羽毛布団を洗濯する方法

羽毛布団は暖かく心地よい寝具ですが、汚れることもあり、時折洗濯をする必要があります。このwikiHowでは、家庭でできる羽毛布団の上手な洗い方をご紹介します。

パート1(全3パート):洗濯前の準備と手入れ

  1. 1
    羽毛布団の状態を確認しましょう。度重なる使用や長期間の使用で、布団の布地が傷んでいる場合があります。また、気付かぬうちに、染み、裂け目、カビの発生などの厄介な状態になっているかもしれません。また、羽毛が布団から飛び出していないかを確認しましょう。羽毛布団には通常、ガチョウやアヒルなどの、柔らかくふっくらとした鳥の下毛が詰められています。[1]羽毛が舞い上がっていたら、明らかに布が破れているサインです。針と、布地と同色の糸を使い、布の破れを補修しましょう。染みが付いたら、直ちに染み抜きをしましょう。
  2. 2
    羽毛布団をクリーニングに出すのは、数年に一度で十分です。通常、それ以上クリーニングに出す必要はありません。そして、普通に使っている限り、年に一度以上ドライクリーニングをしてはいけません。例外として、布地が著しく汚れていて気になるようであれば、クリーニングに出すのがよいでしょう。[2]
    • 注意:羽毛布団の販売業者の中には、布団の洗濯回数が多すぎたり、激しく洗いすぎると、羽毛布団を暖かく保つ柔らかい羽毛を傷めてしまうという業者もいます。不適切な方法で洗濯すると、羽毛が持つ天然の油分が抜け落ち、保温効果が低下してしまいます。さらに、洗濯の過程で布団が縮んでしまう場合があります。[3]
  3. 3
    ベッドから羽毛布団を外します。布団を洗う場合も、単にほこりを払う場合も、シーツやマットレスの上で作業するのは賢明ではありません。清潔で乾燥した、防水の床がある場所に布団を移しましょう。ランドリールーム、浴室、パティオなどが最適です。
  4. 4
    布団カバーを使いましょう。布団カバーを使うと、羽毛布団をきれいに保つことができます。様々な布団のサイズに合うカバーが出回っており、通常カバーの周囲にファスナーが付いています。カバーが汚れたら、布団から簡単に外して洗濯することができ、布団をきれいに保てます。
    広告

パート2(全3パート):洗濯

  1. 1
    大型のドラム式洗濯機を使いましょう。羽毛布団はかさばるため、小型の洗濯機ではしっかり洗えません。ご家庭にある洗濯機が縦型の場合は、洗濯槽の中心にパルセーター(丸い羽状の部品)が付いているはずです。パルセーターが布団の布地を裂いたり、傷めてしまう場合があります。ご家庭に大型のドラム式洗濯機がない場合は、近くのコインランドリーで布団を洗濯する手もあります。大抵のコインランドリーには、大型のドラム式洗濯機が設置されています。[4]
    • 洗濯槽に羽毛布団を詰め込んではいけません。布団を入れた状態で、洗濯槽に少し余裕がある大きさの洗濯機を選びましょう。水と洗剤が布の表面だけではなく、布団全体に行き渡ります。
    • 洗濯機の大きさが不確かな場合は、取扱説明書を参照しましょう。説明書には、安全に洗える布団のサイズが記載されているはずです。[5]取扱説明書がない場合は、お持ちの洗濯機の「メーカーと型式、取扱説明書」と入力して、インターネットで検索しましょう。
  2. 2
    布団をやさしく洗いましょう。洗濯機に羽毛布団を入れる際、中性洗剤を加えます。デリケート(ソフト)コースを選択して、ぬるま湯で洗いましょう。熱いお湯や冷たい水は、羽毛を傷める場合があります。[6]布団を完全にお湯に浸しましょう。
    • 白い羽毛布団の場合は、漂白剤を入れても構いません。布団の表示ラベルが漂白剤の使用を推奨していない場合でも、通常は問題ありません。[7]
    • 布団を洗濯機に入れる前に、洗濯機を1~2分作動させましょう。こうすると、洗剤がお湯に溶け込み、均等に洗い上がります。布団のようにかさばる物を洗う際には、特に重要なポイントです。お湯と洗剤がよく混ざり合っていないと、洗剤が洗濯物全体に行き渡りません。[8]
  3. 3
    布団を2回すすぎましょう。脱水工程の前に、洗剤が布団に残っていないかを確認しましょう。すすぎ直しを防ぐため、この時点で確認することが大切です。脱水する前に、布団の水を手でおおまかに絞りましょう。こうすると、水浸しの布団が軽くなり、脱水がしやすくなります。
    広告

パート3(全3パート):乾燥

  1. 1
    羽毛布団を洗濯機から取り出します。洗濯コースが完了したら、布団を洗濯機から取り出しましょう。洗濯後の羽毛布団は、通常より平たく滑らかで、かさも減っています。
    • 白い羽毛布団は、洗濯直後に変色したように見える場合があります。この状態は一時的なもので、心配はいりません。布団の色の変化は、濡れた羽毛によるもので、乾燥後に元の白さに戻ります。
  2. 2
    自然乾燥する手もあります。自然乾燥は、電動乾燥機を使うより時間がかかりますが、布地の収縮やダメージを軽減します。羽毛布団は乾きにくいことで知られています。布団が乾くのを気長に待ちましょう。羽毛布団を日の当たる清潔な場所に広げ、乾燥するのを待ちましょう。
    • 羽毛布団を吊るし干ししてはいけません。長時間風に当てておくと、布地にカビが発生する場合があります。
    • 自然乾燥した後に、乾燥機を使ってもよいでしょう。自然乾燥後に乾燥機で乾かすと、カビ発生のリスクを軽減できます。
  3. 3
    乾燥機は低温に設定しましょう。乾燥機を使う場合は、布団を高温で乾かしてはいけません。白い羽毛布団は、色鮮やかな布団より高温に耐えられますが、それでも布が縮むリスクは避けられません。特に急ぎでない場合は、羽毛布団は低温で乾かしましょう。
    • ドライヤーボール(乾燥機用ボール)、紐を外した布製のスニーカー、または靴下に入れたテニスボールを、羽毛布団と一緒に乾燥機に入れましょう。乾燥中に羽毛の塊がほぐれ、布団がふっくらとします。さらに、乾燥を早める効果もあります。[9]
  4. 4
    乾燥具合を時折チェックし、布団をふっくらと膨らませましょう。布団を自然乾燥するか、乾燥機を使うかに関わらず、布団の乾燥具合を時々チェックしましょう。布地が部分的ではなく、平均的に乾いているかを確認します。布団を揉んだり、揺すったりして、羽毛を布団全体に行き渡らせ、ふっくらとさせましょう。[10]
    • 定期的に布団を持ち上げ、羽毛の塊をチェックしましょう。塊が残っている場合は、布団はまだ湿っているため、さらに乾かす必要があります。
  5. 5
    完全に乾燥するまで待ちましょう。羽毛布団が完全に乾いたら、布団をふっくらと膨らませ、ベッドに戻します。すべての乾燥工程は、乾燥方法と乾燥機の温度によって、4~12時間かかります。布団が乾くまで、気長に待ちましょう。羽毛布団が完全に乾くまで、十分な時間を取りましょう。布団が乾いたら、再び使うことができます。
    広告

ポイント

  • 羽毛布団は完全に乾いてから収納しましょう。布団が湿っていると、カビの原因になります。羽毛布団は、風通しの良い涼しいクローゼットや押し入れに収納しましょう。
  • 羽毛を傷めてしまうため、羽毛布団を頻繁に洗濯してはいけません。過度の洗濯を避けるため、乾燥機用のドライクリーニングキットを購入したり、布団カバーを使って羽毛布団を守りましょう。
広告

注意事項

  • 家庭で羽毛布団を洗濯する際、洗濯機と乾燥機の容量が十分にあるかを確認しましょう。容量が足りない場合、洗濯機、乾燥機または羽毛布団にダメージを与える場合があります。
広告

必要なもの

  • 洗濯用中性洗剤
  • 漂白剤(白い羽毛布団の場合)
  • ドライヤーボール、布製スニーカーまたはテニスボール

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む16人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告