花火の時に犬をなだめる方法

共同執筆者 Pippa Elliott, MRCVS

花火の点滅する光やドーンという音がすると、犬は警戒し怯えます。近所で花火があれば、犬のそばにいて、なだめたり騒音をごまかしましょう。犬ができるだけ安全に過ごせるように、事前に家の中を準備します。花火会場に犬を連れて行くのは避けましょう。どうしてもついてきてしまったら、ストレスを受けていないか注意深く観察します。

3の方法1:
家で犬をなだめる

  1. 1
    犬のそばで普段通りに振舞います。花火に気づかないふりをして行動しましょう。犬の近くで元気に楽しそうに振舞います。犬がなだめてもらおうと寄ってきたら、抱きかかえたり、撫でたりしましょう。離れて行ったり、隠れたりする場合はクンクン鳴いていても放っておきます。[1]
    • 犬がベッドの下やクレートに逃げ込んで隠れることもあります。このような時は、追いかけずに時々様子を見るだけにします。
  2. 2
    ホワイトノイズや音楽をかけます。テレビをつけても効果があります。花火の音を消すことはできませんが、花火の衝撃を和らげる効果があります。ただし、普段より大きな音で音楽をかけないようにします。[2]
    • 「Relax Melodies」 や「ホワイトノイズ HQ」 などのアプリを使うとホワイトノイズを聞くことができます。
    • また、動画配信サイトには心が落ち着く曲や環境雑音などがあります。
  3. 3
    カーテンを閉めます。花火の明るく点滅する光で犬が警戒します。カーテンやブランドなどを閉めると、少し安心するでしょう。[3]
    • 光を遮断するもう一つの方法は、犬に目隠しのような「カーミング キャップ」をつける訓練をしておくことです。とはいえ、花火の光より音に動揺する犬もいるので、効果は犬によって異なるでしょう。[4]
  4. 4
    ゲームやパズルで遊んで犬の気をそらせます。犬に何かやることを与えると、花火から気をそらすことができます。家の中で一緒に綱引きや「取って来い遊び」をしましょう。おやつを詰めたおもちゃやパズルなどを与えるのも効果的です。[5]
    • おやつを詰めたボールやコングのおもちゃ、パズルなどが適しています。
    • ストレスを感じている犬に、おやつだけを与えないようにします。少しの間遊びに集中させるのが目的です。
  5. 5
    サンダーシャツを使用します。サンダーシャツは、犬の体に巻く特別なベストです。体をやさしく包んで、ストレスを軽減する効果があります。サンダーシャツはペットショップやインターネットで見つけられます。[6]
    • また、小さなシャツや伸縮性のシャツを犬に着せる方法もあります。逆向きに着せると襟ぐりから尻尾を出せます。犬にぴったり合ったサイズのシャツを着せましょう。
  6. 6
    伸縮性のある包帯で抗不安ラップを作ります。サンダーシャツと同じ効果を得られます。伸縮性のある非粘着性の包帯を使用します。首の下の胸の部分に包帯を巻きます。そのまま背中を通って、前足の後ろのおなかの部分を覆い、背中で止めます。締め付けないように注意して、ぴったりと包帯を巻きましょう。[7]
  7. 7
    外出する際はリードを付けましょう。できれば花火の間は犬を外に出さないようにします。たとえ庭先でも、逃げ出そうとしたりフェンスを越える危険があります。どうしても外出する場合はリードを付けましょう。用事が終わり次第すぐに家に戻ります。[8]
    • 花火が終わったように見えて、実は中休みということもあります。花火の夜は、どこへ行くにもリードを付けておきましょう。
    Advertisement

3の方法2:
花火会場に犬を連れて行く

  1. 1
    不安のサインに注意します。犬は人間と違う形でストレスを表します。おとなしく座っていても実はひどく動揺していることもあります。怯えやストレスのサインには次のようなものがあります。[9]
    • 頻繁なあくび
    • ハアハアと浅い呼吸
    • よだれ
    • ブルブルッと体を揺する
    • 唇をなめる[10]
  2. 2
    リードを付けておきましょう。普段リードがなくても平気な犬でも、花火に怯えて走り出すことがあります。リードがあれば犬が花火会場から逃げ出すのを防げます。[11]
    • 首輪や犬と飼い主の名前、連絡先を記したIDタグをつけます。万が一逃げ出したときに迷子になりません。
  3. 3
    水を与えます。不安があると犬は息が荒くなるので、水分がたっぷり必要になります。水をカップに注いで飲ませましょう。ペットボトルの水しか持っていない場合は、犬の目前でゆっくり水を注ぐと、そこからなめることができます。[12]
  4. 4
    ゆっくり歩かせます。不安を解消するために歩き回りたい犬もいます。犬が起き上がって動きたがったら少し歩かせてあげましょう。[13]
  5. 5
    犬の動揺が激しければ帰宅します。根本的に花火は犬にひどい不安やストレスを与えるものです。大好きな犬の不安や怯えをなだめられなければ、家に連れて帰るほうが賢明です。[14]
    Advertisement

3の方法3:
花火の前に不安を軽減する

  1. 1
    花火の当日は、餌と水を早いうちにたっぷりと与えておきます。花火が始まると食べないことがあります。外が暗くなる前に餌を与えましょう。また、不安を感じると水をたくさん飲みます。新鮮な水をたっぷり用意しておきましょう。[15]
  2. 2
    早い時間に運動させます。運動してエネルギーを発散させると、過剰なエネルギーが後で不安に変わるのを防げます。外で普段より長く過ごすと、花火が始まってから外出する必要がなくなるかもしれません。[16]
    • 夕暮れ直前に散歩をします。排便をすませておきましょう。後で外に出さなくてすむかもしれません。
    • 昼間、犬とゲームなどで遊びます。ドッグランに連れて行ったり、庭で「取って来い遊び」などをしましょう。
  3. 3
    家の中に犬が隠れる場所を用意します。隠れる場所を数か所用意すると、怯えた時に逃げ込むことができます。犬は四方を囲まれた狭く暗い場所を好みます。[17]
    • クレートがあれば、その中に飼い主の脱いだ服などを入れておくと犬が落ち着きます。クレートの上から毛布などで覆うと、より快適で安全に感じるでしょう。
    • ベッドの下に隠れたり、バスタブの中に飛び込んだりする犬もいます。そのような場所が犬にとって安全な状態か確認しておきましょう。逃げ込む場所に行けるようにドアを開けておきます。
    • 犬に隠れてほしくない場所、例えばクローゼットの中や地下室などがあれば、ドアを閉めておきます。その場合、隠れる場所を別に用意しておきましょう。
  4. 4
    花火の音に慣れるために録音した花火の音を聞かせます。前日に花火の音を犬に聞かせましょう。インターネットなどでCDを購入できます。また、配信サイトの花火の動画を利用することもできます。[18]
    • 花火の騒音を定期的に聞かせると、犬が大きな音に鈍感になるかもしれません。
  5. 5
    獣医師に犬が不安の既往症があるか相談します。過去に、花火や雷、その他の大きな騒音に過剰に反応した場合は、花火の開催日より前に獣医の予約をします。犬が落ち着けるような薬を処方してくれることもあります。[19]
    • 獣医師は、フェロモンの一種であるAdaptil DAPという薬を勧めるかもしれません。スプレータイプや拡散器、首輪などの種類があります。
    • 薬理学的選択肢としてはSileoがあります。これはヨーロッパで販売されている薬です。花火などの騒音起因性不安症を特別に治療するように作られています。[20]
    • 薬を使うのに抵抗があれば、ジルケーンのような抗不安サプリメントを摂取させる方法もあります。。
    • 獣医師に動物行動学の専門家を紹介されることもあります。大きな音への不安を軽減する訓練を受けることができます。ただし、訓練終了までには半年ほどかかる場合もあります。
    Advertisement

ポイント

  • 犬が不安を表す行動をした時に怒鳴ったり叱ったりしてはいけません。問題行動がおさまるどころか、混乱してしまいます。
  • 犬に首輪とIDタグを常につけておきましょう。犬が逃げ出しても無事に戻ってくることができます。また、マイクロチップを埋め込むことも検討してみましょう。
  • 花火を見に出かける場合は、誰か一人は犬と一緒に家に残りましょう。そばに誰かがいると犬が安心します。
Advertisement

注意事項

  • 花火が行われる祝日、例えば新年、アメリカの独立記念日、イギリスのガイ・フォークス・ナイトなどは多くの犬が逃げ出して家に戻れず、アニマルシェルターがとても忙しくなる日でもあります。このような時期には、家で犬の安全を守ってしっかり監視しましょう。
Advertisement

このwikiHow記事について

獣医、Royal College of Veterinary Surgeons(王立獣医師会)
この記事はPippa Elliott, MRCVSが共著しています。 獣医であり、Royal College of Veterinary Surgeons(王立獣医師会)のメンバーでもあるエリオット医師は、30年以上にわたり、かかりつけ獣医、そして獣医外科医として獣医療の実践に努めてきました。1987年にグラスゴー大学にて獣医科学と獣医外科学の学位を取得してます。エリオット医師は生まれ故郷の町にある動物診療所に20年以上勤務しています。
カテゴリ: ペット・動物 |

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement