酢を使ってシャワーヘッドを洗浄する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

何年もシャワーヘッドを洗浄していないと、ミネラル分が沈着して詰まる原因になるので、徹底的な洗浄が必要です。有害な化学物質を使った洗浄は、シャワーヘッドにダメージを与えるだけでなく、体にも有害なので、酢を使って洗浄しましょう。この記事では、酢と水を使用するシンプルな洗浄方法を二通り紹介します。

2の方法1:
シャワーヘッドを取り外して洗浄する

  1. 1
    洗浄道具をそろえる ひとつ目のシャワーヘッドの洗浄方法は、シャワー管からシャワーヘッドを取り外し、酢につけて洗浄する方法です。シャワーヘッドを取り外すことができない場合や、取り外したくない場合は、こちらを参照してください。以下が洗浄に必要な道具です。
    • 鍋、バケツ、またはシャワーヘッドがぴったり入る容器
    • 酢(蒸留ホワイトビネガー)
    • レンチと古きれ(任意で)
    • 古い歯ブラシ
    • やわらかい布(マイクロファイバーやフランネルの布など)
  2. 2
    シャワーヘッドを反時計周りに回して外す 固くてなかなか回らない時は、古きれで接続部分のナットを覆い、レンチで回します。シャワーヘッドの表面を保護するため、古きれを使います。[1]
  3. 3
    シャワーヘッドを鍋に入れる シャワーヘッドがぴったり入る大きさの容器に入れましょう。そうすれば、酢を余分に使わないですみます。小さめのバケツやプラスチック容器を使ってもよいでしょう。
  4. 4
    シャワーヘッドの吐水部分が浸かる程度の酢を入れる 酢の酸がシャワーヘッドについたミネラル沈着物を溶かします。
  5. 5
    30分から一晩、シャワーヘッドを酢に漬けておく シャワーヘッドの沈着物が多いほど、酢に漬ける時間を長くする必要があります。.
    • 急いでいる時やシャワーヘッドが金属性の場合は、シャワーヘッドを鍋に入れて15分ほど火にかけてもよいでしょう。
    • 真鍮製のシャワーヘッドや金・ニッケル加工のシャワーヘッドは、30分後に取り出しましょう。[2]繰り返して行う場合は、一度すすいで酢を入れ替えます。
  6. 6
    シャワーヘッドを鍋から取り出し、すすぐ ミネラル沈着物が剥がれ落ちるのが見えます。
  7. 7
    残った沈着物を古い歯ブラシでこすり落とす シャワーの穴の所は、ミネラルが最も蓄積しやすい部分です。その部分を集中的にこすります。残った沈着物をやさしく歯ブラシでこすり、水ですすぎます。沈着物がなくなるまで何度か繰り返します。
  8. 8
    やわらかい布でシャワーヘッドを拭く [3] マイクロファイバーやフランネルの布などで拭きましょう。シャワーヘッドをやさしく拭き、水滴を全て拭きとります。[4]
  9. 9
    シャワーヘッドを元の場所に取り付ける 壁から出ているシャワー管のねじ部分に、配管用シールテープを反時計回りに巻き付けてから、シャワーヘッドを元の場所に取り付けます。[5]
  10. 10
    しばらくの間、シャワーの水を出しっぱなしにする  こうすることによって、歯ブラシで取り切れなかった沈着物が洗い流されます。
    Advertisement

2の方法2:
シャワーヘッドを取り外さずに洗浄する

  1. 1
    洗浄道具をそろえる シャワーヘッドを取り外すことができなくても、ビニール袋を使えば酢に漬けることができます。以下が洗浄に必要な道具です。
    • シャワーヘッドが充分に入る大きさのビニール袋
    • ひもまたはビニタイ
    • 酢(蒸留ホワイトビネガー)
    • 古い歯ブラシ
    • やわらかい布(マイクロファイバーやフランネルの布など)
  2. 2
    適量の酢をビニール袋に入れる 酢を入れすぎると、シャワーヘッドをビニール袋に入れた時に酢が溢れます。
  3. 3
    シャワーヘッドをビニール袋に入れて漬け込む シャワーヘッドの下にビニール袋を持ってきて袋の口を広げます。シャワーヘッドの吐水部分が酢に浸かるまでビニール袋をゆっくり持ち上げます。
  4. 4
    ひもまたはビニタイでシャワーヘッドとビニール袋を縛る ビニール袋の口をシャワーヘッドの首の部分にしっかり結び付けてから、ひもまたはビニタイできつく縛ります。その場を離れる前に、袋から手を放しても落ちて来ないか確認します。
  5. 5
    30分から一晩、シャワーヘッドを酢に漬けておきます。シャワーヘッドの汚れがひどい時は、漬ける時間を長くします。真鍮製のシャワーヘッドや金・ニッケル加工のシャワーヘッドの場合は、30分後に取り出しましょう。この作業を繰り返す際は、シャワーヘッドを一度すすいでから行います。
  6. 6
    ビニール袋から外す 片手でビニール袋を持ち、もう片方の手で袋の結び目をほどきます。袋を傾けて酢を流します。飛び跳ねた酢が目に入らないように注意しましょう。
  7. 7
    シャワーの水をしばらく出してから水を止める こうすることによって、シャワーヘッドの中に溜まったミネラル沈着物を洗い流すことができます。
  8. 8
    古い歯ブラシでシャワーヘッドをこすってから、シャワーからお湯を出す シャワーヘッドの水が出てくる部分は最も沈着物が溜まる部分なので、その部分を集中的にこすります。再度、お湯を出して沈着物を洗い流します。ミネラル沈着物が見えなくなるまで、この作業を繰り返します。
  9. 9
    水を止めてやわらかい布でシャワーヘッドを拭く マイクロファイバーやフランネルの布などで拭きましょう。シャワーヘッドの表面に水滴がなくなるまで、布でやさしく水分を拭きとります。
    Advertisement

ポイント

  • 浴槽の蛇口に酢を塗って磨くときれいになります。
  • 酢の臭いが気になる場合は、窓を開けたり、換気扇を回したりしましょう。レモン果汁を少し混ぜ合わせてもよいでしょう。[6]
  • 酢では取り切れなかった頑固な部分には、塩大さじ2杯と酢小さじ1杯を混ぜ合わせたペーストを塗ってこすってみましょう。[7]ただし、傷のつきやすい表面仕上げのシャワーヘッドには、塩で傷がつくことがあるため使用を避けましょう。
  • シャワーヘッドがクロムやステンレスなどの金属で表面加工されている場合は、ビニール袋を使って酢に漬ける方法が最も適しています。[8]
Advertisement

注意事項

  • 浴槽やシャワースペースに大理石が使われている場合は、十分注意して酢を使用しましょう。酢によって大理石の表面が損傷してしまいます。[9]
  • 金、真鍮、ニッケル加工のシャワーヘッドを酢で洗浄する際は注意しましょう。このようなシャワーヘッドは、30分以上酢に漬けてはいけません。[10]
Advertisement

必要なもの

シャワーヘッドを取り外して洗浄する場合

  • 鍋またはバケツ
  • 酢(蒸留ホワイトビネガー)
  • スパナと古きれ(任意で)
  • 古い歯ブラシ
  • 柔らかい布

シャワーヘッドを取り外さずに洗浄する場合

  • ビニール袋
  • ひもまたはビニタイ
  • 酢(蒸留ホワイトビネガー)
  • 古い歯ブラシ
  • 柔らかい布

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
  1. How to Clean Stuff, How to Clean Shower Heads

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement