顔痩せする方法

顔が自分の理想よりも太っていると感じている皆さん、ダイエットやエクササイズで健康的な体重を維持し、顔痩せ体操で顔の筋肉を鍛えることで、小顔を手に入れることが可能なのはご存知でしょうか。また、顔痩せメイクで(その場しのぎにはなりますが)、手っ取り早く小顔に見せることもできます。減量せずに顔だけ部分的に痩せることや、顔の大きさが遺伝の場合に顔の大きさを変えることは不可能ですが、正しい方法で根気強く努力すれば、顔の余分なむくみを取り、すっきりとした輪郭を手に入れることができるでしょう。

4の方法1:
顔痩せの必要性を見極める

  1. 1
    鏡を見てみましょう。普通の体型をしているのに顔が太っていると感じる場合、まずそれが単にコンプレックスのせいではないか、よく考えてみましょう。
    • 家族をよく観察してみましょう。皆、顔の比率は大体あなたと同じでしょうか?顔の造りは遺伝的なものもあります。また、顔がふっくらとしているのは若さによるものも多く、このような脂肪は年齢とともになくなっていきます。
    • 自分の顔が太っているか、またはバランスが取れていると思うか、信頼できる人に率直な意見を聞いてみましょう。
    • あなたの顔は、太っているというよりむくんでいませんか?むくみの原因には、栄養不足、塩分の過剰摂取、睡眠不足、アルコールやドラッグ摂取、病気の症状、運動不足など、様々なものが挙げられます。
    • かかりつけの医師に相談してみましょう。医療的な立場から、あなたに適した顔の脂肪のつき方を確認してくれるだけでなく、浮腫などの病気の可能性を診てもらうこともできます。
  2. 2
    姿勢を確認しましょう。猫背は、自然と二重あごを作り出し、顔が余計に太っている印象を与えてしまいます。顔についている脂肪はたるみとともに強調されるため、前かがみの姿勢で首と顎が出ていれば、その周りがたるみ、太って見えるでしょう。
    • 背骨を正しく伸ばすようにして、まっすぐ立ちましょう(座る時も同様に)。理学療法士や医師に、良い姿勢についてアドバイスをしてもらうのもいいでしょう。
    • 深い呼吸をしましょう。深く呼吸をして肺いっぱいに息を吸い込むようにすると、必然的に体が真っ直ぐになります。このように深い呼吸を心がけることで、猫背が改善されるでしょう。
    • 胸を開いて肩甲骨を閉じ、頭を後方に引いて、顎を少し上げ、相手の目を見るように意識しましょう。
    • 姿勢矯正エクササイズもあります。エクササイズの詳細については、理学療法士に聞いてみるといいでしょう。あるいは、ネットにも多くの情報が載っています。また、ピラティスやヨガなども、姿勢矯正に効果的です。
    広告

4の方法2:
一般的な栄養と食事療法

栄養バランスの良い食事は顔にも影響します。

  1. 1
    健康的な食事をしましょう。自分の身長、性別、年齢に適したカロリーを超えないよう、カロリー摂取量を制限しましょう。1日の推定エネルギー必要量は、厚生労働省より参考資料として発表されています。また、かかりつけの医師に相談しても良いでしょう。
  2. 2
    肥満の傾向がある場合は、まず減量しましょう。体の脂肪を落とすと、顔についた脂肪も自然と落ちるものです。部分的に減量することはできないため、体重が落ちる時には、必然的に顔も含めた体全体が影響を受けることになります。栄養のバランスが取れた減量のための食事療法と、定期的な運動を行うことで、顔の余分な脂肪も落ちていくでしょう。
    • 食事療法をする際には自己流で行わず、バランスの取れた食事療法を行っているかどうか、かかりつけの医師と話し合うことが大切です。一時的に流行しているものの、身体に有害な可能性のあるダイエット法に嵌まる危険を避けることにもなります。
    • 有酸素運動と筋力トレーニングは、減量と体の引き締めに大変効果があります。
    • 食物繊維と緑葉野菜を豊富に摂取しましょう。糖分と脂肪を多く含む食物は、極力避けるようにしましょう。
    • 禁酒もしくはアルコールの摂取量を制限しましょう。アルコールは高カロリーで栄養価が低い上に、脱水症状を引き起こします。さらに、脱水症状は顔のむくみの原因にもなります。
  3. 3
    水分補給をしっかりしましょう。水分を十分に取ることで、顔のむくみの原因となる余分な塩分や不健康な顔色の元となる毒素を、体外に排出することができます。[1]
    広告

4の方法3:
顔のエクササイズ

顔には50種類以上の筋肉があり[1]、顔のエクササイズはそれらの筋肉を鍛えるのに効果的だという専門家の意見もあります。[2]

  1. 1
    顔のエクササイズのみに頼らないようにしましょう。顔の脂肪を落とす方法として、顔のエクササイズの効果を過信している人がいます。しかし、すっきりした顔を手に入れるためには、健康的な減量と体全体を使って行うエクササイズも取り入れた、全体的なアプローチが必要不可欠であることを理解しましょう。しかし、顔のエクササイズを減量プログラムと並行して行うことで、大幅な減量を行った際に表れる顔のたるみや皺の予防に効果があるでしょう。[3]
  2. 2
    顔ヨガを行ってみましょう。深い呼吸とともに頭を前方に倒すヨガのポーズは、顔の筋肉を鍛えると言われます。さらに、顔ヨガは顔のむくみを取り、肌のはりを保つため、小顔になるだけでなく見た目を若く保つこともできます。[2]
  3. 3
    口を大きく開け「あ、い、う、え、お」と声に出して何回も言ってみましょう。口を開き意識して言うことで、普段あまり使わない口の周りの筋肉を動かすことができます。気が向いた時に、何度も繰り返して言うようにしましょう。
  4. 4
    チューインガムを噛みましょう。継続的に噛む動作をすることで、顔の様々な筋肉を使うことができます。チューインガムを好む人には、難なくできる顔のエクササイズになります。
    • シュガーフリーガムを噛みましょう。余分な砂糖の摂取は極力避けるようにします。
  5. 5
    口をできるだけ大きく開けましょう。口を開けて数秒間そのままにした後、口をもとに戻してリラックスさせます。
    • この動作を連続約30回行うことを1セットとし、1日3回(朝昼晩)1セットずつ行いましょう。
    広告

4の方法4:
顔痩せメイクで顔の余白を最小限にする

メイクアップは顔の気に入らない部分などを隠すために使われますが、同時に、メイクの技術を使い、顔の幅を狭く見せることもできます。

  1. 1
    自分の肌色より暗めの色のチークを使いましょう。外側から内側に向かってチークを入れます。陰影をつけることで立体感が出るため、顔が引き締まって見えるでしょう。
  2. 2
    シェーディングとハイライトを効果的に入れ、小顔に見せましょう。頬骨に高さを出したり、顔に明暗のコントラストをつけることで、顔の輪郭がはっきりとして引き締まった印象を与えます。
    • シェーディングやハイライトは、入れ方によって頬が痩けて見えたり、疲れた顔に見えることがあります。自分の顔の輪郭に合わせて、効果的に取り入れるようにしましょう。
    • デパートの化粧品売り場などで、メイクアップの講習を受けてみましょう。顔の輪郭に合ったシェーディングやハイライトの入れ方を、プロの目からアドバイスしてもらえるでしょう。自然で効果的なメイクをマスターするためには、何度も練習するのが一番です。
  3. 3
    眉毛は平行太眉にし、目との距離を近づけましょう。目と眉毛の距離を近づけることで、余白が少なくなり目元が強調され、引き締まった印象を与えます。[4]眉毛を描く際には、眉毛の地色より気持ち暗めの色を使いましょう。
  4. 4
    目の下のクマは、コンシーラーでカバーしましょう。目の下のクマは、顔が疲れている印象を与えてしまいます。
  5. 5
    リップカラーは薄めの色を選びましょう。濃い色のリップカラーは、顔に重みを与えるだけでなく、引き締め色で唇を小さく見せてしまうため、頬など他の広いパーツを目立たせてしまいます。
    広告

ポイント

  • 健康を害するほど、限度を超えたダイエットを行ってはいけません。
  • 肌をベストな状態に保つことは、顔の与える印象に大きな影響を与えます。あなたの顔は外の世界への窓口です。自分の肌タイプや生活習慣に合ったスキンケア及びクレンジングを行い、出来る限り最善の状態を保てるように努力しましょう。一方で、スキンケアも複雑なものや高価なものである必要はありません。また、スキンケアに性別も関係ありません。大事なことは、自分に合ったスキンケアを見つけ、根気強く実践していくことです。
  • 飴などの甘いお菓子を極力避け、代わりににんじんスティックをノンオイルドレッシングで食べましょう。
  • 顔は脂肪がつきやすいため、顔の状態は体全体を引き締める必要性を示す目安になるでしょう。
  • ふっくらした丸顔は一般的に若く見えると言われており、顔についた脂肪を肯定的に受け入れることは、見た目の若さをより長く保つ方法とも言えます。40歳を過ぎると顔の脂肪は自然と落ちるため、ボディマス指数(BMI)が低下すると顔のはりが無くなり、皺も目立っていきます。[2]
  • 常に水分補給を欠かさないようにしましょう。脱水症状は血液中の塩分が増加するため、顔のむくみを引き起こします。
  • 顔の下部は顔全体の印象を重くする傾向があるため、メイクをする際には、目にポイントを置くようにして顔の上部に注意を持っていきます。アイメイクをしっかりとして目を大きく見せるなど、目を強調するメイクを施しましょう。
  • 健康な食生活を維持し、塩分、糖分、また化学調味料などが過剰に含まれている食品は極力避けましょう。
  • 脂肪は、年齢とともに減少する傾向があります。
  • 甲状腺機能低下症など、顔のむくみを引き起こす病気もあります。
広告

注意事項

  • 噛み過ぎで顎が痛くなることがあります。
  • いわゆる「部分痩せ」はできません。顔の脂肪を落としたい場合には、体全体の減量を試みる必要があります。
  • 顔の整形手術は他の手術と同様に重大な医療行為です。軽い気持ちで受けるべきではありません。顔には多くの血管があるため、手術には細心の注意を必要とするだけでなく、手術が成功したとしても顔に傷が残ることは避けられないでしょう。
  • 顔の脂肪を落としすぎると、頬が痩けて逆に老けて見えてしまいます。[2]15~25%の体脂肪は、顔の見た目の若さを保つ上で必要になります。[2]
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む47人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告