自宅で浣腸をする方法

浣腸とは、液体を肛門から流し込むことで排泄を促す行為を指します。浣腸は結腸の洗浄等、様々な効果があります。しかし、自宅で浣腸をするにはどうすればよいでしょうか?実はそれほど難しくなく、危険でもありません。迅速で簡単な仕方で、効果的に結腸や肝臓を洗浄したい場合や、便秘にうんざりしているようであれば、次に挙げるアドバイスを実施することで悩みが解消されるでしょう。この記事では洗浄浣腸と停留浣腸という2つの種類の浣腸の実施方法を見ていきます。

3の方法1:
準備
編集

  1. 1
    用具の準備をする 浣腸により排泄を促進させることはそれほど難しくはありませんが、いくつかの重要な用具を準備する必要があります。
    • 大き目の使い古したタオル数枚
    • 潤滑用に小さじ一杯の有機アーモンド油、オリーブ油、またはココナッツオイル
    • 約1リットル分の体温程度の蒸留水
    • 清潔な状態の浣腸用器具
    • 本や雑誌ー役立つ場合があります!
  2. 2
    日差しが入る窓や、暖房器具が完備した個室といった、浣腸をする上で適している、暖かい快適な場所を探す 浣腸用の袋やバケツを置いたりぶら下げる(床から2~3メートル上に位置するべき)場所を確保します。
    • 便器が浴室の近くにあることを確かめましょう。浣腸をすると、体は直ぐに排泄をするように促します。その際に便器が近くになければ、大変な事になってしまいます。
  3. 3
    キットに含まれる説明書に従って浣腸用器具を組立てる 浣腸用器具には一般的に下記の物品が付属しています。
    • 液体用の袋
    • 袋を吊り下げるフック
    • ホース
    • プラグ
    • 直腸に挿入するための先端部
  4. 4
    浴室の床にタオルを敷く 可能な限り、最適な環境を整えます。
  5. 5
    オイルを使って肛門と、浣腸用チューブの挿入先端部を数㎝程度潤滑する 
    Advertisement

3の方法2:
洗浄浣腸
編集

  1. 1
    洗浄浣腸の内容を理解する 洗浄浣腸とは、「浣腸」という言葉を耳にする際に、まさしく大半の人々の脳裏に浮かぶものです。この浣腸方法は素早く、簡単にできるように意図されており、迅速な排泄を促し、結腸を綺麗にします。洗浄浣腸にはいくつかの種類が存在します。ここでは、自宅で安全に行えるいくつかの方法をご紹介します。
    • レモンジュース 結腸を洗浄し、結腸中のpH量を調整します。また器官から毒素を取り除く効果もあります。[1]
    • りんご酢と水 結腸中のpH量を調整する上でこちらも役立ちます。体内から粘液を取り除く効果を持っていると考えられています。[2]
    • イヌハッカティー 便秘に対して効果的で、高熱を下げる効果もあります。[3]
    • ゴボウ アジアにおいて一般的に用いられているゴボウは、カルシウム堆積物を流し去り、血液を綺麗にします。[4]
    • カモミールティー 鎮静効果が高く、効果的です。
  2. 2
    適切な希釈で、お好みのハーブやその他の補足物等を水に混ぜる 浣腸剤は、思っている以上に薄く希釈することが大切です。浣腸剤は水が主成分です。補足物はあくまでも補うことが目的であり、主成分ではありません。
  3. 3
    ピンチコックを使って流れを止め、バケツか袋に清潔な水と付加的な補足物を入れる チューブの挿入端部を浴槽かトイレの上で保持します。ピンチコックを開き、水がゆっくりとチューブを伝って流れ出てくるのを待ちましょう。チューブ内に気泡が残らないように注意します。確認後、チューブを挟み、中身が出ないようにします。
  4. 4
    仰向けになり、膝を胸に引き当てる 体形や快適度に応じて、横向きに寝るのが効果的な場合もあるでしょう。横向きに寝ることで、液体が体内に入りやすいと感じる人もいます。
  5. 5
    快適な体勢を見つけた後、ノズルを8cmほど肛門に挿入する 違和感がある場合には挿入を止めて、チューブを挿入しやすい部分が見つかるまで角度を少しずつ調整します。
  6. 6
    ゆっくりとピンチコックを解放して水を流し込む 急に水を流し込むと、急激に排泄したくなるため、ゆっくりと行いましょう。浣腸を行う上で大事なのは、液体が体内に入った後に、ぜん動運動が自然に始まるのを待つことです。激しい腹痛が起こる場合には、チューブを閉じて、深呼吸をしてから続けましょう。腹部を優しくマッサージすることも役立ちます。
  7. 7
    限界まで液体が入ったら、そっとノズルを引抜き抜く 床に寝そべった状態を維持するか、トイレに移動しましょう。
  8. 8
    液体を注入してから数分が経過した後、便器に座って気持ちを落ち着ける 後は便意が生じるまで待つだけです。
  9. 9
    終了 器具を洗浄して、自然乾燥させてから片付けます。
    Advertisement

3の方法3:
停留浣腸
編集

  1. 1
    停留浣腸が何かを理解する 洗浄浣腸が公園での散歩なら、停留浣腸は長時間のハイキングに例えることができます。停留浣腸とはその名が示す通りのものです。液体を体内に注入した直後に液体と廃棄物を排出する行為とは異なり、液体を5~10分間ほど体内で保持します。停留浣腸で用いられる一般的な材料は次に挙げるものです。
    • コーヒー 普通に抽出されたコーヒーが最適ですが、緊急事態においてはインスタントコーヒーを用いることもできます。コーヒーを用いた浣腸は、結腸と胆のうに刺激を与えると言われています。[5]直腸は吸収性に優れているため、相応しいコーヒーを選ばないと一晩中眠れなくなる場合があるので注意しましょう。
    • プロバイオティクス イースト菌感染症やカンジダ症に有効であると言われています。[6]あらゆるプロバイオティクスが効果的です。
    • 赤いキイチゴの葉 女性に効果的であると言われている赤いキイチゴの葉は、鉄分を豊富に含み、視力を改善するのに役立つと言われています。[7]
    • ウィートグラスの煎じ出し 良性の細菌に取って代わるものとして作用して、結腸に栄養分を与えます。結腸の完全洗浄後に効果を発揮します。
  2. 2
    洗浄浣腸よりも長時間にわたって浣腸剤が体内で保持されるため、使用する材料が無害であるかを確認する 停留浣腸は爽快感をもたらすものの、間違った仕方で行うと、悪影響が及ぶ恐れがあります。口にしても構わないような原料を使用するようにしましょう。
  3. 3
    洗浄浣腸と同じ仕方で浣腸液を体内に注入した後に、ノズルを引抜く この手法は先に挙げたものと全く同じです。
  4. 4
    自然に体から浣腸剤を排泄するのではなく、直腸内で5~15分ほど保持するようにする ひどい腹痛を感じるような場合には、腹部を軽くマッサージして、心地よい体勢を取るようにしましょう。
  5. 5
    所定時間後に、トイレで浣腸液を排泄する 
  6. 6
    終了 器具を洗浄して、自然乾燥させてから片付けましょう。
    Advertisement

ポイント編集

  • 怖がらないようにしましょう。浣腸用の袋は容量が約1.9リットルと、比較的大き目です。もし1.9リットル全部を使い切ることができなかったとしても、気まずく感じる必要はありません!あくまでも浣腸であり、誰かと競い合っているわけではありません。
  • 初回時には単純な方法で行いましょう。複雑な溶液を使用せず、蒸留水だけを使用してみましょう。
  • 溶液の温度に注意します。理想的な使用温度は39℃です。冷たすぎると、腹痛を引き起こす場合があり、熱すぎると、火傷をしているかのような感覚を味わうことになります。
  • 必要なものが身の回りにあるようにしておき、浣腸中に不必要に動き回ることが無いようにしましょう。
Advertisement

注意事項編集

  • アルコールを用いた浣腸は、非常に危険なため推奨されていません。[8]絶対に使用してはいけません。
  • 必ず肛門と浣腸ノズルの両方を十分に潤滑しましょう。
Advertisement

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement