血液型を調べる方法

血液型が必要になるのは医療を受けたりビザの申請をする時、或いはただ自分の体のことをよく知りたくなった時かもしれません。両親の血液型から自分の血液型を推測することはできますが、確実に知るためには血液検査を受けなければなりません。血液型を知るための様々な方法をご紹介しますので、これを読んで自分の血液型を調べてみましょう。

ステップ編集

  1. 1
    主治医に血液型を尋ねる 採血や血液検査を受けたことがあれば、記録が残っているはずです。
  2. 2
    献血する 献血は簡単に血液型を調べられる上に人の役に立つこともできるお勧めの方法です。地域の献血ルームを探すか、学校、教会、公民館などに献血バスが来るまで待ちましょう。その際、終わってから血液型を教えてもらえるかどうかを聞いてみましょう。
    • 血液は検査のために処理しなければならないので、すぐには教えてもらえないかもしれません。数日後に電話で知らせてもらえるか聞いてみましょう。
    • 献血場所を選ぶ前に、検査後に血液型を教えてもらえるか予め電話で確認するとよいでしょう。
  3. 3
    在住国の血液センターに行きましょう。[2] 血液センターでは、どこで献血ができるか、どうすれば血液型がわかるかを教えてくれることがあります。
    • カナダの血液に関するの公式ホームページにある「あなたの血液型は?」というイベントスケジュールを見てみましょう。「カナダ血液サービス」では定期的にプロモーション活動が行われています。血液型が即座にわかり、血液型が一般的なのか、珍しいタイプなのか、また輸血したりされたりする場合にどのような人が対象となるのかも分かります。ABO式血液型はもちろん、Rhマイナス、Rhプラスのいずれかも知ることができます。
  4. 4
    オンライン血液型計算機を探す ウェブサイト上にある計算機で高い確率であなたの血液型を判定することができます。ただし、あなたのご両親の血液型がわからないとこの計算機では判定できません。[3] 下記が両親の血液型の組み合わせとそこから生じる血液型のタイプです。[4]
    • Oの親x Oの親=Oの子供
    • Oの親x Aの親=A又はOの子供
    • Oの親x Bの親=B又はOの子供
    • Oの親x ABの親=A 又はBの子供
    • Aの親x Aの親=A 又Oの子供
    • Aの親x Bの親=A 又はB又はAB又はOの子供
    • Aの親x ABの親=A 又はB又はABの子供
    • Bの親x Bの親=B又はOの子供
    • Bの親x ABの親=A 又はB又はABの子供
    • ABの親x ABの親=A 又はB又はABの子供
    Advertisement

ポイント編集

  • 血液型に加えて、RhまたはRh因子も検査してもらった方が良いでしょう。赤十字や他の専門機関で検査してもらったことがあれば、そこでRh因子を教えてもらえます。これはDと呼ばれることがあります。D+かD-と言われるでしょう。たとえば凝集がAフィールドとDフィールドで見られたのなら、その人はA+型となります。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ