良い人になる方法

共同執筆者 Paul Chernyak, LPC

単に他人のために何かをするだけでは、良い人になることはできません。人類にプラスのエネルギーを注ぐ前に、まずは自分自身を受け入れ、愛する必要があります。哲学者は何世紀にもわたり、何が良くて何がそうではないのか議論を交わしてきましたが、良いというのはただ親切であることよりも複雑であると多くの人が感じています。個人によって道筋はそれぞれ異なりますが、良い人であるということは自己を発見し、世界における自分の役割を見つけることと深い関係があります。真に良い人になるために、自分にとって「良さ」とは何を意味するのかについて熟考する必要があるでしょう。おそらくこれは、他人のために善行をするとか、正直で親切な人になるとかを意味するかもしれません。あなた自身をより良い人にするために、ここで紹介されているいくつかの方法を試してみましょう。

3の方法1:
自分自身を改善する

  1. 1
    あなたにとって、良い人とはどのような人のことを指すのか決めましょう。単に他人に害を与えない人のことを良い人だととらえる人もいます。しかし、他人に何をしないかということよりも、他人のために何をするかということによって定義されることもあります。また、他人にそうするのと同様に自分自身を助ける人も、良い人に含まれることでしょう。[1]あなたが信じる良い人の必然的な条件が何であるかを決めましょう。
    • どんな人が理想的な人物でしょうか?あなたにとって理想的な良い人に挙げられる特徴のリストを作りましょう。それらの特徴を実践しながら生活しましょう。[2]
    • 見返りに何かを求めていませんか?自分をよく見せるためにしていませんか?もしくは本当に助けを与えたいという気持ちから行っていることでしょうか?気取るのをやめて、見返りを期待することなしに人に何かを与える態度を身に付けましょう。[3]
    • 良さが意味するのは、外面的良さだけではありません。心から純粋に良くなるということについて、よく考える必要があります。究極的には、自分で実践したい道徳的規則を決め、良い人になれるとあなたが信じる行動をすることが重要です。ときにこれは他の人が信じる良さと対立することがあるかもしれませんし、間違っているとか邪悪だとかと言って、あなたを責める人さえいるかもしれません。彼らの視点を考察しましょう。彼らがあなたの知らないことを何か知っているのであれば、彼らから学んで道徳観を修正することができます。一方で彼らの経験が浅ければ、話半分にその意見を聞いてもよいということになるでしょう。
  2. 2
    手本となる人物を選びましょう。手本とする人物がいることで、目指す実例があることになります。あなたが手に入れたいと思っている特性のある人物だとよいでしょう。どのようにそれらの憧れの特質を取り入れられるか、方法を考えましょう。仕事や、クリエイティブな趣味、個人的な人間関係、食事、生活様式などにどう応用できるか考えてみましょう。[4]
    • あなたは誰を、そしてなぜ尊敬していますか?彼らは世界をよりよい居住地にするためにどのような貢献をしていて、あなたはどうしたら同じことができるようになるでしょうか?
    • あなたが尊敬する彼らの特性はどのようなもので、どうしたらあなたも同じものを持つようになれるでしょうか?
    • 手本にする人物を、まるでいつもあなたの側にいる懐っこい魂のように、いつも近くに感じましょう。彼らだったらその状況でどう振る舞うだろうか、その質問にどう答えるだろうかと考え、同じ手法で応答してみましょう。
  3. 3
    自分自身を他人と比べるのをやめましょう。ある特性において上には上があるということと、一方であなたよりも劣っている人も多くいるということを理解するようにしましょう。他人と比べてみじめな気持になっている時間とエネルギーを無駄にするよりも、内に秘める力を発達させることに使いましょう。毎朝自分をほめましょう。幸せになればなるほど、ポジティブな人になることができ、その雰囲気は周りにも伝わっていきます。[5]
    • あなたには自分だけの唯一の才能や手腕があります。他人の才能に目を向けるよりも、自分の才能を世の中のためにどう生かすかについて考えましょう。[6]
  4. 4
    自分自身を愛しましょう。あらゆる意味で自分を愛しましょう。無条件に自分を受け入れる練習をしましょう。他人を真に愛することができるようになる唯一の方法は、自信をもって自分を愛することです。あなたの行いとあなたの信条は、自分も他人も良い気持ちにさせるものである必要があります。自分のケアなしに他人に何かをしようとしても、憤慨し、怒り、ネガティブな気持ちになるだけです。一方で自分を愛していれば、他人を助けるときにもポジティブな影響を与えることができます。[7]
    • 表面上で良い人を装っていませんか?自分の内側に自己嫌悪や怒りがあると、どんなに良い行いをしても良い人にはなることができないでしょう。
  5. 5
    自分らしくいましょう。常に自分らしくあるようにし、自分ではない人を取り繕うのはやめましょう。誰か別の人のようになろうとする必要もありません。ただ自分らしくいるようにし、自分にできる良いことをしましょう。自分らしくいることで、偽りなく世の中に良いことをもたらせる人になるでしょう。自分自身のままでいることで、自分の価値の核心は何か、自分は何を重視するのか、焦点を当てて発見して理解することができます。[8]
    • 良いことのためだけに良いことをするようにしましょう。あなたの両親がそう言ったからだとか、認められ尊敬されたいからだとか、何か報奨を得るために良い人になろうとすることはやめて、自分が良いと信じることをして満たされた気持ちになるためにそれを行いましょう。決して、他人より優れていると態度に表したり、あなたの「良さ」や「正しさ」を自慢したりしないようにしましょう。特定の信条やイデオロギー、指標への献身があるからといって、あなたが他人よりも優れているということにはなりません。自分自身が信じる良い行いをすることが、あなたをあなたの思う良い人にするのです。これは個人的な旅であり、道筋は人によって異なるということを覚えておきましょう。「善行は密かに積むべきであり、それに名声を見出すのなら恥を知るがよい」―アレキサンダー・ポープ
  6. 6
    祈ったり、瞑想したりしましょう。人知を超えた存在に祈りを捧げたり、瞑想したりすることは、あなたが取り入れたいと求めている性質を発達させることに役立ちます。瞑想と礼拝で内なる平和を見出し、内なる自己に焦点を当てられるようになるでしょう。[9] 自己への気づきの発達は、あなたが本当に欲しているものが何であるか理解することにつながり、人生が明瞭に見えてくるでしょう。内なる平和を手に入れるとポジティブな気持になり、より良い人になることができます。[10]
    • プライベートで安全な、邪魔されることのない場所を見つけましょう。快適な座り方をします。すべての考えから自分を解き放ち、何度かゆっくりと深呼吸をしましょう。頭の中に浮かぶ考えに気づきましょう。感情を持ったり反応したりせずに、ただ意識を向けます。集中が切れたら10まで数えます。さっぱりとして元気が回復したように感じられるまで瞑想を続けましょう。[11]
  7. 7
    少しずつ変えましょう。即座に変化できる人はいません。しかし、小さな変化でも大きくポジティブな違いを生むことができます。変えたいと思う主要な1~2個の習慣について、毎月または2か月ごとに小さな目標を設定しましょう。
    • 目標の例1:他人の話は、言葉などで遮らないで聞くようにする。自分が話しているときに、介入してくるかのように相手が口を開こうとしたらどんなに邪魔に感じるか想像する。
    • 目標の例2:他人を幸せにするために何ができるか、真剣に考える。その人が空腹やのどの渇きを感じているときに食べ物や飲み物を分け合うこと、座りたいと思ったところの席を譲ることなど。
  8. 8
    自分の目標を毎日見返しましょう。良い人になるという任務を始めるために、理想的な人の特徴のリストを作り、毎日読みましょう。それを自分の一部にしましょう。その道しるべに従って実行し、また自分の進歩も書き加えましょう。
    Advertisement

3の方法2:
ポジティブな態度を身に付ける

  1. 1
    物事の良い面を見るようにしましょう。どんな状況でもポジティブな態度で対応しましょう。ネガティブさは、自分と他人を傷つけるだけです。否定的な気持ちでいると、他人への対応にも影響が出てしまいます。精神状態は日々の達成にも影響を与えるでしょう。思ったように事が進まなくても、変えられる部分を変え、微笑み、ポジティブな態度で、どんどん進みましょう。[12]
    • クリストファーのモットーは、「暗闇を呪うよりも、1本のろうそくを灯す方が良い。」というものです。あなたがその灯りになりましょう。論争を目にしたら、解決策を提示して話題を変える人になりましょう。自分だったらどうするかについて述べるのではなく、全員に関わってもらいましょう。[13]
  2. 2
    誰のために慈善活動をしましょう。たとえ小さなことでも、誰かのために良いことを毎日するようにしましょう。親切な行動と寛容さは大きな影響をもたらします。微笑むこと、ドアを押さえること、ドライブスルーで次の人の分も支払うことなど、誰か他の人の1日を良い日にするようなことをしましょう。
    • あなたに冷たくしてきたり無関心だったりした人々にも、手を差し伸べましょう。あなたに対して失礼な態度をとってきた人々に対し、あなたの親切さの実例を示しましょう。もしかしたら人々も、彼らに対して失礼な態度をとってきていたのかもしれません。彼らに対し、失礼さの代わりに親切さを示す人になりましょう。[14]
  3. 3
    いつも家を出たら、世の中をより良くする行動をしましょう。世間で交流をするときこそ、何か良いことやポジティブなことをするチャンスです。大きなことでなくても、例えば誰かが近所住民の家の前にポイ捨てしたごみを拾うといったことでもいいでしょう。良心的になり、世の中に恩返しをする方法を見つけましょう。簡単にポジティブな変化をつけられる例には次のようなものがあります。
    • リサイクルをする。
    • 無農薬または地元の食材を買う。
    • ペットの排泄物を持ち帰り、信頼される飼い主になる。[15]
    • 古い物品はリサイクルショップに出す代わりに、避難所や慈善団体に寄付をする。[16]
    • 商品の購入をやめるとき、適当な場所に置くのではなく、元にあった場所に戻す。
    • 入り口に近い駐車場は使わずに、自分よりももっと必要としている人のために空けておく。
  4. 4
    ペースを落としましょう。人生を急ぐことのないようにしましょう。ゆっくりと、質素なものを楽しみましょう。時間とは、我々の日々を構成している媒体です。職場に向かうときや子どもたちを学校に送り届けるときなど、時刻表に従わなければならない場面もあるでしょう。しかし、時間を指定した約束がないときには、その瞬間を生きるよう心がけましょう。[17] 人々に対して忍耐強くなりましょう。彼らの最も悪いところを見るのではなく、最も良いところについて考えましょう。押しのけるように追い越していった車の運転手を嫌な人と思うのではなく、もしかしたら仕事や子どもの迎えに遅れそうなのかもしれないと考えましょう。[18]
    • 店に出向き、帰宅するまでの過程を急がないようにしましょう。通り過ぎる景色を楽しみましょう。店にいる間は、色とりどりの良質な果物や野菜があなたの栄養価のために陳列されていることに気づき、またそれらの恩恵を楽しむ機会に恵まれない人々もいるということを理解しましょう。栄養のある食べ物を多めに購入し、フードバンクへ寄付して他の人にも食べ物を届けましょう。店のマネージャーに、貧しい人のために割引商品置き場を作るように提案しましょう。
    • 車のクラクションは緊急の場合のみに使いましょう。ハンドルからわずかにのぞくほどの小さな老人や、極端にゆっくり運転している人など向かってクラクションを鳴らすのはやめましょう。その運転手は、自分にも他人にも危害を加えないように、ゆっくりと運転しているのかもしれません。急に追い越してきた車の運転手も、何か重要なことのために急いでいるのかもしれません。たとえそうでなくても、ネガティブな感情に追い打ちをかける必要もないでしょう。[19] 怒りは怒りを生むだけです。
  5. 5
    ゆるすことの練習をしましょう。誰かをゆるすことは難しい行為かもしれません。皆人間であり間違いを犯すものだと理解し、ネガティブな気持を追いやって前進しましょう。[20]ゆるすときには、怒りを引き起こす可能性のある憤りや苦い気持ち、動揺などを手放しましょう。ゆるす行為によってあなたの他人に対する思いやりも深まるでしょう。[21]
  6. 6
    正直になりましょう。嘘をつくと信頼を失い、人間関係が壊れてしまいます。あなたの周りの人々に対して嘘をつくのではなく、正直に接しましょう。[22] 良い人は正直であり、彼らが感じていることや考えていることを率直に伝えてくれます。あなたを悩ませてくる人々には、嘘をついたり他の人を巻き込むのではなく、話しかけてみましょう。受動攻撃的にならないようにしましょう。[23]
    • 誠実さを身に付けましょう。あなたの発言に意味を持たせましょう。何かをすると言ったのであれば、その約束を果たしましょう。万が一、その実現が果たせない状況に陥りそうなときには、正直かつ率直に相手に知らせましょう。[24]
    • 正直になるということは、失礼なことや残酷なことを言うという意味ではありません。
  7. 7
    小さな行動を日課にしましょう。誰かに微笑みかけることや、知らない人のためにもドアを開けて待つことなどは、あなたをより良い人にします。間もなくこれらの親切な小さい行動は、意識しなくても自然にできるあなたの習慣になるでしょう。
  8. 8
    他人の状況に共感を示せる人になりましょう。他人に対しておしなべて愛情と優しい態度を向けることによって、彼らに親切にしたり理解を示したり、思いやりを持って接したりできるようになることを理解しましょう。彼らの立場に立ち、彼らの視点で状況を考えるようにしましょう。[25] 「自分があの人だったらどう感じるだろうか?」と自分に問いかけましょう。彼らの感情を考慮しながら行動できるようになるでしょう。これはあなたの言葉や行動に表れます。人に良く見られるためではなく、私心のない行動によって他人が利益を得られるために、親切にしましょう。
    • 単に駆け引き上手になろうとするだけではうまくいきません。「穏やかな生活のためなら何でもする」というような方策を取り入れるのはやめましょう。
    Advertisement

3の方法3:
他人と交流しましょう

  1. 1
    周囲の人々を皆を受け入れましょう。良い人になるための条件の1つは、他人のことを批判しないことです。人種、年齢、性的指向、性自認、文化を受け入れるようにしましょう。誰にでも感情があり、皆が正当であり、皆に敬意をもって接するべきだということに気づきましょう。
    • 高齢者を敬いましょう。自分もいつか年を取り、人の助けが必要になるかもしれないということを理解しましょう。次にどこかショッピングモールや駐車場などに行くとき、荷物を運んだり車に積んだりすることに困っている高齢者がいないか探しましょう。「お手伝いしましょうか?」と話しかるとよいでしょう。これは高齢者への素晴らしい奉仕になります。ときには断る高齢者もいるでしょうが、そんなときは「わかりました。良い1日をお過ごしください。」と言いましょう。また、外出先で1人でいる高齢者を見かけたら、愛想よく笑いかけ、調子はどうか尋ねましょう。ちょっとした行為で、誰かの1日を良いものにすることができるでしょう。
    • 知的障害者に思いやりを持ちましょう。彼らも感情のある人間です。彼らに大きな微笑みを投げかけ、人として扱いましょう。あなたとその人とのやり取りを笑う人がいても無視をして、あなたの本当の友達に対して注意を向けましょう。
    • 人種差別をしたり、同性愛を嫌悪したり、他の宗教に不寛容になったりするのはやめましょう。この世界は多様性にあふれる大きな場所です。他人から学び、違いを称えましょう。
  2. 2
    怒りをコントロールしましょう。誰かと議論をするとき、怒りをコントロールするようにしましょう。友達とけんかをしたら、隠れたり失礼な態度をとることがないようにしましょう。話をして解決しましょう。火には火をもって戦うという態度はよくありません。おそらく双方がよく考える時間を持つとよいでしょう。「君は僕の良い友達だから、問題を解決したいんだ。どうしたらいいか考えよう。」と言ってみましょう。
    • 他人を責めるのをやめましょう。自分の過ちを認め、相手があなたの気分を害した行為について説明しましょう。しかし、相手を責めることはネガティブな感情と憤慨を増強します。[26]
    • 怒りを手放すことができなければ、感情を書き出したり、瞑想をしたり、考えをまとめたりしてみましょう。[27]
    • 相手が怒っているときに道理のわからないことを言っていたとしても、それを正すのはやめましょう。同情して静かに話を聞きましょう。相手に「あなたがそんな気持ちになっているとは残念だよ。自分に何かできることはない?」と言いましょう。
  3. 3
    人を褒めましょう。人々について何か良いことを言うのは、ポジティブさを広める簡単な方法です。同僚の新しいヘアスタイルや、知らない人の犬について褒めましょう。[28] あなたがうらやましいと感じてしまう友達のことも褒めましょう。敬意を表して相手を認めれば、その達成に対してあなたにも同様の敬意が向けられるでしょう。
  4. 4
    より上手に話を聞ける人になりましょう。時間を割いて他人の話を聞くことができる人はまれにしかいません。そして人は誰しも、重要視され大切にされたいという思いがあるものです。時間を割いて、人々の話を聞きましょう。[29] 人が何と話しているか傾聴しましょう。周囲に起こっていることに興味をそらされたり、携帯電話を触ったりしないようにしましょう。[30] 話し相手とその会話に集中しましょう。その話題について後に続いて質問を投げかけることで、あなたが注意深く聞いていたことが相手に伝わります。
  5. 5
    他人の勝利を祝い、優れた性質を褒めましょう。親切さと寛大さをもって接し、ありのままの相手を好きになりましょう。他人に良いことが起こったときには祝い、嫉妬しないようにします。協力的な態度を示し、励ますようにしましょう。[31]
    • 嫉妬心を征服することは難しいものです。他の人が持っているものと同じものを持つ必要はないということを理解しましょう。他の人に対して嫉妬心を持つのをやめる ようにしましょう。
  6. 6
    ロールモデルになりましょう。ときに、教えることによって多くの学びを得ることがあります。人々をいつでも助けられるようにし、彼らにも心からそうしたいという気持ちが育っていくようにしましょう。自分には他人に影響を当てる力があるということを信じましょう。他人にインスピレーションを与えられるような生き方をしましょう。自分の人生や哲学について共有しましょう。自分のロールモデルにしたい人を見つけましょう。自分の生き方に注意深くなることで、いつも他人を誇らしい気持ちにさせるような振る舞いができるようにしましょう。若者に実践するべき良い道徳価値を示し、道徳の重要性を伝えましょう。ときに、自分の努力は無駄だったと感じることがあるかもしれませんが、彼らの心に良い種を植え付けることができたこと、それが実を結ぶまでには時間がかかるかもしれないということに気づきましょう。
    • あなたが良い行動をしているのを他の人が見れば、彼らもより良い行動をするべきだと思い出されます。他人を教育し、あなた自身が例になることで、自分自身の行動を明確に自覚できるようになるでしょう。
    • 小さなことから始めましょう。子ども支援のボランティアに参加したり、子どものスポーツチームのコーチになったり、家族の年少者に物事を教えたりロールモデルになるようにしましょう。[32]
  7. 7
    共有しましょう。あなたの持ち物、ポジティブさ、幸せを分け合いましょう。けちな考え方をやめて、寛容で明るい人になりましょう。知識、機会、時間を共有しましょう。[33]
    • 人と食べ物を分け合いましょう。最も大きなピザや肉の1切れは決して取らず、どうしてもそうしなければいけない場面では、大きな1切れをさらに誰かと分け合うようにしましょう。
  8. 8
    人を誰でも尊重しましょう。誰にでも親切に接し、たとえその人があなたに同意しなくても、意地悪なことや失礼なことをしてはいけません。いじめるのではなく、いじめられている人のために立ち上がりましょう。
    • 人々の陰口を言うのをやめましょう。偽りのない人になりましょう。誰かとの関係に問題がある場合は、ていねいに向き合いましょう。彼らのいないところで悪い噂を広めないようにしましょう。
    • 不公平に人を非難するのはやめましょう。あなたの知らないことが彼らの周りで起こっているのかもしれません。善意の解釈をして、彼らの選択を尊重しましょう。[34]
    • 人には、あなたがそうしてもらいたいように接しましょう。黄金のルールを覚えておきましょう。あなたが受け取りたいエネルギーを、世の中に放出するのです。
    • 周りの人々に敬意を払いましょう。床にごみを投げ捨てたり、わざと事を台無しにしたり、大声で話したり不快に思われる態度をとらないようにしましょう。自分と同じ空間にいる他者を尊重しましょう。[35]
    Advertisement

ポイント

  • 間違いを犯しても、同じ過ちを繰り返さないようにしましょう。間違いから学び、人としてより強くなることができるようにしましょう。
  • 幸福とは、心の状態であることを覚えておきましょう。この世の中でコントロールすることができるのは自分自身だけなので、幸せでいることを選択し、意識的にポジティブな精神的態度を維持して自分をコントロールしましょう。
  • 人々があなたをけなそうとしてきても、言い返したり真剣に受け取ったりするのはやめましょう。その代わりに、笑うか無視をするか、ただそう思わせて悪かったと言いましょう。それは、あなたが彼らと同レベルになり下がることのない賢い人物であることを示し、きつくて攻撃的な悪い人になることを妨げるでしょう。言うまでもなく、あなたがうまく状況をかわすのを見れば、攻撃者もあなたをけなすことへの興味を失うでしょう。
  • 良いことを大いに喜びましょう。あなたに起こる悪いことに焦点を当てる代わりに、良いことについて考え続ける理由を見つけましょう。自分や他人がとった親切な小さい行動に気づき、あなたがありがたく思うものについて常に自分に思い出させましょう。
  • 良さが意味するものについて理解を深め続けましょう。小さな出来事や複雑な場面を観察し、自分だったらどう行動するか考えましょう。また、自分の間違い、他人の過ち、歴史からも学ぶことができるでしょう。
  • 現実的かつ実務的になりましょう。
Advertisement

注意事項

  • あなたの犯した間違いと、良い人になるためにするべきだと思う自己犠牲について、できる限りユーモアを交えるようにしましょう。
  • 親切な行動をとって理解を示すことは、言うは易く行うは難しと感じるかもしれませんが、とにかく実践を続けましょう。
  • 最もしたくないと思う部分でもあるかもしれませんが、他人との関係で改善しやすいところは、あなたが間違っていると認めることでしょう。自分が間違っているかもしれないという事実や、思いあがった他人との関わりや接し方をしているかもしれないという事実と向き合うことができるため、大いに自分のためになります。
  • あなた自身も人間であるということを自覚しましょう。生きている限りは間違いをするものですが、それは問題ではありません。誰もが過ちを犯すのです。自分の最善を尽くし、間違うことがあっても思い描いた良い人になれなくても、我に返り、自分のことを考えるのと同じくらい他者について考えることに集中しましょう。
  • もし誰かが1人で行うべきものへの助けを求めてきた場合は、協力してはいけません。それは不正行為であり、その人に不正を働いてもいいと伝えてしまうことになります。
Advertisement

このwikiHow記事について

認定カウンセラー
この記事はPaul Chernyak, LPCが共著しています。 ポール・チェルニャクはシカゴに住む認定カウンセラーです。2011年に心理学の専門大学、「American School of Professional Psychology」を卒業しています。
カテゴリ: 人間関係
  1. http://personalexcellence.co/blog/10-reasons-you-should-meditate/
  2. http://personalexcellence.co/blog/how-to-meditate/
  3. http://www.marcandangel.com/2013/09/08/10-ways-to-gain-fame-for-being-a-good-person/
  4. http://www.christophers.org/page.aspx?pid=266
  5. http://thoughtcatalog.com/david-dean/2013/06/how-to-be-a-good-person-everyday/
  6. http://www.mindbodygreen.com/0-12430/31-ways-to-be-a-better-person-every-day.html
  7. http://www.inc.com/john-rampton/15-ways-to-become-a-better-person.html
  8. http://personalexcellence.co/blog/101-ways-to-be-a-better-person/
  9. http://www.mindbodygreen.com/0-12430/31-ways-to-be-a-better-person-every-day.html
  10. http://thoughtcatalog.com/david-dean/2013/06/how-to-be-a-good-person-everyday/
  11. http://www.lifehack.org/articles/communication/9-ways-better-person.html
  12. http://www.inc.com/john-rampton/15-ways-to-become-a-better-person.html
  13. http://www.lifehack.org/articles/communication/9-ways-better-person.html
  14. http://www.huffingtonpost.com/joyce-marter-/10-ways-to-evolve-and-be-_b_4495114.html
  15. http://www.huffingtonpost.com/joyce-marter-/10-ways-to-evolve-and-be-_b_4495114.html
  16. http://personalexcellence.co/blog/101-ways-to-be-a-better-person/
  17. http://www.lifehack.org/articles/communication/9-ways-better-person.html
  18. http://www.inc.com/john-rampton/15-ways-to-become-a-better-person.html
  19. http://thoughtcatalog.com/david-dean/2013/06/how-to-be-a-good-person-everyday/
  20. http://www.lifehack.org/articles/communication/9-ways-better-person.html
  21. http://personalexcellence.co/blog/101-ways-to-be-a-better-person/
  22. http://personalexcellence.co/blog/101-ways-to-be-a-better-person/
  23. http://www.lifehack.org/articles/communication/9-ways-better-person.html
  24. http://personalexcellence.co/blog/101-ways-to-be-a-better-person/
  25. http://personalexcellence.co/blog/101-ways-to-be-a-better-person/
  26. http://www.inc.com/john-rampton/15-ways-to-become-a-better-person.html

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement