雨の日を楽しむ方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

「1日中雨で一時、雷を伴って雨脚が強まるでしょう」といった予報を耳にすると気が沈みます。待ってください、落ち込む必要はありません!ゲーム、美術館巡りといった屋内で楽しめること、さらに家事や運動といった生産的な活動も含め、雨の日を有効活用する方法が多数あります。

5の方法1:
屋内で過ごす時間を楽しむ

  1. 1
    映画を片っ端から見る ブランケットにくるまり、見たいと思っていた映画やお気に入りの映画を集めて片っ端から見ましょう。ストリーミングサービスを利用してみましょう。WiFiが接続不良を起こしているのであればDVDプレーヤーを活用しましょう。家族や友人と一緒に過ごしているのであれば、全員にそれぞれ1本選んでもらうと良いかもしれません。ポップコーンも忘れずに用意しましょう![1]
    • 大切な相手と過ごすのであれば、デートのような雰囲気にしましょう。ロマンチックコメディーを用意してキャンドルを灯し2人で楽しみましょう。
  2. 2
    ゲームを楽しむ 家庭用ゲーム機をつなぎ、友達を2~3人招きましょう。ケータイのアプリを楽しむのも良いでしょう。本気になって勝ちを狙いましょう。
  3. 3
    料理する 家にある食材で作れるものを考えてみましょう。クッキーを焼いて、できたてを食べるのも良いでしょう。[2]
  4. 4
    即席ダンスパーティーを開催する ステレオやスマートフォンをスピーカーにつなぎ、楽しそうなプレイリストを選びましょう。あるいは、インターネット上の動画を見ながらダンスの動きを学んでみましょう。カラフルな照明をつけると、より雰囲気が出ます。お洒落に着飾っても良いでしょう。あるいはパジャマで躍り明かすのも良い思い出となります。[3]
  5. 5
    子供がいる場合は宝探しやキャンプごっこをする 封筒に入れた宝(おもちゃ、硬貨、チョコレートなど)の手がかりを家中に隠します。あるいは、リビングルームにテントを設置したり、シーツやブランケットでカウチを覆って「隠れ家」を作っても子供たちは喜びます。クッションや寝袋も置き、「食糧」としてトレイルミックスを用意すると、より雰囲気が高まります。[4]
    広告

5の方法2:
生産的に過ごす

  1. 1
    休暇を計画する 天気が悪く家から出られない日は、常夏の浜辺や山で過ごす休暇を計画するのにぴったりです。地図を出して予算を決め、ガイドブックを見たりインターネットの情報を参考にしながら計画を立てましょう。[5]
  2. 2
    家で運動する 家で行うことのできる自重トレーニング(腕立て伏せ、シットアップ、スクワット等)を行ってみましょう。ジャンピングジャックや縄跳びで心拍数を上げましょう。屋内にいても充分カロリーを燃焼することができます。
  3. 3
    家の中を掃除する 浴室だけ、キッチンだけ、あるいは自室だけの掃除でも良いでしょう。嵐も吹き飛びそうな音楽をかけて、雑巾と洗剤を持ち、さっそく始めましょう。[6]
  4. 4
    宿題を終える 滞っていた仕事や溜まっていた宿題を雨の日に片づけてしまいましょう。ふわふわのブランケットと温かい飲み物を用意して居心地の良い状態を作り、本やラップトップを開きましょう。
    広告

5の方法3:
リラックスする

  1. 1
    泡風呂に入る 雨の日は豪華な泡風呂で自分を甘やかせましょう。泡風呂の素がない場合は普段通りに湯をはり、キャンドルを灯して軽食を用意し、特別な雰囲気を作りましょう。[7]
  2. 2
    温かい飲み物を作る 雨の日以上に熱い紅茶や、コーヒー、ココアが美味しく感じられる日はなかなかありません。友達が来ていたり、小さな子供がいる場合は「お茶会」を開催してみましょう。お洒落な服を着て、いつもよりも豪華な茶器や軽食を用意して、最高の振る舞いで楽しみましょう。飲む際は小指を立てましょう![8]
  3. 3
    ラジオやポッドキャストを聴く 落ち着く音楽をかけ、キャンドルを2~3本灯して、雨の日を活用して緊張をほぐしましょう。
  4. 4
    昼寝をする 最近多忙を極めていて充分な睡眠がとれていなかった人、あるいは単に一休みして疲れを取ってスッキリとしたいという人もいるでしょう。屋根や道路に落ちる雨粒の音は心を落ち着かせ、眠気を誘います。
    広告

5の方法4:
雨の日に外出する

  1. 1
    映画館に行き雨を忘れる 雨の日の最も典型的な過ごし方と言えるのが映画館でしょう。ポップコーンを片手に良質な映画を楽しみ退屈な天気のことは忘れましょう。可能であれば2~3時間前にあらかじめ鑑賞券を購入しておきましょう。他にも同じ考えの人が大勢いるかもしれません。
  2. 2
    室内型のショッピングモールに行く 雨の日をショッピングの日にしてしまいましょう。雨を忘れて、買い物でストレスを発散しましょう。[9]
  3. 3
    友人と外食を楽しむ 雨が降って暗く灰色の日は、2~3人の友人に声をかけ、お気に入りのレストランや気持ちが明るくなるような場所に行きましょう。
  4. 4
    美術館やギャラリーを楽しむ 事前に問い合わせたりインターネットで検索を行い、入場が無料のものを探してみましょう。意外に沢山あり驚くかもしれません。雨の日を利用して文化に触れ、知識を豊かにしましょう。[10]
  5. 5
    ジムでトレーニングを行う ジムは一般的に屋内なので雨を言い訳に運動をさぼることはできません。仲の良い友人を2~3人連れて一緒にトレーニングを行うと、ウェイトリフティングやトレッドミルの目標を達成するための良い刺激になります。
  6. 6
    屋内スケートリンクに行く 雨を雪に変えてしまいましょう。スケートリンクの多くは入場料もスケート靴のレンタル料も良心的です。複数の友人や家族、あるいは子供を連れて行きましょう。熱々のココアを飲みながらの休憩も忘れずに![11]
  7. 7
    家族や友人とボーリングを楽しむ ボーリングは雨で退屈気味の子供が喜びます。あるいは友人同士で楽しく笑い合うことのできる時間になります。ボーリング場は様々な大きさの靴やボールを貸し出しているので、誰でも楽しむことができます。必要に応じて初心者向けのバンパーレーンを用意して楽しみましょう。もちろん、通常のレーンでプレーをし自分の腕を試しても良いでしょう。
  8. 8
    雨を楽しむ 雨を避けるのも良い方法ですが、あえて外に出て雨を大いに楽しんでみるのも良いかもしれません。レインブーツとレインコートを着用し、傘をさして散歩に出かけましょう。誰かと一緒でも一人でも構いません。通りの雨音と新鮮で汚れのない空気を感じましょう。翌朝目が覚めた時には雨は通り越して晴れているでしょう。
    • 豪雨の時や雷が鳴っている時は外に出ないようにしましょう。
    広告

5の方法5:
停電中も楽しく過ごす

  1. 1
    家族とゲームをして暇をつぶす お気に入りのボードゲームやトランプ、さらにキャンドルや懐中電灯を用意して、皆で楽しみましょう。物まねを当てるゲーム等も良いでしょう。または、その場で新しいゲームを考案してみましょう。[12]
  2. 2
    友人と即席ファッションショーを開催する クローゼットの中身を全て出しましょう。友人や両親の服を借りるのも良いでしょう。懐中電灯がスポットライトの代わりになります。お洒落な服と靴を身にまとい、アクセサリーも忘れずに着用しましょう。新しいメイク方法(例えば輪郭を強調させ立体的に見せるメイク)を試してみる機会にもなります。しばらくは外出もできないので、人の目を気にせずに何でも自由に着てみましょう。[13]
  3. 3
    絵を描いたり何かを作る時間にする 何枚かの紙とクレヨンやマーカーを使うだけのシンプルな楽しみ方でも、水彩画を描いたり、コラージュを作っても良いでしょう。自由な時間に自分の創造性を伸ばしましょう。画用紙や塗り絵を渡すと小さな子供も喜びます。[14]
  4. 4
    ペットと遊んで運動させる 家にこもっているのであれば、飼っているペットもおそらく外出られず運動不足になっているでしょう。羽や紐を使って猫を遊んだり、軽くボールを投げて犬と遊びましょう。ペットが遊び疲れたら一緒に横になって、ゆっくり過ごしましょう。
  5. 5
    良質な本を読む 全く一人の状態で停電になった時は、懐中電灯、キャンドル、そして良質な本を用意して快適に過ごしましょう。話題の新作や、これまで読む機会がなかった不朽の名作、あるいはお気に入りの本を用意しましょう。子供が退屈そうにしていたら、読み聞かせをしましょう。キャンドルを灯して居心地の良い温かな雰囲気を作りましょう。
  6. 6
    物書きをする時間にする 日記や詩を書いたり、新しい物語を考える時間にしましょう。雨を利用して自分の気持ちを内省し、あたらしいひらめきを得ましょう。
  7. 7
    友人や家族と会話する 停電時に友人や家族も居合わせた場合は、ぜひこの時間を利用して近況を報告し合いましょう。スマートフォンやパソコンを閉じ、親睦を深める良い機会です。
    • 小さな子供はお化けの話をして怖がらせてみましょう。逆に笑い話を聞かせて楽しく過ごさせても良いでしょう。
    広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 趣味・工芸

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告