電子レンジを使ってサツマイモを調理する方法

米国の公益科学センター(The Center for Science in the Public Interest) による食品の安全格付けで、サツマイモは最も栄養価の高い野菜に選ばれています。 [1] サツマイモには、表面が黄金色で中がクリーム色のもの、または表面が深い赤褐色で中身がオレンジ色(時に紫色)のものがあります。 サツマイモを加熱しすぎると栄養価が損なわれますが、電子レンジ調理には、サツマイモの栄養価を保持する効果があります。

材料

  • 一人前
  • 下処理時間: 5分
  • 調理時間: 5〜10分
  • 中サイズのサツマイモを2つ
  • バター小さじ2(10 ml)
  • シナモン小さじ1/8 tsp(5 ml)

ステップ

  1. 1
    冷たい水の中で、サツマイモを野菜専用のタワシでこすり洗います。
  2. 2
    ペーパータオルを使ってサツマイモの水分を拭き取ります。
  3. 3
    サツマイモの皮をフォークで刺します。調理中に、ここから蒸気を逃がす効果があります。
  4. 4
    (電子レンジ対応の皿の上にのせた)サツマイモを、5〜10分間電子レンジで加熱します。電子レンジのワット数は600ワットから1600ワットと、機種によって異なります。中サイズのサツマイモの調理時間は、1600ワットの電子レンジでは約5分、850ワットで約10分です。(ワット数の低い電子レンジをご使用の方は、半分のところでサツマイモを裏返してください)
  5. 5
    サツマイモを電子レンジから取り出して、まな板の上に置きます。
  6. 6
    清潔なペーパータオルでサツマイモを包みます。ペーパータオルで包んだサツマイモをゆっくりと転がして、中身を柔らかくします。
  7. 7
    サツマイモをペーパータオルから取り出して皿にのせます。
  8. 8
    切れ味のよいナイフで、サツマイモの上部にXの切れ目を入れます。
  9. 9
    ペーパータオルまたは鍋敷きを使い、サツマイモの表面を上から押します。中身が上に向って押し上げられ、簡単にサツマイモが割れます。
  10. 10
    それぞれのサツマイモの上にバターをのせます。
  11. 11
    バターの上にシナモンをふりかけます。
  12. 12
    サツマイモの中でバターとシナモンを混ぜます。
  13. 13
    すぐにお召し上がりください。
    Advertisement

ポイント

  • サツマイモとヤムイモは種類の異なる野菜です。[2]ほとんどの種類のサツマイモは、形状やサイズが同じです。サツマイモの先端は細く、サイズはヤムイモよりもかなり小さいです。ヤムイモはサツマイモよりもんぷん質が多く、乾燥していますが、風味は似ています。間違えてヤムイモを購入した時は、サツマイモと同じ方法で調理してください。うまくいけば、その違いに気づかない仕上がりになります。
  • サツマイモには豊かな風味があります。バターやシナモンを加えず食べたり、黒糖を一つまみ加えて甘みを増やして食べます。
Advertisement

注意事項

  • サツマイモを購入後、すぐに使わないのであれば、風通しの良い冷暗所で保存して下さい。冷蔵庫でサツマイモを保存すると乾燥します。冷蔵庫保存はしないでください。
  • 少量の脂肪分は、サツマイモに含まれるβカロチンの体内への吸収を高めます。サツマイモをそのまま召し上がる時は、オリーブオイル大さじ1(15ml)を加えるだけでその効果がを発揮します。
Advertisement

必要な物

  • 電子レンジ
  • 電子レンジ対応皿
  • ナイフ
  • ペーパータオル(必要に応じて)
  • 台所用ふきん

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む14人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 食・おもてなし

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement