良いマナーを身に付ける方法

マナーを学ぶことは重要です。良いマナーとは、社会的に受け入れられ尊敬されるような振る舞いのことです。優れたマナーによって旧知の人々や初対面の人々とよりよい関係を築くことができるでしょう。意識して良いマナーに慣れれば、食事や電話などの基本的なエチケットも守ることができるようになります。良いマナーを身に付けるには、できるときに誰かのためにドアを開けて待つなど、人に礼儀正しく接することから始めましょう。 良いマナーを通して相手に敬意を示せば、相手からも尊重されるようになるでしょう。

3の方法1:
基本のマナー

  1. 1
    基本の礼儀を示しましょう。マクドナルドのレジなどでも、適切な場面で「お願いします」や「ありがとうございます」と言いましょう。人々はあなたの好意的な姿勢と敬意に気付き、良い印象を与えます。[1]
    • また、誰かとぶつかってしまったときなどには「すみません」と言うか、必要に応じて立ち止まりましょう。
  2. 2
    誰かのためにドアを押さえましょう。これは男性だけの行為ではありません。ドアのところで、あなたのすぐ後ろに続いて来る人がいるときは、数秒間足を止めてドアを押さえましょう。知らない人であれば「どうぞ」と声をかけ、知っている人の場合は名前を呼びかけつつ「どうぞ」と言ってもよいでしょう。[2]
    • 相手が誰かにドアを開けてもらうことを快く思うかわからないときは、礼儀正しく尋ねましょう。「ドアを押さえていてよろしいですか」と聞けば、相手は断るか受け入れるか選ぶことができます。
  3. 3
    丁寧に話しましょう。相手に聞き取れる範囲で、できるかぎり静かな声で話しましょう。スラングや遊び言葉(「みたいな」「えー」「じゃあ…」など)は避けるようにします。皆の耳が遠いわけではないので、大声で叫ぶ必要はありません。そのような話し方は、失礼だと思われるでしょう。[3]
    • できれば、音を省略するのはやめましょう。例えば、「あざす」などと言うのではなく、きちんと「ありがとうございます」と発音します。
    • 生理的なこと、噂話、下品な冗談、罵り言葉など、自分が話しているところを母親(または好きな人)には聞かれたくないと思うような話題は、公共の場で持ち出さないようにしましょう。
    • 人の発言にかぶせて話し始めることはやめましょう。良い聞き手になり、自分の番になったら話しましょう。
  4. 4
    公共交通機関では席を譲りましょう。混雑した電車やバスで立つのを辛そうにしている人(お年寄り、妊婦、荷物の多い人など)を見つけたら、立ちあがって席を譲りましょう。「すみません、よかったらここに座ってください」などと言えば、気まずくならずに席を譲ることができます。相手に断られても、優雅に「必要になったらいつでも言ってくださいね」と言いましょう。[4]
  5. 5
    人々を祝いましょう。何か大きなことを達成した人(卒業や昇進など)、家族が増えた人(結婚や出産など)、褒められるような行いをした人には、喜びを伝えて祝いましょう。褒められた人は実感がわき、感動を覚えるでしょう。また、彼らもいつかあなたに対して同様のことをしてくれるでしょう。
    • くよくよするのはやめましょう。レースやスポーツイベント、選挙や他の競争における勝者を祝いましょう。
  6. 6
    思いやりのある運転者になりましょう。良いマナーを守った運転は古くさいと感じるかもしれませんが、すべては安全のためです。[5] 次のことを守りましょう。
    • 交差点では停止し、困っている運転者がいたら合図をして先に進むよう相手に譲りましょう。
    • 歩行者に道を譲り、自転車運転者とは十分な距離を取りましょう。あなたの運転する2トン自動車は彼らにとって非常に危険ですが、あなたにとっては彼らはそこまで危険ではありません。そのため、自動車の運転者が皆の安全を確かめる必要があります。
    • あおり運転や、車線変更をしたい人に場所を譲らないような運転はやめましょう。
    • 周りに誰もいないと思うときも、ウィンカーを出しましょう。見えない歩行者や自転車運転者がいるかもしれません。
  7. 7
    人々に適切なあいさつをしましょう。カジュアルな場かフォーマルな場かに関わらず、人の存在を認めることは基本的な良いマナーです。(あいさつをしないのは侮辱ととられることがあります。)次のようなことをしましょう。
    • 家族や親しい友人へのあいさつはくだけたもので問題ありません。「おはよう、元気?」のようなシンプルなあいさつでよいでしょう。
    • 目上の人、仕事関係の人、教会の牧師、公式な知り合いなどには、敬語を崩してほしいなどと言われない限りはきちんとしたあいさつをしましょう。敬称(さん、先生、牧師など)を付けてあいさつをします。「おう」「どうも」などのスラングは避け、しっかりと文であいさつをします。例えば「こんにちは、佐藤さん。お元気でしたか」のようなあいさつが適切です。[6]
    • あいさつで求められる振る舞いをしましょう。くだけたあいさつにおいては、身体に触れるかどうかは好みによります。相手との関係性によって、ハグをしても、握手をしても、まったく触れなくても問題ありません。公式なあいさつでは握手をするか、わずかにお辞儀をするとよいでしょう。相手がハグやあいさつのキスをしてきたら、丁重に受け入れましょう。[7]
  8. 8
    親切に人を紹介しましょう。あなたが全員を知っていても、お互いを知らない2人と一緒にいるときには、あなたが2人それぞれに紹介するのが良いマナーです。次の手順に従いましょう。[8]
    • 初めに社会的身分の高い方に向けて、もう1人を紹介します。つまり、社会的身分が低い方の人が紹介されることになります。(例えば、「鈴木さん、こちらが私の良き友人の山本さんです」という場合、山本さんの社会的身分の方が低いということです。)このようにスムーズにできる場合もありますが、明確でない場合は次のようにするとよいでしょう。年少者から年長者へ、男性から女性へ、一般市民から聖職者、公務員、自衛官などの社会的身分の高い方へ、と紹介します。それでもよくわからないときには、自分の感覚に従いましょう。
    • 初めに社会的身分の高い人の名前を呼び、「こちらが…」に続く形でもう1人の方を紹介します。
    • 2人があいさつを交わしたら、それぞれの情報を伝えましょう。例えば、「山本さんのことは高校時代から知っているんです」「鈴木さんは私の母の親しい友達でもあるんです」などと伝えられるでしょう。提供する話題をもとに短い会話ができるようにするのがあなたの責任でもあります。
    • 自分に誰かを紹介されたときには、その人の目を見て名前を覚えるようにしましょう。紹介が済んだら「はじめまして」「お会いできて光栄です」などとあいさつをして握手しましょう。
  9. 9
    身だしなみを整えましょう。学校、職場、スーパーなど場所がどこであれ、身だしなみが整っていない人のマナーはいかに立派でも気づかれないでしょう。シャワーは毎日浴び、髪の毛、肌、爪、衣服は可能な限り清潔に保ちます。洗いたての服を着て場所に合った装いをします(学校の制服や、職場で着るオフィスカジュアルの服など)。[9]
  10. 10
    お礼を伝えるカードを届けましょう。プレゼントをくれた人や親切にしてくれた人がいたら、数日(誕生日会などの大きいイベントであれば数週間)のうちにお礼のカードを出しましょう。プレゼントやしてくれたことへの感謝の思いと、そのような相手が自分の友達であることへの喜びを述べましょう。
    • 仕事関係の人や遠方に住んでいる人に対してなど、便宜上メールの方がふさわしい場合もあります。しかし可能な限りは手書きのカードが望ましいでしょう。
    広告

3の方法2:
電話のマナー

  1. 1
    電話は適切な環境でのみ使用しましょう。例えば、お手洗いの中や会議中、接客を受けているとき、教会や公共交通機関の中での電話使用はマナー違反になります。電話をしていて気まずい空気を感じる場合や、人から変な目で見られるようであれば、使用をやめるべきです。[10]
    • 公共の場で電話をするときには、周りの人にもあなたの声が聞こえていることを忘れないようにしましょう。声量は「室内で話すとき」ほどか小声に抑えます恥ずかしい思いをする可能性がある個人的な内容は、マナーを守って公共の場で話さないのが一般的です。
    • 電話に出ているときに、同室にいる別の人と話すのはやめましょう。他の人とおしゃべりをしながら電話をし、相手の話を聞かず、誰に向けて話しているのか相手を混乱させるような失礼がないようにします。通話中に誰かが話しかけてきた場合、電話を指させばその意図が伝わるでしょう。
    • カスタマーサービスの一環などでない限り、電話をしながらコンピュータで作業をするのはやめましょう。相手にキーボード操作の音が聞こえると非常に失礼で、不愉快な思いをさせてしまいます。
    • 人付き合いの場で誰かと一緒にいるときには、携帯電話の使用を控えましょう。携帯電話を触ると、あなたがその場でその人々といるよりも、どこか別の場所で別な人といたいと思っているような印象を与え、周りの人々を軽視しているように思われてしまいます。
    • 電話をかける場合、緊急の場合や海外にいる人への重要な電話以外は、午前8時前や午後8時以降は避けましょう。また、食事中、仕事中、学校にいる間は電話をかけないようにしましょう。予定していない限り、そのようなタイミングで誰かの来訪があるかもしれないと準備ができている人はいないでしょう。緊急時以外、という部分は当てはまりませんが、テキストメッセージも同様です。
  2. 2
    かけている電話番号が正しいか確認しましょう。間違い電話をかけてしまった場合は、手間取らせてしまった相手に「電話番号の間違いでした。すみませんでした」と言う礼儀正しさを持ちましょう。決して無言で切手はいけません。電話に出てくれた相手は、具合が悪い人や車いす使用者、高齢者かもしれないので、敬意を示して迷惑をかけたことを謝りましょう。同様に、あなたに電話番号を間違ってかけてきた人がいたら、番号が間違っていることを礼儀正しく伝えましょう。[11]
  3. 3
    自分の声を調整しましょう。電話では、あなたの調子以外にも、性格や人柄まで伝わります。聞き手はあなたを見ることができないので、電話口の声があなたの表情、ジェスチャー、性格、人柄となります。心地良い声ではっきりと話すよう心がけましょう。声を通して微笑みましょう。相手は聞こえる声から良い印象か悪い印象かを感じ取ります。[12]
  4. 4
    電話の会話作法を身に付けましょう。相手が電話に出たときに、いきなり質問をすると不快感を与えてしまいます。誰が電話をかけてきているのだろうと相手を混乱させるでしょう。また、相手にお願いをしようとしているにも関わらず、非常に無礼な印象を与えます。つまり始まる前から誤った印象を与えてしまいます。「どなたですか?」と尋ねるのもやめましょう。あなたが電話をかけるのですから、自分から自身を紹介する必要があり、自分が誰で何が必要なのかを礼儀正しく伝えましょう。例えば、「もしもし、高橋と申します。田中さんはいらっしゃいますか」と聞きます。その人がいなければ、またかけ直すのか、折り返してほしいのか伝えましょう。もしくは何か聞くことがある場合、「もしもし、高橋と申します。地方紙に載っていた店員募集の求人を見たのですが、まだ募集していますか」などと聞きます。会話の最後には「教えてくださりありがとうございました。失礼します」と言います。その後、相手からも最後に何かを聞くまでは電話を切らずに待つようにしましょう。
  5. 5
    電話をかけて相手がすぐに出なくても、少しの間切らずに待ちましょう。庭など屋外にいるか、編み物や洗車などをしているか、家の中でも遠く離れたところにいるのかもしれません。3回呼び鈴を鳴らしただけで電話を切るのはやめましょう。一方で、忙しいときなど相手が電話に出られない状況にあるかもしれないため 、あまり長く呼び鈴を流しすぎて邪魔をするのも避けましょう。携帯電話にかけた相手は、会議中や映画鑑賞中かもしれません。
  6. 6
    1時間またはそれ以上の長電話は控えましょう。人の時間を無駄にし、家庭の時間の邪魔をしないようにします。親しげなおしゃべりは非常に興ざめさせるものでもあります。もう話したくないと思われるかもしれません。
  7. 7
    電話への出方を身に付けましょう。礼儀正しく感じ良く「もしもし」と言います。近頃は「はい、菊地です」などと名乗るのは危険なためやめましょう。1人でいるときに誰かわからない相手から電話があった場合、他には誰も家にいないことや夫が仕事に出ていることなどは伝えないようにします。常に誰か他の人もいるようなふりをして話をしましょう。知恵と古くからの便利な常識を使いましょう。安全を気にかけることは大切です。[13]
    • 誰か別の人への電話がかかってきた場合は、「お繋ぎしますので少々お待ちください」などと言います。受話器はそっと置きます。その人が電話に出られない状況のときは、「すみませんが、長野はただいま不在にしております。よろしければ私から何かお伝えして折り返し電話するように言いましょうか」などと聞きましょう。
  8. 8
    丁寧に保留にしましょう。2つの会話に参加しなければいけない状況では、時間を置いて一方ずつ分けて対応するのが最善です。「申し訳ありませんが、少々お待ちいただけますか。社長からの連絡が入りまして」などと伝え、相手の返事を待ちます。もし中断が1分以上続いてしまいそうなら、「母が呼んでいて、数分かかるかもしれないのでかけ直してもいいですか」と言いましょう。[14]
    • お手洗いに行く必要があるときは、具体的に伝えずに電話を保留します。「数分間待ってもらえる?すぐ戻るね」と言えば十分です。
    広告

3の方法3:
食事のマナー

  1. 1
    口を閉じて噛みましょう。これは常識ですが、美味しい食事を楽しんでいるときに忘れれられがちでもあります。[15]
  2. 2
    席を立つ必要があるときには「ちょっと失礼します」と言いましょう。子どもや十代の若者であれば、年長者に「(理由)なので席を立ってもいいですか」と聞くようにします。
  3. 3
    食器や調味料は他の人に取ってもらいましょう。食事や誰かの皿の上に腕を伸ばすのではなく、隣の席の人に「ソースを取ってもらえますか」とお願いしましょう。
    • 料理のお皿を回す必要がある場合は、右方向に回しましょう。しかし、パンの入ったバスケットは異なり、次のようにします。自分から回し始める場合、左側の席の人に取り分けてから自分の分を取り、その後右側に回します。[16]
    • テーブル全体に回す必要のないものを取ってほしいと左側に座っている人から頼まれたときには、右から順に回す必要はなく、直接左側の人に渡して問題ありません。
  4. 4
    食事の際は、テーブルに肘を付けないようにしましょう。食事中に肘をつくのは、昔から注意される行為でした。しかし、食事が始まる前や終わった後であれば許容されるでしょう。[17]
  5. 5
    インフォーマルまたはフォーマルなテーブルセッティングに応じた作法で食事をしましょう。食事中にどの食器と用具を使ったらよいのかわからないという状況は避けたいものです。[18] 次のような簡単な手引きがあります。
    • 細かいルールを忘れてしまったら「外側から内側へ」を思い出しましょう。お皿の両側にフォークやナイフなどが並べられている場合、最も外側にあるものから使い始め、順番にお皿に近いものを使っていきます。
    • 他のことがわからなくても、周りの人を見てみましょう。
    • インフォーマルなテーブルセッティングでは、ディナーテーブルが中央に置かれます。
      • お皿の左側にある2つのフォークは、お皿に近いものが「ディナーフォーク」でメインディッシュに使い、外側のフォークはサラダや前菜に使います。
      • ディナーナイフはお皿のすぐ右側に、刃がお皿に向いた状態で置かれます。その隣には2つのスプーンです。スープ用のスプーンは最も右側に、デザート用のスプーンはスープ用スプーンとナイフの間に置かれます。
      • グラスはディナーナイフの真上に位置するように置きます。後から使うグラスは右側に置きます。
      • フォークの左側にサラダの小皿が置かれることもあります。
      • ディナープレートの左上に、小さなバターナイフが添えられたパン用のお皿が置かれることもあります。自分のお皿にひと塊のバターを取り、ナイフを使って「自分の」バターをパンに塗ります。
      • デザート用のスプーンやフォークがディナープレートに水平に置かれることもあります。
      • (コーヒーや紅茶を飲む場合)カップと受け皿はナイフとスプーンの真上に置かれます。
    • フォーマルなテーブルセッティングにおけるマナーを学びましょう。フォーマルなセッティングは、ほとんどインフォーマルなセッティングと変わりませんが、いくつか大事な例外があります。
      • 魚料理のコースが出る場合は、デイナーフオークとお皿の間に小さなフィッシュフォークが置かれることがあります。
      • 魚料理のコースが出る場合、ディナーナイフとスープ用のスプーンの間にフィッシュナイフが置かれることがあります。
      • オイスター料理が出る場合、お皿の右側の最も外側の位置に小さなオイスターフォークが置かれることがあります。
      • グラス類は種類ごとに置く位置が決まっています。ディナーナイフの真上にウォーターグラス、その右側に赤または白ワイングラス、最も右側にシェリー酒用のグラスを置きます。
  6. 6
    用具を持ちましょう。地域によって持ち方に違いがありますが、どちらも正しいマナーです。一般的に2種類あります。[19]
    • アメリカ式:食べ物を切るときに、フォークを利き手と逆の方に持ち替え、利き手でナイフを持ちます。食べ物を切り終わったらお皿の端にナイフの刃を外側に向けて置き、フォークを利き手に持ち替えて食べ物を口に運びます。
    • ヨーロッパ式:ナイフを右手で持って食べ物を切る間、フォークは常に左手で使います。食べ物を切り終わったらお皿の端にナイフの刃を外側に向けて置くか、ナイフを手に持ったまま食事を続けます。
  7. 7
    用具の置き方を知りましょう。用具の置き方によって、もう食べ終えたのかまだ食事中なのか、スタッフにあなたの意思を伝えることができます。お皿を時計に例えて説明します。[20]
    • 食べ終えた場合、フォークの先とナイフの刃がお皿の中央よりも上に来るようにして、持ち手を3~4時の位置に置きます。
    • まだ食べ続ける意思がある場合は、フォークの先とナイフの刃がお皿の中央付近に来るようにして、それぞれの持ち手が8時と4時を指すように置きます。
    広告

ポイント

  • 「マナーを守った振る舞い」を「うさんくさい」と感じる人もいます。しかしマナーは、人とのやりとりをより円滑で快いものにする、一般的な社会的規則です。「黄金律」(他人から自分にしてもらいたいと思うような行為を人に対してする)に基づく行動を取れば、最低限のマナーを守ることができるでしょう。
  • 扱いにくいような話題について尋ねるときにも、天気を聞くような調子の声で尋ねましょう。あなたが真剣に聞いていることが伝わり、相手も質問に答えやすくなります。
  • 若い女性のためにドアを開けて待ったり困っているお年寄りの方を手伝ったりして、友達にからかわれたとしても、委縮してきまり悪く感じる必要はありません。逆に、なぜ他人を助けなかったのかと礼儀正しく尋ね返すとよいでしょう。
  • 何かを受け取るときは感謝の心を持ちましょう。アイコンタクトをとり、両手で受け取ってお礼の言葉を述べましょう。
  • 生理現象は大目に見ましょう。げっぷや咳など身体から生じる避けられない音が出たら「すみません」と言いましょう。人のげっぷを笑うのは良くないマナーで下品な印象を与えます。友達同士では楽しくても、周りの人からは粗末な印象を持たれます。また、「すみません」と言えばいくらでもげっぷをしていいということではありません。人前では控えるように心がけましょう。
  • げっぷなどをした人に対して「気にしないでください」と言うのはやめましょう。「すみません」と同じ響きに感じられるかもしれませんが、「気にしないでください」と言うのは、誰かがマナーに違反しても謝らなかったことを指摘することになり、失礼で皮肉的な発言です。
  • 待っていたエレベーターのドアがやっと開いたとき、まずは降りる人が出られるように道を譲りましょう。降りる人が出る前に乗り込むのは悪いマナーで、円滑な乗り降りを妨げます。
  • 学校にいる間は、するべきことをしましょう。勉学に励み、授業に集中し、宿題をして、先生に礼儀正しく接し、先生は敵ではなく味方ととらえましょう。
  • 誰かと一緒に座っているときは特に、食事の際は携帯電話を手離しましょう。共に過ごしている人と、心も体も一緒にいるようにしましょう。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む218人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 自己啓発

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告