責任感を養う方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

コンバーティブルに乗って夕日に向かってドライブし、大胆に行動することを誰もが夢見るものですが、そう長くジェームズ・ディーンになりきることはできません。実際は、人が責任ある行動を取ると、生活に意義が加わる、自分の人格が高まる、有意義な人間関係が構築できる、仕事の世界で出世できるなどのメリットがあります。餌を与え忘れたばっかりに、ペットの亀が亡くなったことを覚えていますか?同じ過ちを繰り返すのは止めましょう。責任感を養いたいのであれば、以下のステップを参考にしましょう。

ステップ編集

  1. 1
    責任というのは、自分で獲得するものであるということを理解しましょう。誰もが与えられた権利ではありません。人があなたに新たな責任を負わせることを躊躇した場合、それは恐らく、既に負っている責任に対してあなたが今まで無頓着であったからでしょう。「今負っている責任はあまりにも取るに足らない/つまらない/ばかばかしい/etc.と感じるから、もっとやりがいのある仕事の責任を負えれば、今よりも真剣に取り組むつもりだ」と考えている人もいるかもしれません。しかし、それは、無責任な人の考え方です。そういう人は、やりがいのある、楽しい、あるいは新しいことであれば積極的に取り組み、それらの要素が薄まった途端に興味を無くします。
  2. 2
    職場や学校、課外活動の場など、それがどこであれ、まずは自分が小さな責任を担えることを証明しなければ、新たな責任を担えません。
  3. 3
    言い訳をするのは止めましょう。どのような状況下でも、自分でコントロールできない要素というのは必ず出てきます。無責任な人は、そういった要素に責任を転嫁し、言い訳を声に出しがちです。言い訳をする時はいつだって、「○○なので、これは私の責任ではありません」と言い、結局は「私は責任感がありません」と言っているも同然なのです。自分の考え方や話し方に注目しましょう。言い訳をすることがありませんか?言い訳というのは、形も大きさも様々ですが、最も使われるフレーズは、「もし○○だったら△△しますが/したのですが」です。
    • 今後自分が言い訳を始めたことに気付いた時には、言い方を変えましょう。「なぜ」自分はすべきことをしなかったのか、その本当の理由を白状します。億劫がったのですか?疲れていたのですか?もしくは、ただ単にもっと楽しいことをしたくなったのですか?理由を認めても大丈夫です。むしろ、自分が責任を果たさなかった本当の理由を白状してから次に進むことが最も良い判断です。
  4. 4
    自分のミスを認めましょう。自分の犯したミスを最大限に活かすためには、果たすべき責任が二倍になります。自分のミスを認めれば、本来無駄になったはずの時間が軌道修正のための貴重な経験に変わるだけでなく、同じミスを防ぐことで今後の時間を無駄にせずに済みます。責任を引き受ける上で重要なポイントの一つは、「私は今回、大きな失敗をしました。もう二度としません」と素直に言えることです。
    • 今後似たような状況に陥った時には、前回の過ちを思い出し、同じ道を辿らないように気を付けましょう。
  5. 5
    自分の問題について、他人を責めるのは禁物です。責任を担うためのもう一つの方法は、自分の周囲の人間に責任を転嫁しないことです。数学のテストで落第点を取ってしまったのは、先生から嫌われているからではなく、きちんと勉強しなかったからだと自分に言い聞かせましょう。浮気をしたのは、恋人が十分に構ってくれなかったからではなく、自分で浮気しようと決めたからです。仕事に遅刻したのは、ひどい渋滞に巻き込まれたからではなく、家を出る時間が遅すぎたからです。人生というのは不公平であり、残念ながら、その辛さは人によってばらつきがあります。十分な愛情を受けず、辛い人生を歩まされたことに対して両親を責めることもできます。しかし、潔く自分の間違った行動を認め、それを変える努力をしなければ、自分の人生行路を修正できません。
  6. 6
    不平を言うのは止めましょう。不平を言うのは、無責任な人の無意味な習性の一つです。上司や天気、スターバックスのラテの異常な値段の高さなどについて、永遠と文句を言う人は、あまり大成しないでしょう。不平を言うことは、自分から率先して行動したり、自分で変えられることが何かを理解したりしようとせずに、ただ自分の問題を世の中のせいにするための手段の一つです。スターバックスのラテの値段は変えられないかもしれませんが、自分のコーヒーマシーンを購入し、安く朝のコーヒーを入れることはできます。
    • 文句を言うために口を開く度に、自分を抑え、代わりに前向きな発言をしてみましょう。自分の視野が驚くほど変わるはずです。
  7. 7
    被害者ぶるのは止めましょう。世界は自分の敵ではありません。責任感を養いたいのであれば、世の中の人が全員自分を失敗させようとしていたり、面子を潰そうとしていると思い込むのは禁物です。あの警察官があなたにスピード違反切符を渡したのは、あなたを罰したくて仕方がなかったからではありません。あなたが法律違反をしたからです。上司があなたの昇給の申し出を断ったのは、あなたが失敗する姿を見たかったからではありません。あなたの営業成績が昇給に値しなかったか、単に会社の都合上、昇給が難しかったからです。
  8. 8
    自分でコントロールできないこともあります。自分の行動に責任を取ることと同様に大切なのは、人生の中ではどうしても自分でコントロールできない事態があるという事実を認めることです。親友の酒癖の悪さについては、責任を負えません。また、自分が直接の原因でない限り、会社の倒産は自分の責任ではありません。無責任なルームメイトが期日内に家賃を払い忘れても、その責任は負えません。自分でコントロールできることだけに集中し、世の中の問題を全て解決しようとするのは止めましょう。そんなことをしていたら、頭が痛くなるだけです。
    Advertisement

パート1(全2パート):責任能力を養う編集

  1. 1
    自制心を持ちましょう。責任感を養いたいのであれば、自制心を高める必要があります。これは、ロケット科学者のような労働観を持ったり、軍士官候補生のようなルーティンをこなすべきだという意味ではありません。しかし、いつ、どのように仕事をこなすべきかを判断し、決して遊びのために大事な仕事をサボったりしないようにする必要はあります。自制心を持つには、自分で目標を定め、他のことに気を取られずにその目標を達成することが大切です。達成可能な「することリスト」を毎日作り、できる限り多くの仕事をこなしましょう。
    • 大変な仕事を終えた後には、自分へのご褒美として、外で楽しく遊びましょう。自制心を高めるために遊びを禁止する必要はありません。
  2. 2
    モチベーションを保つためには、仕事を終えた後のことを考えましょう。生物学のテスト勉強は楽しくないかもしれません。しかし、そんな時には、クラスで一番良い成績を取ればどれほど嬉しい気持ちになれるかを想像してみましょう。また、その勉強が医者になるという将来の夢を叶える上で、どれほど役に立つかを考えてみましょう。
  3. 3
    大変な問題への対処法を覚えましょう。責任感を強く持ちたいのであれば、次の数学のテストに合格するだけではなく、どんな人生の困難にも対処できるようになる必要があります。つまり、悲劇的事態や試練が訪れた時に、どのように行動すべきかを理解しておかなければなりません。悲惨な出来事に直面した時には責任を担い、冷静さを保ちながら、自分の助けを必要とする人たちを支援しましょう。また、たとえ悲惨な事態に陥ってはいなくても、職場での重要なプロジェクトが失敗した時など、ストレスのかかる場面では、困難に負けずに気をしっかりと持つ方法を会得する必要があります。
    • 困難を乗り越えるには、練習が必要です。最初から上手く困難な状況に対処できる人などいません。しかし、人間的に成長していくにつれて、危機的状況下でも落ち着いて理性的に考えられるようになるはずです。
  4. 4
    うまく複数の仕事を同時にこなしましょう。同時に複数のことができるというのは、責任感のある人が持つ重要な特徴の一つです。真に責任感のある人間になりたいのであれば、自分がすべきことを全てうまくこなす必要があります。きちんと責任を全うするというのは、子どもの世話、仕事での成功、期日までの生活費の支払いを一日に全て達成するということです。一度に全てをこなすのは不可能ですが、一つの作業を優先するために、別の作業を完全に放置するのは禁物です。
    • 同時に複数の仕事をこなすには、自分の優先順位をはっきりとさせるのが大切です。ほとんどの場合、美容院を予約するよりも、生活費の支払いを済ませることの方が重要だというのは覚えておきましょう。
  5. 5
    きちんと義務を果たしましょう。特に意味もなく何かや誰かの責任を取る必要はありませんが、義務に縛られることが嫌過ぎて、月に2回以上ヨガ教室に通うことさえも「自分の手に負えない」と感じてしまうのは問題です。学内新聞の作成や、新しく始めた健全な交際など、何か熱心になれることがあれば、自分以外に関心を向け、それを中心にした健康的な習慣やルーティンを築く良いきっかけになるでしょう。
    • 例えば、スポーツをしている高校生は、その他の高校生たちよりも高い学業成績を収めているという研究結果が出ています。スポーツに熱心になることで、日課を守る癖がつき、自分がすべきことをきちんとこなせるようになります。
  6. 6
    しっかりと金の管理をしましょう。 金の管理を上手にできることは、責任感のある人が持つもう一つの重要な特徴です。その日暮らしをしていたり、月々の金の使い道を把握できていない人は、一度きちんと請求書と向き合い、全ての無駄な出費に関するリストを作りましょう。自分の財政状況に責任を持つと、前もって計画を立てられる、節度を守るようになる、衝動的にならなくなる、などの効果があるはずです。
    • 遊びに使うための月々の予算を決めましょう。例えば、好きに使える金を毎月4万円確保できるとします。外食をする時、コンサートのチケットを買う時、夜に突然友達と遊びに行く時など、その金額を常に念頭に置いておきましょう。月末までにその予算が尽きてしまった場合、しばらくは家で夜を過ごさざるを得ないでしょう。
    • 本当にすべきことが何なのかをきちんと考えましょう。特別な予定のために新しいドレスを買うべきか、あるいは車のオイル交換をすべきか、真剣に自問してみます。
  7. 7
    一貫性を保ちましょう。責任感を持っていても、成り行き任せの行動ばかり取っていると意味がありません。 責任感を養いたいのであれば、自分に合ったルーティンを見つけ、それを継続します。ある日10時間ぶっ通しで勉強したからといって、その後の3週間一切勉強しなくなるのは間違っています。代わりに、毎日1、2時間は教材に目を通し、勉強しましょう。また、あなたを必要としている友達から電話があった際に、数日間は毎日すぐに折り返していたにも関わらず、その後の数週間音信不通になるのは止めましょう。代わりに、それが大事な用件であるならば、1、2日以内に折り返してあげます。
    • 一貫性を保てば、自分のルーティンが築けて、自分のすべきことをうまくこなせるようになるはずです。
  8. 8
    他者から頼られるような責任感のある人間になるには、頼もしくなる必要があります。車での送迎や、宿題や残業の手伝いを人から頼まれた経験はありますか?周囲の人間から「約束をすっぽかすだろう」、「『手伝う』と言ったことを完全に忘れてしまうだろう」、「どんなに些細な仕事に関しても信用に値しない」などと思われているせいで、一度も頼み事をされた経験がないのであれば、それはあなたに問題があるということです。きちんと約束を守り、他者が心から頼れる存在になる努力をしましょう。
    • 人から軽視されず、責任感のある人間として見られたいのであれば、車で送ると約束した時にはきちんと約束を守り、行くと言ったならばきちんと待ち合わせ場所に現れ、自分がしっかりした人間だと周囲に思わせる必要があります。
  9. 9
    人からの真剣な意見はきちんと受け止めましょう。これは、責任感を養うのに欠かせない要素です。また、批判を寛容に受け入れ、自分の人間的成長を促す正当な意見をありがたく思う行為でもあります。学校で責任ある行動を取りたいのであれば、先生から指摘された自分の改善すべき点をきちんと聞き入れます。職場で責任ある行動を取りたいのであれば、上司から指摘された努力すべき点を聞き入れます。自分が対処すべき欠点について友達から理性的に指摘された時は、その欠点が既に対処済みだと思い込み、友達を無視するのは禁物です。
    • 人からの意見を聞けば、責任感が養われ、自己管理がうまくなります。
    Advertisement

パート2(全2パート):責任感のある習慣を築く編集

  1. 1
    小さいことから始めましょう。責任ある行動を取れるようになることは、他の仕事同様、少しの勢いがあるとうまく行くものです。自分が抱える責任に押し潰されそうだと感じた時には、小さい仕事、あるいは早く処理できそうな仕事から手をつけましょう。することリストから項目を削除していけると、重荷が減ったように感じられ、もっと責任重大な仕事を積極的にこなしたくなるはずです。気付いた時には、責任を担うことに快感を覚え、有意義な一日を過ごせたと感じているでしょう。
  2. 2
    自分がどんなことに対して責任感を持ちたいのかを一覧に書き出しましょう。例えば、良い友達になる、車のメンテナンスをする、良い生徒になる、きちんと金魚の世話をするなど、全て書き出します。試しに金魚の世話から始めて、徐々に難易度の高いものをこなしていきましょう。
  3. 3
    他者を助けましょう。人の目標達成を手助けしたり、誰かを慰めるたりするだけでも、責任ある行いを習慣づけるには十分な方法です。自分の責任を果たせるようになった後は、周囲の人間を手助けするという目標を立ててみましょう。例えば、自分の祖父母、その他の家族、友達、自分が住む地域社会で助けを必要としている人たちなど、誰でも結構です。毎週目標を立てるようにすれば、頼りがいのある人間になれて、自分で築いた習慣を守れるようになるはずです。人の世話をするようになると、責任感が養われるでしょう。
    • ただし、人の世話を焼くのは、自分の責任を全て果たし終わってからにしましょう。自分の宿題や家事もまともに終わらせられない段階で、すぐに無料食堂で働き始めるのは焦り過ぎです。
  4. 4
    物事を先延ばしにするのは避けましょう。これは無責任の人の最大の特徴であり、最も避けるべき特徴でもあります。今週、大きな試験が控えているのであれば、一週間毎日試験勉強をしましょう。数週間前から復習を始めても問題ありません。一夜漬けをするために試験前日に夜更かしをし、妖精が目の前で踊る幻覚が見えるまでレッドブルを大量に飲むのは止めましょう。目標達成のための計画を早めに立て、毎日少しずつスケジュールをこなしていきます。
    • これは、仕事の大小を問わず当てはまることです。たとえ庭の芝刈りや友達からの電話の折り返しが面倒でも、責任感のある人間は、自分ですると言ったことを必ず実行します。なぜなら、自分の口で言ったから、ただそれだけです。 今よりももっと責任感のある人間としてみなされたいのであれば、現在既に負っている責任について考え直しましょう。どれだけ内容がくだらないと感じても、その責任を真摯に引き受けます。自分の権利を獲得するための方法として認識しましょう。
  5. 5
    自分から率先して行動しましょう。すべきことや変えるべきことを見つけた時に、誰かが手をつけるまで待つのは禁物です。自分から前向きな変化を生んでいきましょう。自ら指揮を取れば、力強い気持ちになれます。そして、その気持ちによって人生の他の側面も良い影響を受け、改善されていくはずです。もちろん、全く自分の手に負えないことに取り掛かる必要はありません。しかし、「誰も引き受けないから」というやむを得ない状況だけではなく、自分でできるという確信がある時にも指揮を取ってみましょう。「人よりも一枚うわてを行くこと」を習慣づけると、職場や学校で成功できるはずです。
    • ルームメイトが家事を一切してくれなかった時は、相手を待つ必要はありません。自分で家事を終わらせて、後で相手と話し合いましょう。
  6. 6
    常に目標を設定しましょう。自分が達成したい目標をいくつか定めます。医者になることや、もっと抽象的な例として、良い友達になることなど、長期的なもので構いません。毎日ベッドを整える、一か月以内に5キロを走り切るなど、短期の目標でも結構です。目標が何であれ、それを書き出し、目標達成の具体的な計画を立てましょう。これは素晴らしい習慣です。常に目標達成に意識が向くようになり、自分がすべきことが分かるようになるはずです。目標を持っていなければ、何に対してもモチベーションが保てません。
    • 自分の目標を書いたカードを財布に入れたり、机の前に貼っておきましょう。自分にプレッシャーを与えるのではなく、自分のやる気を引き出すのです。
    • 現実的な目標を立てましょう。次の四年以内に総理大臣になる、などの目標を立てるのは控えます。
  7. 7
    日課を立てましょう。責任感のある人は、自分にあった日課を持っているものです。毎日ほぼ同じ時間に起床と就寝を繰り返しましょう。食事も毎日できるだけ同じ時間に合わせます。定期的に運動もしましょう。気まぐれにランニングを数日間続けた後に、数週間ソファーで寝て過ごすようなことは禁物です。仕事を終わらせる、メールの返信を打つ、本を読む、家事をするなどの作業に使う時間も日程に組み込んでおきます。全てを無計画に実践しようとすると、作業の量に圧倒され、終わらせるまでの時間も長くかかるでしょう。
    • 毎日の日課があると、仕事の管理が楽になり、その分たくさん遊べるでしょう。いつも絶好調でいられるはずです。
    • 何か特別な予定がある時は、自分の日課に過剰に固執する必要はありませんが、できるだけ規則正しい生活を送りましょう。
  8. 8
    自分の持ち物に対して責任を持ちましょう。これも、責任感のある人の特徴の一つです。車には鍵をかけ、十分にガソリンも入れ、どこに駐車したかを覚えておきましょう。自分のノートには名前を書き、きちんとロッカーにしまいます。鍵はキーホルダーにつけ、身に着けておきましょう。サングラスはケースに入れておき、何度も失くさないために、「失くしたら、半年間は買い直さない」と自分に言い聞かせます。ノートパソコンや携帯電話、その他の持ち物を半年ごとに買い直さないといけないようでは、責任感のある人間にはなれません。
    • パソコンの近くに温かい飲み物を置いたり、今流行りのカフェのテラス席でノートパソコンを使うのは控えましょう。パソコンは、安全な室内でのみ使います。
    • 「iPhoneを探す」というアプリをダウンロードし、自分の携帯が盗まれた時にはロックをかけたり、データを消去したりできるようにしておきましょう。
  9. 9
    常に予定よりも早く待ち合わせ場所に着くようにしましょう。5分前行動が最も理想的です。
    • 自分の泥酔状態を見られると、人から信用されなくなります。また、人からの敬意も失い、責任能力の低い人間だと思われるでしょう。
    • 典型的な責任能力の高い人は、他者とのやりとりをきちんと管理できています。そのような管理ができていれば、8千万もの異なる仕事を常にこなそうとしている無責任な人間だと思われずに済むでしょう。
    Advertisement

ポイント編集

  • 自分の無責任な対応によって、どのような結果が引き起こされるかを想像しましょう。級長の肩書を失いませんか?人生に一度しかないチャンスを逃しませんか?結果を考えれば、努力を続けられるはずです。
  • 常に整理整頓を心がけましょう。
  • 何かが間違っていると感じたり、自分の発言で今の状況を改善できるかもしれないと思った時には、はっきりと自分の意見を言いましょう。
  • 責任を引き受けるというのは、遊びを禁止されるという意味ではありません。遊ぶのを少し待つ必要があるか、遊ぶこと自体が間違っているという意味です。
  • 夜に友達と遊びに行く際には、帰る時間を具体的に決めておきましょう。
  • 門限の少し前に帰るようにします。
  • 散らかすのを避け、自分が出したものはきちんと片づけましょう。
  • 学校で責任ある行動を取るためには、いつも宿題をこなし、きちんと試験や小テストに備えます。
  • ペットを飼いましょう。ネオンテトラであれ、子犬であれ、ペットを飼うのは責任感を養う方法の代表例です。
  • 責任を負うのは辛いことではありません。今以上に頑張るのではなく、もっと要領良く仕事をこなすだけのことです。
Advertisement

注意事項編集

  • 人生というのは、不公平なものです。人種や階級、宗教、住んでいる地区などが原因で、迫害や虐待を本当に受けているのであれば、完全に問題を解決するのは困難かもしれません。しかし、自分の不運を理由に全てを諦めるのはもったいないことです。選択肢というのは、どんな状況にも存在します。正しい道を辿るか、間違った道を辿るかは自分の判断次第ですが、力と尊厳というのは、自分で勝ち取りさえすれば、いつでも手に入れられるものであるということは覚えておきましょう。自分や自分の夢を諦める必要はありません。自分の夢というのは、自分だけのものであり、それを奪う権利は誰にもないのです。不利な場所からのスタートかもしれません。過ちも犯すでしょう。しかし、あなた自身は決して過ちではありません。世の中を少しずつでも改善するには、自分が努力するしかないのです。したがって、自分を許し、人から信頼と敬意を獲得しましょう。自分が住む地域社会を支援し、その地域でボランティア活動をすることも効果的です。
Advertisement

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 自己啓発

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement