足フェチを恋人に告白する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

恋人のセクシーで魅力的な足が好きでたまらないことを恥ずかしく思う必要はありません。大切な人を驚かせずに、自分が足フェチであることを告げる方法があります。この記事で紹介する簡単なステップにしたがって、足が大好きであることを相手に伝えましょう。

パート1(全2パート):足フェチを告白するための準備をする

  1. 1
    足フェチであることをいきなり告白しない 足フェチであることを恋人に受け入れてもらいたい場合に、最もしてはいけないことは、何の準備もなしにいきなり告白してしまうことです。初めてのデートの最中やまだキスもしていない段階で、足フェチであることを告白すれば、素敵な夜を台無しにしてしまうかもしれません。相手に足フェチであることを告げて、それを受け入れてもらいたいならば、時を待って、お互いの理解がもう少し深まってから伝えるのがよいでしょう。
    • 自分の足フェチについて話し合うのは、肉体関係を持ってからにするのが理想的です。さもなければ、相手にとって、拙速で重すぎるかもしれません。
    • また、相手に告げるのが遅すぎてもいけません。相手に足フェチであることを明かさずに結婚すると、後で深刻な問題に直面するかもしれません。
  2. 2
    準備が整ったら、恋人の足に触れ始める 恋人との関係が深まってきたら、相手の足に触れて様子を伺ってみましょう。相手とベッドの中で裸でいるならば、相手の腹部にキスをしてから脚にキスをし、そのまま下に移動して足にもキスしてみます。相手を怖がらせてしまうかもしれないため、いきなり足に行かないようにしましょう。また、相手と一緒にテレビを見ているときに、スキンシップとしてフットマッサージをすることで、相手の足に触れることもできます。
    • 相手の足を舐めたり、しゃぶったりしないようにしましょう。この時点では、こうした行為は拙速であり、相手が受け止めきれない可能性があります。
  3. 3
    相手の反応を確かめる 足に触れたときの恋人の反応を確かめましょう。相手が「ああ、気持ちいい」などとつぶやく、リラックスした表情をするなどの好意的な反応を示したならば、目標に向けて正しい方向に進んでいると判断できます。相手の足に触れたときに、相手が足を引っ込める、はっきりと嫌悪感を口に出すなどの反応を示したら、足フェチを告白するのはここで思いとどまりましょう。
    • 相手が嫌悪感を示しでも、落胆しないようにしましょう。まだ事態を好転できるかもしれません。とはいえ、再び足に触れるには、相手としっかり話し合ってからでなければなりません。
  4. 4
    恋人が好意的な反応を示したら、相手の足を褒める 褒める際には、過剰にならないように、「すごくセクシーな足だね。」や「あなたの足が好きよ。」などと言う程度に留めましょう。この時点では、足フェチだと思われるような表現を避けて、相手の足が素晴らしいとだけ述べるようにします。このように褒めた方が、足であれば誰の足でも好きだときっぱり宣言するよりも、相手の理解を得られやすくなります。
    • 男性の場合は、夜のデートに出かけた際に、彼女の足に対してどうしても何か言いたくなったら、「その靴とても似合ってるね。足がとても綺麗に見えるよ。」などのように足を褒めるとよいでしょう。しかし、あまり行き過ぎた表現になると、あなたは単なる足フェチで、自分ではなく自分の足にしか興味がない男なのだと彼女に思われてしまう恐れがあることに気をつけましょう。

パート2(全2パート):足フェチを告白する

  1. 1
    告白のタイミングを図る 足フェチの告白には、必ず成功するというタイミングがあるわけではありませんが、性行為の最中などは避けた方がよいかもしれません。恋人と外出時に、いい雰囲気になっていて、かつプライバシーがある程度確保されているタイミングがよいでしょう。自宅に戻ってきた際に、恋人に告白するとよいでしょう。そのまま再び素敵な夜を過ごすことができるかもしれません。[1]
    • 性行為や抱きしめ合っている最中に足フェチを告白すると、期待通りの返事を得られずに、いい雰囲気を壊してしまうかもしれません(永遠にというわけではありませんが)。
  2. 2
    適度に緊張している素振りをする 自分にとって足フェチは、ずっと以前からのものであり、普通のことかもしれませんが、相手の立場に立って考えなければなりません。たしかに、足フェチの人は世の中にたくさんおり、その人たちにとって、足は大変魅力的であるかもしれません。しかし、足フェチでない人は、足に特別な魅力を感じるということに少し戸惑うかもしれません。それゆえ、足フェチを告白する際は、「もうすぐ雨が降ると思うよ。」などのように、いつもの調子で話をしないようにしましょう。
    • 「話しておかなけらばならないことがあるんだけど・・・」などのように切り出して、これから重要な話があることを相手に知らせ、注意を引きつけましょう。
    • 相手も緊張してしまうため、過度に緊張しないようにしましょう。適度に緊張した素振りで、これから話すことに対する相手の反応を気にしていることが伝わるようにします。
  3. 3
    足フェチを告白する 「私は足に特別な魅力を感じるの。」や「僕が足フェチであることを知ってほしいんだ。」などのように正直に告げるだけです。なぜ、どのくらいの期間、あるいはどの程度足が好きなのかなどを言う必要はありません。溜まっていた思いや気持ちを恋人に打ち明けてスッキリしましょう。話をしたら、相手の目を見て返事を待ちます。
    • 相手が何も言わなければ、「どう思う?」と聞いてもよいですが、一般的には、相手に考える時間を与えた方がよいでしょう。
  4. 4
    恋人の気持ちに適切に対応する 足フェチを告白した場合の相手の反応は、いくつかあります。最も望ましい反応は、相手が「本当に?それって変だよ。まぁ、私は気にしなけどね!」などのように言ってくれることです。しかし、相手が色々と質問してきたり、どう答えてよいか戸惑ったりする場合の方が多いかもしれません。最悪なのは、相手が足フェチを拒絶して、足が気持ちが悪いものだと思っている場合です。自分の気持ちは伝えたため、今度は相手の反応に対して、落ち着いて大人の対応をする番です。何が起きても、正直に告白したことに誇りを持ちましょう。
    • 相手が足フェチをすぐに受け入れてくれたら、それは素晴らしいことです。楽しい夜に向けて準備しましょう。
    • 相手が足フェチの告白に対して考える時間が必要であれば、物事を慎重に進めましょう。相手に受け入れてもらえるまで、キスする際には相手の足に触れるのを我慢しましょう。
    • 相手が足フェチを受け入れられないと言ったら、無理強いする必要はありません。短い人生の中で、このまま足フェチの欲求を満たすことができない関係を続けるかどうかは自分次第です。一方で、しばらく関係を続けていくと、相手が足フェチに好意や興味を持つようになる可能性もあります。

ポイント

  • 恋人が仕事や学校で疲れていたら、足をマッサージして欲しいか聞いてみましょう。
  • 彼女がフットネイルやペデイキュアが好きな場合は、「〇〇色にしてみれば?」や「〇〇色が君の足に合うと思うよ。」などと言ってみましょう。後々、こうした言葉が魔法のように作用します。彼女は、いつも自分の足元が見られていることに気づき、疑問に思い始めます(彼女がそのことを気持ちが悪いと思わないとよいですが)。
  • 彼女が自宅に来たら、すぐに靴を脱がせて、自分の欲望を満たそうとしてはいけません。これをしてしまうと、かなりの確率で関係がこじれます。

注意事項

  • 彼女はあなたが足フェチであることを利用して、長時間足を嗅がせたり、舐めさせたり、あるいは足にキスさせることを強いてくるかもしれません。

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 人間関係

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ