衣服についた樹液を取り除く方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

衣服についた樹液が乾燥すると、樹液が衣服の繊維に入りこみ、頑固なシミになってしまいます。樹液は、すぐに対処すると簡単に落とすことができますが、シミになってしまったとしても衣服を処分する必要はありません。シミを分解するには、アルコール、シミ抜き、合成洗剤などが効果的です。その後は通常通りに衣服を洗えば、残りのシミ跡がとれるでしょう。乾燥によりシミが定着さえしなければ、衣服は再びきれいな状態に戻るでしょう。

3の方法1:
消毒用アルコールでシミの対処をする

  1. 1
    冷凍庫で数分間、樹液を凍らせる これは、樹液の塊が衣服に付着した時にのみ行います。凍らせない限り、樹液は簡単にはとれません。衣服を冷凍庫に入れるか、氷を袋に詰めて樹液の上に置きましょう。数分後に樹液は固まります。[1]
  2. 2
    ナイフで樹液をそぎ落とす 指や衣服を切ってしまわないように、刃が鋭くないバターナイフを用意しましょう。生地に対してナイフを平らに持ち、粘着性のある樹液の塊をそぎ落とします。ナイフを使用する際は、十分注意しましょう。凍った樹液はもろく、簡単に剥がれ落ちるので、強くこする必要はありません。[2]
  3. 3
    消毒用アルコールをふきんにつける 古布、ハンドタオル、綿球などをアルコールで湿らせます。イソプロピルアルコールは、薬局やスーパーなどで購入できます。イソプロピルアルコールがない場合は、アルコール系の手指消毒剤かヘアスプレーでも代用できます。  [3]
    • 革製品には、サドルソープ(革用洗剤)を使いましょう。少量のピーナッツバターを使用しても、革を傷つけずにすむでしょう。[4]
  4. 4
    シミをアルコールで優しくこする 湿らせたふきんでシミの部分を拭き取ります。その部分に直接少量の消毒用アルコールをつける場合は、指か古い歯ブラシですり込んでもいいでしょう。
  5. 5
    必要に応じて処置を繰り返す アルコールにより、樹液のシミが即座に分解されているのがわかるはずです。大きなシミには、さらにアルコールが必要になります。再度布を使用するか、直接アルコールを追加して塗りましょう。シミが薄れるまでその部分をこすりましょう。
  6. 6
    衣服を洗濯する 普段通りに衣服を洗いましょう。洗濯機に衣服を入れ、普段使用している洗剤を使います。最も効果的に洗うには、処置を施している衣服が耐えられる最高温度に水温を設定します。これを確認するには、衣服の洗濯表示タグを見るか、生地の種類をネットで検索して推奨事項を確認しましょう。
    広告

3の方法2:
シミ抜きと漂白剤を使う

  1. 1
    シミ抜きで樹液のシミに下処理を施す 市販の主なシミ抜きは、樹液のシミを分解します。普段使いの液体洗濯洗剤を少量使用しても効果があるでしょう。シミ抜きを布か綿球につけてから、シミを落としたい部分に薄く塗りましょう。[5]
  2. 2
    樹液のシミを20分間シミ抜きに浸す 必要であれば、シミ抜きを指か歯ブラシでシミにすり込みます。衣服を屋外で最低20分間乾燥させます。この間に、洗濯だけではどうしても落ちにくい乾燥した樹液が、シミ抜きによって落ちやすくなります。 
  3. 3
    設定可能な最高水温で衣服を洗う 設定温度 は、洗濯する衣服によって異なります。ほとんどの衣服は通常の場合、ぬるま湯で洗えば樹液のシミは十分落ちるでしょう。デリケートな素材や濃い色のものは、冷水で洗います。洗う際は、洗濯機もしくは手洗いのどちらでもよいでしょう。[6]
  4. 4
    頑固なシミを落とすには漂白剤を用いて洗う 通常の場合、樹液のシミを落とすには普段使いの洗濯洗剤を使えば十分です。さらに効果的に落とすには、漂白剤を使うのもよいでしょう。白い綿またはポリエステル綿混紡には、塩素系漂白剤が安全に使用できます。その他の種類の衣類には、酸素系漂白剤が必要になります。洗濯表示のタグ情報を確認し、漂白剤によって衣類がダメージを受けないようにしましょう。[7]
  5. 5
    樹液が落ちるまで処置を続ける シミのついたシャツを乾燥機に入れたくなるかもしれませんが、それはいけません。シミが乾燥したり、シミに熱が加わってしまった場合は特に、落とすのが非常に困難になります。衣服を再度洗うか、イソプロピルアルコール を試しましょう。樹液が完全に落ちるまで、2、3回処置を施す必要があるかもしれませんが、まだ十分着られる状態の衣服を処分せずにすみます。
    広告

3の方法3:
洗濯用粉せっけんでシミを落とす

  1. 1
    洗濯用粉せっけんと水を同量混ぜる 小さい容器に少量の漂白剤無配合の洗濯用粉せっけんを入れます。それほど量は必要なく、樹液のシミをカバーできる程度で十分です。小さじ1杯ほどの粉せっけんを用意し、同量の水と混ぜます。ペースト状になるまで材料を混ぜましょう。[8]
  2. 2
    シミにペーストを塗る ペーストを取り、きれいにしたい部分に塗り広げます。混ぜる際に使ったスプーンや、スポンジ、布など他の道具を使って素早く塗ることができます。
  3. 3
    30分間ペーストをシミに浸す ペーストをそのままにしておくと、樹液が分解しはじめます。漂白剤が入っていないので、衣類にダメージを与えることもありません。[9]
  4. 4
    シミにアンモニア水を振りかける アンモニア水とはアンモニアを溶かした無色透明の液体で、ドラッグストアなどで購入できます。頑固なシミにアンモニア水を数滴振りかけましょう。この処置は必要に応じて行い、洗濯後に残っているシミにも使えます。[10]
  5. 5
    ぬるま湯で衣服を洗う 衣服を洗濯機に入れ、普段使いの洗濯洗剤で洗濯します。ほとんどの衣服の場合、ぬるま湯を使うのが無難ですが、高温に耐えられる生地であれば、温度を高めに設定しましょう。こうして、また樹液がついている木に寄りからない限りは、あなたの服はシミのない状態を保てるでしょう。
    広告

必要なもの

消毒用アルコールでシミの対処をする場合

  • ナイフ
  • 消毒用アルコール
  • 布、ペーパータオル、または綿球
  • 洗濯機

シミ抜きと漂白剤を使う場合

  • シミ抜き
  • 布または綿球
  • 洗濯機
  • 塩素系または酸素系漂白剤

洗濯用粉せっけんでシミを落とす場合

  • 漂白剤無配合の洗濯用粉せっけん
  • 小さいボウル
  • 洗濯機
  • アンモニア水

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告