韓国語を話す方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

韓国語 (한국어、ハングゴ) は韓国、北朝鮮、そして中国の延辺朝鮮族自治州の公用語です。また、ウズベキスタン、日本、カナダなどにある朝鮮民族が多く住む地域社会で主な言語として用いられています。その起源には諸説ありますが、歴史が長く文化と美しさを備え、魅力的且つ複雑な言語です。韓国語が使われる地域への旅を計画している人、自分のルーツを知りたい人、ただ単に新しい言語を学ぶのが好きな人、どなたもこの記事の簡単なステップに沿って韓国語を話し、新しい語学取得への扉を開けてみましょう!

2の方法1:
まず始めに

  1. 1
    ハングル(韓国語の表音文字)を学ぶ 韓国語の会話を学んでいる方、または後に韓国語の読み書きを覚えたい方も、まずハングルの学習から始めると良いでしょう。ハングルはとても簡単な表音文字ですが、音素文字であるローマ字とは完全に読み方が異なるので最初は違和感があるかも知れません。
    • ハングルは1443年に李氏朝鮮にて創られたとされています。14個の子音と10個の母音、16個の二重子音・二重母音を合わせると、40個の文字で成り立っています。[1]
    • 韓国語はおよそ3,000個の漢字を使って、中国から来た言葉を表します。日本人にとっての漢字とは異なり、学術的文書、仏典、辞書、新聞の見出し、第二次世界大戦以前の古典、名字にのみ使われます。北朝鮮では漢字はほとんど使われていません。[2]
  2. 2
    数を数える 韓国語に限らず、どの言語においても数の数え方を覚えることは重要でしょう。韓国語も日本語と同じく数え方が二通りあり、状況に応じて「固有数詞」と「漢数詞」を使い分ける必要があります。漢数詞は字の通り、漢字の影響を受けています。[3]
    • 固有数詞は物や人(1~99まで)、年齢を数えるときに使います。例えば、二人の子供、ビール5缶、27歳などです。下記の通り、固有数詞で1から10まで数えてみましょう。
      • ひとつ = 하나 (ハナ)
      • ふたつ = 둘(トゥル)
      • みっつ = 셋(セッ)(seとsetの中間で発音しましょう。)
      • よっつ = 넷(ネッ)
      • いつつ = 다섯(タソッ)
      • むっつ = 여섯(ヨソッ)
      • ななつ = 일곱(イルゴプ)
      • やっつ = 여덟(ヨドル)
      • ここのつ = 아홉(アホプ)
      • とお = 열(ヨル)
    • 漢数詞は日にち、お金、住所、電話番号、そして100以上の物や人の数に使われます。下記の通り、漢数詞で1から10まで数えてみましょう。
      • いち = 일(イル)
      • = 이(イー)
      • さん = 삼(サム)
      • = 사(サー)
      • = 오(オー)
      • ろく = 육(ユク)
      • しち = 칠(チル)
      • はち = 팔(パル)
      • きゅう = 구(クー)
      • じゅう = 십(シプ)
  3. 3
    簡単な単語を覚える 使える単語が多いほど、外国語が流暢に話せるようになります。出来るだけ多くの日常語と慣れ親しみましょう。きっと短期間で多くの単語を覚えられることに驚くはずです。
    • 日本語を聞いたら、それを韓国語でどう言うのか考えてみましょう。韓国語が浮かばない場合は、メモをして辞書を引きましょう。常に小さいノートを持ち歩くと便利です。
    • 鏡やテーブル、砂糖入れなど、家の中のものを韓国語に訳して小さいラベルに書いて張ってみても良いでしょう。よく目に付くものに貼ると、意識せずに頭に入っているでしょう。
    • 単語やフレーズは、「韓国語から日本語」「日本語から韓国語」と両方向から覚えるのが大切です。この方法を用いると、聞いたときに意味が分かるようになるだけではなく、どのように言うのかも覚えられるようになります。
  4. 4
    基本的な会話フレーズを覚える 丁寧な話し方の基本を覚えると、すぐに韓国人と簡単な会話をすることができるようになります。以下のフレーズを覚えましょう。
    • こんにちは = 안녕(アンニョン)(これは砕けた言い方です。丁寧な言い方は、「アンニョンハセヨ」です。)
    • はい = 네(ネ)(これは丁寧な言い方です。砕けた言い方は「응(ウン)」です。)
    • いいえ = 아니요(アニョ)
    • ありがとう = 감사합니다(カムサハムニダ)
    • 私の名前は~ = 저는 ___ 입니다(チョヌン~イムニダ)
    • お元気ですか? = 어떠십니까? (オットッシムニカ?)
    • お会いできて嬉しいです = 만나서 반가워요(マンナソ パンガウォヨ)
    • さようなら 相手が残る場合 = 안녕히 계세요(アニョンヒ ゲセヨ)
    • さようなら 相手が去る、または相手も自分も去る場合 = 안녕히 가세요(アニョンヒ ガセヨ)
  5. 5
    丁寧な話し言葉を理解する 韓国語の会話において、丁寧な言い方の程度を理解することが重要です。韓国語は相手の年齢や地位、または話される場面などによって動詞の語尾を変化させ敬意を示します。きちんと韓国語を話すために、敬語のしくみを理解しましょう。主に3つの程度に分けることができます。
    • 砕けた言い方 -特に親しい友達の間で用いられ、同い年か年下の人に使います。
    • 丁寧語-正式且つ社会的な場で用いられ、年上の人、見知らぬ人、同僚に使います。
    • 尊敬語-報道や軍隊など非常に正式な場で用いられ、一般的な会話で使われることはほとんどありません。[4]
  6. 6
    基本的な文法を学ぶ どの言語にせよ、正しく話すためにはその言語の文法を学ぶことが大切です。韓国語と日本語の文法は似ているので、その例を見てみましょう。
    • 韓国語は日本語と同じように主語-目的語-動詞の順に文章が成り立ち、常に動詞が最後に来ます。
    • 韓国語は日本語と同じように、話者と相手がその主語を認識している場合によく主語が省略されます。例えば、主語が会話の内容から推測されたり、主語について既に言及があったりした場合に主語が省略されます。[5]
    • 韓国語では、形容詞が動詞のような役割を果たすことがあります。この場合、形容詞の形が変化して時制を表します。[5]
  7. 7
    正しい発音をする 韓国語の単語の中には日本語の発音と似ているものもありますが、やはり全く同じではないので、韓国語を正しく発音するには何度も練習する必要があるでしょう。
    • 英語を日本語に直したものを、そのまま韓国人に話しても発音が微妙に異なるので伝わりません。例えば日本では「コーヒー」と言いますが韓国語では「コピ」と言い、日本語では「マニキュア」と言いますが韓国語では「メニキオ」と言います。こういった韓国語は「コングリッシュ」と言い、韓国語学習者はこのコングリッシュも覚えておく必要があります。[6]
    • 日本語は全て母音で終わるのに対し、韓国語には子音で終わる単語・音節が存在します。この子音は韓国語を母国語としない人からすると、とても微妙で難しく聞こえます。同じように子音で終わる単語が多数存在する英語を例に比較してみると、英語は「ship」の「p」を発音した後に息の音が続きますが、韓国語ではこの「p」を発音する場合、息の音は無く「p」を発音した後に口を閉じます。[6]
  8. 8
    くじけない 韓国語を本気で話したければ、 根気よく続けましょう。言語を習得した時の満足感は、それまでに直面してきた苦しさに勝ります。言語を学ぶには時間と練習を要し、一夜にしてあっという間に習得できるものではありません。
    Advertisement

2の方法2:
韓国語に慣れ親しむ

  1. 1
    韓国語を母国語とする人を探す 新しい言語を上達させる最適な方法のひとつとして、ネイティブスピーカーと話すことが挙げられます。文法や発音の間違いに簡単に気付いて直してもらえるだけではなく、教科書には載っていない砕けた話し言葉を習うこともできるでしょう。
    • ネイティブスピーカーが周りにいれば良いですが、もしいなければ地方紙やインターネットに広告を出すか、近くに韓国語の会話サークルなどがないか探してみましょう。
    • もし近くにネイティブスピーカーがいなければ、スカイプで会話できるネイティブスピーカーを探してみましょう。あなたが15分間日本語を教えて、相手が15分間韓国語を教えるなど、言語交換をしても良いでしょう。
    • 韓国人に人気のメッセージアプリを使うと、より多くの俗語を覚えられたりハングルを早く読む良い練習になるでしょう。
  2. 2
    語学学校に通う 目的意識が必要な場合や、より公式的な場所で習いたい場合は韓国語の語学学校やクラスに通ってみましょう。
    • 近くの大学や学校、公民館などで韓国語クラスが開催されていないか調べてみましょう。
    • 一人でクラスに出席するのが不安なら、友達も誘ってみましょう。より楽しく学べるだけではなく、クラスの合間に一緒に練習することもできるでしょう。
  3. 3
    映画やアニメを見る 日本語字幕の付いた韓国のDVDを入手するか、インターネットでアニメを見ましょう。韓国語に耳が慣れ、文法構造に慣れ親しむことのできる手軽で楽しい方法です。
    • より積極的に学びたい場合は、簡単な文章の後に動画を停止し、同じように繰り返して言ってみましょう。確実に発音の向上に役立つでしょう。
    • 購入したい韓国語の映画が見つからない場合は、レンタル店で借りても良いでしょう。外国語の映画コーナーがあるはずです。または、近くの図書館に韓国映画のDVDなどを借りられるか聞いてみても良いでしょう。
  4. 4
    子供向けのアプリケーションをダウンロードする 「ハングルを覚える」「幼児・子供用ゲーム」などの検索用語を韓国語に翻訳して、アプリケーションストアで検索してみましょう。子供でも簡単に使えるので、アプリを使うのに韓国語を読んだり話したりする必要はありません。また、DVDよりも安く購入できます。アプリでは、ハングルの正しい書き方を歌やダンスを交えて習えるだけではなく、日常的に使う単語をパズルやゲームを通して習うことができます。間違って、韓国の子供向け英語や日本語教材のアプリを購入しないようにしましょう。
  5. 5
    歌やラジオを聴く 韓国語に親しむには、歌やラジオを聴くのも良い方法です。内容を全て理解できなくても、重要な単語を聞き取り曲や話の主旨を理解するようにしましょう。
    • 韓国のポップミュージックは主に韓国語で歌われていますが、英語の歌詞が散りばめられていることがあります。インターネットで検索すると、歌詞が日本語に翻訳されていることが多いので参考にしてみましょう。
    • 韓国語のラジオアプリをダウンロードして、出先でも聴けるようにしましょう。
    • 運動や家事をしながら聴けるように、韓国語のポッドキャストをダウンロードしてみても良いでしょう。
  6. 6
    韓国に行く 基本的な韓国語会話ができるようになったと感じたら、韓国に遊びに行ってみましょう。韓国語が話されている国へ旅をすること以上に、韓国語に慣れ親しめる方法は無いでしょう。
    Advertisement

ポイント

  • 毎日少しずつでも良いので、一人でいる時も声をだして練習しましょう。
  • 時々、昔の教材などを見直してみると、以前覚えた内容が頭に残ります。
  • 韓国のドラマを見たり、K-POPなどを聴いたりしましょう。聴くだけで韓国語が耳に残るだけではなく、台詞や歌詞の中に既に学習した単語や文法などがあることにも気付けるでしょう。
  • 発音に注意しましょう。どのように発音するか分からない場合は、オンラインなどで発音方法を探してみましょう。
  • 韓国人に会ったり韓国人の知り合いがいる場合は、韓国語で話しましょう。
  • 韓国語の学習アプリケーションをダウンロードしましょう。韓国語の学習だけではなく、韓国の文化についてもより深く知ることができるでしょう。
  • 韓国語の番組や歌を字幕や日本語訳を見ずに、見たり聴いたりしてみましょう。自分で日本語に訳してみて、答え合わせをしてみても良いでしょう。
  • メモを沢山取りましょう。新しい単語やフレーズを習ったら、すぐにどこかにメモすると良いでしょう。また、韓国語でメモをするようにすると、読み書きの実力向上にもつながります。ユーチューブを見て、韓国語の単語やフレーズを覚えても良いでしょう。
  • 出来れば韓国語で考えるようにしましょう。自分の知っている事柄などについて考えるときは、頭の中で日本語から韓国語にするのではなく、最初から韓国語で考えてみましょう。
  • 出来れば、一日に5~10つ(最低でも3つ)の単語を覚えましょう。韓国語と日本語をセットにして繰り返して覚えるようにすると、楽しく覚えられます。
Advertisement

注意事項

  • 韓国語と日本語は語順や文法が似ているので、比較的学習しやすいと言われています。また、漢字が使われている単語の中には共通のものも多く存在します。
Advertisement

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement