耳ピアスを掃除する方法

耳ピアスは男女問わず人気があります。体の他の部分のピアスに比べると安全性が高いものの、合併症の危険が全くないわけではありません。新しく開けたピアス穴を掃除する方法や定着したピアス穴を清潔に保つ方法を覚えて痛みを伴う感染症を予防しましょう。

3の方法1:
新しいピアス穴を掃除する

  1. 1
    抗菌石鹸を使ってしっかり手を洗います。雑菌や汚れを耳に移さないように、しっかり手を洗いましょう。[1]
    • 携帯用の消毒ジェルを持ち歩きます。手を洗えない状況では、ピアス箇所に触れる前に消毒ジェルで指を消毒しましょう。
  2. 2
    コットンや綿棒に洗浄液をつけます。洗浄液としてイソプロピルアルコールや塩類溶液を使います。通常ピアス穴を開けた病院などで生理食塩水などが提供されます。そのような洗浄液がなければ生理食塩水240mlに海塩小さじ1/8杯を混ぜて作りましょう。
  3. 3
    コットンや綿棒で耳たぶをこすります。1日2回行ってピアス穴の周りを掃除します。[2]
    • まず、コットンや綿棒を食塩水やアルコールなどの洗浄液に浸します。コットンをボトルの口にあてたまま素早くボトルを逆さにしてコットンにアルコールを浸します。
    • ピアス穴の周りをそのコットンで拭いて雑菌を取り除きましょう。
    • 新しいコットンもに交換して耳たぶの裏側も同様に拭きます。
    • さらに新しいコットンや綿棒で反対側の耳も掃除しましょう。掃除する箇所を変える際は、常に新しいコットンや綿棒に交換します。
  4. 4
    ピアスの軸(ポスト)を回します。[3] 左右に半回転ずつ回しましょう。指でピアスの軸をそっと挟み、時計回り回した後反時計回りに回します。こうして、ピアス穴周囲の皮膚がピアスに密着するのを防ぎます。
  5. 5
    抗菌作用のある軟膏を塗ります。新しい綿棒を使って軟膏をピアスの軸に塗り、再度ピアスを回します。左右2回ずつ半回転すると、皮膚に軟膏を塗ることができます。
  6. 6
    毎日ピアスを洗浄します。[4] 1日1~2回ピアス穴を忘れずに掃除します。ピアス穴の掃除を毎朝晩の習慣にすると忘れる心配がありません。数分間掃除するだけで痛みを伴う感染症を防げます。
  7. 7
    ピアスをつけたままにします。ピアスを長時間外すと穴がふさがってしまいます。初めてピアス穴をあけてから6週間過ぎればピアスを外せます。[5] 個人差はありますが、ピアス穴が定着しても長期間外しておくとピアス穴がふさがることもあります。また、ピアスの場所によってはピアス穴が定着するのにより時間がかかる場合もあります。例えば耳たぶピアスは約2か月ですが軟骨ピアスは定着に4か月かかります。ピアス穴が定着する前にピアスを外さないように気を付けましょう。
    広告

3の方法2:
ピアス穴とピアスを清潔に保つ

  1. 1
    毎晩ピアスを外します。ピアス穴が完全に定着したことを確認してから、毎晩ピアスを外しましょう。就寝時にピアスを外すと寝ている間にピアスが引っかかることがありません。また、ピアス穴が空気に触れて皮膚を健康な状態に保てます。[6]
  2. 2
    ピアスを消毒用エタノールで掃除します。綿棒に消毒用エタノールを浸します。就寝前にピアスを外したらピアスの軸を消毒しましょう。定期的に殺菌して感染症を予防します。[7]
  3. 3
    消毒用エタノールをつけた綿棒でピアス穴を拭いてから、抗菌作用のある軟膏を塗ります。1か月に1度行いますが、ピアス穴に圧痛を感じた場合はその都度消毒します。定期的にピアス穴を消毒すると感染症の心配がありません。
    広告

3の方法3:
感染症を起こしたピアス穴を掃除する

  1. 1
    ピアスを外して軸を消毒用エタノールで殺菌します。ピアス自体にも雑菌が付着しています。感染症が治まるまで、ピアスを1日に2~3回消毒しましょう。[8]
  2. 2
    ピアス穴に消毒用エタノールを塗ります。コットンや綿棒を使いましょう。消毒用エタノールを含ませた綿棒でピアス穴の周囲を消毒します。新しい綿棒を使って耳の裏側も消毒しましょう。
  3. 3
    ピアスの軸に抗菌作用のある軟膏を塗ります。ピアスを消毒する度に、軟膏を塗ってからピアスを耳に装着します。使用する軟膏はごく少量で十分です。抗菌作用のある軟膏で感染症の原因となる雑菌を殺菌すると症状が治まります。
  4. 4
    症状が長引く場合は皮膚科医に連絡します。感染症のほとんどは洗浄と殺菌で治癒しますが、2日経っても症状が改善しない場合は、医師の診察を受け感染の拡大を予防する必要があります。[9]
    広告

ポイント

  • 必要な時以外は耳に触れないようにします。思った以上に手には雑菌が付着しています。
  • ピアス穴が定着してピアスの重さに慣れるまでしばらくの間は、ぶら下がるタイプのピアスは避けましょう。
  • ぶら下がるタイプのピアスは軽いものを選び、裏側を平らなプラスチックで固定すると耳たぶを保護できます。
  • 運動や水泳の際はピアスを外しましょう。
  • ネットショップなどで見かけるピアッサーを使うのはやめて、皮膚科や形成外科などでピアス穴を針であけてもらいます。専門家は、太さやスタイルが適切なファーストピアスを選び、正しい方法ですぐに穴をあけることができます。
  • 衛生上の観点から、耳を掃除する際は手袋をつけましょう。
  • 枕カバーを頻繁に取り換えて洗いましょう。
広告

注意事項

  • 耳の掃除を忘れず行わないと感染を起こす恐れがあります。
  • ピアス穴が定着する前にピアスを外すと穴がふさがってしまいます。
  • 耳たぶが赤く炎症を起こしたり痛みを感じたりしたら感染症の恐れがあります。直ちに医師の診察を受けましょう。
  • ピアスをねじるのはやめましょう。ピアス穴の定着に時間がかかり、感染を起こす恐れがあります。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む48人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告