鶏胸肉を焼く方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

焼いた鶏肉はヘルシーで、手早く準備できるので忙しい日の夕食にも適しています。下味をつけて焼き型に入れるだけで準備ができます。焼きあがってすぐに食卓に出すのもよいですが、後日のために保存もできます。様々なハーブや香辛料で風味を増したり、サラダに加えたり、ケバブにアレンジしたりもできます。

材料

  • バター又はオリーブオイル
  • 鶏胸肉(骨と皮を取り除いたもの)1 枚
  • 塩、コショウ
  • 好みの香辛料

パート1(全3パート):鶏肉に下味をつける

  1. 1
    鶏肉の準備をします。鶏肉をパックから取り出し、ペーパータオルで軽く拭きます。バターまたはオリーブオイルを少量塗りつけて、風味と潤いを加えます。[1]
    • 香辛料を使う場合は、この時点で鶏肉の両面に振りかけます。香辛料の一例として、ニンニク、乾燥バジル、ケイジャンシーズニングミックスなどがあります。好みに応じて、使う香辛料を選びましょう。[2]
  2. 2
    焼き型にアルミホイルを敷きます。アルミホイルを敷くと後片付けが楽になります。焼き型に鶏肉を入れます。複数枚一緒に焼く場合は、それぞれを少し離して置きましょう。肉同士がくっつかないようにします。また、輪切りやくし形切りのレモンを足すと風味が増すでしょう。[3]
    • 皮がついていない鶏肉は、クッキングシートで覆います。クッキングシートの片面にバターを塗り鶏肉を覆います。シートの端を鶏肉の下に折込み、肉全体を覆いましょう。クッキングシートが皮の代わりになって、肉汁を閉じ込め、肉が乾くのを防ぎます。[4]
    Advertisement

パート2(全3パート):鶏肉を焼く

  1. 1
    200度のオーブンで鶏肉を焼きます。鶏肉を入れる前に、オーブンを予熱しておきましょう。オーブン用温度計で適切な温度を確認できます。[5]
  2. 2
    鶏肉の温度を定期的に確認します。鶏胸肉が焼けるまで、通常は30~40分くらいかかります。オーブンに入れて20分経ったら、肉温度計で鶏肉の温度を確認しましょう。早く焼けることもあるので、温度を確認すると焦げる心配がありません。オーブンに入れて20分後に確認した後は、10分に1回温度を確認します。[6]
  3. 3
    適切な温度になるまで、鶏肉を焼きます。鶏胸肉の中央内部の温度は70度が適切です。この温度になるまで、オーブンの中で焼きましょう。[7]
    • 肉温度計を肉の中央の部分に刺して、温度を確認します。[8]
    • 鶏肉が適切な温度になったら、オーブンから取り出します。
  4. 4
    すぐに食卓に出すか、後日のために保存します。鶏肉が適切な温度になったら、数分間休ませてからすぐに食卓に出します。または、タッパーウェアなどの密封容器に入れて保存し、後日いただくこともできます。[9]
    Advertisement

パート3(全3パート):鶏肉を盛り付ける

  1. 1
    レモンやライムを加えます。好みに応じて、鶏肉にレモンやライムを絞って味わいを添えましょう。ほのかな柑橘系の風味を楽しめます。[10]
    • ライムを使う場合は、ミントも加えると完璧です。
    • レモンを使う場合は、フレッシュハーブを鶏肉に振りかけると、より豊かな味わいが楽しめます。
  2. 2
    鶏肉にマスタードを塗ります。マスタードは鶏肉によく合う調味料です。ディジョンマスタード やプレーンマスタードを鶏肉に塗って、食卓に出しましょう。鶏肉を使ってチキンサンドイッチを作る場合も、マスタードを塗るとおいしく出来上がります。[11]
  3. 3
    鶏肉でケバブを作ります。焼いた鶏胸肉をケバブにアレンジすることができます。鶏肉を薄く切って木製の串に刺します。焼いた赤ピーマンや他の野菜を足して手早く作ったケバブは、ヘルシーな軽食や食事にピッタリです。[12]
  4. 4
    鶏肉をサラダに加えます。焼いた鶏胸肉を切ってサラダに加えることもできます。手早く準備ができて、ヘルシーな昼食や夕食になるでしょう。[13]
    Advertisement

注意事項

  • サルモネラ菌に注意しましょう。生の鶏肉にはサルモネラ菌が付着していることが多くあります。生の鶏肉に触れたら必ず手を洗い、使用した調理器具などはしっかり洗浄しましょう。生の鶏肉に触れたまな板やキッチンカウンターなども、忘れずに拭いてきれいにします。
Advertisement

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 食・おもてなし

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement