高齢者のケアをする方法

共同執筆者 Sarah Gehrke, RN

高齢者のケア(介護や世話)をする上で最も大切なのは、愛情を持って接することと、本人を活動的にすることです。快適に過ごせるように自宅で、子供と同居をして、あるいは老人ホームに入居させてなど、ケアの方法には様々な形があります。時間と少しの労力をかければ、大切な高齢者のケアを正しく行うことができます。

パート1(全3パート):高齢者の身体的なケアをする

  1. 1
    事前に計画を立てる 最終的に高齢の親の面倒を子供が見なければならなくなるケースは少なくありません。 事前に計画を立てておくと、突然の病気や怪我などでいきなり緊急事態に陥る前に、未然に防げる問題もあります。ハイテク機器を使って高齢者の住む家を安全にし、介護にかかる費用についても事前に心づもりをしておきましょう。
    • 緊急事態に備えましょう。 緊急時の行動計画を整え、緊急連絡先を掲示し、家庭用の救急箱を設置します。
    • 無事に動き回っているか、薬を服用しているかなど、高齢者の行動を見守る様々な機器があります。例えば、GPSトラッカーや、薬を服用するべき時間になるとライトが点灯して知らせる薬箱などがあります。こういった機器を利用すると、高齢者がより長く自宅で安全に過ごせる一助になります。
    • 高齢者の敏感な肌を守るやけど防止装置、一酸化炭素の探知機、ストロボ光や振動で高齢者を起こす火災報知器(高齢者の多くは火災報知器の音が聞こえないため)、トイレや浴室に手すりなどを設置して、家の中の安全対策をしましょう。
    • 介護にはかなりの費用がかかることがあります。大切な高齢者のために、国や自治体の補助金制度(介護支援金、介護奨励金など)が利用できるかについても事前によく調べましょう。
  2. 2
    高齢者を活動的にさせる 運動をすると、高齢者は病気をしにくくなり、体力年齢が10歳から15歳も若がえります。 何年も運動をしなかった人でも、運動をすると、健康上の大きな恩恵が得られます。また、運動によって介護が必要になる時期を遅らせることができ、運動をしない場合よりも長く病気と無縁でいられます。
    • 高齢者には中程度の運動(ランニング、水泳、散歩、自転車)を30分、週に5回行うことが推奨されます。さらに強度の運動(心拍数が著しく上昇し、呼吸が荒くなる程度)ができる人は、1日に20分以上、週に3回行います。筋力トレーニング(フリーウェイト、エクササイズバンド、自重エクササイズ)は週に2,3日、連続せずに行います。また、柔軟体操(ストレッチ、ヨガ、太極拳)は毎日少なくとも10分間行いましょう。 [1]
    • 一人で運動ができない人、あるいは上記のようなハードな運動ができない人でも、身体を動かすと良い効果が得られます。 例えば、受動的関節可動域訓練は高齢者の関節の動きの維持に役立ちます。[2]
    • また、高齢者は姿勢を頻繁に変えることが大切です。感染症の原因となりやすい床ずれ(皮膚の破損や痛みを伴う潰瘍)を予防しましょう。 椅子やベッドでドーナツ型クッションや体圧分散クッションを使うと、床ずれ予防に役立ちます。[3]
  3. 3
    身体と心の健康に気を配る  高齢者がどこかを痛がったり、病気の心配がある場合は医療機関の受診を勧めるか、連れていくかしましょう。痛みや病気が重篤であれば、 病院に連絡し、直ちに診察や受け入れが可能かを確認します。
    • 衰弱、極度の物忘れ、見当識(場所がわからない)、不安定性(転倒しやすい)といった症状に注意しましょう。
    • 心の健康は往々にして見逃されがちですが、高齢者のケアにおいては重要な分野です。 興味の喪失、無関心、深い悲しみや怒りなどの、うつ病の症状に注意しましょう。 うつ病は高齢者にとって大変つらい疾病です。そのため、身体の健康と同様に心の健康も十分に観察しましょう。[4]
  4. 4
    薬剤師と話をする  高齢者が数か所の医療機関を受診し、それぞれから薬を処方されることがありますが、薬剤師だけはその人が服用している薬をすべて把握しています。薬剤師と仲良くなり、薬の副作用や相互作用について教えてもらいましょう。
  5. 5
    運転について考える 車の運転をやめるように勧めると、高齢者は非常に強い怒りと腹だたしさを感じます。 運転ができるということは自立できているという重要な証であり、自分はもうそれができないという事実を受け入れるのは、高齢者にとって非常に困難だということを覚えておきましょう。[5]
    • 70歳から74歳の高齢ドライバーは免許更新時に高齢者講習を受けなくてはなりません。また、75歳以上の人は認知機能検査も必要です。
    • 例えばリウマチの人がイグニッションキーを回す際に痛む手首を支えるサポーターなどの、高齢者の運転を援助するツールもあります。
    • 運転するのが非常に危険なっても本人が免許返納を拒否する場合は、医師や警察の力を借りましょう。
    • 車の代わりに、公共交通機関や3輪自転車などを使って行動できるようにしましょう。そうすれば高齢者は自由で自立した生活が送れていると感じることができます。
    • また、地域によっては代替交通手段があるかもしれません。 ボランティアのカープール、相乗りタクシー、小型の乗り合いバスなどの運営や、事前に申し込むと目的地やその近辺まで送ってくれる外出支援サポートなどを提供している市区町村や非営利団体もあります。タクシーの利用も選択肢の一つです。
    • 高齢者向けの割引制度を探しましょう。公共交通機関の運賃が割引になるシニアパス、敬老パスなどを提供している自治体もあります。事前申請や、窓口での手続きが必要な場合があるため、調べてみましょう。
  6. 6
    お金のことについて話す 財政管理や長期介護に備えた保険などについて高齢者と話しましょう。民間の介護保険を利用すると、公的介護保険制度でカバーされない費用を賄うことができるかもしれません。また、 自分の家に住み続けたいという希望があれば、高齢者にも住みやすい、小さめの家に住み替えするのも良いかもしれません。
    • 高齢者は特に詐欺の被害に会いやすいため、詐欺の手口や自分を守る方法について話しましょう。家族だけにわかる合言葉を決めておく、いつも留守番電話にしておくなど、不審な電話への対策を家族で話し合いましょう。
  7. 7
    法的な問題について話し合う  高齢者の代理権、遺言、医療に関する事前指示書などについて確認しましょう。高齢者が緊急事態や何らかの理由で意思を確認できない状態になった時に、誰が治療方針の決定や経済的な決定をするかということを決めておきます。[6]
    • まだこういった書類を作成していない場合は、作成を手伝いましょう。
    • 高齢者本人が話せなくなったり、意思の疎通ができなくなった時のために、本人が望む治療、望まない治療を確認します。「事前指示書」と呼ばれる書類で、透析治療を行うか、人工呼吸器をつけるか、人工栄養補給を行うか、心停止時に蘇生を行うか、などについて本人の意思を明記します。
  8. 8
    人と一緒に食事ができる場を探すか、食事を作ってあげる 自治体や地域コミュニティーが、高齢者向けのふれあい食事会などを開催することがあります。高齢者が人に会い、一緒に食事をする良いチャンスです。 高齢者は時に食べ物に対する興味を失うことがありますが(特に抑うつの場合)、人と食事を共にする機会があれば、食事をとることがより楽しくなります。
    • 自分で食事の支度をするのが困難な場合は、食事の宅配サービスを利用するのも良いでしょう。
  9. 9
    ホームヘルパーの手を借りることを検討する 大切な高齢者のケアをするのが物理的に難しい場合はこれで解決できます。ヘルパーが高齢者の手助けを行ってくれると、家族の介護の重荷を大幅に減らすことができます。また、ヘルパーを頼むことで、高齢者は自宅での独立した生活を継続することができます。
    • ホームヘルパーによる訪問介護サービスの費用の一部が介護保険で賄える場合があります。市区町村の窓口に問い合わせてみましょう。
    • まだヘルパーに頼りたくないという場合やヘルパーの支援範囲外の仕事などは、子供や孫が手伝いをしましょう(掃除、洗濯、庭仕事など)。
  10. 10
    老人ホームや介護施設への入居を検討する 重度の介護が必要な場合や、費用が賄えずホームヘルパーを雇えない場合もあります。老人ホームや介護施設では大切な高齢者の世話をしてもらえます。
    • 高齢者が安心して楽しく暮らせるように、様々なアクティビティーを企画したり、医療スタッフを常駐させたりする施設もあります。
    • 自宅や同居して自分で大切な親の面倒を見てあげられないことを恥ずかしく思ったり、後ろめたく思ってはいけません。状況的に高齢者を家で見るのが不可能な場合や、それが危険な場合すらあります。そして、それはあなたのせいではありません。[7]
  11. 11
    同居して高齢者のケアをすることを考える 自宅で介護をすると、高齢者が気分良く過ごせ、家族のきずなが深まります。また、子供は親との時間を過ごせて、親の健康状態を間近で観察することができます。しかし、自宅での介護には多大な時間と体力的、精神的な労力が必要です。
    • 多くの場合、転倒は家庭内で起こります。そのため、高齢者を家で世話する場合は、転倒防止策が必要です。具体的には、障害物や危険物を取り除いて歩行スペースを十分に確保し、さらに、手すりやつかまり棒を設置する、照明を明るくする、高齢者にも届きやすいようにものの置き場所を移動するなどの対策も必要です。[8]
    • 自宅での介護には、衛生管理や身支度の世話も含まれます。 着替え、爪切り、トイレ、歯磨きや歯の手入れ、入浴などを手伝う必要があるかもしれません。
    • 在宅介護をする人は、高齢者に健康診断をスケジュール通りに受けさせなくてはなりません。 定期健診(1年に1回以上)を受け、医師に高齢者の全般的健康を観察し、隠れた病気がないかを診断してもらいます。[9]
  12. 12
    自分の重荷も下ろす 高齢者の介護は、介護する家族にとって経済的、感情的、精神的にも大きなストレスになります。 時間と体力だけでなく経済的にも、時々は自分も休憩することを考えましょう。
    • 介護をしていると、時々、もしくは定期的に休みが必要だと感じるでしょう。 一時的に介護が依頼できるレスパイトケアのサービスを利用することを考慮に入れましょう。また、友達や家族に助けを求める、ヘルパーや介護士を雇う、デイサービスを利用するなども良いでしょう。[10]
    • 経済的な負担を軽減することも忘れてはいけません。 介護にかかる費用は、税額控除の対象になるものもあります。また、条件によっては健康保険上、税法上の両方で高齢の親を扶養家族に入れることができるかもしれません。同居か別居か、親の収入、子供の収入または双方の年齢によって親を扶養に入れられる場合とそうでない場合があるので、詳しく調べてみましょう。[11]
    Advertisement

パート2(全3パート):高齢者の精神的なケアをする

  1. 1
    高齢者を敬う 高齢者には常に敬意をもって接しましょう。年を取って健康状態が良くないとしても、感情も自分の考えも持った一人の人間です。身体的な状態でその人を判断してはいけません。加齢は自然なサイクルの一部にすぎません。人は生まれ、子供時代を過ごし、ティーンになり、大人になって、いつかは誰でも高齢者になるのです。高齢者とその人の人生に敬意を払いましょう。
    • 悪態をついたり、高齢者が不適切だと感じる言葉を使ってはいけません。世代の違いもあり、高齢者を非常に不快にさせることもあります。
  2. 2
    自立の喪失への対処を助ける 友達づきあいを維持すること、活動的でいること、新しいことに興味を持ち、他の家族とも連絡を取り合うことを勧めましょう。 介護が必要になり、自立できなくなったことは本人の落ち度ではなく、人生の自然なサイクルの一部であることを説明します。
  3. 3
    ボランティアを勧める ボランティア活動をする高齢者は、しない人より幸せで健康であるという最近の研究があります。これは、特に慢性疾患を持つ高齢者に当てはまります。自分が人の役に立つ、ボランティアとして必要とされているという感覚は高齢者の精神的、身体的な健康を大幅に改善します。
    • 週にほんの2,3時間のボランティアでも効果が得られます。[12]
  4. 4
    頻繁に会いに行く 会いに行くことで感情的なつながりができ、高齢者の心の健康が改善されます。さらに、介護する側も直接会うことで高齢者の健康と生活の状態を確認できます。 植物の水やりや郵便物の開封はできているか、身体にあざができていないかを確認します。こういった状態が見られたら、さらなる手助けが必要なサインです。 友達や家族に手助けを頼みましょう。
  5. 5
    身の回りの品を持っていく 介護施設や子供の家に引っ越す時は、自宅の一部であったものを持っていきましょう。高齢者がくつろげ、新居での暮らしがより快適になります。そして自分の身の上に起こった大きな変化を乗り越えることができます。
  6. 6
    共通の興味ある分野を見つける 若い人の中には、高齢の人とは通じ合えないと誤解している人もいますが、高齢の人も若い人やその興味対象とは分かり合えないと思っているかもしれないということを頭に入れておきましょう。心を開いて、高齢者の喜ぶことを見つけましょう。趣味が合わないなら、少なくとも彼らの興味に関心を持つことはできるはずです。
  7. 7
    物事をなるべく変えないようにする 一般的に、高齢者は変化に敏感で、特に住み慣れた自宅から引っ越す時には不安を感じます。 可能な限り、これまでの状況を維持しましょう。例えば、高齢の親が子供の家に引っ越す際はペットも一緒に連れてくる、老人ホームに入る時は許可を得てペット同伴にするとよいでしょう。
  8. 8
    受け入れられていると感じさせ、くつろいでもらう  老人ホームでのアクティビティーや家庭での行事などに参加してもらいましょう。今いる環境での活動に積極的に参加することを高齢者に勧めます。
    • 外出を勧めたり、散歩や何らかの活動に連れ出したりしましょう。これは、特に抑うつに苦しむ高齢者の幸福感の向上に役立ちます。
    • 時々プレゼントをあげて驚かせたり、高齢者も一緒に参加できるパーティーを開くのも良いでしょう。
  9. 9
    話を聴く 高齢者の話を聞くのはも面白いものです。また、現在自分が直面している問題や状況を乗り切るのに役立つ話もあるかもしれません。 高齢者の人生経験には一聴の価値があります。話を聴き、高齢者とふれあうと、そこから学び、自分自身の人生を改善することができます。 彼らの話の素晴らしいところを見つけ、そこから学びましょう。
    • 話を聴くことであなたとの絆が深まり、高齢者は周りの世界とのつながりをより深く感じることができます。
    Advertisement

パート3(全3パート):高齢者からの反発に対処する

  1. 1
    高齢者からの反発に備える 高齢者の世話をするにあたって、反発・反抗は最もよくある悩みの一つです。とはいえ、本人は自立性の喪失や身体的、精神的な喪失感に苛まれているかもしれません。そのせいで高齢者は恐れ、脆弱感、罪の意識、怒りなどを感じ、ケアの受け入れに抵抗を示すことがあるのです。
    • また、高齢者は人に助けてもらうこと、身体の不調が治らないこと、物理的な負担となったり金銭的な面で心配されることが、自分の弱さの表れであると思うことがあります。
    • また、高齢者が物忘れをするようになって、自分に介護が必要な理由を忘れている場合もあります。
    • 高齢者の反発への対処法は、認知症患者には向かない場合もあります。
  2. 2
    どの程度の補助が必要かを特定する 高齢者が必要とするケアや介護の種類を見極めます。正直に、どのようなサービスや補助が必要かを考えましょう。
  3. 3
    双方が落ち着いているときに高齢者と話す どちらも落ち着いていて、話す気があるタイミングを選びましょう。そうすれば、双方ともに心を開いて正直に話しやすくなり、お互いの言い分を聞くことができます。
  4. 4
    高齢者の希望を聞く 介護が必要になり、高齢者は自由と自立を失ったように感じているかもしれません。そのため、彼らの希望を考慮することが大切です。 家族の誰に、何をケアしてもらいたいか、高齢者自身の意見を聞いてみましょう。望みをすべて受け入れることはできないかもしれませんが、本人の意見を聞き、考慮することが大切です。
    • 高齢の親が子どもの言うことがなかなか理解できない時は、なるべく簡単に、わかりやすく説明や質問をしましょう。
  5. 5
    話し合いを他の家族に手伝ってもらう 大切な人との話し合いを家族や友達に手伝ってもらいましょう。 介護を受け入れるように説得する手助けになるかもしれません。
  6. 6
    辛抱強く説得し続ける 介護を受け入れてもらうには時間と労力が必要かもしれません。 親が初めはこの話題を嫌がったとしても、時間を置いて再度話し合いを持ちましょう。あきらめてはいけません。
  7. 7
    介護のお試しを提案する それでもまだ高齢者が介護を受けることに抵抗を示す場合は、試しに介護を受けてみることを提案してみましょう。そうすれば、最終的な決断は後に持ち越すことができます。お試しで介護を受けてみれば、実際にどのようなものかがわかり、介護を受ける利点を発見する機会になります。
  8. 8
    前向きな態度で介護の話をする ケアセンターは何かのクラブ、介護士は友達であるかのように話すと、高齢者も介護を肯定的に捉えることができます。
  9. 9
    自分の求めるものについても話し合う 介護を受けてくれたらどれほど自分が助かるか、自分の生活が楽になるかということを高齢者に伝えます。 高齢の親には子供に重荷を負わせることを申し訳なく思う人もいます。そのため、介護を受けてくれたら自分が大変助かるということを説明すれば、親は介護にもっと乗り気になるかもしれません。
    • 問題解決には双方の妥協も必要なことに気付いてもらいましょう。
  10. 10
    議論は賢く闘わせる お互いの意見の全てに合意することは難しいでしょう。自分が話したいと思う話題を選び、それ以外の小さな問題で議論することは避けます。まずは、親の介護という大きな問題に注力しましょう。
  11. 11
    介護によって逆に長く自立していられる可能性があることを指摘する 補助や介護を受け入れることで、自宅で可能な限り長く暮らせるかもしれません。[13]
    Advertisement

ポイント

  • 高齢者が幸せで、ストレス源が何もないことを確認しましょう
  • 高齢者のことを決める時には本人の意思も考慮しましょう。そうすると介護を受け入れてもらいやすくなります。ただし、この方法は認知症の患者には効果がないかもしれません。
  • 高齢者には常に敬意をもって接しましょう。本人の希望を聞き、できるだけそれに沿うようにしましょう。
Advertisement

注意事項

  • 危険な行動あるいは医療措置が必要な緊急事態の兆候が見られた場合は、直ちに119番通報しましょう!
  • 高齢者の身体の健康と同様に心の健康も観察しましょう。高齢者はうつ病などの精神疾患を患うことが少なくありません。
  • 高齢者は特に虐待の被害にあいやすく、深刻な問題になっています。これは高齢者虐待防止法違反であり、虐待には身体的虐待、言葉による虐待、精神的虐待、搾取(経済的虐待)、ネグレクトが含まれます。[14]
Advertisement

このwikiHow記事について

正看護師
この記事はSarah Gehrke, RNが共著しています。 セーラ・ゲールケはテキサス州在住の正看護師です。2013年にフェニックス大学にて看護学の修士号を取得しています。
カテゴリ: 家族

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement