親から資金援助をしてもらう方法

子どもや若者にとって、まとまったお金を作る手段はほとんどありません。それにもかかわらず、お金が必要になるときがあります。両親の協力を期待できるときに支援を依頼するのは、決して悪いことではありません。具体的な金額と使い道を把握しておくのは、非常に大切です。助けてもらったら、できる限りのお礼をしましょう。雑用を申し出たり、学校の勉強に精を出したりするのもいいでしょう。親を気遣い、受け取ったお金の大小にかかわらず、感謝しましょう。

2の方法1:
同居している親に資金援助をお願いする

  1. 1
    両親に頼むのか、またはいずれかの親に頼むのかを決める もちろん、親同士を対立させるのが目的ではありません。しかし、お金が少額の場合、わざわざ話を大袈裟にする必要はありません。映画を観るのに 1,000 円必要ならば、父親か母親のいずれかに頼みましょう。必要な金額が 5,000 円以上のときは、両方の親に話をします。
    • 少額のお金ならば、すんなりと事が運ぶでしょう。
    • 金額が大きい場合は、両方の親に話をするのが得策です。そうすれば両親も援助を真剣に考えてくれます。
    • 一方の親が、子どもの事情や趣味に理解を示している場合もあるでしょう。いずれかの親にお願いする場合は、こちらの親を選びます。
  2. 2
    理由を考えておく 親は、お金の使い道を聞いてきます。これに対する回答が結果を左右します。嘘をつくと、おそらくうまくいきません。正直に話しましょう。友人と一緒に冷たい物を飲みたい場合や映画を観に行きたい場合は、何も問題はありません。
    • 親の賛同が得られる活動、たとえば、学校関係行事や社会見学、名誉となる行事への参加などに必要であれば、援助を受けやすいでしょう。これは、非営利団体などが寄付を募る際に利用する方法です。[1]
    • 具体的に欲しいモノがあるときは、楽に説明できます。たとえば、学校のサッカーチームの一員になったので練習用のボールが欲しい、というのは非常にわかりやすい説明です。
      自分の楽しみのためにお金が必要な場合
      悪い例: 「お金をくれないのは不公平だ」「お金がとにかく必要なんだ」
      良い例: 「どうしても必要なこととは言えないけれど、きっと役に立つと思う」
  3. 3
    最初にもっともな理由を用意しておく 理想的なのは、理由をいったん説明したら、親がそれ以上尋ねることなく支援してくれるという流れです。しかしながら、毎回そのように円滑には進みません。きちんとした理由があることや、今回のお金はいつも週末に貰っている小遣いとは違うことを訴えましょう。
    • 道理に合う理由をいくつか考えます。
    • たとえば、映画に行くお金が必要なときは、友人が誕生日に映画を観に行きたがっている、去年の誕生日を祝ってあげられなかったので、今年は一緒に行ってあげたい、と説明できます。あるいは、友人と少し仲たがいをしてしまったので、友人の誕生日に一緒に映画を観に行って仲直りしたい、と説明してもいいでしょう。
  4. 4
    金銭感覚を身につける 金銭感覚を身につけ始めていることをアピールするチャンスです。親は喜ぶに違いありません。必要金額を正確に伝え、さらに万が一のための追加資金を伝えましょう。追加の資金については、正直に見積りを伝え、予算を立てる能力のあることを示しましょう。
    • たとえば、映画のチケットの正確な金額を調べます。その金額に友人の車のガソリン代 200 円を足します。最後に、ドリンクとスナックが欲しくなるかもしれないので、追加で 300 円を頼みましょう。
    • もう少しまとまった金額、たとえば遠出をするときの交通費やディナーデート代などの場合は、できる限り正確に計算します。親も子どもに楽しいひとときを過ごして欲しいと願っています。ただ、子どもがきちんとお金の価値を理解していることを確認したいだけなのです。
  5. 5
    交渉の準備をする 両親は、ディナーデート代を全額与えるのはふさわしくないと考えているかもしれません。それでも、協力したいと思っているのは確かです。交渉は堂々と行いましょう。理由を正直に話し、あまり無理を言わないという姿勢で臨めば、少なくともいくらかの協力は得られるはずです。[2]
    両親ににべもなく断られた場合
    悪い例: 交渉を無理に続ける
    良い例: おとなしく引き下がり、しばらくした後に別の条件を出してみる
  6. 6
    親孝行をする 何かお手伝いを申し出ます。親は、庭の芝刈りをもう少し頻繁に行って欲しいと思っているかもしれません。家事の手伝いを申し出ましょう。こうした交渉では、親が主導権を握るのが普通です。もっと勉強して今月の成績を上げなさい、と言われたら素直に聞き入れます。[3]
    • 約束をきちんと守れば、あなたの信頼は高まり、次の交渉を楽に進めることがでます。
  7. 7
    礼儀正しく振る舞う 親が真剣に理由を聞いているのに、面倒だとでも言うようにあきれ果てた顔を向けるのは得策ではありません。お金の大切さを軽んじていると思われてしまいます。丁寧に頼み、きちんとお礼を言って日頃の自分への指南や気遣いに対する感謝の意を伝えましょう。一人の人間として誠意ある態度で接すれば、両親との交渉は驚くほどスムーズに運ぶはずです。
    広告

2の方法2:
一人暮らしを始めるときにお願いする

  1. 1
    お願いする相手を決める 長く一緒に暮らしていれば、気前がいいのは両親のどちらなのかはすでにわかっているでしょう。しかし、ある程度の大金が必要な場合は、両方に頼みます。自分の言い分はひとまず置いておき、両親に話し合ってもらいます。
    • 二人揃ったときの方が何かと大目にみてくれる両親ならば、二人でいるときに頼みます。
      悪い例:上記のことを友人に話す(特に、友人と両親が知り合いの場合)
      良い例: お金をもらったことを兄弟に話す(内緒にして、それが明るみに出るとトラブルになりかねません)
  2. 2
    予算と支出を計算しておく 一人暮らしをする頃にもなれば、自分でやりくりしたいと思うのは当然です。しかし、資金援助をお願いする時点で、親はすでにあなたの家計に関わっているのです。おそらく親は、あなたが毎月家計簿をきちんとつけて、それを印刷して渡してくれるとは思っていません。しかし、おおよその見積りを伝えていけば、確かな金銭感覚を身につけていることの証明になるはずです。[4]
    • 支出に関して簡略な明細を見せるだけでも、親は安心してお金を渡せるようになります(ただし、不真面目に見える使い道ではいけません)。
    • お金を稼ぐために行った行動のリストを作りましょう。アルバイト、フリーランスでの記事作成、仕事に役立つ知識の習得などを書き出しましょう。親は、あなたがただ親のすねをかじっているのではなく、日々努力していることを確認したいのです。[5]
      悪い例: お金の管理方法を自分から親に教える
      良い例: 親にとって過大な経済的負担とならないことを確認する
  3. 3
    勉強や仕事に一生懸命に取り組む 勉強に励んでいるところを見せます。そのことを強く印象づけるために、成績向上のための計画を披露しましょう。そうすると、両親は今回の依頼はあくまでも一時的なものだと理解するはずです。また、学業や就職面での支援に対する感謝の気持ちを伝えることもできます。[6]
  4. 4
    借金を申し出る 親は、お金の返済は必要ないと考えているかもしれません。むしろ将来への投資だと思っているのです。しかし、一生懸命に働いてお金を返すつもりであると告げれば、お金の価値を理解していることをアピールできます。実際に返済を約束した場合でも、お金の管理方法を学ぶ好機を得ることになります。
    • 必要であれば、返済計画について親と話し合います。親も経済的に大変なのかもしれません。また、利息の話も必要かもしれません。一緒に話し合って、無理のない返済計画を立てましょう。
    広告

ポイント

  • 金額の大小にかかわらず、支援をしてもらったら喜んで受け取り、感謝しましょう。金額が少なくてがっかりしたり断られてむっとしたり、あるいはもらって当然という顔をしたりすると、これから先の援助は期待できません。
  • お金を借りるときは、うまく話を進めるためにきちんとした理由が必要です。
  • 援助と交換に何か雑用をするように言われたら、自分ができることをいくつか提案しましょう。
  • 食器洗いや洗濯、部屋の掃除などができます。あなたがまだ子どもならば、雑用をすることは考えなくてもいいでしょう。
  • お金をもらったら忘れずにお礼を言って感謝を表します。
  • お金が欲しいときだけ親にまといつくのはよくありません。日頃から両親と十分に交流していれば、頼み事をするときに自分勝手だとは思われません。[7]
広告

注意事項

  • 親にお金を支援してもらうことが癖になってはいけません。これが常態化すると、親は次第に援助をしてくれなくなります。お金の管理ができないとみなされ、最後には手持ちのお金で我慢しなさいと言われるようになるでしょう。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む137人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告