蓄財する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

財産を築くことは大半の人にとっての夢です。長年にわたり汗水を流して働いた証にしたいと思うでしょう。しかし、どうすれば今現在の必要と将来への投資を両立できるのでしょうか。その方法についての簡潔で包括的なガイドをご紹介します。

パート1(全4パート):貯蓄のエキスパートになる

  1. 1
    まず予算を立てましょう。優先順位を定めます。お金を貯蓄しなければ蓄財はできず、自分が持っているものやお金をどう使うかを知らなければ、お金は貯蓄できません。おそらく既に基本的な予算の立て方は理解しているでしょうから、ここでは予算の建て方の詳細を省いて記事が退屈になることを避けます。手本として守ることができる「妥当な」予算を立てることが、究極の経済的独立に向けての大きな一歩であるという大局を覚えておきましょう。
  2. 2
    給与を受け取る毎にその一部を取り分けましょう。取り分ける額は自分次第です。10-15%を取り分けることを誓う人もいれば、それより若干多めの額を取り分ける人もいます。[1]若いうちから貯蓄を始めれば、貯蓄に費やす期間が自ずと長くなるので、給与毎に取り分ける額は減らせるでしょう。ですから、たとえ10%しか取り分けないとしても、早い時期から貯蓄を始めましょう。
    • よくあるもう一つの大まかなルールは、8倍ルールです。この大まかなルールは、退職するまでに給与の8倍を貯蓄するというものです。[2]この目安で計ると、35歳までに給与の倍、45歳までに3倍、55歳までに5倍の額を貯蓄している必要があります。
  3. 3
    「無償」のお金を最大限に活用しましょう。人生の中でただな物はごくわずかです。特にお金はただでは入手できない物の筆頭でしょう。ですから、お金が無償で入手できる機会があれば、断固たる行動をとらなければなりません。お金が「無償」で稼げる機会の一つを挙げます。
    • 企業型確定拠出年金のマッチング拠出は雇用企業が規約に定める事で、企業が拠出する掛金に上乗せして従業員も掛金の拠出(上限あり)が可能になります。自身の給与から拠出する額に合わせて、雇用者も同額を会社の懐から拠出するのです。もし雇用者が1万円を年金に拠出する場合、自身も1万円を拠出でき、合計2万円が年金に貯蓄されます。おそらくこれは「無償」に限りなく近い例ですから、積極的に活用しましょう。[3][4]
    • 確定拠出年金は老後年金の一つで、積立期間中は非課税、つまり積立金の受け取り時まで課税されない、もしくは全く課税されない場合があります。
  4. 4
    (ロスIRAの記述は米国の場合にのみ当てはまります)ロスIRAへ早期から積み立てを始めましょう。確定拠出年金と同様に、ロスIRAは投資できる老後年金の一つで、非課税になる可能性があります。IRA口座には年間の掛金に上限(5000ドル)がありますが、20代から30代の間は毎年上限一杯まで拠出することを目標にしましょう。
    • ロスIRAがどれほど効率的に蓄財するかをここに示します。20歳から年間拠出上限額の5000ドルを45年間拠出して8%の金利を加えると、奇跡が起こります。退職時には193万ドルもの金融資産になるのです。[5]普通預金に貯蓄する場合と比較すると「170万」ドルの増収になります。
    • なぜロスIRAはこれほど素晴らしい財産を構築できるのでしょうか。複利制度を採用するからです。複利は次のように機能します。銀行や他の機関が自身のIRAに利子を払い込みますが、利子を引き出す代わりに口座に戻します。次回利子を受け取る際には、元本に対する利子だけではなく、利子に対する利子も受け取ることになります。
    • どの貯蓄手段も同じですが、早期に始めるほど良いと言えます。20歳の時に一度だけ5000ドルを拠出して45年間8%の金利を受け取ると、なんと16万ドルに成長します。しかし、39歳の時に5000ドルを拠出すると、退職時にはその5000ドルは4万ドルにしかなりません。ですから、早い時期に始めましょう。
  5. 5
    クレジットカードやデビットカードは処分しましょう。クレジットカードは場合によっては大変便利ですが、望ましくない金融行動を助長する場合もあります。クレジットカードは所持金以上の散財を促し、現実問題を最終的に避けられなくなる将来まで先延ばしにするからです。
    • さらに、科学者はクレジットカードと実際の現金では、人間の頭脳の捉え方が「大いに」異なることを発見しました。ある研究は、クレジットカードの利用者は現金払いの人に比べて平均12%-18%多く支出すると報告しており、マクドナルドは、店舗内でのカードの利用者が、現金払いの人に比べて平均2.5ドル余計に支出すると報告しています。なぜこうしたことが起きるのでしょうか。
    • はっきりしたことは判りませんが、人はクレジットカードよりも現金をより「お金」として感じる傾向にあるようです。おそらく、カードで清算する際に物理的なお金が介在しないからでしょう。要するに、クレジットカードはボードゲームのモノポリーで使うお金、つまり偽金の様に私達の原始的な頭脳の部分が感じるのです。
  6. 6
    税の還付金は貯蓄するか、少なくとも賢明に用いましょう。年度始めに政府から還付金の支払いがあると、多くの人は無駄遣いに走ります。「儲けものだ。散財して楽しもうではないか。」と考えるのでしょう。時にはそうすることももちろん(そして当然の状況下では)かまいませんが、財産を「築く」助けにはなりません。還付金を消費する代わりに、貯金もしくは投資、あるいは多額の融資返済に当てましょう。新しいデッキチェアやキッチンの改装に支出するほど良い気分にはならないかもしれませんが、将来に対する備えをする、という目標を達成する助けにはなります。
  7. 7
    貯蓄についての自分の見方を変えましょう。確かに貯蓄は大変で、途方も無く難しいでしょう。元々その本質として貯蓄は将来の利得のために現在の快楽を先送りする勇気がいる行動です。頭を傾けて通常と異なった視野でその行程を観察すると、より良い貯蓄家になるための動機付けを得ることができます。そのためのいくつかの指針を紹介します。
    • 高額の購入をする際は、費用を自分の時給で割り算しましょう。[6]購入希望の靴が一足3万円で、自身の時給が1200円であれば25時間分、もしくは週の半分に相当する仕事量を支払う計算です。自分にとってその靴はそれほどの価値があるものですか。価値がある時もあるでしょう。
    • 貯蓄の目標を小分けにしましょう。年間55万円を貯蓄するという目標の代わりに、月毎や週毎、あるいは日毎の目標を設けます。「今日は1500円を取り分けて貯蓄する」という具合です。毎日これを1年間続ければ、55万円を貯蓄できます。
    広告

パート2(全4パート):活動的に蓄財をする

  1. 1
    公認のフィナンシャルプラナーに相談をしましょう。「金をつくるには金が必要だ」ということわざを聞いたことはありませんか。優秀なフィナンシャルプラナーがそれに当たります。フィナンシャルプラナー、特に優秀なプラナーの採用には費用が「かかり」ます。しかし最終的には、かかる費用よりも多くのお金を「稼いで」くれるでしょう。そういう意味では、良い投資と言えます。自身の蓄財の助けとなるでしょう。
    • 優秀なフィナンシャルプラナーは、お金の管理以上のことをしてくれます。投資戦略の教示や長期と短期の目標、財産との健全な感情や合理的な関係の育み方、そして一生懸命稼いだお金の一部をいつ用いるべきかを教えてくれます。
  2. 2
    金融資産に一部投資をするか決めましょう。財産を維持するだけでなく築こうとするのなら、金融資産への投資は欠かせません。投資方法は非常に多岐にわたり、優秀なフィナンシャルプラナーなら、株式投資の正しい方向性を指し示してくれるでしょう。考慮すべき投資案をいくつか挙げます。
    • 株価指数対象銘柄への投資を考慮します。東証株価指数や日経平均株価の対象銘柄に投資をするのは、日本の経済発展に賭けていることを意味します。株価指数対象銘柄への投資は、比較的安全で賢明であると多くの投資家は考えています。
    • 投資信託への投資を考慮します。投資信託は様々な株式や債券を束ねて、リスクを共同管理します。投資信託は1つか2つの特定銘柄株式に一括投資するより利益が少ない傾向にありますが、リスクはかなり低減します。
  3. 3
    デイトレードに引き込まれないようにしましょう。毎日安値で買い、高値で売り抜ければ株式市場で大儲けができると思うかもしれませんが、いずれ自分の間違いを思い知らされる時が来ます。銘柄選択の際に、確実なビジネスのファンダメンタルズや業界の健全性、あるいはその他の価値志向型投資の信条を活用したとしても、それは投資ではなく、本質的には投機もしくは賭け事です。そして賭け事では大抵カジノ側が勝つと決まっています。
    • 大変多くの学術的研究により、デイトレードでは利益を得られないことが判明しています。[7]毎日膨大な手数料がかかるだけでなく、運が良ければ25%から50%の増益が得られるのみです。株式市場を正確に予測することは大変困難です。株の売り買いを頻繁に行う人に比べて、優良株を選択して長期投資に資金を費やす人の方が、大抵の場合、より多額の利益をあげます。
  4. 4
    外国市場か新興国市場への投資を考慮しましょう。米国の株式市場と債券は、長きに渡り最も儲けのよい投資先でしたが、いまでは新興国市場が、分野によってはさらに高い発展を遂げています。[8]外国市場や債券への投資は自身の金融資産をより完全なものにし、他では得られないリスク削減を達成できます。
  5. 5
    いくつかの注意事項を念頭に不動産への投資を考慮しましょう。資産を増やす上で不動産投資は高い見返りを望める方法ですが、いつもそうだとは限りません。不動産価値は上昇するのみと考える人達は、2008年に起きた金融危機に留意すべきです。貸し付けが大幅に制限される中、人々は所有する不動産価値の暴落を経験しました。市場が安定したため、再び多くの人が蓄財のために不動産への投資を行っています。不動産投資を選択する場合に役立ついくつかのコツを記します。
    • 負担できる範囲で家を購入し、家賃を支払う代わりに住宅ローンの返済をします。人生の中で住宅融資をうけることは最も高価な単一の購入物でしょう。しかし、経済的に道理にかなっているのであれば、購入可能範囲内の住宅購入を躊躇すべきではありません。将来自分の所有物となるものへのローン返済の代わりに、自分のものにはならない不動産のために何万円もの家賃を家主へ支払うべきでしょうか。自宅を所有する(住宅維持には多額のお金が必要です)財政的余裕があれば、住宅購入は賢明な選択でしょう。
    • 住宅の即転売には注意をしましょう。即転売は慎重に行います。即転売とは、住宅購入後できるだけ少額で改装を行い、転売益を得るために直ちに改装した住宅を市場へ売りに出すことです。住宅の即転売は可能で、利益を挙げる場合もありますが、長期間に渡り売れ残る場合や、金食い虫になる場合、もしくは買手の望む支払い価格より高額すぎてしまう場合もあります。
    広告

パート3(全4パート):賢明な消費者になる

  1. 1
    収入に見合った生活をしましょう。これは、個人ファイナンスを学習するにつれ、学習者が直面する最も困難なレッスンの一つです。将来、収入以上の生活をするために、今収入に見合った生活をしましょう。今収入以上の生活をすれば、将来今「以下」の生活になることを予期しましょう。大半の人にとって、快適性を「格上げ」する方が、「格下げ」するより容易です。
  2. 2
    決して高額品を衝動買いしてはいけません。都心でスマートなホイールを履いた新車を友人が運転しているのを見かけると、自分も欲しくなるかもしれませんが、それは感情部分の自分が語りかけているのであって、理性部分の自分ではありません。感情部分の自分は衝動買いを望んでいても、理性的な自分がそうしてはいけないと思う場合にできることを下記に記します。
    • 強制待機期間を設けましょう。少なくとも1週間、できれば自身の経済状況がはっきりする月末まで待ちましょう。1週間かそれ以上待っても購入したいのなら、それは衝動買いではないでしょう。[9]
  3. 3
    食料品の買い物は空腹時にはせず、必ず買い物リストを作成しましょう。いくつかの研究によれば空腹時に買い物をすると、必要以上のものや高カロリーの食品を購入する傾向にあるという報告があります。[10]ですから、1、2回の例外を除き、食料品の買い物に出かける前には食事を済ませて、買い物リストを作成しましょう。そうすると、自分が必要かもしれないと思うものではなく、必需品を購入するようになります。食料雑貨店で購入するものの約12%が廃棄されるという調査結果があることを覚えておき、消費しないものを購入して支出を増やさないようにしましょう。
  4. 4
    インターネットでまとめ買いをしましょう。1ヶ月以内に無くなると判っているティッシュを一箱だけ購入する代わりに、賢く1年分を購入します。小売業者は節約できた分を、まとめ買い商品の大幅な値引きとして転嫁します。[11]そして、まとめ買いをもっと効果的にしたければ、買い物をする前にインターネットで価格を調査しましょう。小売業者は人件費や商品を展示する店舗にかかる経費が少なく倉庫費のみで済むので、インターネットでの価格は大抵の場合かなり安価になります。
  5. 5
    昼食には弁当をより頻繁に持参しましょう。昼食の購入費に平均1000円かかり、弁当代が平均500円で済むとすれば、年間で13万円の節約になります。これだけの額があれば、思いがけない支出や失業をした際の少額緊急資金になります。もちろん、倹約と社交性のバランスを保つため若干の時間とお金を取り分けておき、同僚とたまには食事に出かけるようにしましょう。
  6. 6
    住宅ローンがある場合、ローンのリファイナンス(ローンの借り換え)をしてお金を節約しましょう。住宅ローンをリファイナンスすると、ローン返済期間における月々の返済額が大幅に削減できます。特に変動金利制のローンを組んで、金利が上昇してしまった場合はリファイナンスを検討しましょう。
    広告

パート4(全4パート):技術を向上することによって蓄財する

  1. 1
    稼ぎ方を学びましょう。自分の技術が収入の可能性を制約しているなら、学校に戻ることを考慮しましょう。職業訓練所やコミュニティ・カレッジ(コミュニティ・カレッジは米国の教育制度の一つ)は大変値打ちです。例えば、パソコン業界に関心があるなら、多数のコミュニティ・カレッジでパソコンの資格試験を受けることができます。
    • 専門職学位や技能学位は、数学や英語、歴史といった一般科目を受講する必要がないので、通常の学位取得に比べて授業料や料金は安価で短時間に済ませられます。さらにインターネットの2年制コースでは好きなだけ課程を選択できます。
    • 特筆すべき点は、准学士の重みは過小評価できないということです。雇用者の大半は、学習課程が修了でき、向上心があることを知りたいと思うか、ただ単に「紙」の資格を必要としているだけです。
  2. 2
    業界仲間と連絡を取り合いましょう。社内の駆け引きを恐れないようにしましょう。持ちつ持たれつというのも悪くはありません。
  3. 3
    地域連携を支援しましょう。地元の商工会議所や零細企業協会の地域活動に注意を払います。ボランティア活動に参加して会員と話を交わし、地域貢献を行いましょう。人脈形成と同じく、どのように他人の人生へ影響を及ぼし、自分も影響を受けるか分かりません。魚釣りをする時は、釣り糸を多く垂らした方が魚は釣れるのです。
  4. 4
    お金の「使い方」を学びましょう。倹約や貯蓄そして将来のために払う犠牲の微妙なバランスを習得したら、時にはお金を使うのも良いことを思い起こしましょう。なぜなら、お金自体が目的ではないからです。お金は目的を達成するための手段で、真の価値はお金でなにが買えるかであり、死ぬ時にいくら財産があるかではありません。ですから人生のささやかな、そしてそれほどささやかではない楽しみを自身で時々味わえるようになりましょう。ヴェルディを聞きに出かけたり、中国へ旅行したり、革靴を一足購入するのも良いでしょう。そうすれば、生きている「間」に人生を楽しめるようになります。
    広告

ポイント

  • 徹底的に読みましょう。自身の業界で何が起きているか(動向や新構想)を知り、世界で何が起きているのかを学ぶため、あらゆることに関して読みましょう。経済の国際化により、世界で起きていることはなんであれ自身の業界にも影響を及ぼすでしょう。
  • 収益を挙げられる投資ができるようになりましょう。
  • 勤めている会社が企業型確定拠出年金のマッチング拠出を提供しているなら、参加しましょう。企業の拠出額に見合った額が個人からも拠出できます。これは無償のお金です。自分にお金を与える以外、お金を余分に得るために何もする必要がないのです。これより簡単なことはありません。
  • 種となるお金は、自身のために投資をして「発芽して成長する」必要があり、取り崩して使ったり、「水やり」(有利な投資の維持)を忘れたりしてはいけません。
  • 自分の知識分野を養いましょう。土地は肥やさねば休閑地(気を緩める)になります。自分の関心がある分野で「更なる訓練と教育」を受けましょう。
広告

注意事項

  • 自分の欲望や望むものに貯金を用いないようにしましょう。
  • 「種となるお金」の作付けを忘れないようにしましょう。忘れると「作物/収穫」が無くなります。
  • 最低賃金で働くことはやめましょう。ビジネスは合法内で、できるだけ低賃金を支払おうとするものです。
  • 確定拠出年金か類似の年金に投資している場合、年金を担保にお金を借りてはいけません。重大な結末をよびかねません。(米国の場合。日本では確定拠出年金を担保にすることはできません。)
  • 投資のアドバイス:種を食べたり(作物が実らない)繁殖力がある鶏の卵すべてを食べてはなりません(ひよこが生まれません)。
    • 雌鶏はやがて年を取り、収入が無くなります。
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 資金管理

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告