静かな人になる方法

「静かにして」と周囲に注意されることがしばしばありませんか?考える前に発言してしまい、その内容を後悔することはありませんか?頭の中の雑音を消す方法を身につけたいと思っていませんか?自分が当てはまるという人に朗報です。ある程度の時間をかけて忍耐強く取り組めば、誰でも物静かになることは可能です。この記事で紹介する方法を参考にしましょう。

パート1(全2パート):静かに会話に加わる

  1. 1
    話し始めるまえに考える 常にうるさい人には、この重要なスキルが欠けています。どうしても何かを言いたくなった時は、一旦立ち止まって間を置き、この状況でどのようなことを述べるべきなのかを考えてみましょう。自分が話そうとしていた内容は、周囲が必要としている情報ですか?周囲を笑わせることができますか?何らかの慰めになりそうですか?それとも、誰かに耳を傾けてもらいたいという理由から、ただ何かを言おうとしているだけではありませんか?自分の発言内容が誰の特にもならないようであれば、自分の胸の内に留めておきましょう。[1]
    • 頭の中に浮かんだことは全て口に出すのではなく、2つおきに1つ選び発言するという原則を実行しましょう。よりも静かになろうとしているので、 2つおきどころか、3つおき、あるいは4つおき、とさらに減らしても良いでしょう。
  2. 2
    他人の話を遮らない 誰かが話している時は絶対に遮らないようにしましょう。あなたの発言が非常に重要である場合は例外ですが、本当にそこまで重要であることの方が珍しいでしょう。誰かの話を遮るという行為は失礼にあたるだけでなく、会話の流れも遮ることになり、余計なことをいう人だという印象を与えてしまうかもしれません。意見を述べたり、質問をする必要があるのであれば、自分の記憶に留めて相手が話し終えるまで待ちます。話し終えた時点で、本当に発言する必要があるのかどうかを検討しましょう。[2]
    • 質問の多くは、相手が話を続け、それに耳を傾けている間に解決します。
  3. 3
    自分について話さずに質問する 努力しなければ静かにしていられない人の多くは、自分について、あるいは自分が関心を持っていることについて延々と話し続け、他人に話す機会を与えない傾向があります。誰かと会話をする際は、自分の話す番が回ってきた時に質問を投げかけ、話題(趣味から余暇時間の過ごし方に至るまで)に関する見識を深め、学ぶようにしましょう。[3]
    • 尋問をするというわけではありません。また、相手が不快になるような質問も控えましょう。重くなり過ぎず、気軽な雰囲気を保ち、礼儀正しく振舞いましょう。会話とは、その大部分が、相手の考えや感情、視点に関心を持っているということを示す場です。自分の考え方を披露するための場ではありません。
  4. 4
    何かを発言する前に10秒数える とても素晴らしいことが頭に浮かんだという場合でも10秒の間を置きましょう。10からカウントダウンを行い、数え終わる頃になっても素晴らしいアイデアのように思えるか様子をみましょう。また、この10秒間で自分以外の会話の参加者が発言する機会を得られるかもしれません。腹を立てたり動揺していて、不満を述べたい時にも有効な方法です。心を落ち着かせる時間を自分に与え、後悔するような発言を防ぎましょう。
    • 上手に行えるようになったのであれば、10秒から5秒に短縮してみましょう。このように短い時間でも、静かにしているべきかどうかを判断できるようになるでしょう。
  5. 5
    注意深く耳を傾ける 静かになろうとしているのであれば、優れた聞き手になることが不可欠です。誰かと会話をしている時は相手とアイコンタクトをとり、重要な点は逃さず、行間にも注目し、相手が本当は何を言おうとしているのか、何を感じているのか考えてみましょう。相手に会話の主導権を持たせ、忍耐強く接し、ケータイやメールに気を散らさないよう意識しましょう。[4]
    • 相手の考えがより具体化されるような質問を投げかけましょう。ただし、関係のないことを質問すると、相手が混乱するかもしれないので注意しましょう。
    • 優れた聞き手になろうとするほど、自分で会話の主導権を握ろうという考えが薄れるでしょう。自分が話している時間と聞いている時間が均等になると良いでしょう。バランスのとれた会話が最も健全な状態だと言えます。
  6. 6
    文句を言わないようにする 会話の中で、その日気にくわなかったこと(朝の渋滞、友達からの悪意に満ちたメール、今年の冬が特に寒く、それが自分の生活習慣に支障をきたしている、など)を延々と話している自分に気がついた人は、聞き手がどのような反応を示すだろうかということを考えてみましょう。このような内容を述べた後、会話はどのように進んでいくと思いますか?生産的な結果は得られそうですか?あなたの態度について相手はどう感じると思いますか?あなたの言葉によってどのような印象を相手に与えると思いますか?
    • 自分ではどうすることもできないことも、文句を言えば気分が晴れるというのであれば、口に出すのではなく日記に書き記しましょう。口に出して文句をいう必要はありません。
    • 相談を必要とする深刻な悩みを抱えているのであれば、口に出しましょう。大切な意味もなく、ただ会話をするために文句をいうことは避けましょう。
  7. 7
    自分の呼吸に気持ちを集中させる ソワソワして落ち着かず、とにかく話し始めたいという時は自分の呼吸に気持ちを集中させましょう。息を吸い、吐くという一定の動きに注意を払い、より深く、均一に呼吸を行いましょう。気をもむことをやめ、周囲の物事に意識を移しましょう。今自分がどうしても言いたいことではなく、自分がどう考え、感じているのかが重要です。
    • この方法を上手に行えるようになると、話すという行為があまり重要ではないことに気がつくでしょう。
  8. 8
    耳に入ってくる情報を処理する 何かが耳に入ってくると即座に反応するという人、思ったことをそのまま口走ってしまうという人もいますが、これは理想的な対応方法とは言えません。少し時間をかけて起きている物事を処理し、質問あるいは意見を完成させて始めて、無駄に長く話さずに的を得たことだけを的確に述べられるようになるでしょう。[5]
    • つまり、自分が自分の心の「編集者」のような役割を果たすことで、余計な情報を他人に与えないようにします。
    広告

パート2(全2パート):終日静かなままで過ごす

  1. 1
    静けさを必要とする趣味を見つける 意図的に静かに過ごす練習を重ねると、人に囲まれているような場でも、これまでよりも静かに過ごせるよになるでしょう。例えば、静かに(願わくば自分一人で)楽しむことのできる趣味を探してみましょう。絵画、執筆、ヨガ、作詞、切手集め、野鳥観察などは静けさが不可欠で、思ったことをすぐに言わない訓練の場となります。
    • 目の前の言葉を処理することに集中しなければならないので読書も適しています。
    • こうした趣味を通して、最低でも1時間は何も言わずに過ごすようにしましょう。慣れるにしたがって、2時間、3時間と増やしていきましょう。そのまま1日中しゃべらずに生活できそうですか?
  2. 2
    別の方法でエネルギーを発散させる おしゃべりな人や時におしゃべり過ぎる人も、エネルギーが有り余っていて、どのように発散すれば良いのか分かっていないのかもしれません。つまり、思ったことを次から次へと口に出す以外のはけ口を見つけ、発散させる方法が必要です。
    • トレーニング、中でもジョギングが最適です。良い運動になるだけでなく、有り余るエネルギーも発散することができます。その他に長めの散歩や調理も効果的です。自分に合った方法を見つけましょう。
  3. 3
    チャットやメッセンジャーの誘惑に負けない インターネットに接続すると、日常が雑音で満たされ、自分が話すことの大部分があまり意味のない内容になります。友達に大切な話をする時は電話越しで話したり、直接会って話すでしょう。決して、キーボードをたたきながらメッセンジャー越しに伝えることはないはずです。チャットやメッセンジャーで、あまり親しくない友人と他愛もない会話をしようとしている時は、パソコンを閉じ、散歩に出かけましょう。
  4. 4
    SNSを休む チャットやメッセンジャーだけでなく、普段は頻繁に使用しているフェイスブック、インスタグラム、ツイッターといったSNS全般の使用も一旦止めてみましょう。こうしたサービスは雑音と自分の生活の充実ぶりを自慢しようとしている人で溢れていているだけでなく、無意味な言葉にも関わらず反応しなければならないというような義務感を与えます。SNS中毒になっている人は、1日中更新を確認し続けるのではなく、1日の間でSNSにあてる時間を10~15分と制限しましょう。
    • 全く面識のない他人が世間に向けて発信している情報と、大切な友達が直接伝えようとしている内容とどちらの方がより大切ですか?耳に入ってくる余計な声は気にせず、本当に必要な声にのみ気持ちを集中させましょう。
  5. 5
    日記を書く 1日の終わりに日記を書くということを習慣づけましょう。考えを吐き出すことができるだけでなく、書いている時間は静かに過ごすことができます。また、仲良し全員に打ち明けてなくても心が軽くなったように感じられるでしょう。その日に起きたことを書き記しておくだけ十分です。さらに疑問が生じ、より深い内容について書けるようになるでしょう。
    • 毎日1ページの日記を書くだけでも、驚くほどに静かになるでしょう。
  6. 6
    瞑想する 瞑想は心と体を沈め、静かに過ごすことのできる優れた方法です。毎朝10~20分を確保し、静かな部屋に座り心地の良い椅子を用意しましょう。両眼を閉じ、自分の呼吸に意識を集中させます。体の部位一つ一つの緊張をほぐし、耳に入る音、鼻で感じる香り、そして自分が感じ、感知することに集中しましょう。深刻な考えは頭から押し出し、今のこの瞬間だけを考え、静けさを満喫しましょう。冷静に、そして静かに1日を過ごせるようになります。[6]
    • 瞑想を行うとと緊張が和らぎ、自分の心と体が制御しやすくなります。
  7. 7
    自然を楽しむ 散歩をしましょう。ビーチに行きましょう。庭の美しい草花を見て楽しみましょう。週末の小旅行で自然豊かな場所にでかけましょう。自然を身近に楽しむことのできる方法は何でも試しましょう。自分を簡単に凌駕する存在を目の当たりにすると畏敬の念が心に生じ、これまでの疑念や言葉も溶けて消えていくでしょう。大昔から存在する美しい山の麓に立つと、次回の小テストは何が出題されると思うかといったことについておしゃべりをする気持ちも失せるはずです。[7]
    • 自分の毎週の予定に自然の中で過ごす時間を含めましょう。日記を持参し、自然のなかで書き記すのも良いかもしれません。
  8. 8
    音楽を消す 音楽はもちろん勉強、ジョギング、あるいは通勤のBGMとして役に立つこともあります。ただ、余計な音となることもあり、よりおしゃべりになったり、取り乱し興奮した気持ちになるかもしれません。クラシックやジャズであれば、このような心配をする必要はないかもしれませんが、耳に残る特徴的な歌詞を伴った騒々しい音楽は頭から離れなくなります。結果的に落ち着かず、心と体を自分で制御する妨げになることもあります。
  9. 9
    慣れるまで時間をかける 普段から騒々しくおしゃべりな人が、あっという間に物静かになるということはありません。それでも、毎日少しずつ話す量を減らし、静かな時間を必要とする趣味やアクティビティに没頭し、優れた聞き手になるという努力を実践していれば、思っていたよりも早く物静かな人になっているでしょう。焦らず忍耐強く努力を続け、雑音と自分の騒がしい声が頭の中で徐々に静まっていく過程を楽しみましょう。
    広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告