過酸化水素で歯を白くする方法

共同執筆者 Cristian Macau, DDS

キラリと光る白い歯は、多くの人にとって若さと生命力の象徴です。しかし、年を取るにつれてもしくは、歯の表面を変色させるたばこやカフェイン等の製品を消費すると、歯が黄ばみ、くすんできます。[1]過酸化水製品や手作りの製品は歯に知覚過敏を起こすこともありますが、これらを安全に使用して歯を白くすることは可能です。[2]

2の方法1:
市販のホワイトニング剤を使用する

  1. 1
    ホワイトニング効果のある歯磨き粉で歯磨きをする 薬局や食料品店で過酸化水素配合のホワイトニング歯磨き粉を購入しましょう。1日2回以上の歯磨きを1カ月以上続けましょう。[3]
    • 標準含有量である3.5%以上過酸化水素が含まれている製品を購入しましょう。過酸化水素の含有量が多ければ多いほど、より知覚過敏になりやすい事を覚えておきましょう。[4]
    • 歯磨き粉で1日2回歯を磨きましょう。結果を出すには4~6週間ほどかかります。[5]
    • 歯磨き粉では飲食や喫煙から来る表面のステインしか除去できません。[6]
    • より深い所にあるステインを落として、より白い歯を手に入れるには、歯磨き粉に加えて別の過酸化水素製品も使用してみましょう。
    • アメリカ歯科医師会推奨の歯科製品やインターネット等を参照して、安全でない製品の使用に潜むリスクを考えてみるのも良いでしょう。[7]
  2. 2
    マウスピースにジェルを乗せて歯に装着する 過酸化水素3%のジェルをマウスピースに入れて装着すると、劇的に歯が白くなるという証拠があります。[8] 市販のものを購入するか、歯科医から処方されたマウスピースを使用しましょう。[9]
    • 薬局で薬剤が入っているマウスピースか、薬剤が別売りのものを購入しましょう。市販の製品は、ほとんどの人の口にフィットしますが、自分専用の形ではありません。[10]
    • 歯科医院でマウスピースを型取りしてもらい、高濃度の過酸化水素配合薬剤で、最善の結果に仕上げましょう。[11]
    • パッケージの説明に従い、マウスピースを装着して放置しましょう。ほとんどの場合、1日に3回を2週間続けることが推奨されています。[12]
    • ほとんどの場合、処置が終わると歯の知覚過敏は治まりますが、過度に沁みる場合は使用を止めて、歯科医に相談して指示を仰ぎましょう。[13]
    • アメリカ歯科医師会推奨の歯科製品やインターネット等を参照して、安全でない製品の使用に潜むリスクを考えてみるのも良いでしょう。[14]
  3. 3
    ホワイトニングシートを使用する ホワイトニングシートはマウスピースの方法に似ていますが、より柔軟性があり過酸化物がすでに付いた状態で売られています。歯茎が過酸化物の刺激に弱い人も歯茎に薬剤を当てる必要がなく、柔軟性があり、薬剤がすでに付いているホワイトニングシートを使用してみましょう。
    • シートはマウスピースの方法と同様に安全で、歯磨きだけのトリートメントより良い結果が期待できます。[15]
    • マウスピースの方法で歯茎が知覚過敏になる場合は、シートを使用してみましょう。歯茎ラインの下にシートを当てるだけです。
    • どのくらい歯を白くしたいかと知覚過敏のレベルに合わせてホワイトニングシートを購入しましょう。即効性のあるもの、深いステインに効果があるもの、知覚過敏用等、様々な種類の製品が購入可能です。
    • パッケージの使用方法に従って、知覚過敏がひどいようなら使用を中止しましょう。
    • アメリカ歯科医師会推奨の歯科製品やインターネット等を参照して、安全な製品を選びましょう。[16]
  4. 4
    歯ブラシに乗せるタイプのジェルを使用する 歯ブラシに乗せたり、歯に塗ったりするタイプの過酸化水素ホワイトニングも購入可能です。[17] こういった製品には、ペンタイプやブラシ付きの液体ボトルタイプ等の様々な形があります。
    • いろいろな種類を比べて、一番自分に合ったものを選びましょう。例えば、ブラシやボトル液タイプに比べてペンタイプは簡単に手に入ります。
    • 寝る前のホワイトニングを2週間続けましょう。[18]ホワイトニングをしている期間は砂糖が多く含まれる食べ物や、コーヒー等の歯のステインの原因になる飲み物は避けましょう。
    • パッケージの使用方法に従って処置をし、歯や歯茎の知覚過敏がひどい場合は使用を中止しましょう。
  5. 5
    プロにブリーチしてもらう 歯科医院では光やレーザーと過酸化水素を併用してプロ仕様の処置を施してくれます。歯のステインがひどい場合や、プロの監視下の元過酸化物ホワイトニングをしたい場合は、歯科医院でのトリートメントも一つの選択肢です。[19]
    • 歯科医院では、処方箋なしでは手に入らない濃度25~40%の過酸化水素液を使用します。[20]
    • 歯茎が知覚過敏の場合は、良い選択かもしれません。歯や歯茎に知覚過敏をかかえている事を歯科医に伝えると、ゴムのダムや処置前にジェルを使用したりして歯茎を守ってくれるはずです。[21]
    • 歯科医に最善の方法を相談する。歯科医でのホワイトニングは高額で保険でカバーされない場合があります。
    Advertisement

2の方法2:
過酸化物の薬品でホワイトニングを試す

  1. 1
    過酸化水素の使用のリスクを知る 非商用の過酸化水素製品を歯のホワイトニングに使用することについては意見が対立しています。[22]過酸化水素の入った未試験の調合物を歯に乗せると、口腔過敏症や歯茎の異常を引き起こす可能性があります。[23]
    • 過酸化水素や過酸化水素を含有する調合物で歯のホワイトニングをする前に歯科医に相談しましょう。[24]
    • 薬品を使用する方法はそれほど高額ではありませんが、もしダメージを受けたら治療が高額になる可能性があります。
    • 薬品では表面のステインのみを落とし、市販の過酸化水素製品より効果的ではない場合もあります。
    • 過酸化水素の濃度をできるだけ下げて歯茎や口腔を守りましょう。[25]
  2. 2
    過酸化水素のマウスウォッシュを使用する 長期間過酸化水素水でマウスウォッシュをしても安全だという研究結果があります。歯のホワイトニングにもなり、ステインも予防できます。[26]毎日過酸化水素と水の混合液でうがいして歯を白くそして細菌を撃退しましょう。
    • 薬局で過酸化水素を購入し、2~3.5%の濃度で使用しましょう。これより濃いものを使用すると、口腔に危険が及びます。[27]
    • 1カップの蒸留水に過酸化水素をキャップ1杯入れて混ぜましょう。[28]
    • 30秒~1分ほどクチュクチュとうがいをしましょう。
    • 液が沁みたり、終わったら液を吐き出しましょう。その後、水でうがいをしましょう。
    • マウスウォッシュを飲み込むと体に害を与える可能性があるため、飲み込んではいけません。[29]
    • 過酸化水素配合の市販のマウスウォッシュの購入を検討してみてもいいかもしれません。
  3. 3
    過酸化水素と重曹のペーストを作る このペーストには歯のホワイトニングと歯茎の痛みを和らげる効果があります。[30]毎日ペーストで歯を磨くか、週に2回ほどパックのようにして使用しましょう。[31]
    • 過酸化水素の濃度は必ず2~3.5%にしましょう。
    • 皿に重曹小さじ2杯を入れ、過酸化水素を少量混ぜます。硬めのペースト状になるように過酸化水素調整しましょう。
    • ペーストを付けて2分ほど円を描くように歯を磨きます。[32]指でペーストを塗り、歯茎を刺激しても良いでしょう。[33]
    • ペーストで2分ほど磨くか歯の上に乗せて数分待ちましょう。[34]
    • 洗面台のシンクの水で口をゆすいで歯に付いた液を洗い流しましょう。
    • 歯に付いたペーストをゆすぎましょう。[35]
  4. 4
    できるだけステインを予防する 薬品を使用することに加えて、可能なら歯が変色するようなものを避けましょう。飲食した直後に歯を磨くか口をゆすぐとステインを予防できます。[36]歯のステインの原因には下記のようなものが挙げられます。
    • コーヒー、お茶、赤ワイン[37]
    • 白ワインや透明の炭酸飲料はステイン沈着を促進する働きがあります。
    • ブルーベリー、ブラックベリー、ストロベリー、ラズベリー等のベリー類[38]
    Advertisement

ポイント

  • 唾液で歯を再石灰化させるために、ホワイトニングを終えた後は1時間以上飲食をしないようにしましょう。
  • 赤や黒、濃い色の食べ物を避けてホワイトニング効果を持続させましょう。
  • ホワイトニング処理の直後にフッ化物ジェルを使用すると歯の保護効果があります。
  • 口の中に切り傷や擦り傷があると、過酸化水素使用時にしゃく熱感を感じるかもしれません。傷が一時的に白くなりますが、異常ではありません。
Advertisement

注意事項

  • ホワイトニングしている最中に過酸化水素を飲み込まないように注意しましょう。誤って飲み込んでしまった場合は、歯科医や医師に連絡しましょう。
Advertisement

必要なもの

  • 過酸化水素
  • 重曹
  • 歯ブラシ

このwikiHow記事について

口腔外科医
この記事はCristian Macau, DDSが共著しています。 マカウ医師は2015年にキャロル・ダヴィラ大学医学部から口腔外科博士号を授与されています。現在はロンドンの歯科医院、「Favero Dental Clinic」にて口腔外科医および歯周病専門医を務めています。また同医院で審美歯科の施術も行っています。
カテゴリ: 生活習慣
  1. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12638773
  2. http://newsnetwork.mayoclinic.org/discussion/mayo-clinic-q-and-a-many-safe-choices-available-to-help-whiten-teeth/
  3. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12638773
  4. http://www.ada.org/en/about-the-ada/ada-positions-policies-and-statements/tooth-whitening-safety-and-effectiveness
  5. http://www.ada.org/en/about-the-ada/ada-positions-policies-and-statements/tooth-whitening-safety-and-effectiveness
  6. http://newsnetwork.mayoclinic.org/discussion/mayo-clinic-q-and-a-many-safe-choices-available-to-help-whiten-teeth/
  7. http://www.ada.org/en/about-the-ada/ada-positions-policies-and-statements/tooth-whitening-safety-and-effectiveness
  8. http://www.ada.org/en/about-the-ada/ada-positions-policies-and-statements/tooth-whitening-safety-and-effectiveness
  9. http://www.webmd.com/oral-health/features/whiten-your-teeth-at-home
  10. http://www.ada.org/en/about-the-ada/ada-positions-policies-and-statements/tooth-whitening-safety-and-effectiveness
  11. http://www.ada.org/en/about-the-ada/ada-positions-policies-and-statements/tooth-whitening-safety-and-effectiveness
  12. http://www.ada.org/en/about-the-ada/ada-positions-policies-and-statements/tooth-whitening-safety-and-effectiveness
  13. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11225528
  14. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8247815
  15. http://www.ada.org/en/about-the-ada/ada-positions-policies-and-statements/tooth-whitening-safety-and-effectiveness
  16. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11225528
  17. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11225528
  18. http://www.drweil.com/drw/u/QAA400760/Hydrogen-Peroxide-for-Good-Health.html
  19. http://www.goingevergreen.org/9-best-homemade-natural-mouthwash-recipes.html
  20. http://www.goingevergreen.org/9-best-homemade-natural-mouthwash-recipes.html
  21. http://www.drweil.com/drw/u/TIP03469/5-Steps-to-a-Healthy-Mouth.html
  22. http://www.drweil.com/drw/u/TIP03469/5-Steps-to-a-Healthy-Mouth.html
  23. http://www.md-health.com/Brushing-Teeth-With-Baking-Soda.html
  24. http://www.drweil.com/drw/u/TIP03469/5-Steps-to-a-Healthy-Mouth.html
  25. http://www.drweil.com/drw/u/TIP03469/5-Steps-to-a-Healthy-Mouth.html
  26. http://www.drweil.com/drw/u/TIP03469/5-Steps-to-a-Healthy-Mouth.html
  27. http://www.webmd.com/oral-health/features/foods-stain-teeth-feature?page=2
  28. http://www.webmd.com/oral-health/features/foods-stain-teeth-feature
  29. http://www.webmd.com/oral-health/features/foods-stain-teeth-feature?page=2

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement