衛生的になる方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

個人の衛生管理はとても大切です。衛生管理は、日々の身だしなみを整えるだけでなく、自分自身を清潔に保つことで、感染症の発症や伝染から自身を予防できます。自分自身を病気から守り、身近な人への伝染をも防ぐには、適切な予防対策を取ることが大切です。この記事では、自分自身の身だしなみを改善しながら、感染症予防に効果のある衛生管理方法を紹介します。

パート1(全2パート):身だしなみを整える

  1. 1
    毎日体を洗いましょう。一日を通して蓄積した汚れや汗、雑菌などを落とすにはこれが一番です。不衛生による疾患も予防できます。[1]また、毎日シャワーを浴びることで気分的にもスッキリし、見た目も香りも良い状態が一日中続きます。
    • ヘチマ、スポンジ、ハンドタオルなどで体全体をやさしく洗い、古い角質や汚れを洗い落とします。体を洗うスポンジやハンドタオルなどは細菌が溜まりやすいため、定期的に交換しましょう。
    • 髪の毛を毎日洗いたくない場合は、シャワーキャップを使用すると良いでしょう。石鹸と水で体だけを洗います。
    • シャワーを浴びる時間がなければ、一日の終わりにハンドタオルで、顔と脇の下を拭きましょう。
  2. 2
    毎日の洗顔に使用する洗顔料を選びましょう。体の皮膚と比べて顔の皮膚はとても繊細です。顔は入浴中または洗顔時に洗顔料を使って洗いましょう。
    • 洗顔料を選ぶときは、自分自身の肌質を考慮しましょう。アルコールを多く含む洗顔料は、肌が乾燥しやすくなります。敏感肌の場合は使用を避け、刺激の強い薬品を使用していない、低刺激性の商品を選ぶと良いでしょう。
    • 化粧をしっかりしている場合は、化粧落とし成分も入った洗顔料を探しましょう。もしくは洗顔料とは別に、化粧落としを購入すると良いでしょう。夜の洗顔をするまえに、化粧落としで化粧を落としましょう。
  3. 3
    毎朝毎晩、歯を磨きましょう。定期的に歯ブラシをすることで歯周病を予防できます。歯周病が進行すると、心臓病、脳卒中、糖尿病につながる恐れがあります。[2]甘いものや酸味の強い食べ物は、歯の酸蝕症を引き起こす可能性があるため、それらを口にしたあとの歯ブラシはとても大切です。
    • 携帯用歯ブラシと歯磨き粉を持ち歩き、食後に歯ブラシをすることで強い歯茎を保つことができます。
    • デンタルフロスを毎晩して、歯肉炎を予防しましょう。
  4. 4
    デオドラントをつけましょう。発汗抑制剤は大量の発汗を抑え、デオドラントは汗による体臭を隠します。健康への悪影響を軽減するため、従来のデオドラントではなく、アルミニウムを使用していない、自然なものを選ぶようにしましょう。[3]
    • デオドラントを毎日つけたくない場合は、汗をかくことが事前に分かっている日や、特別な日などに使いましょう。スポーツをするまえ、ジムに行くまえ、正装で出かける日などに使うと良いでしょう。
    • デオドラントをつけたくない場合は、石鹸と水で両脇を頻繁に洗い、不快な体臭を洗い落とすようにしましょう。
  5. 5
    着た服を洗濯しましょう。通常、シャツは一度着たら洗いましょう。半ズボンやズボンは、洗濯をするまえに何回か着まわせます。自分の最良の判断で洗濯する頻度を決めましょう。
    • シミがついている場合は、洋服を着るまえに染み抜きをしましょう。
    • アイロンを使ってシワを伸ばし、毛玉取り機で服についている毛玉や髪の毛を取りましょう。
  6. 6
    髪の毛を4週間から8週間置きに調髪しましょう。髪を長く伸ばしている最中でも、短さを保ちたい場合でも、手入れを定期的にすることで髪の毛の健康を維持できます。定期的に髪を整えることで枝毛が無くなり、総合的にきれいで健康な見た目が得られます。
  7. 7
    指と足の爪を定期的に切りましょう。定期的に爪切りをすると、見た目が良くなるだけでなく、ささくれや爪割れなど、爪に関連する問題を予防できます。また、短い爪は長い爪のように、爪の下に汚れが溜まることはありません。爪を切る頻度は、自分が好む爪の長さによって異なります。日々、どのようなことに手を使っているかで判断すると良いでしょう。例えば、長時間パソコンのキーボードを打ったり、ピアノを弾いたりする場合は、短い爪のほうが良いでしょう。長く伸ばしても問題ありませんが、爪が割れるのを避けるため、手入れを定期的に行いましょう。
    • 指の爪の下に入った汚れはオレンジスティックを使って取ると、菌による感染を予防できます。
    広告

パート2(全2パート):病気を予防する

  1. 1
    石鹸と水で手を洗いましょう。病気から自分自身を守るため、他の人へと細菌を広げないため、手洗いは最も大切な予防対策の一つです。[4]トイレに行ったあと、食事を用意するまえ、調理中、食事を用意したあと、食事をするまえ、病人を介護した前後、鼻水をかんだあと、咳やくしゃみをしたあと、動物に触れたり、動物のフンなどを処理したあとは、必ず手を洗いましょう。
    • 除菌剤を携帯すると良いでしょう。常に除菌剤を携帯することで、手が洗えないところにいても手を除菌することができます。
  2. 2
    手に触れる家具を定期的に掃除しましょう。キッチンカウンターや床、シャワーやダイニングテーブルは少なくても週に1回、石鹸と水、または市販の家庭用洗剤を使って拭きましょう。複数人で家を共有している場合は、掃除の役割分担を決め、1週間毎に担当を換えてみても良いでしょう。
    • 家庭用洗剤は一般的なブランドのものではなく、刺激の強い化学製品を多く使用していない、環境に配慮したものを選ぶようにしましょう。
  3. 3
    咳やくしゃみをするときは、鼻と口を押えましょう。周囲に細菌を拡散させないための、極めて重要な予防対策です。咳やくしゃみをしたあとは、必ず手を石鹸と水で洗いましょう。
  4. 4
    剃刀、タオル、化粧品を自分以外の人と共有するのは止めましょう。個人で使うものを共有すると、ブドウ球菌感染症を引き起こしやすくなります。[5]タオルや衣類を共有する場合は、人に貸すまえとあとに必ず洗濯をしましょう。
  5. 5
    女性の場合は、タンポンやナプキンなどの生理用品を定期的に交換しましょう。タンポンを使用している場合は4時間から6時間に1度交換することで、毒素性ショック症候群(TSS)の発症リスクを軽減します。[6]ナプキンの場合も、4時間から8時間に1度は交換しましょう。8時間以上の睡眠を予定している場合はタンポンではなく、夜用のナプキンを着けて寝るようにしましょう。
  6. 6
    検診を定期的に受けましょう。医師の診察を定期的に受けておけば病気や感染病などをいち早く見つけることができ、簡単な治療で対処できます。かかりつけの医者、歯科、婦人科、心臓医のほか、定期通院を要する病院があれば行きましょう。体調不良や感染病の疑いがある場合は、医者に診てもらいましょう。また、定期健診を必ず受けましょう。
    広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告