衣服の油汚れを落とす方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

服に付いてしまった見栄えの悪い油汚れは、落とすことができます。この記事ではその方法をいくつかご紹介します。

4の方法1:
ベビーパウダー
編集

  1. 1
    ペーパータオルで余分な油をふき取る 作業を始める前に、できるだけ油をふき取っておきましょう。
  2. 2
    たっぷりのベビーパウダーで油染みを覆う 市販のベビーパウダーを使うか、なければ下記の食材で油分を吸収しましょう。
    • 片栗粉
  3. 3
    ペーパータオルかスプーンでベビーパウダーを取り除く 周りの生地に広がらないように注意して行いましょう。
  4. 4
    親指で少量の食器用洗剤と水を染みに浸透させる 泡立ってきたら、使い古しの歯ブラシでくるくると円を描くようにしてこすりましょう。
    • 表と裏の両面から染みをこすりましょう。
  5. 5
    他の洗濯物と分けて洗濯用洗剤で洗う 必ず生地の取り扱いタグに従って洗いましょう。
    • 洗った後は自然乾燥しましょう。高温の乾燥機で乾かすと、油が染み付いてしまうことがあります。
    Advertisement

4の方法2:
食器用洗剤、シャンプー、石鹸
編集

  1. 1
    食器用洗剤で染みを全体的に覆う 油汚れ専用の洗剤が効果的ですが、普通の食器用洗剤でも問題ありません。また、体の皮脂を落とす役割もあるシャンプーや手洗い用石鹸、ボディー用の石鹸でも代用できます(ダヴなど、洗浄力を落とす添加物が入ったものは適しません)。しつこい油汚れには洗濯用の固形石鹸を使用しましょう。水(さらに強力な洗浄効果を期待する場合はアンモニア)で濡らした洗濯用石鹸をしっかり泡立つまで染みにこすり付けましょう。石鹸を削って、濡らした染みに塗布してもよいでしょう。
    • 色の付いた洗剤は生地に色移りすることがあるので、必ず薄めてから使いましょう。
    • しつこい染みは、手よりも使い古した歯ブラシを使ったほうが落としやすくなります。使い古した足用ブラシやネイルブラシ 、小さめの掃除用ブラシでも代用できます。
  2. 2
    染みに石鹸・洗剤・シャンプーの泡を浸透させる 洗濯用石鹸、食器用洗剤、シャンプーには油を落とす特殊な作用があるので、油が分解されていくのが分かるでしょう。
  3. 3
    染みの付いた部分を水で洗ってお酢(適宜)ですすぐ 天然の洗浄作用を持つお酢は、いろいろな目的で使用されています。しかし、石鹸や洗剤のアルカリ度を下げる作用もあり、洗浄効果が薄れるため、お酢との併用は避けましょう。お酢と水を1対2の割合で混ぜたものに染みを浸し、すすいだ後に石鹸や洗剤、シャンプーを上記の方法で使用してもよいでしょう。
  4. 4
    他の洗濯物と分けて洗濯用洗剤で洗う 必ず生地の取り扱いタグに従って洗いましょう。
    • 洗った後は自然乾燥しましょう。高温の乾燥機で乾かすと、油が染み付いてしまうことがあります。
  5. 5
    しつこい油染みにはこのステップを繰り返す
    Advertisement

4の方法3:
部分洗いと熱湯
編集

  1. 1
    部分用染み抜き洗剤を使う 汚れた部分にたっぷりとスプレーし、歯ブラシでゴシゴシと汚れを落としましょう。
  2. 2
    大きな鍋に沸騰したお湯を用意する お湯を用意する間、染みに洗剤を浸透させておきます。
  3. 3
    沸騰したお湯を火から下ろし、高い位置から染みにかける この時、以下の点に注意しましょう。
    • 衣服は浴槽や洗面器などの安全な場所に入れておきましょう。熱湯が足にかかる恐れがあるので、床に置いて行うのはやめましょう。
    • お湯はなるべく高い位置からかけましょう。これには理由が二つあります。
      • 熱湯には油の結合を解く作用があります。
      • 位置が高ければ高いほど、力強く油汚れにお湯をかけることができます。
    • 熱湯の取り扱いには細心の注意を払いましょう。しっかりと狙いを定め、熱いお湯がはねて体にかからないようにしましょう。
  4. 4
    染みのある部分にこのステップを繰り返す 一回で染みが取れない場合は、裏返して部分用染み抜き洗剤を使うステップから繰り返しましょう。
  5. 5
    他の洗濯物と分けて洗濯用洗剤で洗う 必ず生地の取り扱いタグに従って洗いましょう。
    • 洗った後は自然乾燥しましょう。高温の乾燥機で乾かすと、油が染み付いてしまうことがあります。
    Advertisement

4の方法4:
WD-40(浸透性防錆潤滑剤)やライターオイル
編集

  1. 1
    洗剤の代わりに、少量のWD-40やライターオイルを使う WD-40やライターオイルには油を取り除く効果があります。[1]
    • 念のため、目立たない部分でスポットテストを行いましょう。
  2. 2
    WD-40やライターオイルを20分間浸透させる
  3. 3
    衣服全体をぬるま湯に浸け、WD-40やライターオイルを洗い流す
  4. 4
    他の洗濯物と分けて洗濯用洗剤で洗う 必ず生地の取り扱いタグに従って洗いましょう。
    • 洗った後は自然乾燥しましょう。高温の乾燥機で乾かすと、油が染み付いてしまうことがあります。
  5. 5
    完了です。
    Advertisement

必要なもの編集

  • 食器用洗剤(できれば無色透明のもの)
  • 使い古しの歯ブラシ(なくても可)

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement