鶏胸肉を茹でる方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

茹で鶏は最も健康的な鶏肉の調理法のひとつです。茹で鶏は万能で、そのまま召し上がることもできますが、サラダに加えたり、タコスやファヒータなどのメキシコ料理にも使えます。こちらで鶏肉の茹で方をご紹介します。

材料

  • 鶏胸肉
  • 野菜ブイヨン、もしくはチキンブイヨン(お好みで)
  • 玉ねぎ (お好みで)
  • 塩こしょう

パート1(全3パート):鶏肉の下準備

  1. 1
    鶏肉をきれいに洗い流します。冷凍胸肉を使用するときは完全に解凍してから茹でましょう。鶏胸肉の解凍方法には電子レンジや冷蔵庫内での解凍、または冷たい水を張ったボウルに浸けるなどがあります。
    Advertisement

パート2(全3パート):鶏胸肉を茹でる

  1. 1
    鍋にたっぷりの水を入れます。(水が沸騰したら)鶏胸肉を鍋に加えます。沸騰した湯の中に鶏胸肉が完全に隠れていることを確認してください。必要に応じて水を加えます。
    • 早く仕上げたい場合は鶏肉を2等分もしくは4等分しましょう。こうすると中まで確実に火が通ります。
  2. 2
    鍋を火にかけて再び沸騰させます。沸騰したら弱火にします。鍋に蓋をし、鶏肉に火が通って中心部分がピンク色でなくなるまで茹でます。鶏肉の大きさによって調理時間は異なります。
    • 皮と骨のついた鶏胸肉の調理時間は約30分です。
    • 皮なし骨なしの鶏胸肉の調理時間は約20−25分です。2等分してある場合は15−20分で十分でしょう。
    • 5cm角の角切りにした皮なし骨なしの鶏胸肉は約10分程度調理します。
  3. 3
    鍋を火からおろします。水を切って鶏肉を皿に移します。鶏肉の色は白く、手やフォークで簡単に裂ける状態になっています。
  4. 4
    すぐに盛りつけましょう。鶏肉をサラダや炒め物、ファヒータなどに加えましょう。お好みで、塩、コショウ、イタリアンハーブ、ソースなどで味付けをします。
    Advertisement

パート3(全3パート):スープで茹でる

  1. 1
    チキンブイヨンか野菜ブイヨンを使って茹でます。玉ねぎを薄切りにして鍋に加えます。人参、セロリ、ニンニク、レモン果汁、その他の香辛料を加えてもかまいません。
  2. 2
    鶏胸肉を鍋に入れます。鶏胸肉全体が水の中に隠れていることを確認してください。必要ならばさらにブイヨンを加えましょう。
    • 調理時間を短縮したい方は鶏胸肉を2等分もしくは4等分に切りましょう。
  3. 3
    鍋を火にかけます。高温で沸騰させ、その後火を弱めます。鍋に蓋をして、鶏肉全体に火が通り中心部分がピンク色でなくなったら出来上がりです。鶏肉の大きさにより調理時間は異なります。
    • 骨と皮がついている鶏胸肉の調理時間は約30分です。
    • 骨なし皮なし鶏肉の調理時間は20−25分です。2等分してある鶏肉の調理時間は約15−20分です。
    • 5cm角に切ってある鶏胸肉の調理時間は約10分です。
  4. 4
    鍋を火からおろします。水切りをして鶏肉を鍋から出します。少し鶏肉を裂いて、中心が白くなり中まで火が通っているかを確認しましょう。
  5. 5
    すぐに盛りつけましょう。茹で鶏は炒め物、ファヒータ、サラダなどにご利用いただけます。お好みで塩、コショウ、イタリアンハーブ、ソースなどで味付けをしましょう
    Advertisement

ポイント

  • 水だけで茹でた鶏肉は平凡な面白みのない味に仕上がります。野菜やチキンのブイヨンで茹でたり、ソースやスパイスで味付けするのはいかがでしょうか。
Advertisement

注意事項

  • 鶏肉は冷蔵庫で二日間安全に保存できます。2日以内に召し上がる予定がない場合は冷凍庫で保存しましょう。
  • 鶏肉を調理する前後には必ず手を洗い、サルモネラ菌の感染を防止しましょう。生の鶏肉に触れたナイフ、フォーク、皿、カウンターなどはすべて洗うか殺菌消毒を行いましょう。
Advertisement

必要なもの

  • まな板

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 食・おもてなし

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement