靴紐を通す方法

靴紐の「結び方」を教わったことはあっても、「通し方」はないのではないでしょうか。好きな色や柄の靴紐を購入して通し方を工夫すれば、あなただけの靴が出来上がります。以下に、一般的な靴紐の通し方を数種類ご紹介します。

6の方法1:
オーバー・ラップ/アンダー・ラップ
編集

  1. 1
    靴の爪先を向こうにして体の前に置きます。爪先側の2個の穴に紐を穴の裏から通します。左右の紐の長さを揃えましょう。
  2. 2
    紐を斜めに通していきましょう。まず、右の紐の端を次の段の「左」の穴に通します。紐を穴の裏から表へ通す「アンダー・ラップ」の代わりに、表から裏へ通す「オーバー・ラップ」にしてもよいでしょう。オーバー・ラップはよりすっきり見える通し方です。
  3. 3
    次に、左の紐を次の段の「右」の穴に通します。
  4. 4
    これを続け、最後の穴まで通しましょう。
  5. 5
    結びましょう(方法6参照)。
    Advertisement

6の方法2:
ストレート(別名シングル)
編集

  1. 1
    一方の紐の片を爪先側の右の穴に通し、反対の端をトップ(かかとに近い側)の左の穴に通します。左の紐は最後に結ぶのに必要な長さがあればよいので、短くします。
  2. 2
    右の紐を同じ段の反対側の穴に水平に渡します。
  3. 3
    紐を穴の表から裏に通し、次の段の穴に(再度裏から)通します。
  4. 4
    最後の穴まで水平に通していきましょう。
  5. 5
    最後に両端を結びましょう(方法6参照)。
    Advertisement

6の方法3:
ヒールロック
編集

かかとが脱げやすくて困る場合は、この方法を使えば問題を解消できます。

  1. 1
    紐をオーバー・ラップ(またはアンダー・ラップ)で通し、最後の穴の手前で止めましょう。
  2. 2
    一方の紐を同じ側の最後の穴に通します。反対側も同様にしましょう。
  3. 3
    右の輪に左の紐の端を通します。
  4. 4
    反対側も同様にしましょう。
  5. 5
    紐をいつものように結びましょう。これでもう、かかとが脱げて困ることはありません!
    Advertisement

6の方法4:
ストレート(別の通し方)
編集

穴が5個ある場合の通し方です。

  1. 1
    一方の紐の端をトップから1段目の「内側」(右足の場合、かかとに近い左)の穴に通して、約15センチ残して引きます。
  2. 2
    次に、トップから2段目の外側の穴に裏から表へ通します。
  3. 3
    2段目の内側の穴に水平に渡し、穴の表から裏へ通します。
  4. 4
    その紐を上から5番目の「外側」の穴に裏から表へ通します。
  5. 5
    5段目の「内側」の穴に水平に渡し、表から裏へ通します。
  6. 6
    次に、4段目の外側の穴に裏から表へ通します。
  7. 7
    4段目の内側の穴に水平に渡し、表から裏へ通します。
  8. 8
    次に、3段目の「外側」の穴に裏から表へ通します。
  9. 9
    3段目の「内側」の穴に水平に渡し、表から裏へ通します。
  10. 10
    次に、1段目の外側の穴に裏から表へ通します。
  11. 11
    最後に左右の紐の長さが揃わない場合は、長い紐の余分を半分に折り、両紐の端を合わせて、長さが揃うまで紐を逆向きに送りましょう。
  12. 12
    紐の両端を結びましょう(方法6参照)。
    Advertisement

6の方法5:
格子
編集

  1. 1
    紐を爪先側の2個の穴に裏から表へ出るように通します。
  2. 2
    両紐を交差させ、(穴を2個とばして)斜め3つ上の穴に表から裏へ通します。
  3. 3
    両紐を裏側で真上に渡し、真上の段の穴に裏から表へ通します。
  4. 4
    両紐を交差させ、(穴を2個とばして)斜め3つ下の穴に表から裏へ通します。
  5. 5
    両紐を裏側で真上に渡し、真上の段の穴に裏から表へ通します。
  6. 6
    両紐を交差し、(穴を2個とばして)斜め上のトップの穴に裏から表へ通します。
    Advertisement

6の方法6:
蝶結び
編集

  1. 1
    両方の紐の端を持ちます。右を左の上に重ね、次に左を右の上から輪の中に通します。両方の紐を引き締めましょう。
  2. 2
    右の紐を輪にして、指で押さえます。左の紐を輪の上から下に巻くと、下に小さい輪ができます。
  3. 3
    この小さい輪に左の紐を通して引き締めます。
  4. 4
    蝶結びができました。
    Advertisement

ポイント編集

  • 紐がすぐほどけるようなら、「ダブルノット」にしましょう。1個目の蝶結びの後、(2個の輪で)2個目の蝶結びを作ります。あるいは、「蝶結び」のステップ2の後で左の紐をもう一回巻いてから、この輪と最初の小さい輪に通して引き締めましょう。
  • 本格的な「ストレート」の通し方では一段ごとに紐を裏側で渡しますが、2色の靴紐でこの結び方をする場合は、1本を2本目より少し長くする必要があります。
  • 通した靴紐の長さが左右で少し違っても、心配いりません。普通に結びましょう。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ