英語のHoweverを使う方法

共同執筆者 Christopher Taylor, PhD

英語の「however」の使い方に自信を持てないのは、正しい使用法が多岐にわたるからかもしれません。「however」は使い方ごとに句読点の打ち方が異なるため、わかりづらく感じるのでしょう。一度違いを学べば、うまく使えるようになるはずです。

3の方法1:
対比や背反する内容を述べるときに使う

  1. 1
    文頭に「However」を用いて、対比する文を始めます。背反または対比する文は、「However,…」で始めましょう。文脈が変わることが読み手に伝わります。「However,」のように必ずコンマを付け、その後に完全な文を続けましょう。[1]
    • 次のように使うことができます。「I was very excited to be invited to lunch. However, I had already made plans.」(昼食に招待されてとても嬉しかった。でも、すでに予定があった。)
    • 他には次のような例文中にも使用できます。「The pattern was certainly original. However, the new wallpaper did not match the furniture at all.」(模様は確かに独創的なデザインだった。しかし、新しい壁紙は家具に全然合わなかった。)
  2. 2
    対照的な2つの文を「; however,」を用いて接続します。対照的または逆の内容の完全な2文の関連性が高いとき、セミコロン、「however」、コンマを付けて接続します。こうすると、2文目には初めの文と何か対照的な部分があると示すことができます。[2]
    • 対照的な内容を含む次の2文で使ってみましょう。「I would love to join you for lunch. I am too busy.」(あなたと一緒に昼食を食べたい。私は忙しすぎる。)
    • これらを接続します。:「I would love to join you for lunch; however, I am too busy.」(あなたと一緒に昼食を食べたいが、私は忙しすぎる。)
    • 文と文の関係が明確になることで、文章にまとまりが出ます。
  3. 3
    余談を述べるときに「, however,」を使います。展開中の文に何かをはさむとき、前後にコンマを付けて「however」を挿入します。別の「however,」の用法と同様、これを付けると前の内容と対照的であることを示しますが、柔らかめの表現となります。[3]
    • 2文目の主語の後ろに「, however,」を付けます。「I can't make it to lunch. You, however, are going to love that restaurant.」(私は昼食に参加できません。でもあなたはそのレストランを気に入るでしょう。)
    • 助動詞と動詞の間に入れます。「I can't make it to lunch. I could, however, join you next week.」(私は昼食に参加できません。来週だったらご一緒できるのですが。)
    • 2文目の終わりに付けます。「I can't make it to lunch. I could join you next week, however.」(私は昼食に参加できません。来週だったらご一緒できるのですが。)
    広告

3の方法2:
複合関係副詞として使う

  1. 1
    「どれだけ…でも」や「どのように…しても」という意味で使用できます。限度が無いことを表すときに、複合関係副詞の「however」を使います。文頭またはコンマの後に、主節の中で使うことができます。[4]
    • 次のように表すことができます。「However you look at it, we owe Puerto Rico significant aid.」(どう考えても、我々はプエルトリコに莫大な援助をする義務がある。)
    • 次のような表現もできます。「I'll make it to lunch, however the day goes.」(どんな日になっても、なんとかしてランチには行きます。)
    • 代わりに「regardless of how」か「in whatever way」を入れても違和感がないか読み直し、正しく使用できているか確かめましょう。
  2. 2
    形容詞または副詞と組み合わせます。「However」を形容詞か副詞と組み合わせ、「どんなに~でも」という意味で使うことができます。[5]
    • 次のように表現できます。「I'll call you from Tokyo, however much it costs.」(いくらお金がかかるとしても、東京から電話します。)
    • 別の例ではこうなります。「However doomed the relationship, an open heart is its own reward.」(どれほど不仲でも、率直さはそれ自体が報いです。)
  3. 3
    「how ever」で質問を始めて、驚きを表現しましょう。言及する行為への驚きを示したいときに、「いったいどうやって」という意味で「how ever」を使うことができます。「ever」は強調の意味で使われるため、howとeverは2語になります。[6]
    • 次のように使用します。「How ever did you find my address?」(いったいどうやって私の住所がわかったのですか。)
    広告

3の方法3:
よくある間違いをチェックする

  1. 1
    セミコロンやコンマが正しい位置に付いているか確認しましょう。「however」を接続副詞として使用する場合、「however」の前にセミコロンを付け、後ろにコンマを付けるのを忘れないようにしましょう。「however」を使うには、2つのコンマだけでは不十分だと覚えておきましょう。[7]
    • 間違い:「Yes, your new shoes do match your outfit, however; they aren't weather-appropriate.」
    • 間違い:「Yes, your new shoes do match your outfit, however, they aren't weather-appropriate.」
    • 正しい文:「Yes, your new shoes do match your outfit; however, they aren't weather-appropriate.」(そうだね、君の新しい靴はファッションには合っているけれど、天候にはふさわしくないよ。)
  2. 2
    不完全な文になっていないか確認しましょう。「However」で始めると、断片的な文になってしまうことがあります。文頭が「However, …」の場合、後には主節が続かなければいけません。「However」を使ったすべての文を読み直し、完全な文になっているかチェックしましょう。[8]
    • 間違い:「However, the sky in April.」この文は動詞が無いため不完全です。
    • 正しい文:「However, the sky in April was clouded.」(しかし4月の空は曇っていた。)これで主語と動詞のある完全な文となります。
  3. 3
    言いたいことが表現できているかチェックしましょう。複合関係副詞の「however」を含む文は、文法によって意味が大きく変わります。誤った位置に使用したり句読点を忘れたりすると、言いたかったこととは別の意味になってしまう可能性があります。次の例から、句読点の位置による意味の違いを見てみましょう。[9]
    • 「Carrots are naturally delicious however they have been cooked.」
    • 「Carrots are naturally delicious; however, they have been cooked.」
    • にんじんがどう調理されても美味しいと言いたい場合は1文目となります。
    • にんじんは生では美味しいが調理されると美味しくないと言いたいのであれば、2文目となります。
  4. 4
    特に文頭には「However,」を使いすぎないように気を付けましょう。1ページにつき数回の使用にとどめましょう。「However,」で文を始めようとするときには、セミコロンとコロンを使って前文とつなげた方がわかりやすくはないか、再度考えてみましょう。また、次のような異なる接続副詞を使い、表現に富む的確な文書にしましょう。[10]
    • Rather(むしろ)
    • Instead(その代わり)
    • Yet(それなのに)
    広告

ポイント

  • 複合関係副詞は前の語、句、節を修飾する節をつくります。
  • 強調する語は表現を強める副詞です。[11]
広告

関連記事

How to

句読法に従って正しく英語を書く

How to

英文で「yet」を用いる
広告

このwikiHow記事について

非常勤英語助教
この記事はChristopher Taylor, PhDが共著しています。 クリストファー・テイラーはテキサス州のオースティン・コミュニティー・カレッジにて、非常勤の助教として英語を教えています。2014年にテキサス大学オースティン校から英文学と中世史の博士号を授与されています。
カテゴリ: 文法
他言語版

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告