許しを請う方法

共同執筆者 Paul Chernyak, LPC

謝らなければならないと分かっているときに、相手の許しを請うことは、いくつかの謝罪の言葉を並べるだけの単純なものではありません。それは自分の非を認めて、そこから学んだということを相手に示す方法であるからです。相手の許しを請うには、自分のとった行動を振り返り、それが相手にどのような影響を与えたのかをよく考える必要があります。熟考の後に、相手に謝罪する際は、拒絶されることを覚悟で真摯に対応しなければなりません。相手の許しを請うのは簡単ではありませんが、いくつかの簡単なステップに従ってその方法を学ぶことができます。以下の方法に従って、許しを請う方法を身につけましょう。

3の方法1:
相手に許しを請う準備をする

  1. 1
    相手が怒った理由を考える 謝罪の言葉を考える前に、自分の何が相手を怒らせたのかを理解しなければなりません。相手を怒らせる原因となった自分の行動を特定することは大切です。なぜ相手を怒らせてしまったのかが分からない場合には、何が人を怒らせるのかについて考えましょう。
    • 例1:私は友だちのパーティーで騒いで、彼に恥をかかせてしまいました。
    • 例2:私は夫につらく当たり、一日中機嫌が悪くイライラしていました。
  2. 2
    なぜ相手を怒らせる行動をとってしまったのかを理解する 自分のどの行動が相手を怒らせたのかを理解するだけでなく、そのような行動をとってしまった理由を考えなければなりません。それらの理由は言い訳になるのではなく、自分の行動に対して責任を負った上での謝罪の言葉を考えるのに役立ちます。[1]
    • 例1:私はパーティーで周りから取り残された気がして、注目を集めたかったため、騒いでしまいました。
    • 例2:私は昨晩よく眠れず、また色々と考え事があったため、夫に対してそのような態度をとってしまいました。
  3. 3
    怒らせてしまった相手の気持ちに共感する 謝罪する相手の気持ちに共感することは重要です。共感するとは、相手の立場でその人の痛みを想像して、なぜ自分の行動が相手を傷つけたのかを理解することです。相手に共感することができなければ、その謝罪は薄っぺらで不誠実なものになってしまうかもしれません。[2]しっかりと時間をとって、相手の気持ちを理解してから、謝罪をしましょう。同じことが自分に起きた場合に、どのように感じるのか、何をするのかを想像しましょう。
    • 例1:自分が主催するパーティーで友だちが騒いだら、私は憤り感じて、彼に裏切られた気がするでしょう。
    • 例2:特に理由もなく夫に一日中つらく当たられたら、私は混乱して傷づくでしょう。
  4. 4
    失敗をしたからといって、自分が悪い人間ではないことを自覚する 自分の過ちを認めなければならないので、謝罪はつらいかもしれません。ただし、謝罪をするからといって、自分が悪い人間であると認めるわけではないことは覚えておきましょう。ある研究によれば、(相手に謝罪をする前に、個人的に)自分の長所を確認すると、謝罪がしやすくなるということです。[3]
    • 謝罪の前に自分だけの時間をとり、鏡の前に立ちながら自分自身の長所を三つ言いましょう。
  5. 5
    謝罪内容を書き出す 相手に対して言わなければならないことがたくさんある場合には、謝罪の前にその内容を書き出すのがよいかもしれません。謝罪内容を書き出すことで、言わなければならないことが分かりやすくなるでしょう。また実際に謝罪するときにも、内容を思い出すために、書いたメモを持参するとよいでしょう。
    • 時間をかけて謝罪内容を書き出すことで、自分の誤りをしっかりと省みたということが相手に伝わるでしょう。結果的に、その謝罪は大変誠実なものとして受けとめられるでしょう。
    • 相手に直接会って謝罪をするのが望ましい方法ですが、電話で、または直接会って謝罪ができない場合には、メールや手紙で謝罪してもよいでしょう。[4]
    Advertisement

3の方法2:
許しを請う

  1. 1
    怒らせてしまった相手に謝罪する 相手に許しを請うときは、まず自分の誤った行動に対して反省の態度を示さなければなりません。言い換えれば、自分の行ったことに対して、申し訳なく思っていることをはっきりと示す必要があるということです。「申し訳ございません」や「ごめんなさい」などから謝罪の言葉を始めると、相手に伝わりやすいでしょう。[5]
    • 具体的な反省点を述べて、謝罪の弁を際立たせましょう。例えば、「パーティーで騒いでしまって申し訳ない。」あるいは「昨日はつらく当たったり、素っ気ない態度をとってしまってごめんなさい。」などのように反省点を具体的に述べましょう。
  2. 2
    言い訳をせず、誤った行動をとった理由を説明する 自分のとった行動の動機を明らかにすることは大切ですが、その動機が言い訳にならないように気を付けましょう。何が自分をそのような行動に駆り立てたのかを簡潔に相手に伝えます。謝罪の中では、この部分は短くして、自分の誤りに対して言い訳をしているのではないことを明確にしましょう。[6]
    • 例えば、「僕は周りから取り残された気がして、皆の注意を引きたくて、騒いでしまったんだ。でも、それは自分の行動に対する言い訳にはならないよね。」あるいは「昨晩よく眠れず、しかも色々と考え事をしていたから、あのような態度をとってしまったの。それはあなたのせいではないのに、愚かなことにあなたに八つ当たりをしてしまったの。」などのように相手に伝えるとよいでしょう。
  3. 3
    相手に共感を示す 自分の行動に対して責任を感じていると相手に伝えるだけでなく、それによって相手をどのような気持ちにしてしまったのかを自覚していることを、はっきりと相手に理解してもらえるようにしましょう。[7]
    • 例:「僕は君のパーティーで騒いで、職場の同僚の前で君に恥をかかせてしまったね。」「あなたに対してああいう態度をとったから、私があなたを大切に思っていないと感じさせてしまったかもしれないわね。」
  4. 4
    行動を改善する 自分が何を行ったのか、なぜそれを行ったのか、そして何が悪かったのかを認識したら、行動を改善する必要があります。言い換えれば、今後同様な過ちを犯さないように、どのような対策を講じるつもりなのかを相手に伝えなければなりません。これを行うには、今後発生が想定される事態に対する計画を提示したり、同様な状況に対してどのように対処するかを説明するのがよいかもしれません。[8]
    • 例えば、「今後は、大騒ぎをするのではなく、誰かに自分の気持ちを聞いてもらうようにするよ。」あるいは「今度機嫌の悪い日があったら、自分で気持ちを落ち着けて、あなたに八つ当たりをしないようにするわ。」などのように対処方法を説明しましょう。
  5. 5
    自分が変わったことを相手に示す 謝罪に費やした時間と労力や、今後同様な間違いをしないように努めていることを相手に示すことが重要です。自分の間違いを正すために時間をかけたならば、どのようにそれに取り組んだのかを相手に伝えましょう。そうすることで、自分の非を素直に認めて、真摯に改善に取り組む気持ちを示すことができます。
    • 例:「あの出来事の後、僕は変わったよ。自分の怒りを有効活用できる方法を探しているんだ。ジムに通ってキックボクシングのクラスに参加するつもりだよ。さらに、カウンセラーに自分の怒りと向き合うことについて相談をしているよ。」
  6. 6
    相手の許しを請う 相手に謝ったら、許しを請いましょう。相手が許してくれない可能性があるので、これは謝罪の中で最も難しい部分かもしれません。謝罪を受け入れてもらえなくても仕方がないと理解を示しましょう。相手が謝罪を受け入れる心構えができていなくても、また許しを請う機会があることを信じて、落ち込まないようにしましょう。[9]
    • 例:「君は僕の大切な友だちであり、君との友情は僕にとってかけがえのないものなんだ。どうか僕を許してくれないか?」
  7. 7
    相手の気分を和らげる 相手が喜ぶようなことをして、自分の失敗の穴埋めをしましょう。花束や手書きのメッセージが書かれたカードを持って、相手の所に行きましょう。こうした行動は、自分の罪悪感を和らげるためだけではなく、相手の気分を和らげるためでもあると伝えましょう。花束や贈り物に頼るばかりで、肝心の謝罪がおざなりにならないようにしましょう。[10]
    Advertisement

3の方法3:
落ち込みに対処する

  1. 1
    許しをあまり期待せずに、願望にとどめておく 相手の許しを期待したにも関わらず、許されなかったら、かなり落ち込むでしょう。一方、相手の許しをあまり期待していないにも関わらず、許されたら、とてもうれしく思うでしょう。謝罪を受け入れてもらえない場合に備えて心の準備をしつつ、相手が許してくれることを願いましょう。[11]
  2. 2
    相手に理解を示す 相手に許してもらえなかったとしても、それに対して理解を示しましょう。例えば、「大丈夫だよ。僕も君と同じ立場だったら自分を許せるかどうか分からないから。ただ、こうして謝れたことが、また少しでも以前のような関係に戻るのに役立つことを願うだけだよ。君との友情は本当に大切だと思っているよ。」などのように言いましょう。
    • 相手が許してくれなくても怒ってはいけません。許すか、許さないかは相手が決めることです。理解力があり好感を持たれる態度で謝罪に臨めば、後々許される可能性が高いことを心に留めておきましょう。[12]
  3. 3
    辛抱強くなる 些細な事であれば簡単に許してもらえるかもしれませんが、傷ついた心には癒えるための時間が必要です。自分の行ったことが相手の心を傷つけてしまった場合には、簡単に許してもらえることを期待しないようにしましょう。相手に謝罪を受け入れてもらえなくても、許してもらえるまで何度も謝罪し続けましょう。[13]
    • 直接会って謝罪するのが最善の方法ですが、それが不可能な場合には、別の方法で相手に接触しましょう。あきらめずに相手にメッセージやメールを送りましょう。
    Advertisement

ポイント

  • 行動には言葉よりも説得力があります。謝罪で述べたことを、すぐにでも行動に移しましょう。
  • 謝罪の練習をするのは有意義です。多くの人にとって、日常生活で謝罪をする機会は稀であるため、練習を必要とするからです。
  • 相手がとても怒っていて取り付く島もないと思ったら、適切な時機を待ちましょう。
  • 相手がどのような気持ちでいるのか、自分が相手の立場だったらどのように感じるのかを謝罪の前に考えてみましょう。相手の気持ちを理解すれば、許しを請うべき理由が分かりやすくなります。
  • 実際に謝罪をするときに、謝罪の言葉を忘れぬように、それを書き出しておきましょう。また、書き出すことで、構成がしっかりとした謝罪をするのに役立ちます。
Advertisement

注意事項

  • 謝罪の際には相手を非難してはいけません。相手の自尊心を脅かすようなことを言うと、謝罪の受け入れを拒否される恐れがあります。お互いの関係を進展させるつもりであるならば、相手に指摘すべきことは別の機会に話し合うことができます。
  • 自分のとった行動に対して言い訳をしないようにしましょう。言い訳をすると、実は反省をしていないのではないかという印象を相手に与えてしまいます。
  • 反省の気持ちや態度を誇張すると、反省しているふりをしているだけではないかという印象を相手に与えかねません。正直かつ真摯な態度で粛々と謝罪に臨みましょう。
Advertisement

このwikiHow記事について

認定カウンセラー
この記事はPaul Chernyak, LPCが共著しています。 ポール・チェルニャクはシカゴに住む認定カウンセラーです。2011年に心理学の専門大学、「American School of Professional Psychology」を卒業しています。
カテゴリ: 人間関係

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement