、瓶に入ったハチミツをそのまま熱湯の中に置きましょう。触っても火傷をしない程度に温めたら黒ニキビの上から塗り、10分ほど放置して乾かしましょう。
    • 濡れタオルで拭き取ります。[10]
    • 塗ったまま一晩放置することも可能です。ただしハチミツが乾いたことを確認してから横になりましょう。朝目が覚めたときに枕に顔がくっついてしまっているかもしれません!
    Advertisement

5の方法3:
人工的な成分を含んだ自家製ケアを試す
編集

  1. 1
    試す前に医師に相談する 自然な成分を用いた自家製ケアと同様に、ニキビと毛穴の黒ずみの自家製の対策方法は、その効果だけでなく安全性も科学的に実証されていません。肌にダメージを与え、当初の状態よりもさらに深刻な問題を引き起こす恐れもあるので、こうしたケアを試す前にかかりつけ医や皮膚科専門医に相談しましょう。
  2. 2
    ホウ酸パウダーソリューションを作る 高度希釈したホウ酸と水を混ぜ合わせたものを肌に塗ってみましょう。ホウ酸は弱酸性で、薬局で購入が可能です。1カップ半のお湯に大さじ1のホウ酸を混ぜ合わせましょう。その中にフェイスタオルを浸し、顔に軽く塗っていきましょう。塗り終わったら15~20分放置しましょう。[11]
    • ホウ酸がニキビに効くという科学的実証はありません。抗菌・抗ウィルス効果があることを示唆する証拠はありますが、ニキビに対する効果は不明です。
    • 希釈されたホウ酸は皮膚の剥離、さらに膣の細菌性疾患の処置方法として安全に使用することができると考えられていますが、正しく希釈されていないホウ酸によって肌と目が酷い炎症を起こしてしまうこともありません。
    • また、ホウ酸が配合された塗り薬を使用したところ、ニキビが破裂したという患者からの報告も複数存在しています。[12]
    • ホウ酸はもともと殺虫剤に用いられる成分であるということを忘れない方にしましょう。新生児が吸い込んだり口に含んでしまうと有害となる恐れもあります。[13]
  3. 3
    ヨウ素液とエプソム塩を使用する この方法は、毛穴から油分と角質を引き抜くと考えられています。エプソム塩は優れたスクラブ剤として作用します。[14] 小さじ1のエプソム塩と4滴のヨウ素液をカップ半分のお湯と混ぜましょう。塩分が溶け、お湯の温度が少し下がるまで混ぜ続けましょう。[15]この混合液が安全に使用できる温度まで下がったようであれば、コットンボールを使って顔に塗り、そのまま乾燥させましょう。最後に洗い流し、軽くたたくようにして水気を取りましょう。
    • 繰り返しにはなりますが、この方法が本当に黒ニキビの角栓を除去するという証拠はありません。長時間塗ったままで放置したり、頻繁に試しすぎてしまうと、ヨウ素によって肌が荒れてしまったり、甲状腺中毒症を引き起こす原因となる恐れもあります。[16][17]
    Advertisement

5の方法4:
スチームやその他の方法
編集

  1. 1
    スチームをあてて毛穴を開かせる 黒ニキビを押し出したり引っ張り出したりする前に、まず毛穴を開かせることが大切です。こうした黒ずみは粘着性があり簡単に取り除くことはできません。毛穴を開かせることで、黒ずみ除去が成功するチャンスも高まります。ボウルに湯気のたったお湯を注ぎ、水面から30センチほど離れた高さから顔に湯気をあて、そのまま10~15分維持しましょう。それ以上近づくと火傷をする恐れがあります。
    • 頭にタオルをかけ、湯気が逃げないようにしましょう。
    • 湯気によって毛穴が緩んでいっているのが感じられるでしょう。
    • お湯に浸したフェイスタオルで顔を覆っても良いでしょう。
  2. 2
    詰まり(コメド)を取る道具を使う 黒ニキビを除去するために、皮膚科医や認可を受けたエステティシャンなどが使用する道具があります。この道具は自宅で使用することも可能です。使い方は簡単で、指を使って黒ずみを押し出そうとする時ほどの肌のダメージもありません。
    • 洗顔をし、道具の輪になっている部分を黒ニキビのある場所にあて、優しく力を加え、下に引きましょう。角栓が毛穴から飛び出してくるはずです。[18]
    • 力を入れすぎないように気をつけましょう。優しく力を加えても角栓が出てこない場合は局所使用のクリームを塗りましょう。力を入れすぎると肌を傷めてしまうこともあります。[19]
    • この道具を使って黒ずみを除去した後は、肌と道具を清潔に保ち、バクテリアが広がって他の毛穴を詰まらせないよう気をつけましょう。[20]
  3. 3
    毛穴パックで角栓を取る 毛穴用パックを使って角栓を取り除くことも可能です。肌に負担がかかりにくい方法です。これは一時的な処置に過ぎませんが、急を要する時は最適な方法となることもあります。[21] 良質な洗顔と角質除去という日々のケアに、時々この毛穴パックも併せると良いでしょう。
    • 毛穴パックを使用する前に、2~3日クリームを塗って就寝し、毛穴を開かせておくのがコツです。[22]
  4. 4
    指で押し出さない 黒ニキビを押し出したり、いじったり、潰したりしないようにしましょう。押し出そうとすることで炎症や感染症を起こす恐れがあるだけでなく、こうした方法で対処したとしても黒ずみは復活してしまいます。[23]
    Advertisement

5の方法5:
医療処置を受ける
編集

  1. 1
    黒ニキビが治らない場合は医師に相談する 肌の状態が悪く、黒ニキビにしばらく悩まされているのであれば、かかりつけ医や皮膚科医に相談しましょう。あなたの肌のタイプを診断し、市販製品、医薬品、あるいは自然療法などから最適な治療方法を提案してもらうことだできるでしょう。
  2. 2
    処方薬を検討する 市販薬では改善が見られなかったニキビに対しては、皮膚科医によって処方される製品を試すことも可能です。ただし、これは「いくつかの黒ずみが時々気になる」程度の症状の人には適していません。
    • 過酸化ベンゾイルが処方されることも考えられます。「コメド」の治療法(毛穴の詰まりを解消する方法)の一つであると同時に抗炎症効果もあります。また、ニキビの原因とされるバクテリアを減少させる働きがあることも分かっています。
  3. 3
    経口用の抗生物質や局所的な処置方法を処方される可能性も考慮する 黒ニキビの周りに炎症を起こしたニキビの傷がある場合は、診察をした皮膚科医から局所的な処置方法と一緒に抗生物質を処方されることもあります。[24]ただし、これは最も深刻なケース対する処置方法と言えるでしょう。
    Advertisement

ポイント編集

  • 1度に試す方法は1つに絞り、肌に負担をかけないようにしましょう。スクラブのこすりすぎ、強い化学物質の使用、顔をの洗いすぎは黒ニキビを悪化させます。肌は優しく扱いましょう。
  • 毛穴詰まりを悪化させないよう保湿液はオイルフリーのものを使いましょう。
  • 髪の毛を清潔に保ちましょう。 顔のお手入れが行き届いていても、髪の毛からの油が徐々に顔に移動し、毛穴を詰まらせます。
  • 毎日必ず1回は洗顔を行いましょう。朝晩1回ずつ洗顔することができればベストでしょう。
  • 肌に優しいせっけんや洗顔料を使い、毎日の洗顔を行いましょう。
  • 枕カバーを頻繁に取り換えることで、吹き出物が防ぎやすくなります。
  • 黒ニキビの角栓を押し出そうとしている時は力を入れすぎないようにしましょう。手が清潔であることを徹底し、優しく触れましょう。
  • 手から顔に脂が移ってしまわないよう、手で顔に頻繁に触れる行為は控えましょう。
  • 爪を清潔に保ちましょう。爪を清潔に保つことで爪から顔に汚れやバクテリアが移ってしまうことを防ぎます。吹き出物や黒ニキビを押し出そうとしているのであれば特にこの点は重要です。
  • 良質な角質除去のスクラブを使用しましょう。敏感肌の人はスクラブの使用を控えるか、肌に優しい角質除去剤を週に1~2回使用するようにしましょう。過度に角質除去を行うと、自然に顔を保湿し黒ニキビ、湿疹、赤いニキビなどから肌を守るために必要な油まで取り除いてしまうことになります。

注意事項編集

  • 肌に負担のかかる処置方法は黒ニキビを改善せずに悪化させることもあります。黒ニキビだったところが赤く、ジクジクとして腫れのあるニキビになってしまう恐れもあります。
  • 何らかの製品を使用し、肌荒れが起きた場合は、原因となった可能性のある製品のカスタマーセンターなど(通常、製品の裏側に記載されています)に連絡し、使用は直ちに中止しましょう。
  • AHAが配合されている製品を使用する際は、かならず注意書きを読みましょう。
  • いかなる成分も目に入れたり目元に使用しないようにしましょう。目に入ってしまった時は急いで水洗いをしましょう。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ