賢くなる方法

周りの人の会話についていけないことにうんざりしたり、頭が悪いとからかわれることはありませんか?知性は生まれつき備わっているものではありません。少し努力すれば、だれでも賢くなれるのです。

5の方法1:
自力で学ぶ
編集

  1. 1
    学ぶ意識を持つ 教育とは、卒業証書や学位を受け取るために強制的に受けるものではありません。みなさんの周りの世界を理解するためのものです。これまで何にでも興味を示していた子供たちは、どういうわけか学校に通い始めると質問することをやめてしまいます。しかし、本当に賢い人は常に世界に向かって問いかけ、答えを出そうとします。これが「天才」になるための秘訣です。
    • 独学を始めましょう。人生経験も学びのひとつです。これは「アンスクーリング」とも呼ばれています。
  2. 2
    語彙を増やす 毎日辞書から幾つかの言葉を選び、その言葉を使ってみましょう。また、ネット上にある「今日の単語」などを毎日チェックするという方法もあります。語彙力を試すサイトでテストを受けたり、語彙を増やすために本を購入してもよいでしょう。辞書から単語を選ぶ時には一回に一語とします。全ての言葉を調べるには一年以上かかりますが、少しずつ教養が身についていきます。
  3. 3
    いろいろな本を読む 本をたくさん読むことは知性を育む秘訣だと言われることがあります。世界中の知性の持ち主は毎日欠かさず読書をする傾向があります。読書をいつも楽しめるというわけではないかもしれませんが、読書からはこれまで知らなかった考えや経験を得ることができます。様々なジャンルの本を読み、読書の幅を広げましょう。
  4. 4
    周囲の世界について学ぶ 時事問題や興味深い事実、面白くてためになる引用、よい書物や映画、科学研究や発明など、様々な分野への関心を高めましょう。テレビの教育番組から学ぶのも良い方法です。物事の因果関係に注意しながら身の回りの世界を批判的に観察することは賢くなる近道です。
    • 話すことより読むことが得意な人は、読書をする、あるいはウィキペデイアなどの電子書面を読むほうが、教養番組やビデオ講座以外のテレビ番組を見るよりも効率的です。広告主体のテレビは特に不適切です。こうしたテレビ番組の主な目的はみなさんをテレビとその広告に釘付けにすることだからです。そんな時間があったら、他の事ができます。
  5. 5
    つながりを持つ 使い道のないトリビアを揃えるよりも、情報の効果的な使い道を探しましょう。情報を脳の奥深くにしまっておいても役にはたちません。状況に応じてその情報を取り出さなければ意味がありません。情報が使える状況を考えましょう。情報を共有して、それが変化していく様子を見守りましょう。
    Advertisement

5の方法2:
視野を広げる
編集

  1. 1
    外国語を学ぶ 外国語の習得は、会話の練習だけでなく、新しい人との出会いや新しい考えをもたらすことがあります。外国を訪れた時にその土地の言葉を知っていたら、親しみがわくに違いありません。外国語の学習を進めて行くうちに、日本語にはない表現や考え方があることに気付くでしょう。これはやり甲斐のある頭の体操になります。(外国語が思うように話せるようになるまでには長い時間がかかります。忍耐強く前向きにがんばりましょう)
  2. 2
    できる限り行ったことのない土地を訪れる 海外にも出かけてみましょう。国内外の様々な都市を訪れると、視野が広がり、世界観を持てるようになります。他所の国の文化(その国の生活や人々の交流)に触れ、理解を深めることができるでしょう。また、世の中には見るものやできることがたくさんあることに気付くでしょう。世界中の異なる文化や民族の多さに感動するかもしれません。この経験があなたを賢く興味深い人へと成長させるでしょう。
  3. 3
    心を開いて新しいことを学ぶ 得意なことがあっても、そればかりをしていればいいということではありません。安全地帯から抜け出す方法を考えましょう。そこから学びが始まるのです。
    Advertisement

5の方法3:
良い習慣を身につける
編集

  1. 1
    日常的に質問をする 身の回りのことに疑問を抱き常に質問をすることは、人を賢く成長させます。物事の理由や方法を知らなくてもまったく問題はありません。誰でも知らないことのひとつやふたつは必ずあるはずです。それでも、知らないことを訊く習慣を身につけると、気付いた時には今よりずっと賢くなっていることでしょう。
  2. 2
    一週間ごとに目標を立てる 目標を立てる時に、前の週に立てた目標はどれだけ達成できたかを振り返ってみましょう。また、目標が達成できなかった理由や、どうすれば目標に近づけるかを自問しましょう。
    • 目標達成のための努力を怠らないこと。目標を設定しなければ、望みもありません。目標を達成したら、自分にごほうびを与えます。
    • 計画的に動きましょう。何から何まできっちりやる必要はありませんが、時間の無駄使いはやめましょう。もちろん、時間にルーズな天才も中にはいますが(少々抜けている教授などを想像してみてください)、賢くなる努力をしているのなら、時間の使い方を意識することは正い方向への第一歩になります。
  3. 3
    学習に時間を費やす 自分自身を成長させるのには時間がかかります。賢くなりたいのであれば努力は欠かせません。一晩で賢くなれるなどとは考えないことです。本当に賢くなりたいのなら、思考と学習に相当な時間をかけなければなりません。
  4. 4
    常に学習する 情報源は至るところにあります。情報源の例としては、書籍、ドキュメンタリー、インターネットなどが挙げられます。学校は情報源のひとつに過ぎません。成績が全て5だったからといって、必ずしもそれが賢い証しだとは限りません。視野を広げるとさらに教養が身につき、学び続けることで賢くなるという目標に近付くことができます。
    Advertisement

5の方法4:
頭脳を鍛える
編集

  1. 1
    ルービックキューブなどのパズルに取り組む パズルを解くと脳が活性化し、知力の増加につながります。脳は筋肉と同じです。鍛えなければ強くなりません。
    • 数独は思考力を高める素晴らしいパズルです。数独は書籍として発売されていたり、新聞に載っていたり、インターネットの無料サイトもあります。
  2. 2
    芸術活動を行なう 絵画や彫刻、その他の芸術活動は創造性を内側から引き出し、問題解決能力を高めます。創造性豊かな脳は既成概念に囚われず、物事をより良く迅速に行う能力を生み出します。
  3. 3
    数学を学ぶ 暗算を学びましょう。数学には多くの思考力を要しますが、これが脳の活性化を促し、物事を結び付けて考える思考力を養います。
  4. 4
    物語や詩を書く 創作文芸は物語の設定や会話、登場人物、状況を作り出すために脳を使います。これは思考力と情報処理能力を高めます。さらに、言葉を使う作業は語彙力と会話力も向上します。文章を書くことは素晴らしい自己表現の方法です。
    Advertisement

5の方法5:
社交術を磨く
編集

  1. 1
    簡単にする 誰もわからないような難しい話をすることが賢いということではありません。天才とは複雑な話をわかりやすく説明できる人のことです。誰かに物事を説明する練習をしてみましょう。どれだけ簡潔に説明できるかを見てみます。相手に理解してもらえないのは相手が無知だからではなく、あなたの説明が不明瞭だからです。
  2. 2
    自分の知らないことをよく知っている人の話や論争に対する他人の意見に耳を傾ける 必ずしも相手の意見に同意しなければならないということではありませんが、他人から教わることが多いこともしっかりと覚えておきましょう。質問は自分の意見を再確認する、あるいは相手の意見の欠点を指摘するよい手段です。心を開いてください。賢くなればなるほど、周りの人に対する質問が増えていきます。
  3. 3
    みんなに親切にする 困難な時に周りの人に親切になれるのは大人らしさ、気品、教養を持つ証です。周りの人から学ぶことがたくさんあることを忘れないでください。人に優しく接すると、その人の人生や経験に触れることができるようになります。もしかしたら何か学べることがあるかもしれません。
    Advertisement

ポイント編集

  • 賢さにはいろいろな形があります。本の知識がある人、町の事情に通じた人、付き合い上手、感情表現の上手い人、技術に精通した人など、様々な知性を持つ人々がたくさんいます。
  • 賢い人と物知りの違いを把握しましょう。賢さとはひとつのことに対して多くの知識を持つということではありません。賢い人とは問題の本質を理解し、解決策を探る人のことです。物知りはひとつふたつの物事について多くの知識を持つ人です。あなたはその両方でしょうか。それともどちらかひとつだけでしょうか。
  • ネット上で得た知識をひけらかして得意にならないように。そうではなく、ひとつのトピックをじっくりと学びましょう。
  • 知識のない内容について質問を受けたら、質問内容を詳しく説明してもらうか、別の言葉で質問を言い換えてもらいましょう。質問内容がわかりにくかったり、遠まわしな表現を用いている、あるいは質問ではなく新しい考えを述べているだけかもしれません。例えば「このパンツを履くと太って見えるかしら」は実際には質問ではなく、確認です。相手があなたの本当の意見を聞きたいと思っている時に何と答えたらよいのか分からない場合は、意見が聞きたい理由や質問内容の状況を尋ねましょう。質問内容が理解できて、それでもまだどう答えればよいのかが分からない時は正直に「わからない」と答えましょう。

注意 事項編集

  • 限界を知りましょう。たまには休んで、最終目的を達成する方法や自分自身について確認を行ないましょう。
  • 知ったかぶり、完璧主義、論争好きにはならないようにしましょう。これはとても気に障る行動です。はっきりし過ぎているより、曖昧なくらいがちょうどよいのです。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ